出会いがない男女必見!アプリやスポットなど年代別・社会人の出会いの方法

「恋人は欲しいけれど、そもそも出会いがない!」。こんなふうに嘆き、行動できない男女は多いもの。そこで今回は出会いがない男女必見! アプリやスポットなど年代別・社会人の出会いの方法までを一挙ご紹介します!

1:出会いがない…って嘆いてませんか?

「恋人は欲しい!だけど出会いってどこにあるの!?」

職場と家の往復の毎日……休日もすぐに終わってしまう……!

出会いたいけれど出会いがどこにあるかわからず、悩んでいる社会人の男女って、意外と多いんです。

学校に行けば新しい出会いがたくさん転がっている学生時代と違って、社会人は、“自分から“行動を起こさないと、素敵な出会いは見つかりません。

白馬の王子様は、待っているだけでは現れませんよ~!

(1)すべての「出会い」には意味がある?運命の出会いとは

すべての「出会い」には意味があると言いますよね。

人は様々な出会いの中で生きています。そして、「出会い」の中には、あなたにとって良い出会いも悪い出会いもあると思います。

悪い出会いは、場合によっては大きな心の傷になるかもしれません。

特に「男女の出会い場所でチャラ男に遊ばれてしまった……!」というのは、短期的に見れば悪い「出会い」です。

だけれどその経験は、必ず次の恋に活きてきます。

「次は〇〇君みたいな人には気を付けよう、悲しい恋をしていたときの私は△△だったから、今度はこうしよう」と、判断できる材料になります。

たとえ自分にとって相性の悪い人間と出会ったとしても、その出会いには「自分へのメッセージが隠されている」といってもいいのではないでしょうか?

短期的に見れば「悪い出会い」でも、すべての出会いには、自分にとって、何か意味があるといえます。

もちろん、その「出会い」の中には、「運命の出会い」も♡

運命の出会いをするためには、「出会い」の回数を増やす必要がありますよね。

良い出会いも悪い出会いもたくさん経験し、その中で学んだことによって、「この人が自分の運命の人なんだ!」とわかるんです! きっと!

(2)日本語的な「出会い」を英語でいうと?

実は日本語的な「出会い」を表す、ちょうどいい英語はありません。

英語の“Meet”は、「初めて会う」ときにも使います。

「運命の出会い」で異性に会うという意味合いの表現は、“my perfect match”という表現があるようです。

日本語の恋愛でいう「出会い」は、文脈の中で使われる“match”がいちばん近いかもしれません。

そういえば、男女の出会いをサポートするアプリのことを「マッチングアプリ」と言いますよね!

(3)「出会い厨」ってどういう意味?

「出会いが欲しい!」

もちろんその気持ちは大事ですが、広い意味での出会いの場で、あからさまに「男女の出会い」を求めてしまう人は嫌われます。

それが「出会い厨」。

「出会い厨」とは、他人と交流できる「健全な」ウェブサービスなどに、恋愛や性行為の対象を見つけるといった「出会い」目的だけで参加する人に対する蔑称。

つまり、本来、男女の出会いの場ではないSNS等で「出会い」を求めている人のことです。

たとえば、TwitterやInstagramのDMなどを使って連絡を取ったり、〇〇オフ会などのファンイベントに、開催趣旨は無視して「男女の出会い」に走ったり。

SNSはとても楽しいコミュニケーションツールですが、出会い厨も多く、下心で近づいてくる人も多くいます。

マッチングアプリやサービスなど、運営会社によってしっかりと管理された出会いではない、SNS上での出会いはとても危険。

安全な出会いを求めるのなら、信頼できる「男女の出会い」を提供してくれるアプリやネットサービスで探すのが無難です。

 

2:出会いが欲しい人におすすめのアプリ

ではさっそく、出会いが欲しい人に安心おすすめのアプリをご紹介します。

(1)無料でも出会える!出会いが欲しい人におすすめのアプリ5つ

1.Pairs(ペアーズ)

『Pairs』は恋人が欲しい、出会いを真剣に求めているすべての男女におすすめしたいマッチングアプリです。

Facebookと連動しており、「出会い系」に対してやや抵抗がある男女に「信頼できる出会いがあるサービス」という新しいイメージを定着させたアプリともいえます。

女性の登録費用は無料。利用者は20代から60代までと幅広く、20代後半の男女が特に多いです。

2.ハッピーメール

『ハッピーメール』は日本最大級の出会い系。17年の歴史をほこり、なんと会員数は累計1,600万人を超えます。

また、運営が24時間365日のサポート体制を取っており、厳重な監視体制により、「女性が安全に利用できる出会い系」としても認知されています。

だけれど、「遊び」感覚で使う人も多いので、「真剣な出会いを!」という人は避けたほうがいいかも。

3.Match™ – No.1 恋愛・結婚アプリ

真剣に「結婚前提の素敵な出会いを!」と考えるならここ。世界25か国で展開しているマッチングアプリのパイオニア、「Match.com®(マッチドットコム)」のアプリです。

利用には約30の質問項目、140字以上のプロフィール文の登録が必須。

そのため、かなり意識の高い「出会いを求めている異性」に出会えることができます。

4.Torte(トルテ)

サイバーエージェントグループ運営のアプリ。女性ユーザーが男性ユーザーのクチコミを書くことができたり、最初のメールを送れるのは女性のみと、女性にやさしい機能が揃っています。

そのため、真剣な出会いを求めている男性が多く登録しているアプリになります。

5.ユーブライド

会員150万人以上、条件、価値観、様々な角度から運命の結婚相手との出会いをサポートしてくれるミクシィグループが運営している婚活サービスのアプリです。

真剣に結婚したい人向けです。

(2)出会いアプリでサクラを見抜く方法5つ

効率的に出会うことのできる出会いアプリですが、サクラも!?

女性のサクラはもちろんのこと、男性のサクラもいます。

そんなサクラを見抜く方法をご紹介しましょう。

1.別のサイトに誘導される

男女共に気を付けたいのが、やり取りの中で「これ、〇〇だよ!」とほかのサイトに誘導され、ワンクリック詐欺にあった!というような被害。

どれだけ好きになった相手でも、別サイトへの誘導をしかけてくる場合は、即刻切りましょうね!

2.誰でもOKなプロフィール

「優しい人がタイプ」など、ほぼ誰でもOK!なプロフィールはサクラの可能性大。

やりとりは続くものの、ポイントがなくなるタイミングで課金を促すなど、巧妙な手口でアプリ上でのやりとりを引き延ばしてきます。

3.会話がかみ合わないことがある

たとえばプロフィール上では地元が一緒なのに、地元の話になると意味の分からないことを言い出したりする場合は疑って!

やりとりをしている相手との共通点を探して、マニアックな内容を振ってみて、話がかみ合わない場合などはサクラの可能性が高いです。

4.最初のメールが誰にでも送っていそうな内容

「気になってメールしてみました」「素敵だと思ってメールしました」などと、コピペ感満載のメールにも要注意。

「デートしてもらえると思って課金したのに話をすり替えられた!」という男性は多いです。

また、やりとりの中でデートの約束がなかなか取り付けることができず、ポイントがなくなるタイミングであちらからデートを提案してくるも、課金したら話をはぐらかされた……というのはサクラの可能性大です。

5.すぐにLINEに切り替える

一方、男性で多いのが「LINE交換しよ」とすぐにLINEに移行しようとするサクラ!

彼らはすぐに「かわいい」「好きだよ」と言って、気のあるそぶりをみせます。しかもプロフィール画像がイケメン~。

しかし、本当は個人情報の取得が目的だったりします。

仲良くなった♡なんて思っていたら、謎のURLが送られてきて、登録したら、迷惑メールが!というのも、よくある話なんですよ~。

 

3:年代別!出会いがない男女が行くべき場所10

続いて、アプリ上ではなく、実際に自分から出会いを探しに外へ! 出会いがない男女が行くべき場所を年代別にご紹介!

(1)果敢に攻める20代におすすめ!

1.ナンパスポット(銀座コリドー街など)

ナンパスポットといえば銀座コリドー街。

筆者の友人も、女ふたりでふらっと立ち寄ったら「女としての自信を取り戻せた」のだとか!

女ふたりで行くと必ず声をかけられる!と話題の激アツスポットです。

2.キャバクラなどのナイトワーク

ナイトワークに挑戦するというのも20代ならではの出会い方!?

筆者の友人は、昼間はOLとして働きながら、夜は週1でキャバクラに勤めています。

「普段出会えない層の男性と出会えるのが楽しい」のだとか。

人生勉強にもなり、素敵な出会いもあるのだそう。でも、副業禁止となっている企業にお勤めの人は、ダメですよ~。

3.バー(『Switch Bar』など)

お隣さんとも気軽に話がしやすい立ち飲みバーは、フランクな出会いの宝庫として人気!

中でも、今、話題沸騰中なのが、現在、大阪・東京に計5店舗あるスタンディングバー『Switch Bar(スイッチ バー)』です。

客層は、20代30代の男女でコスパも高く、大人気!

筆者の地元にある『Switch Bar』は、金曜日の夜22時を過ぎると、すしずめ状態です。20代はしっとり飲めるバーよりも、思いっきりはじけられる立ち飲みバーのほうが、出会いが多いかもしれませんよ。

(2)自然な出会いを求める30代におすすめ!

1.1人参加限定旅行ツアー

「1人旅」ブームの中、1人で参加できる1泊2日のツアーがあるのをご存知ですか?

当然、1人で参加している人ばかりなので、必然的に仲良くなれます。

また、添乗員さんもフレンドリー。

連休がある日に少し遠出をしてみると、素敵な出会いが待っているかもしれません!

2.各種スポーツジム

筆者の周りでも、スポーツジムでの出会いはよく聞きます!

毎週固定の曜日で通えば、「毎週火曜日に来てますよね?」とさりげなく話すきっかけをつかむこともできますし、毎回顔を合わせていれば、知り合い感もアップして、会話も弾みやすくなりますよ。

3.カフェ

お気に入りのカフェを見つけて「日曜日の午前中」「土曜日のお昼」と時間を決めて、通ってみましょう。

ノマドワーカーやPC作業が多い人が多いカフェをチョイスすれば、あなたと同じ時間帯にいつもいる素敵な男性に出会えるかも!?

ジムと同じく、相手もあなたのことの存在を把握した状態で声をかけると、話がしやすいですよね。

(3)大人な出会いを求める40代におすすめ!

1.ゴルフ場

筆者の周辺では、「ゴルフの練習場に、同じ時間に同じ場所でいつもやっている方に声をかけて、交際に発展した」という話をよく聞きます!

1人でも、女友達同士でも、ゴルフを始めてみたら、素敵な出会いを見つけられるかもしれませんよ~。

2.婚活サービス

「結婚前提のお付き合いを!」というのならば、婚活サービスの利用も検討してみるとGOOD!

簡単なプロフィールと、お相手へ求める条件を入力するだけで、条件面であなたにぴったりの人をピックアップしてくれる婚活サービスは、効率的な出会いを求める男女に人気です。

3.図書館や大型書店

特定の分野の本が好きという人は、図書館や大型書店に通ってみましょう。

同じゾーンにいる人は同じ趣味趣向を持つ人であることが多いです。

手に取っている本を見て、「〇〇お好きなんですか?」とこそっと声をかけてみるのもアリかもしれません♡

 

4:出会いバーに1人で……本当に出会える?

「彼氏 or 彼女が欲しい!」そんな人たちが集まるイメージの出会いバー。

もちろん“男女の出会い“目的の人が多いのは事実。

そんな出会いバーですが、1人で……というのは難易度が高い!?

いえいえ、そんなことはありません。

「1人で出会いバーにいきたい!」という女子が増えたことで、スタッフの気遣いが行き届いていて、女子1人でも楽しめると話題のスポットが増えています。

前述した『Switch Bar(スイッチバー)』などは、おひとりさま女子も多め。スタッフの行き届いたサービスで楽しめると話題です。

ただし、おひとりさま女子は、特に男性の見極めは入念に。

実際にバーで出会った女子達に話を聞くと、バーでの出会いは「ワンナイト」と「交際」につながる場合との2パターンに分かれるようです。

もちろん、女子がそのときどんなテンションで飲むかにもよりますが、クラブと比べれば少ないものの、立ち飲みバーにもヤリ目男子はいるみたい。

後悔しないように、男子をしっかりと見極めることが重要です!

 

5:社会人は出会いがない!? 社会人の出会いのきっかけ5つ

「社会人は出会いが少ない」と言われますが、実際のところ、社会人になって交際に至ったきっかけはなんだったのでしょうか? 筆者が取材しました!

(1)友人の紹介

最も多かったのが「友人の紹介」。

大学や高校の同級生や、職場の先輩からの紹介で付き合うことになったというのは、よく聞く話でもあります。

「友人の紹介」であれば、どんな人か、ある程度わかった状態で付き合いがスタートできるので、安心ですよね。

(2)合コン

社会人合コンは、付き合いで行くことも多いですが、意外にもいい出会いがあり、交際に発展するケースも。

また、合コンメンバーの1人と仲良くなって、別のメンバーで合コンをするなど、異性の友人との交流の幅が広がりやすいのも特徴です。

合コン人脈をたどって彼氏・彼女ができた!という人も少なくありません。

(3)職場

職種にもよりますが、もちろん職場での出会いもあります。

特に、営業や接客の仕事は、お客さんと、またクライアント先と……という展開が多くあります。

また、教員や市役所職員などは、同じ学校、同じ部署で職場恋愛に発展することが多いようですよ。

だけれど、職種によっては男女の出会いが一切ない!ということも。

「出会いの少ない職場にいる……!」という人は、社会人サークルなどに入って、出会いを求めるのもひとつの手です。

(4)婚活パーティ

「結婚前提での出会いを!」と意気込む男女が集まる場所といえば、婚活パーティ。

参加するパーティにもよりますが、恋愛にかなり前のめりな男女が集まるので、いいなと思った相手とは、交際に発展するのが早いんです。

だけれどやっぱりここにも“やり目“男子も潜んでいるので、見極めは慎重に。

(5)同窓会

社会人になっての出会いで、意外と多いのが同窓会。

久しぶりに再会したクラスの同級生と、懐かしい話に花を咲かせているうちに交際した……というケースも多いです。

特に、地元から離れている女子が、そろそろ「地元に戻りたいな」と思ったタイミングでの同窓会で、地元で働く男子と交際。そのまま地元に帰ってゴールイン!という展開もあるのです。

 

6:出会いがないと嘆く男女

「社会人になって出会いがない!」と嘆く男女。

実は「出会いがない」のではなくて「行動をしていない」というのが理由であることがほとんどです。

この章では、「出会いがない!」と嘆く男女の特徴をご紹介しましょう。

(1)出会いがないと嘆く男の特徴5つ

1.女性に対する理想が高い

「女性はこうあるべきだ」という高い理想を掲げていて、出会って間もないのに、「結婚したら女性は仕事を辞めて家にいてほしい」だとか「僕の母親を大事にしてほしい」だとか自分の理想を語る男を女性は“爆弾男“認定します。

これは恋愛経験が少ない、高学歴男子に多め。

プライドが高すぎるゆえ、女性に完璧を求めますが、そんな人間は存在しません。

結果として、「出会いがあるけれど理想の人がいない」=「出会いがない」と判断しているだけなんです。

2.1人でできる趣味に没頭している

趣味が第一優先だという人は、休日をすべて趣味に費やすので、結果として、出会いの機会がぐっと減ります。

その趣味が「スポーツ」だったり、他者との交流の中で生まれるものだったらいいのですが、「プラモデル制作」だったり「アイドル鑑賞」だったり、1人でできる“オタク感“が強いものは、当然のことながら出会いを遠ざけます。

3.SNSを一切やらない

SNSでのリア充アピールも痛いですが、逆に、まったくやらないという人も、一気に出会いが減ります。

社会人は、同窓会のお誘いがフェイスブックで来たりすることも多いんです。

また、電話番号を知らない友人とでも、SNSでは繋がれますよね。

つまり、SNSをやっていないと、「久しぶり~! 東京にいるの? 飲まない?」というお誘いが一切来ないのです。

“連絡ツール“として、登録だけでもしておきましょうよ。

4.「忙しい」が口癖

頻繁にSNSで「忙しいアピール」をしたり、何度も「仕事が忙しいから」という理由で、友人との約束を断ったりしていると、いつの間にか誘われなくなることも……。

もちろん本当に忙しいということもあるかとは思いますが、「出会い」を求めるのであれば、「出会える」ための時間を確保すべきです。

「本当に忙しい人は、忙しいアピールをしない」と言います。実は、忙しい中でもスケジュール管理をしっかり行えている人ほど、出会いの場に顔を出しています。

5.清潔感がない

「そもそも女性から声をかけられない」という人は、まずは自分のファッションや雰囲気を見直してみて。

どれだけイケメンだったとしても、清潔感がなければ台無しです。

逆に、容姿に自信がなくても、清潔感があり、おしゃれな人は、本人にガッツさえあれば、出会いがどんどん舞い込んできますよ~。

(2)出会いがないと嘆く女の特徴5つ

1.男性の理想が高い

「年収〇〇以上!」「3高しか無理!」と、高い理想を掲げつつも、自分から行動しない人も「出会いがない~」と嘆きがち。

理想が高すぎると、一気に出会いは減ってしまいます。

2.キャリアウーマンである

同性から見ると、仕事にまい進しているキャリアウーマンはとてもカッコいいですが、出会いからは遠ざかりがち。

いつだって仕事が第一優先なので、恋愛を後回しにしてしまう傾向にあるからです。

また、自分よりも収入が多いキャリアウーマンに尻込みしてしまうという男も多いようです。

3.気が強く隙がない

前述したふたつの特徴にも共通しますが、キャリアウーマンや男性の理想が高い人は、男に厳しく、自分にも厳しいです。

気が強く隙がないせいで、男から口説かれる……というシチュエーションが少なくなってしまうのです。

4.実家暮らし

実家暮らしだと、どうしても出会いは減りがち。

門限がなくても、親がいれば、夜のデートも時間を気にしなければいけませんし、付き合ってからのお泊りも彼の家か、ホテルに行くことになるでしょう。でも、いくつになっても、親に「外泊する」とは言いにくいもの。

「親がめんどくさいから」という理由で、出会いに積極的になれないという人も多いんです。

5.自分からアクションを起こさない

「アクションは男から起こすもの」と思って、自分からはアクションを起こさない人も、出会いから遠のきがち。

よく、「神様には前髪しかない」といわれますが、男性にも前髪しかないと思ったほうがいいですよ。どれだけ魅力的な女だとしても、その男性の目の前にいかなければ、見つけてもらうことはできないのです。

 

7:出会いはいつくる? 出会いの時期を占いで当てる方法

「その日、ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれないじゃない。その運命のためにも、できるだけかわいくあるべきだわ」

ココ・シャネルのこんな名言があります。

いつ運命の出会いがあるかなんてわかりませんよね。

だからこそ女たるもの、いつだってきれいに、かわいくありたいもの。

だけれど、実際問題それってとっても難しい……!

「運命の人」に出会う日がわかれば、準備や心構えもできますよね。

そんなとき、出会いの時期を占ってみるのもアリ。

有名なのはタロット占いや、生年月日から占う四柱推命など。

無料で占えるものから、鑑定士に依頼するものまで様々です。

しっかり自分を知って心構えを作っておくためにも、占いをしてみるのもいいかもしれません。

 

8:まとめ

いかがでしたか?

「恋人がほしいけれど出会いがない!」

それは「出会いがない」のではなく、「行動していない」からかも!?

今回ご紹介した出会いの場に足を運んでみたり、マッチングアプリをダウンロードしてみたり、少しの勇気と少しの行動で一気に出会いは増えます。

「出会いがないと言っている間に婚期を逃しちゃった!」

そんな展開は避けたいもの。

あの「シンデレラ」だって、舞踏会に参加したから、王子様にガラスの靴を届けてもらえたのです。きっと舞踏会に参加していなければ、王子様と出会うことはなかったですよね。

おうちで白馬の王子様やお姫様を待っていても現れることはありません!

まずは行動!

そうすれば、一気に素敵な「出会い」が舞い込みますよ♡