セックスの仕方を教えて!彼氏とできる「気持ちいいセックスの仕方」10選

突然ですが、セックスでオーガズムを感じたことありますか? 女性の中にはまだ絶頂を味わったことがないという方もいるかもしれませんね。セックスの仕方が悪いのか、それとも体質なのか、相手が悪いのか。そんな悩みを抱いている方もいることでしょう。そこで今回は『初めてのオーガズム 26人のハツイキ告白』という著書を持つ箱崎キョウコさん監修で、彼氏とできる「気持ちいいセックスの仕方」を紹介します。

1:気持ちいいセックスの仕方って、どんなだろう?

(1)本当に気持ちいいセックスの仕方を知っていますか?

「セックスの仕方とかってあんまり他人に聞けないじゃないですか。基本的には雑誌とかネットとかでしか調べないでしょ? だから、知ってるとは言えないと思います」マコ(仮名)/21歳

このように、知っていると答える人はほとんどいませんでした。その理由はあまり他人に聞ける話ではないという点。情報の共有化ができないというのは確かにネックです。しかし、他人とは体の作りが違うということも大きな原因の様子。

「人に聞いて同じことをしたことがるんですけど、私には合いませんでしたね」ミチコ(仮名)/26歳

(2)心も体も全部気持ちいいセックスの仕方とは?

「私はわりとセックスで満足できる方だと思います。自分の体を知ってるっていうのが大きいのかな。あとは試してみる。1回やってみてダメでも何度もトライするうちに気持ちよくなってくることもあるから。好きな人とセックスしてオーガズムを感じられたらもう何もいらないって思える」マイ(仮名)/29歳

セックスで快感を得るにはやはり自分の体を知ることが大切です。体に快感を覚えてもらうというのも重要な要素のよう。その相手が好きな人だったらこれ以上の贅沢はありませんね。彼とのセックスでオーガズムを感じられたら、心身共に満足できるみたい。

 

2:気持ちいいセックスの仕方!初級5選

「セックスに愛がなければ味気ないわね」と呟く箱崎キョウコさんですが、「だけど快感を得るにはテクも重要」と指摘します。テクニックの部分について気持ちよくなれるセックスの仕方を伺ってみました。

箱崎キョウコさんお願いします。

(1)まずはセックスを好きになろう

「セックスに抵抗を持っていたらダメ。気持ちよくはなれないわね。例えば昔の男に乱暴されて、それからセックスが苦手っていう人もいるかもしれない。そういう人はセックスで快感を得にくい。怖いって気持ちが先にきちゃって楽しめないと思うの。

要するに気持ちが伴っていないと快感は得られないってこと。相手のことを受け入れる行為でもあるから、相手のことが嫌いっていうんじゃコレもダメ」

セックスに抵抗があっては純粋に楽しむことはできません。まずは、セックスを好きになりましょう。セックスをする相手のことを好きかどうかも重要ですね。心身共にセックスに浸ってみてください。“好き”はものの上手なれ。

(2)入念な前戯

「女性にとって前戯は大切。重要なことはキスしたり耳をなめたりといった性感帯への直接的な刺激だけが愛撫ってわけじゃないこと。女は心で感じるものだから、パートナーには心の結びつきに重点を置いてもらって欲しいわけ。“愛されている”っていう精神的な繋がりが大切だってことを理解してもらわないとダメね。

部屋を暗くしたり、アロマキャンドルを焚いたり、癒やされる音楽を流しながら落ち着いて愛撫し合えばいいわ」

ムード作りが本当に気持ちよくなれるセックスには大切な様子。味気ない場所では気分も盛り上がりませんよね?

(3)愛を囁く

「セックスは体の五感を使って味わうもの。相手の表情や甘いキスの味、指先に触れる相手の肌の質感、落ち着く相手の匂い。その中には愛の囁きもあった方がいい。“愛してる”とか“好き”っていう囁き声。それがあると女性は安心できるのよ。感度も上がるしね」

ハグしたりキスしたりすることに夢中になるばかりではなく、耳元で愛を囁き合ってみましょう。セックス中の愛情表現は感度を高めるようです。女性なら共感できるのではないでしょうか?

(4)性感帯を知る

「実際に愛撫をするにはテクニックも重要だけど、真っ先に知って欲しいことは自分の体の性感帯。どこが感じるのか、どうして欲しいのか、そういったことを発見していってもらいたい。

性器や乳首といったものだけが性感帯だとばかり思わないで、太ももの内側をなでてもらったり、背中へキスしてもらったりしてたくさんの性感帯を知った方がいい。耳をなめられるその音に快感を覚えるという人もいるわ」

人によっては音や味でも快感を得ることができるみたい。あなたの性感帯はどこに、どれだけあるのか探してみましょう。意外な性感帯が見つかるかも!

(5)オーガズムにこだわらない

「イクことにこだわる人がいるけど、それも違う。オーガズムは結果であって重要なものはそこに到達するまでの過程。今気持ちいいと感じていることをじっくりと味わってみて欲しい。それってオーガズムに到達するための重要な要素になってるのよ。イクことにこだわって焦っちゃダメ。今を楽しまなきゃ」

オーガズムにこだわって焦ってしまうと、その気持ちが絶頂を妨げることになってしまうのだとか。イキたいのなら、むしろそのことを忘れてしまいましょう。セックスに没頭するとはそういうことみたい。

 

3:気持ちいいセックスの仕方!中級3選

(1)体位の研究

「自分の性感帯がわかってきたら、今度は色々なことに挑戦してみてもいい。例えば、体位。どんな格好が1番気持ちいいのかを探してみて欲しいの。

人によってはバックが1番気持ち良かったり、正常位が良かったり、腰の下に枕を挟んだ方が気持ちいいってこともある。相手の表情を見ていたいとか、抱き合っていたいとか。教科書通りの体位に縛られる必要なんてないから、自分にあった体位を研究すること」

パートナーとの相性も考えた方がいいでしょう。新しい恋人ができたらその都度研究し直してみるといいかもしれません。

(2)プレイの模索

「今度は体位とは別にプレイに焦点をあててみることもオススメ。ノーマルなセックスが好きという人でも、たまには刺激的なプレイをしたくなることもある。男性からばかりではなく女性からせめてみてもいいし、ソフトなSMを楽しんでみてもいい。おもちゃを使ってみてもいいしね。そのときの気分によってセックスを変えるってとっても大切だから」

おもちゃを使ってみることで新しい発見があるかもしれませんし、自分はMだとばかり思っていたけど、攻める楽しさに目覚めるということもあるかもしれません。マンネリになることを避ける意味でも、色々なプレイにチャレンジしてもいいかもしれませんね。

(3)ベストなロケーション

「体位、プレイときたら最後はロケーション。ホテルを変えてアブノーマルなセックスにチャレンジしてみることもオススメしたいわ。

映画観の最後列で他のお客さんの目を忍んでキスし合うようなプレイもいいし、カーセックスだっていい。(ただし、人に見られる危険性があるから、それだけは注意ね!)記念日なら高級ホテルとかね。最後までする必要はない。例えば海辺で燃え上がるようなキスをしたらそのままホテルに向かうとか。寝室ばかりじゃなくてキッチンでお酒を飲みながらセックスを楽しんでみるのもあり」

場所を変えるだけでいつもとは違った気分のセックスが味わえるということもある様子。刺激的な場所でするセックスは興奮度も高いでしょう。逆にリラックスできる場所に行けばじっくりとしたセックスを味わえます。

ただし、野外など人に見られる可能性のある場所でのセックスは公然わいせつ罪に抵触する可能性もあるので、充分に注意しましょう。

 

4:気持ちいいセックスの仕方!上級2選

(1)長い愛撫と焦らし

「気持ちのいいセックスをする上で、最大のポイントは“女性の感度を上げる”ということ。敏感になればなるほど快感が襲ってきます。ではどうやって女性は敏感になるのか? ひとつは時間をかけることね。ただし、単に時間をかければいいというわけではないの。前戯にもテクニックが必要ってこと。

まず、時間を忘れられるくらいセックスに没頭できる環境が必要ね。明日の朝が早いとか仕事があるからといったように短時間のセックスではダメ。また通常のセックスは男性が射精をしたら終わりということがほとんどでしょう。愛撫もそこそこ、たった5分の挿入時間じゃ、女性の感度が上がる前に終わってしまう。

最低でもセックスに1時間はかけて欲しいところ。パートナーには入念な愛撫で女性の感度を引き出して欲しい。そのためには焦らすの。服を脱がし終わったらすぐに女の性感帯を刺激したくなるのが下手な男なのよ。性感帯には一切触れず、キスもしないくらいに女性を焦らす。そうすれば女だって嫌でも求めたくなる。感度が上がるってそういうことよ」

これには筆者も驚きです。焦らすというテクニックは女性の感度を引き出すのに有効な手段のよう。時間をかけて女性の体をほぐしていくイメージでしょうか。ただし、女性の気分が冷めてしまうようでは失敗。男性の力量が問われそうですね

(2)中イキを知る

「焦らして感度が上がったら今度は中イキ。これは上級者向け。色々なイキ方がある中でこれは満足感も快感も違うの」とキョウコさん。

「まず膣の中が開発されていることが絶対条件。その上で感度が最高に高まった状態で挿入してもらう。女性ならわかると思うけど、ガサツな愛撫ですぐに挿入されても痛いだけだったりするのよ。だから、男性にはじっくりと時間をかけて愛撫をして欲しいの。愛撫だけでイケるとなおよし。

それから挿入。ポルチオと言われる子宮の入り口を刺激して欲しい。指では届かないくらい奥にあることも少なくないから男性の局部で刺激してあげないとダメ。最初はそれ程気持ちよくないかもしれないけど、開発されていくと快感はどんどん増していくわ。

挿入時間も長ければ長いほどいいけど、力任せの本番じゃダメ。じっくりと“の”の字を書くように刺激してあげること。

最終的には気持ちよさから自然と声がでちゃう。それも絶叫したり、失神したりするくらいの快感が襲ってくるの。そのオーガズムをぜひ感じて欲しいわ」

絶叫したり失神したりするくらいの快感。解説は不要でしょう。まさに圧巻です。

 

5:気持ちのいいセックスで幸せになろう。

キョウコさんによれば中イキができると通常の絶頂よりも気持ちよく、幸福感も桁違いとのこと。セックス初心者の人はまずはセックスを好きになることから初めてみてはいかがでしょうか?

道のりは長いかもしれませんが、最終的には上級者の領域にまで達したいですね。それにはパートナーの協力が必要不可欠です。彼とのセックスライフを充実したものに変えていきましょう。