なぜ貯金ゼロ?20代から50代女性の理由!貯金ゼロでも結婚できるのか?

あなたはどれくらい貯金がありますか? 「貯金ゼロ世帯が増えている」というのをニュースなどで聞いたことがあるかもしれませんが。だからって貯金ゼロでも安心!というわけではありませんよね。貯金ゼロになってしまう理由とは? そして貯金ゼロでも結婚ってできるの? 女性たちに赤裸々告白してもらいました。

1:貯金ゼロでも結婚したい!

あなたは、どれくらい貯金がありますか? 多くの人が、「毎月少しずつでも貯金をして、将来や不測の事態に備えなければいけない」と思っているのではないでしょうか? ですが、現実的には、貯金をするのってなかなか難しいですよね。

また、結婚するとなるとお金がかかりそうですが、貯金がなくても結婚できるのでしょうか? たとえ貯金が全然ない!という女性でも、結婚願望は別物ですよね。今回は、貯金と結婚の関係についても調査してみましたよ。

 

 2:貯金がない20代・30代・40代・50代女性の理由とは?

「社会人になってから、毎月の給料の中から少しずつ貯金を始めた」という人が多いはず。ですが、中には「貯金が全然ない」という女性たちも……。

(1)貯金ゼロの20代

20代は働き始めてすぐで、まだまだお給料も十分ではない人も多いようです。とくに、一人暮らしをしていると、家賃や水道光熱費など、毎月かかるお金も相当です。そして服や化粧品など、遊ぶためのお金ももちろん必要になってきます。

20代で貯金がゼロの女性に話を聞いてみたところ、「外食がほとんどで、食費にいちばんお金がかかっているかも」(Aさん/25歳)という人や、「ほとんど毎週末合コンの予定が入っているので、そのために服とか買っていると、お金が全然貯まりません」(Nさん/26歳)という人など。

人によって使いどころは違うようですが、自炊ができない場合は食費が高くなってしまいますし、恋活に忙しい時期で「見た目のためのお金は削れない」という人は、貯金ゼロとなってしまうことが多いようです。

(2)貯金ゼロの30代……

では30代で貯金ゼロの女性たちの理由とはなんなのでしょうか?

話を聞いてみると、「実は20代のころから貯金は少しずつ貯めてきてたんですけど、30代入ってすぐに大きめの病気をしちゃって、そのせいで仕事が変わったり、少しの間仕事を休職してたりして、貯金使い切っちゃいました」(Iさん/34歳)という人がいました。

また「貯金しなきゃしなきゃとは思いながらも、全然給料もあがらないし、生活するのでいっぱいいっぱいです」(Tさん/32歳)という人も。

30代くらいになれば生活の基盤も整ってくるので、貯金もかなりできるようになるのでは? と思っているかもしれませんが、そんなに甘くはないようです。

また、そのほかの話では、「アラサーの時期は周りの結婚式や出産祝いなどで毎月のようにご祝儀が必要になり、貯金どころではなくなる」という意見も。こうして貯金ゼロの生活が続いてしまうと、せっかく良い男性との縁があっても、お金の問題で結婚を逃すなんてことにもなりかねません!?

(3)40代・50代

40代から50代になっても貯金がゼロというのは、考えるだけでも恐ろしいですが、中にはそんな女性もいます。

「私の場合は、貯金という習慣が全然身につかないまま年を重ねてしまったのが問題だと思っています。今からでも少しずつは貯めようとして、色々な本とか読んで試してみてるんですけど……。全部続かなくて、結局毎月毎月その月の給料で生活しているって感じですね。何かあったらって思うと、本当に怖いです」(Gさん/45歳)

「手に職をつけなくっちゃ、自己投資だって思って、お金を使いすぎちゃいましたね。そのおかげで、今、技術は手元に残ってますけど、貯金はゼロです。これから先、一人で生きて行かないといけないと考えると、副業とかもやって、その収入は全部貯金に回さないと不安だなって感じています」(Kさん/49歳)

20代の、給料が少ないころからでも貯金をする習慣をつけておかないと、40代50代になったあと、大きな不安を抱えることになってしまいそうです。

 

3:貯金ゼロから結婚できる?体験談3

では実際問題、貯金ゼロでも結婚ってできるのでしょうか? 貯金がほぼない状態で結婚した女性たちに、どうやって結婚式をしたのかなど、体験談を教えてもらいました。

(1)夫に今も借金返済中

「私の場合は、今の夫と結婚するって話が出たときに、お金の話をして自分が貯金ゼロだってことも話しました。

最初は夫も信じられないって感じだったんですけど、私からの提案として、“結婚式などのお金はとりあえず半分半分で出すけど、今は貯金がないから1度お金を貸してほしい”って頼みました。

大体100万くらいでなんとか結婚式などを終わらせたんですが、50万円の借金を夫にしていることになっているので、毎月1万円ずつ、今も夫に返済中です。夫が貯金ゼロでも結婚してくれたことには本当に感謝しています」(Uさん/32歳)

(2)両親のお金でなんとか

「結婚式の費用は私の両親からの結婚祝い100万円でどうにかしました。でも、それで全部使っちゃったので、今は必至で貯金をしている最中です。夫には、私が全然貯金がないってことは伝えてないです。だって、もし、“そんな女は信用できない”とか言われたら……って思うと怖くて。

なので、子供ができたりしたときのために、今は節約をどれだけできるかって考えて生活する毎日ですね。節約には夫も賛成してくれているので、楽しくできてはいますけど」(Aさん/29歳)

(3)結婚式は挙げていない

「私だけでなく、彼も貯金がなかったので、結婚式は挙げないっていう選択肢しかなかったですね。幸い、うちの両親も旦那側の両親も“結婚式を絶対にしないとダメ”っていう感じではなかったので、入籍だけして、一緒に暮らし始めました。

本当なら結婚式とかちゃんとして両親を喜ばせてあげるべきだったんでしょうけど、まぁ、お金が貯まったらそのときしても良いかなって旦那とも話しています。ハネムーン旅行にも行けてないので、早くお金を貯めて行きたいなとは思ってます」(Wさん/34歳)

 

 4:貯金ゼロの家庭の実態3

ここまでは貯金ゼロで結婚した夫婦だけの話でしたが、ここからは貯金ゼロ家庭について話を聞いてみましょう。親が貯金ゼロだった人や、自分たちが子供がいるのに貯金ゼロでどうやって生活しているのか、話してもらいました。

(1)無駄なものは全部売る

「貯金ゼロって、好きなものを買えないって言う我慢も辛いですけど、何かあったらどうしようっていう不安の精神的な苦痛もかなりあるんですよ。

私たちは子供がまだ小さいけど、貯金が全然ないので、とにかく家にあるものでいらないものはフリーマーケットとかフリマアプリとかで全部売ってますね。

子供が成長するに従って、いらなくなるものとかもなるべく売って、次のモノを買うお金に使ってます。ただ、子供が学校に上がるとなると、お金がもっと必要になるので、どうしようかって毎日のように夫と話してます」(Kさん/30歳)

(2)給食のパンが夕食!?

「私の家は両親が全然貯金できない感じだったらしくて、子供のころ、結構苦労したというか、給料日前になると夕食のおかずがないとか当たり前にありましたね。

子供心に“なんでこんなにお金がないんだろう?”って思ってましたけど、自分が大人になってみて、生活するのってこんなに大変なんだって身に染みてます。

本当にお金がなかった時期は、私が学校で余った給食のパンをもらって帰って、家でみんなで夕食にそのパンを食べたこともありましたね。さすがにあれはひもじかったなぁ……。まぁそれがいい教訓になって、私は質素倹約の生活ができてますけど」(Eさん/25歳)

(3)衝動買いが止まらない

「私たち夫婦はお酒も飲まないし、ギャンブルもしないし、たばこも吸わないんです。でもふたりとも家電製品が好きで、新しい家電を見てると、ついつい買っちゃうんですよね。そのせいで貯金が貯まらないってわかってるんですけど、欲しいものを買わないとストレスでケンカも増えちゃって。

結局ストレス発散のために家電を買ってお金はなくなるっていう悪循環です。正直子供も欲しいし、老後のこととか考えると貯金がないのはヤバいってわかってるんですけど、ふたりともコツコツと何かをするのが苦手なタイプで、今が楽しければいいじゃん、って感じなんですよね。

とりあえずギリギリ生活はできているんですけど、これじゃいけないって最近すごく焦りがあります」(Oさん/27歳)

 

 5:貯金ゼロから貯金を始める方法3

みんな、「貯金ゼロはヤバい」とわかっていながらも貯金ができず、困っていることがわかりますよね。では、今貯金ゼロの人は、何から始めればいいのでしょうか? 過去に貯金ゼロだった人に、貯金できるようになった方法を教えてもらいました。

(1)毎日のコンビニをやめる

「私は20代の半ばまで貯金ゼロだったんですけど、結婚を本気でしたいって思ってから、家計を見直して、今ではそこそこ貯金できるようになりました。

最初にやったことは簡単で、それまで毎日仕事前に寄っていたコンビニに行くのを止めました。

朝ってまだ半分頭が働いてないし、そのあと仕事だって考えるとモチベーションアップのためとか思って、無駄なモノまで買っちゃうんですよ。

でもそれが本当に無駄で、なければないで生活できるってわかって。コンビニに行くのはお弁当を作れなかった日だけにしました。そしたら最初の月から2万円くらい、貯金に回せるようになりましたよ」(Nさん/29歳)

(2)ネットショップは3日考えてから

「今ってネットですぐに欲しいもの買えちゃうじゃないですか。しかもクレジットカードを登録してると、ワンクリックで入金も終了するから、お金を使ったっていう実感もないんですよね。しかも、別に欲しくなくてもポイントの有効期限のために無駄に買っちゃったりとかもするし。

だから、私はネットショップで欲しいものを見つけても、その日には買わないで3日後ぐらいにもう1回見て、本当に欲しいものか確認するようにしました。そしたら3日経つと実は別にいらないって気づいたりできて、かなり無駄遣いが減りました」(Yさん/28歳)

(3)ゴールを決めてご褒美も決める

「貯金って、最終的なゴールの金額が見えてないとやりづらいと思います。私も500万くらい貯まればいいのにって思いつつ、何もしないまま時間が過ぎていって、貯金ゼロの時期が長かったんです。でもある日、雑誌で貯金の記事を読んで、1度やってみようって思い立って、貯金500万を5年後までに貯めるってゴールを設定してみたんです。

そうしたら、毎月だいたい8万くらいですよね。で、貯金のために我慢ばっかりしているとストレスも貯まるので、いつも8万を先にお給料が振り込まれる銀行口座とは別の口座に移して、それ以外のお金で生活して、給料日前にそのお金が余っていたら、それは好きなことに使っていいってことにしたんですよ。

そしたら欲しいもののために節約もできて、ガンガンお金が貯まるようになりました!」(Tさん/31歳)

 

6:まずは小さな積み立てから?

「貯金ゼロの状態って、精神的にも苦痛」と話してくれた人がいましたが、本当にそうですよね。今貯金ゼロでも、貯金を始めることはすぐにできます。

まずは明日コンビニに行くのをやめてみたり、家にあるものをフリマアプリなどで売ってみたり、できることから少しずつ始めてみてはいかがでしょうか? 小さな積み重ねが、数年後に大きな貯金になっている可能性は高いですよ!