モテ女のLINE駆け引きテク7選!LINEで彼を落とす方法は?

恋愛には駆け引きがつきものではないでしょうか? 相手が自分のことをどう思っているのか、それとなく聞き出そうとしてみたり、相手の仕掛けてきた駆け引きにわざと乗ってみたり。逆に素直になってみるというのも駆け引きですよね。でも、駆け引きは、相手と状況を見極めなければ失敗してしまいます。今回は、モテる女性がLINEで使っている駆け引きテクニックを7つご紹介します!

1:「LINEの駆け引き」したことある?されたことある?

街の男女10人に、「好きな異性に対してLINEで駆け引きをしたことありますか?」という質問をぶつけてみました。すると、「駆け引きをしたことがある」という回答は4人。「駆け引きをされたことがある」という回答は6人でした。

半数近くの人が、LINEで駆け引きをしているようです。ならば、その駆け引きに乗らない手はありません!

ということで、LINEの駆け引きで彼を落とすテクニックをご紹介します。

 

2:LINEの駆け引きで彼を落とすテクニック 7選

(1)まずはリズムを作っておく

「特定の女性とLINEしてると、その人の生活リズムが見えてきたりするじゃないですか。朝は何時からメッセージが届くとか、夜は何時になると“おやすみ”ってくるとか。だから逆に、いつも送られてきてた“おやすみ”ってメッセージが来ないままだと、寂しいなって思うときありますね」Oくん/24歳

最初は駆け引きの下準備から。まずは自分のリズムを作って、相手にそれをわかってもらうことから始めてみましょう。それを効果的に崩していくことで、相手に揺さぶりをかけるのが狙いです。

(2)既読スルーでツンデレ!

「デートになかなか誘ってくれなくて、しかも、お相手の彼は日曜にほかの人と遊びに行くって言うんですよ。寂しくなって、そのあとに既読無視したんです。それから“おでかけしたい”って送ったら、デートに誘ってもらえました。

駆け引きをしているつもりはなかったんですけど、結果的にはそういうことになっていたみたいですね。それからは、ちょくちょく使ってます」Tさん/26歳

「既読無視も使いよう」ということで、すねる演出として使うと、デレたときの効果がアップするみたいですね。デートに誘われなくて悶々としている人は、使ってみてください。

ただのLINE友達から、ステップアップできるかもしれません。

(3)「好き」という台詞を使わずに好意をアピール

「“好き”という言葉を使ってしまうとダメな気がします。ストレート過ぎて、駆け引きになりませんでした。男性側の積極性が失われて、告白されるのを待たれてしまうこともありました。なので、遠回しに好意をアピールした方がうまくいくケースが多かったです」Dさん/28歳

たとえば、相手からLINEが来たら「私も今LINEしようと思ってた!」と返してみたり、いつものLINEの途中で「会って話がしたいな」と会いたいアピールをしてみたり。好きと言わずに好意をアピールすると、駆け引きがうまくいくようです。

(4)小さなワガママ

「小さなワガママとか、すねられると、可愛いなって思う。たとえば、”まだ寝ちゃダメ”みたいなLINEとかね。狙ってやってるんだとしたら、うまい! でも、大きいワガママはもうめんどくさいだけだから、やめたほうがいい」Rくん/25歳

大きなワガママと小さなワガママの境界線は、“今すぐに手軽にできるかどうか”でしょう。たとえば、「〇〇(店名)のケーキ買ってきて」と言われてもうざいだけです。

小さなワガママの例としては、予定が合わず、週末にデートができないといった場合に「ヤダ!」とだだをこねるなど。「楽しみにしてたのに!」と、ちょっとすねてみるのも効果的。

(5)無邪気にはしゃぐ

「デートの誘いとかをしたときに、無邪気な感じでメッセージが来ると、こっちもグッときますね。”わーい”とか”やったー”とか。狙ってやってるような感じがしない程度がいいんですよ」Nくん/29歳

デートのお誘いを受けたときなどに、普通に返信するのではもったいない。たとえば、“今週末、飲みにいかない?”とメッセージが来たときに、“いいですよ”ではなく、”わーい”とかのほうが男性には可愛く見えるようです。

(6)ここぞという時に敬語

「いつもはため口なのに、いきなり敬語を使われるとドキッとしてしまう。たとえば女性からデートに誘われたときとか。“今度の日曜日、デートしてもらえませんか?”って具合にLINEが来ると、気になってなかった女子でもちょっと意識してしまいますね。

多分、狙ってやってるんだろうけど、それでもドキッとします」Kくん/21歳

「敬語を使って距離感を意識させる」というテクニックも効果的な様子。デートのお誘いだけでなく、「好きな人いますか?」といったように、恋愛の核心部分に触れるようなときにも使うといいかもしれません。

(7)可愛いスタンプで返事の催促

「LINEの返事を催促されるのってうざいんだけど、スタンプとかを使って可愛くされるのは悪くないね。ひとつのテクニックなんだろうね。健気に待ってるよ!って感じがして、早く返してあげないとなって思うよ」Gくん/29歳

LINEのスタンプを効果的に活用すれば、本来ならばウザい返事待ちも、可愛く演出することができるようです。LINEならではのテクニックといえるかもしれませんね。

 

3:モテる男性がやってるLINEの駆け引きって?

“モテる男性”という定義を「過去10人の女性から告白されたことがある」ということを基準にして、モテる男性を対象に街頭で調査してみました。

「僕の場合はですけど、飲み会とかに行ったときに、みんなで飲んでる写真を酔ったフリして送ったりします。そのときにわざと女性が映り込んでいるように撮って送るんです。

なぜかっていうと、女性って、モテる男が好きな傾向にあると思うんです。だからそれで嫉妬してもらえたら嬉しいですね」Mくん/23歳

「モテる男を演出して、女性にやきもちを焼かせる」という方法は、効果的な様子。その男性のことを好きな女性がいるってだけで優良物件と思え、「選んで間違いなかった」と安心できるのかもしれません。

 

4:駆け引きの前に抑えておきたいところ

駆け引きを行う前提条件として、相手が自分に対して好意を寄せている状態でなければなりません。好意がないのにいくら既読スルーを行っても、単なるめんどうくさい女ということにしかならないからです。

まずは、相手の気を引くところからスタートしてみてください。