嫌い避けと好き避けの違いは?職場での男性からの嫌い避けサイン

「好き避け」と「嫌い避け」って見分けがつきますか? 嫌い避けとは言葉の通り、相手のことが嫌いで避けている状態です。でも、好き避けでも嫌い避けでも目が合ったらそらされたりするので、イマイチどちらか判別つかない……なんてこともあるのでは? 今回は、好き避けと嫌い避けのサインを男女それぞれに聞いてみましたよ。

1:職場の男性に避けられている…と感じたら

あなたは職場の男性に「嫌われてるかも?」とか「もしかして避けられてる?」なんて感じたことはありませんか?

職場って、社会人にとって、1日のうちでいちばん長くいる場所になります。だからこそ、人間関係が悪いと、仕事に行くのが嫌になってしまったりもしますよね。特に、職場の異性からの目って気になりませんか?

今回は異性への好き避けと嫌い避けの特徴を紹介します。あなたが感じている「避けられ」はどちらなんでしょうか?

 

2:好き避けと勘違いしやすい?女性の嫌い避けの特徴9

では具体的に、「嫌い避け」の行動の特徴を紹介していきます。まずは、女性たちに「嫌いな男性にしてしまう嫌い避け行動」を聞いてみました。

(1)目が合うとすぐ視線を外す

「私の場合は、なるべく嫌いな男性とは目を合わせたくないと思ってますね。だから、何かの拍子に目を合わせるつもりがないのに合っちゃったときは、慌てて目をそむけます。なぜかわかんないですけど、嫌いな人のことって見ちゃいません?

何してるか気になるんじゃなく、自分の近くに来てないかが気になるっていうか。それを、好き避けと勘違いされてたら最悪ですね。できる限り、嫌いな人とは話もしたくないですから」(Gさん/27歳)

(2)自分のことは話さない

「まぁ、職場とかだと、嫌いな人とでも話さないといけない場面とかはあると思うんです。そういうときには、とにかくなるべく自分の話をしないで、相手の話を聞いているフリをして、頷きつつも抜け出すタイミングを見計らってますね。

で、ほかのところに移動できそうだったら、すかさず移動します。普段は細かいこととか気にしないのに、嫌な人と話さないといけない場面だと、いきなり机の周り片づけ始めたりとか(笑)」(Yさん/28歳)

(3)挨拶は最低限

「嫌い避けですかぁ。“なるべく近寄らない”が鉄板じゃないですか? 私、今会社に嫌いな人いるんですけど、小さい会社なので、毎日顔を合わせるのはしかたがないですし、挨拶しないわけにもいかないから、最低限の挨拶だけはしますね。

ただ、挨拶するのでも、完全に作り笑いで、“あ、おはようございます”とだけです。それ以外は、何も話しません。あっちが“暑いですね”って言ってきても、“そうですね”くらいで。全力で“話しかけてこないでオーラ”を出します」(Oさん/26歳)

(4)飲み会などでの距離が遠い

「飲み会とかなら、結構移動も自由が利くことありません? だから、嫌いな人が近くに来たらとにかく逃げます。最初の席決めのときとかも、すっごい考えて、自分の周りには嫌いな人が座らないように、歩く速度とかまで調整しますもん。

で、同じテーブルになったとしても、乾杯と同時に別の席に移ったりして、なるべく話さなくていいようにしますよね。だって、嫌いな人と飲むお酒ってまずいじゃないですか。絶対嫌ですよ」(Fさん/28歳)

(5)メモや伝言がシンプル

「仕事でやたら絡んでくる男性がいるんですけど、実はその人のこと超苦手で、避けてます。でも、仕事としての伝言とかはどうしてもしなくちゃいけないので、そういうときは紙に要件をまとめて書いて、相手が席にいない隙をみて、相手のPCに貼っておいたりとか。

前に伝言メモを簡潔に書きすぎて、相手に“これってどういう意味?”って聞き返されたことがあって、すっごく嫌だったので、それからは聞き返しがないようにメモの書き方も気を付けてますね。

逆に好き避けとかしている男性には、可愛いメモにちょっとイラストとかも入れて渡してます」(Aさん/25歳)

(6)会話中に目が合わない

「私、初対面でも嫌いな人との場合は目をなるべく合わさないようにしますね。たとえ相手と会話しててもです。別のことに気を取られているフリをしたりとか、スマホいじってることもあります。

だって、相手の目を見て話を聞いてるだけで、勘違いする男性っているじゃないですか。そういうのってお互いに時間の無駄だし、めんどうなことになるだけだと思うんですよ。最初から気を持たせるような行動はとらない方がいいだろうなって」(Nさん/26歳)

(7)メールやLINEを返さない

「絶対に返信が必要そうなメールとかLINE以外には、返信しないですね。LINEも平気で既読無視しちゃいます。もともとそんなに筆まめじゃないっていうのもありますけど、嫌いな相手のために文章考えるのって、めんどうなんですよ。

そんな時間があるなら、ほかにやりたいことたくさんあるので。仕事のメールで返信しないとダメそうなものは、一文とかで返信しちゃいますね。“○○だと思います。よろしくお願いします”くらいシンプルです。だって、余計なこと書く必要ないでしょ?」(Wさん/33歳)

(8)複数でも一緒に出掛けない

「嫌いな人が混ざってるってわかったら、どんなに楽しそうなイベントでも参加はお断りします。友達も私がそういう性格だって知ってるから、“あぁ、あの人いるもんね”くらいで通じるので助かってます。

たまにすっごい強引にセッティングしてきたりとか、先に決まってた予定に、あとから嫌いな人がメンバーに入ってしまうこととかあるんですけど、そしたら友達には申し訳ないけどドタキャンしたりもしますね。

私、全部顔に出ちゃうタイプなんで、一緒に遊んでても、嫌いな相手を不愉快にしちゃう自信があるんで、そっちのほうが悪いですよね」(Eさん/26歳)

(9)目が死んでいる

「友達と一緒にいるときに、いっつもその友達が私の嫌いな男性のこと当てるから、“なんでわかるの?”って聞いたら、“だって目が完全に死んでるもん”って言われました。自分ではなるべく社交的に振舞って、相槌とかも打ってるつもりだったんですけどね。

どうやら笑顔が引きつってて、目が死んでるらしいです(苦笑)」(Sさん/30歳)

 

3:ショック…!職場で男性から嫌い避けされてるサイン5

では、男性の場合はどうなのでしょうか? 男性たちに職場で「嫌い避け」するときにしてしまうサインを聞いてみました。

(1)話しかけても話が続かない

「嫌いな人とは話を続けたいと思わないので、基本的には会話が続かないですね。質問してみようって気にならないのが、嫌いな人への態度に出ます。

少しでも興味がわけば、こちらからも“それで?”とか“○○さんは?”みたいに聞いたりするので。それをしないのは、嫌いな場合ですね」(Tさん/31歳)

(2)目が合わない

「職場では、嫌いな女性のこととか、考えている余裕なんてないので、仕事に集中してますね。たぶん、すれ違っても挨拶すらしてないことが多いと思います。

逆に、好きだったり気になっている女性の場合は全然別で、近くに行って毎日挨拶するようにしますね。目もなるべく合わせたいから、いつもチラチラ見てますし」(Aさん/26歳)

(3)お土産を受け取らない

「よく職場にお土産とか買ってきてくれるじゃないですか? 嫌いな女性が買ってきたものに関しては、“みなさんへ”とか書いて置いてあっても食べないですね。

僕、結構甘いものとか好きなんですけど、なんとなくそういうの貰うとお礼を言わないといけないって思っちゃって。そのお礼を言うのが嫌なので、もらわないっていう……」(Sさん/31歳)

(4)いつまで経っても敬語

「基本的に嫌いな女性とは、いつまで経っても精神的な距離が縮まらないので、敬語を使って話します。逆に、気になる女性とは早めに打ち解けて、少しずつ砕けた口調で話すようにしています。そうすると、距離も一気に縮まる気がするので」(Oさん/26歳)

(5)近寄ると離れる

「職場だと、嫌いな人が近寄って来たら離れるようにしますね。自分の席の近くに来ちゃうのはしかたがないですけど、お昼食べてる場所とかなら、自由に移動できるから、なるべく早く食べ終えて席を立ったりとか。

相手が自分に少しでも興味持ってるなって感じたら、余計に避けるようにしてます」(Mさん/32歳)

 

4:好き避けと嫌い避けを視線で見分けるポイント3

好き避けと嫌い避けの行動って、似ているところがあって、区別しづらいですよね。今回の男女の話を元に、視線で好き避けと嫌い避けを見分けるポイントをまとめてみました。

(1)目が合う頻度で見分ける

まずは目が合う頻度なのですが、「基本的に嫌いな人のことは見ないし、目が合わないようにする」という人が多いです。

ですから1日に何度も目が合うという場合は好き避けの可能性もあります。しかし、本当にたまになら、それはアクシデントだと思ったほうが良いでしょう。

そして、女性は好き避けの場合には目が合ってしまった場合に、数回に1度は笑いかけてくれるという特徴もあるようなので、1日に1度以上目が合うかと、たまにでも笑顔を見せてくれるかどうかが、見分けるポイントと言えるでしょう。

(2)会話中の目線で見分ける

嫌いな人とでも、話をしなければならない場面があります。その場合の視線に関しては、嫌い避けの場合は、「基本合わない」と思っていた方がいいでしょう。

好き避けの場合も、「恥ずかしくて相手の目を見られない」という人もいますが、好きな場合には、たまには目を合わせてくれるはずです。会話しているのにどこか遠くを見ていたり、手元のスマホなどを見ている場合は、嫌い避けの可能性が大です。

(3)目を合わせにいって見分ける

ここまでの判断方法でも、どちらかわからない場合には、「自分から目を合わせにいってみる」というのもひとつの方法です。片方が目を合わせようと必死になっているのに目を合わせてくれないというのは、相当です。

目を合わせて笑いかけてみて、相手が無表情だったら完全にアウトと判断しましょう。

 

5:嫌い避けを勘違いしないようにご注意を!

男性も女性も、結構あからさまに嫌い避けをすることがわかったのではないでしょうか?

ですが、中には恥ずかしがっているのか、本当に嫌っているのかわからないような態度を取る人もいます。そんな人のことを見て「もしかして私に気があるのかも!?」なんて勘違いをしてしまうと、途端に痛い女に。

避けられていると感じたら、まずは「嫌い避けかも?」と疑ってみたほうが、安全かもしれませんよ。