SNSでの出会いってあり?SNSで出会って結婚した体験談と出会いアプリ

株式会社ITC総研が2017年度の『SNS利用動向に関する調査結果』をまとめています。それによると、2016年末の国内ネットユーザーは9,977万人と推定され、SNS利用者はそのうちの68.9%の6,878万人だったようです。利用者が増えれば当然、そこでの出会いは増えていきます。今回はSNSでの出会いについて紹介します。

1:SNSでの出会いは増えている?

SNSでの出会いをインターネットを通じた出会いと解釈して調べてみました。

アニヴェルセル株式会社が全国の20代~30代の既婚男女600名(男性・女性、各300名)の方を対象に、「あなたは、パートナーとどこで出会いましたか。あてはまるものをお答えください。(1つ選択)」といった調査を行っています。

実はこの調査は2014年9月に一度実施されており、2016年にも同じ内容を尋ねる質問で行われています(アンケート対象者が未既婚男女1,200名から既婚男女600名に変化)。早速、SNSやインターネットに絞った結果を見てみましょう。

2014年時、インターネットが出会いのきっかけと回答した人は9.7%。(20代~30代の未既婚男女1,200名)。

これが2016年になるとインターネット+SNSでの出会いが11.2%に上昇。ネットを通じた出会いが増えていることがわかります。(20代~30代の既婚男女600名)

 

2:男女に聞いた!SNSでの出会いはありですか?5つ

街の男女にSNSでの出会いはありかどうかを聞いてみました。

(1)普通にありだし、抵抗もない

「私は普通にありだと思います。過去にそういうことあったし。何かを始めるときに理由なんて何でもいいと思うんですよ。付き合いだしてから、本気で相手のことを好きになることもあると思うし。2人が幸せならそれでいいんですよ」(Uさん/28歳)

重要なのは、きっかけではなくその内容。SNSから始まる恋愛だからといって、幸せになれない、というわけではないはず。その出会いをナシだと思うのは、もったいないことなのかもしれません。

(2)交際に発展したことはあるけど、抵抗はある

「今の相手がそう、SNSで知り合った人。その人はすごくいい人で、マメに連絡くれるし、週に1回はデートに連れてってくれるから、本当にいい人と出会えたなと思う。

でも、ネットを通じた出会いにはやっぱり抵抗はあるかな。私はたまたまいい人と知り合えたけど、そうじゃないこともきっと一杯あると思う」(Oさん/24歳)

経験者ですら、ネットを通じた出会いに抵抗を感じることもあるようです。顔を知らない相手との信頼関係を築く難しさが伝わってきますね。

(3)抵抗はないし、恋愛してみたい

「そんな経験はないですけど、ありだと思いますよ。たまにオフ会に参加したりするのでイメージは随分変わりましたね。ネットの中の付き合いもリアルの付き合いもそれ程変わらないのかなって」(Tくん/25歳)

SNSを通じた恋愛をしてみたいけれど抵抗があるという人は、彼のようにまずはオフ会に参加してみるといいかもしれません。

(4)したことないし、したくもない

「ナシっしょ。相手がどういう人かをまず知ってから恋愛をしたいからさ、俺は。しゃべり方とか食事の仕方とか、どんな笑い方をするのかとかさ。だから、SNSで知り合った相手と恋愛をするくらいなら、俺はリアルで探しちゃうけどな」(Mくん/25歳)

相手のことをよく知ってから恋愛をしたいという人の場合、SNSで恋人を探すのは遠回りということかもしれないですね。

(5)わからない

「そもそもそんなにSNSをしないので、わからないですね。登録はしているものの、現実世界でやることが多すぎて放置しっぱなしなんですよね。なので、全くわかりません」(Rさん/22歳)

SNSをあまり活用していない人にとっては、考えたこともない様子。見る専門だったり、放置しているような人からすると現実味のない話なのかもしれません。

 

3:SNSで出会い…結婚したカップルの体験談3つ

(1)小学生の頃の同級生

「SNSってやっぱり“昔の同級生と手軽に繋がることができる”っていう点が特徴的だと思うんです。私の場合もそうで、小学校のときに転校して以来、連絡の取りようもなくなってしまった人と再び繋がることができるようになりました。その中に初恋の人がいたんです。

「Facebook始めました」って友達申請が来て、それで懐かしいなってことでやり取りするうちに“久しぶりに会おうよ”ってことになった。まるで変わっていなかったのが嬉しくて、なんだかまた恋しちゃったんですよね。

そしたら向こうが、“実はあのとき、僕は君のことが好きだったんだ”って言ってきて、“初恋の相手だ”って。“今は?”って尋ねたのが付き合うきっかけになりました。結婚できたのはSNSのおかげですね」(Uさん/29歳)

(2)オフ会イベントに参加して

「俺は家系図を作っていくのが趣味なんですよ。戸籍を取得したり苗字について調べてみたりして掘り下げていくんですけど、そんな趣味を持っている人なんて知り合いには全くいないわけです。

だから、SNSでそのコミュニティーを見つけたときは迷わず参加しましたね。どんな風に調べたらいいか?とかの情報交換もしたいからオフ会にも参加しました。そこで知り合ったのが今の嫁です。

趣味を共有できるっていう喜びもあってトントン拍子に交際して、結婚までいきましたね。オフ会のメンバーとは今でも交流がありますよ」(Wさん/31歳)

(3)ペットの写真をアップしていたら

「オウムを飼ってるんですけど、ペットの写真を投稿してたら“いいね”が送られてきて、それでネット上で交流が生まれましたね。向こうもオウムを飼ってるみたいで、投稿された写真に私も“いいね”してって感じで。

1年くらい続くと、ペットへの接し方とかメッセージのやり取りを見てたらどんな人なのか、わかってくるじゃないですか。それで恋愛感情を持つようになりました。“今度、一緒にペットショップへ買い物に行きませんか?”ってメッセージを送って会ってみた。思っていた通りの人で、半年後に交際がスタート。

でも、途中で私のオウムが病気になって亡くなっちゃって、そのときに“今度は一緒に育てようよ”っていわれて、それがプロポーズでしたね」(Nさん/26歳)

 

4:SNSで出会いが期待できるアプリ

株式会社アムタスでは電子コミック配信サービス『めちゃコミック(めちゃコミ)』の会員を対象に、「SNSから始まる恋愛」に関するアンケートを実施しています【めちゃコミック調べ】。そのなかで、「Q.相手と知り合ったSNSは何ですか?」という質問があったのでその回答を紹介します(調査人数1,038名)。

第1位 マッチングアプリ
第2位 Facebook
第3位 Twitter
第4位 Instagram
第5位 その他

その他という回答の中には『mixi』や『GREE』、『モバゲー』、『ブログ』という回答があったようです。

【参考】「出会いはSNS!直撃!「SNSが出会いのカップル3組」どうやって恋に?」

 

5:SNSの出会いは公表しづらい?

SNSやインターネットを通じての出会いはスマホの普及やマッチングアプリの登場などが手伝って増加傾向にあるようです。

しかし、街の男女にお話を伺ってみるとカップルとなった人たちの中から「友人には言いづらい」という台詞が多く飛び出しました。どんな方法であってもいい出会いを手に入れた人たちには、素直に祝福の言葉を贈ってあげたいものです。