好きな人に電話したい!でもどうしたら…話題や脈あり判定、迷惑マナーまで

好きな人に電話をかけるって、ドキドキするステキなことですが、実はどうやってかけたらいいのかわからずに戸惑うことも多いでしょう。今回は恋愛心理カウンセラーの筆者が、好きな人に電話をかけるときの話題や、迷惑にならないポイント、脈あり判定方法などについてご紹介します。

1:緊張するけど…好きな人といっぱい電話したい!

好きな人ができたら、あなたはたくさん話をしたいと思いますよね? 会って話せない場合、LINEやメールもありますが、やはり一番気持ちが伝わるのは生の声で電話をすること。

 

しかし、好きな人への電話は、かけ方を間違えると「迷惑だ」と思われたり、せっかくそれまでいい関係だったのに、何かの失敗がきっかけで遠ざけられてしまうこともあります。

好きな人とたくさん電話で話をしたいなら、好きな人に電話を掛けるときに気をつけたいポイントをマスターしておきましょう。

 

2:きっかけは何?好きな人と電話する話題5つ

(1)「最近どう?」まずは近況うかがい

しばらく会っていないとか、連絡自体が久しぶりという場合はもちろん、

「最近どう?」

「最近って、昨日会ったじゃん(笑)」

という会話も成立してしまうのが、近況うかがいのいいところ。

相手の近況がどうなのかによって、ここからの会話の流れも左右されるだけに、電話の1番最初に出しておきたい話題です。

(2)「この前はこうだった」会ったときの感想の話

この前、その相手と2人なりグループなりで出かけたことはありませんか?

「この前のあれ、こうだったよね!」

という、2人共通の話題で盛り上がれることはよくあります。

(3)共通の友人・知人の話題

「この前はこうだった」といったことに関連して、共通の友人や知人が「この前こうだった」と報告するのも、お互いに盛り上がることができていいものです。

これが、あなたの友人だけれど彼は知らない人……となると、なかなか彼の興味を惹きづらいのが難点です。

共通の友人知人の話題はいつも収集しておくと、話題作りに役立ちます。

(4)趣味の話題

共通の趣味があれば、それが1番盛り上がる話題になるのは間違いありません。

遠慮なく趣味の話を出しましょう。

また、彼の趣味の話も、彼が話しやすいことなので、「最近どうなの? あれやってるの?」のように、近況うかがいのように聞いてみてもいいですね。

彼は「自分のことに興味を持ってくれている」と喜んで、趣味の話をするでしょう。また先方から、あなたの趣味の話をしてくれるかもしれません。

でも、彼から聞かれないのに、あなただけの趣味の話を長々と話すのはNGですよ!

(5)テレビやゲームの感想

似たようなテレビ番組を見ているようなら、テレビ番組の感想を言い合うのもおすすめです。

特にテレビは、毎週毎日、違ったことを放送していますので、お互いにテレビ好きなら話題には事欠かないことでしょう。

同様の仕組みで、お互いに同じゲームをやっていたり、やっているゲームは違うけれども2人ともゲーム好きといった場合は、どこまで進んだとか、どんなガチャが出たかなど、ゲームの話題もおすすめです。

 

3:長電話は脈あり?好きな人からの電話の脈あり判定5つ

(1)用事はないけどかけてきた

彼からの電話で、「結局何の用だったの?」と思えるような電話は、脈ありです。実際に、いくらか無駄話をした後、「ごめんね、用件を聞くのを忘れていたよ。何だった?」と聞いてみましょう。

「特に用はない」「なんとなく」「暇つぶし」

といった答えが返ってきたとしたら、あなたと話をすること自体が用事です。

(2)長電話OK

会話が10分を超えると、特に脈なしの相手なら「そろそろ切ってもいいかな」と思いはじめる頃あいです。

好きな人が相手でない場合、基本的に電話は、用事が終われば切っていいと考える男性が大半です。

そこで、どちらからかけた電話だとしても、10分以上経過したら

「ごめんね、長くなっちゃった。大丈夫?」

と聞いてみましょう。

ここで、「ああ、大丈夫大丈夫。平気だよー」と返答をもらえるなら、脈あり確率は高いでしょう。

「あ、ほんとだ、そろそろ切るわ」

とアッサリ終わらせられてしまったら、これは脈なしかも……。

(3)あなたの気持ちを聞いてくれる

電話をしていて、疲れていたり落ち込んだりしていると、声もトーンが落ちてしまうこと、ありますよね。

そんなとき、

「どうしたの?」「何かあった?」

など、体調や悩みごとを心配してくれるようなら、脈あり度も高いと想像されます。

普通、用事が済んだら電話は切りたいと考える男性が多いなかで、相手の声のトーンまで聞き分けていることはほとんどないからです。

(4)質問攻め

男性のよく使う電話テクニックとして、女性に対して多くの質問を投げかけ、とにかく電話を長引かせようとするという手法があります。

やや乱暴ですが、女性と話す話題がそれほど多くない! でも話していたい! と感じるときには、何かわからないフリをしたりして、質問を続けるのが手っ取り早いというわけです。

異性との電話で、やたら色々なことについて聞かれるとか、いつもやたら質問してくる異性がいるなら、それは脈ありサインかも。

(5)会う日を決めようとしてくる

かなり脈ありサインとしては明らかな部類ですが、

「会おうよ!」

と言われ、それが社交辞令ではないということを主張したいがために、会う日をすぐに決めてくる男性がいます。

これは、複数人数での飲み会だとしても脈あり度の高い行動。

2人で飲もうとか、どこかへ行きたいから付き合ってくれない?という場合は99%脈ありと思って良いでしょう。

 

4:好きな人と電話したい!迷惑にならない気を付けるポイント5つ

(1)週1~2度の頻度

まず電話をかける、会話をする頻度ですが、多くて週に1~2度が適当と答える男性が多数派です。

なかには1~2週間に1度通話できれば良いと考える男性も一定数いますから、電話のかけすぎは考えモノ。

特に、付き合う前なら毎日の電話はウザがられてしまうことのほうが多いようです。

(2)20~22時がベスト!?

個人個人、勤務時間が違うのでいちがいには言えませんが、多くの男性が、

「仕事が終わって、ひと息ついた後」

が通話のベストタイムだと考えています。

これは女性でも、同様の考え方が多いのですが、女性のほうが恋愛に対して貪欲なためか、勤務終了時間が早いためなのか、男性がまだ仕事中、夕食中、入浴中といった忙しい時間に電話をかけてしまう女性もいます。

電話をかけるなら、早くても20時以降。また翌日も仕事という場合、早めに寝たい男性も多いはず。

通話終了があまり遅い時間にならないように留意しましょう。

(3)ちゃんと相づちを打つ

せっかく電話をしても、相づちの打ち方を失敗すると台無しです。電話では、相づちを打たなくては、話を聞いているかいないかがハッキリわかりません。

好きな人には、「興味を持って話を聞いていることが伝わりそうな相づち」を工夫しましょう。

(4)明るく話す

相づちと同じく、相手の顔が見えないのが電話ですから、声のトーンで相手の顔がどのようになっているのかを想像する必要があります。

声が暗いと、相手の顔も「暗いのかな……つまらないと思っていそうだな」と思われてしまい、恋愛によい影響がありません。

明るく……つまりトーンを高めに保った声で話をすると、相手はあなたの笑顔を想像してくれるでしょう。

(5)思いやりを持って切る

電話の切り方は意外と難しいと感じる人が多いようです。

長電話に対する意識は男性のほうがシビアで、10分の通話でも長電話だと感じる男性が多いのが現実。

いつまでも話していたいとしても、しっかり切り上げないと印象が悪化するかもしれません!

そのときの話題に応じて、

「楽しかった、ありがとう」「付き合ってくれてありがとう」

等のシメの言葉を用い、

「明日も仕事だと思うから、そろそろ切るね!」

と適当な時間をみて上手に電話を切りましょう。

 

5:好きな人から電話がくるおまじないは?

好きな人から電話がくるおまじないもあります。小さな白い紙に、黒いペンで好きな人の電話番号を書きましょう。

次に、赤いペンで電話番号のまわりに、ぐるりと囲むハートマークを書きます。これをスマホのカメラで撮影して、画像を保存し、紙は廃棄します。

とても簡単なおまじないですので、ぜひ試してみてくださいね。

 

6:好きな人と電話をする夢の意味は?

好きな人と電話をする夢の意味は、どちらがかけた電話かによって大きく違います。あなたの夢は、どちらからかけた電話だったか思い出してみましょう。

好きな人から電話がかかってきた夢なら、相手があなたのことを考えている、あなたに好印象を持っているという暗示です。

彼は、あなたに連絡を取りたがっているようです。

一方、あなたから彼に電話をかけた夢なら、あなたは彼の対応に日常的に不満があるという暗示です。

普段の彼からの、自分の扱いに満足できず、彼との関係がうまくいっていないと感じています。

まずは自分が、本当は彼のことをどう思っているのか、自分の気持ちに向き合ってみてください。

その上で、彼との関係をこの先どうしていきたいのか、どうしていくべきなのか、じっくりと考えましょう。

 

7:好きな人との電話は慎重に!

好きな人だからこそ、電話は慎重にかけたいものです。

特に、男性に比べると女性は電話好きな人が多く、またいちがいには言えないとしても、長電話に対する意識も男性とは食い違っている人が多いもの。

女性が「普通の通話時間」だと感じているものでも、男性にとっては長電話となり、結果的に「かなり電話が長い女」と思われてしまうこともあります。

もちろん、そんな電話の内容が、ひどく重たいものだったり、思わずいやな気分になってしまうような愚痴ばかりだとしたら論外ですよね。

電話の時間帯、通話の長さ、そして内容や声のトーンなどなど、好きな人との電話には気を遣いたいポイントがたくさん隠されています。

好きな人に電話して、距離を縮めたいと考えている人は、これらのポイントをもう一度しっかりおさらいしてみてください。

それから満を持して、スマホの通話ボタンをプッシュしてくださいね!

そもそも電話したいと思う相手がいない!ならマッチングサービスが近道です

好きな人に電話をかけようか迷ったり、突然の電話にドキドキしたり……。そんな気持ちからご無沙汰になってしまっているならば、まず電話をかけたいと思う人を探すところから始めないといけません。でも忙しい中で、なかなかそう思える人は見つからないもの……。

そんな人にオススメなのは、同じように出会いを求めた男女が登録しているマッチングサービス。「こんな人だったら電話したくなりそうだな……」という想像にピッタリはまる相手に、効率的に出会えちゃうんです。
 


 
 
 
※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がDangdep!に還元されることがあります。