ビストロって何ですか?ビストロ料理とデートのモテ作法3

「ビストロ」でのデート、したことありますか? 改めて聞かれちゃうと「で……、ビストロって何ですか?」という人もいるかも。今回は、フードアナリストの筆者が、定番のビストロ料理とビストロデートのモテ作法をご紹介します。

1:「ビストロ」は何語?どういう意味?

食事デートで「ビストロ」へ行くこともありますよね。日本にもたくさんのビストロが、いたるところにあります!

しかし「ビストロ」ってよく耳にするわりには、言葉の意味含め詳細までイメージできる人は少ない言葉かもしれません。

ここでおさらいしておくと「ビストロ」とは、気楽に利用できる小さめのレストランを示すフランス語で、「bistro」と綴ります。

格式張らない、居酒屋とか規模の小さいレストランというイメージですね! 語源には諸説あるものの、筆者が調べたところ19世紀の後半にパリで登場した言葉との説が有力です。

 

2:ビストロ料理ってどんな料理?5つ

「ビストロ料理」にはバリエーションがたくさんありますが、ここでは代表的なものを5つご紹介します。

(1)ポトフ

たっぷりの野菜を使ってコトコト煮込んだ「ポトフ」は、ビストロ料理の定番メニュー。

フランスの家庭料理だけあって、日本のビストロでも「必ずある」と言っても過言ではないほどメジャーです。

大きめに切った野菜が特徴的。アツアツをハフハフしながら食べるのは至福のひととき……♡

(2)シチュー

ビストロでは、シチューも定番メニューのひとつ。

野菜や肉をコトコトと煮込んだ深みのあるシチューは、バゲットに付けて食べると、ぐんぐん食が進みます。

お店によって味わいが異なるので、お気に入りのシチューを探すお楽しみもありますよね〜。

(3)テリーヌ

「パテ」とも言われる「テリーヌ」も、ビストロでは欠かせないメニューのひとつ。バゲットに付けてもよし、ワインと一緒にチビチビ食べてもよしで、魚介を使ったものや野菜で作られたものなどバリエーションも多いです。

正式には、ちゃんとナイフとフォークで切りながらいただきます。

(4)ステーキ

ビストロで欠かせないメニューと言えば、ステーキ!

お店のオリジナルソースで味付けしたステーキを提供してくれるビストロも多いです。

付け合わせにはポテトが付いていることも多く、どことなくアメリカンな雰囲気も。フランス家庭料理でもステーキは定番というわけですね。

(5)マリネ

魚や野菜を酢漬けにしたさっぱり風味のマリネも、ビストロでは定番になっている料理。

ニシンやサーモンなど、日本食でもおなじみの食材で作られているものが多いです。

さっぱりとした口当たりなので、こってりした料理と一緒にオーダーしておくと、ちょっとした箸休めのようにもいただけますよね~。

 

3:ビストロデートでの女のモテ作法3つ

「ビストロ料理」はカジュアルなフランス料理なので、マナーはイギリス式ではなくフランス式を意識したほうが無難です。

カジュアルなフランス料理とはいえ、しっかりとマナーを守って美しく食事をすることが「モテ」につながります!

(1)ドレスアップしすぎない

彼から「今日は、ビストロに行こうか?」と誘われると、ものすごい格式高いフランス料理を食べるのかと勘違いしちゃう女子もいるかもしれません。ですが「ビストロ」は前述の通り、そこまで格式が高くない居酒屋風のレストランです。

なので、ドレスアップしすぎると店内で浮いてしまうことにもなりかねません。

モテお作法としては、日本の居酒屋に行くくらいのレベルでのおしゃれがベターです♡

(2)スープ類は音を立てないでいただく

洋食では、基本的に「音を立てずにいただく」のがマナーです。

そのため、ビストロでスープなどをいただく際には、音を立てないように気を付けましょう。

ズルズルと音を立てながらスープをいただいてしまえば、マナーにうるさい男性ほど「この子、下品だなぁ。二度と誘いたくねーな」と思われかねません。

また、スープを器の手前側から奥に向かってすくっていただくようにしましょう。

器に持ち手がある場合には、手を添えてもいいと言われています。

(3)パンが出てきたら美しく食べる!

ビストロデートでは、カゴなど入ってパンが提供されるお店が多いです。

そして、パンをいただくときには、美しく食べるように心がけましょう。大きなパンを手でちぎらずにかぶりついたり、自分が落としたパンくずをパタパタと床に落としたりすると「この子、汚い……」と男にガッカリされるだけでなく、マナー違反にもなりかねないので気を付けて。

また、おかわりでオーダーしたパンを最終的に残してしまうのもご法度。お腹の調子と相談しながら、適量を食べるようにしましょう。

 

4:ビストロデートは楽しい!

「ビストロデートしよう!」は、つまり「フランス家庭料理を食べながら、デートしよう」ということなので、日本で言うところの“居酒屋デート”がちょっとフランス風になったイメージです。

肩肘張らずに美味しいものがいただけるので、気楽に行けるデートスポットでもあり、ふたりの距離も縮まりやすい♡

みなさんも楽しいビストロデートで、彼との距離をググッと縮めちゃってくださいね!