恥ずかしい体験ザクザク!恋愛中に起きた恥ずかしすぎる体験談8つ

恋愛していたら、恥ずかしい体験のひとつやふたつはあるはずです。ラブラブなときにうっかり送ってしまったポエミーなメールや、初彼氏との初々しい失敗など。あとになれば懐かしい思い出になるかも? 今回は、女性たちに、恋愛中の恥ずかしい体験談を聞いてみました。

1:「恥ずかしい体験」は恋愛につきもの

人生、何事も失敗するのは当たり前! 恋愛中なら、いつもは恥ずかしくないことも、大好きな彼の前だからこそ恥ずかしい……っていうこともありますよね。また、ラブラブすぎて舞い上がって失敗……なんてことも! では、みんなはどんな恥ずかしい体験をしているのでしょうか?

今回は、女性のみなさんに、「忘れたくても忘れられないくらいの、恋愛中の恥ずかし過ぎる体験」について語ってもらいました。

 

2:恥ずかしすぎっ!恋愛中に起きた恥ずかしい体験談 8連発

女性たちから、他人事なら笑っていられるけど、自分のことなので笑えない……という恋愛時の恥ずかしい体験を教えてもらいましたよ。

(1)トイレのドアを開けられて……

「彼と初めてラブホに泊った日のことでした、もちろんふたりしかいないので、相手がどこにいるのかはわかるはずなんですけど、私が先に“お風呂入れるね”と言って、お風呂を入れたあと、トイレに入ったことに彼は気づかなかったらしくて……。しかもちょうど私がトイレのカギを閉め忘れていたせいで、終わって拭いている最中にガチャってドアを開けられて……。

なんか微妙に腰を浮かせてる恥ずかしい状況だったし、目が合って彼が何も言わずにそっとドアを閉めたから、余計に恥ずかしくて……。しばらくトイレから出られませんでした」(Gさん/26歳)

(2)毛が片方剃り残し

「もちろん普段からムダ毛の処理はしているのですが、ある日のエッチのとき、なぜか前日に脇毛を片方完全に剃り忘れてて。気づいたのが服を脱がせてもらったあと……。彼の視線で気づいたんですけど、もうどうしようもなくて。

恥ずかしすぎて、そのまま彼を突き飛ばして毛のある方の脇を手で隠しながらシャワーへダッシュ! その状況もまた、恥ずかしかったです」(Tさん/30歳)

(3)静かな部屋でプッ

「絶対みんな1回くらい経験あると思うんですけど……。彼とふたりで静かな部屋にいるときに、リラックスしすぎておならをしてしまいました。静かな部屋にプッって音だけが響いて……。ちょうど、彼と目を合わせてたんですけど、そのまま固まっちゃって……。

そのあと、彼がすぐ笑ってくれたからまだ良かったですけど、きっと内心幻滅されてたと思います。気を抜きすぎちゃダメってことですね」(Sさん/30歳)

(4)知らない人に「だーれだ」

「ずっと好きだった人と付き合えることが決まって、初めてのデートの日でした。待ち合わせ場所に行ったら彼が先に待っててくれているのを見つけたので、うしろからそっと近づいて、目隠しをして“だーれだ”ってやったら、全然知らない男の人で……。

いきなり振り向いて、“え?”って顔されて、思わず“誰ですか?”って聞いちゃいました。相手の方が“お前が誰だよっ”って感じですよね(笑)」(Nさん/26歳)

(5)今日の下着は何色でしょ~?

「好きな人ができると、結構仕事中でもメールとかしまくっちゃうんですけど、この前、夜にデートが決まってた日の休憩時間に、彼に“今日の下着は何色でしょ~?”ってメールを送ったつもりが返事がなくて、しばらくして見てみたら、仕事の取引先の人でした……。

“間違いでした”ってメール送るのも変かなとか、さんざん迷ったあげく、そのまま放置してるんですけど、次に会うときが本当に怖いです。恥ずかしすぎて会えないですよぉ」(Oさん/27歳)

(6)笑った瞬間に鼻から生クリームが…!

「彼と一緒にカフェに行ったときのこと。生クリームたっぷりのケーキを食べながら、彼と楽しく話をしていたのはいいのですが、彼がおもしいことを言って、それがツボに入って笑いすぎた結果、鼻からなんと生クリームが……!

正直、最初は驚きの方が上でしたね。でもそのあと、徐々に恥ずかしさがこみあげてきて……。彼の顔を正面から見られませんでした」(Fさん/28歳)

(7)かがんだ瞬間にボトムが裂けた!

「彼の部屋でくつろぎながら過ごしていたときに、床に落ちたタオルを拾おうとしてしゃがんだんです。そしたらビリッってすごい音がして、ボトムのお尻が避けました。漫画とかでは見たことあるけど、本当に避けたの初めてで。彼にも大爆笑されるし、もう恥ずかしすぎて……早く忘れたいです」(Oさん/26歳)

(8)パイン飴とリンゴ飴

「彼と一緒に焼き肉を食べに行った帰り、お会計が終わってからお店の人に、“パイン飴とリンゴ飴どちらがよろしいですか?”って聞かれて“パイパン!”って思わず言っちゃいました……。なんであんな間違え方しちゃったんだろう。

帰り道に、彼からも“そんなにパイパンにしたいの?”とかニヤニヤしながら聞かれちゃうし。もうあの焼肉屋さんには二度と行けないです」(Yさん/28歳)

 

3:恥ずかしさで愛が深まることも?

今回は女性たちに話を聞いてみましたが、こんな恥ずかしい体験の後が最悪だったかというとそういうわけでもないようです。恥ずかしそうな顔を見せたことを彼が喜ぶケースも多いようで、そのあといじられながらもラブラブできたなんて話も。

ピンチはチャンスって、こういうときにも当てはまるのかもしれませんね!