「同い年」の意味は?同い年カップルの恋愛・結婚事情を大調査!

一般的に精神年齢は男性よりも女性の方が高いと言われています。それが本当だとしたら、同い年のカップルは精神年齢の釣り合いがとれていないことになりますよね。実際はどうなのでしょうか? 今回そんな疑問から、「同い年カップル」の恋愛・結婚事情を調査してみました。

1:同い年の恋愛・結婚はうまくいく?

(1)『同い年の家庭教師』って映画を知っていますか?

『同い年の家庭教師』は2003年公開のラブコメ韓国映画。『天国の階段』や『マルチュク青春通り』で人気を博したクォン・サンウが主演。ヒロインを演じるのは2000年に『同感』(邦題:『リメンバー・ミー』)で映画初主演を飾ったキム・ハヌル。

今作品は『猟奇的な彼女』に次ぐ、韓国映画史上観客動員数歴代2位の540万人を記録して大ヒットとなり、百想芸術大賞人気賞を受賞しています。

家計と大学の学費捻出のために家庭教師のアルバイトに勤しむスワン。そんな彼女は母の紹介で裕福な家庭の息子の家庭教師をすることになる。こうして荒くれ者で2年も高校を留年している同い年のチフンとのドタバタ劇が始まります。

(2)同い年の意味は?同い年を英語・韓国語で言うと?

同い年を英語で言うと「same age」。

例文としては「We are the same age」で「僕たちは同い年」という訳になります。他にも、「We are from the same generation」という言い方もあります。

日本では同級生と同じ意味に使われることもありますが、英語で同級生は「Classmate」。別の言い方をするならば、「same grade」。「We were in the same grade」で「私たちは同学年にいた」という意味。

韓国語だと、「동갑」。読み方は「トンガプ」。

例文を紹介すると、「아내와 나는 동갑이다」で「私と女房は同い年」という訳になります。

同級生は「동급쌩」で読み方は「トングプセン」です。

 

2:同い年の恋愛のメリット・デメリット6

街で同い年の恋人を持つ男女を探し、そのメリットとデメリットについて訊ねてみました。恋愛コラムニストである大木アンヌさんと一緒に見ていきましょう。

メリット1 価値観が近い

「私が感じる1番のメリットは、価値観が近いことじゃないですかね。6つも年上の男性とお付き合いをさせていただいたときとは違って、話が合うんですよ。知ってる曲が同じだったり、コミックや映画も同じ世代で育ってるってこともあって、見てきたものが似てるってことは実感しますね」Nさん/24歳

――具体的にはどんな部分が似てるって思いますか?

「映画の感動する場所が同じだったり、バラエティ番組の笑いのツボが一緒だったり、嫌な人に対する反応とか」Nさん/24歳

――やっぱりそれって重要ですか?

「ケンカが起こりにくい、ってことに繋がってくると思いますね。あとは似てる部分が多いと“この人で良かったな”って感じるんですよ」

大木:価値観の違いを理由に別れる人も多いから、これは納得。

メリット2 気を遣わずに言いたいことが言える

「同い年だから言いたいことを気を遣わずに言える、ってことはメリットだと思うの。年下の彼氏だと叱るような感じにならないように気を遣うし、年上の彼氏だとプライドを傷つけないように言い方を選んだりしてたから」Rさん/27歳

――同い年だとそうはならない?

「対等だってことが無意識にわかってるんだと思う。年下彼氏相手だとナチュラルに上から目線になっちゃうときとかあったし。逆に年上彼氏からはアドバイスされちゃうようなこともあったけど、同い年の彼ならお互いに意識しなくてもそんなことにはならないよ。だから、疲れない」

月島:年下と付き合うと自分の方が“年上だから”って考えて、相手のワガママとかを我慢することも多いんだよね。

大木:同い年なら変に頼ったり過剰に甘えたりすることもないから切磋琢磨できる関係になれるのはメリットだね。

メリット3 恋人の友人とも同い年

「恋人の友人とも同い年のことが多いから、みんなでバーベキューして遊んだりしてもすぐに打ち解けて仲良くなれるのがメリットだな」Tくん/28歳

――年下の彼女とかとはやっぱり違いますか?

「楽だよ。高校の友人どうしで“遊ぼう”ってなっても、みんな同級生な訳だから敬語を使う必要ないし、漫画とか好きな芸人とかの話題も合うからみんなが仲良くなるのも早い。何よりも話が合うっていうのは楽しいじゃん」

大木:仕事をし始めた時期とか結婚ラッシュの時期とかも同じだから、いろんなことを相談しやすかったりするんだよね。

デメリット1 ケンカすると仲直りが難しい

「価値観が似てるからケンカするようなことはあまりないんすけど、一度ケンカすると立場が対等なだけに、どちらから謝ればいいかわからなくなって仲直りが難しかったりするんすよね」Oくん/23歳

――いつもはどうしてるんですか?

「ケンカが長引いた末に、“もういいかげん仲直りしなさいよ”って友達から叱られて仲直りするってのがいつものパターンすかね」

大木:年の差があると、年上の方が“仕方ないな”って思えたり、逆に年下の方が“自分が悪かったな”って反省できたりしてうまくいくこともあるんだよね。

デメリット2 精神年齢が釣り合わない

「女性の方が精神年齢が高いっていうでしょ? だから、彼が子どもに見えたり、話が合わないなって感じたりすることは多かったかな」Yさん/28歳

――それはどうして?

「大学生にもなればアルバイト先で年上の男性と知り合う機会が増えて、社会人になればもっと増えるでしょ? そうすると、年上の男性から口説かれることが多くなって、精神年齢がどんどん離れていくんだと思います。逆に男は年下の女性を相手にしがちだから、その差はたぶんうまらないんじゃないですかね」

大木:大人の付き合い方を知ってしまうと、同年代の男子が子どもに見えるってことはあるな。

月島:20代とかだと、30代の男性の経済力や経験の豊富さには勝てないことが多いしね。

デメリット3 婚期が遅れがち

「結婚に対するビジョンの違いって男女で大きく違うと思うのよね。20代中盤の男性って結婚のことを考えている人なんてほとんどいないでしょ? でも女性は27歳くらいまでには結婚したいなって考えてたりするから、男性の心の準備を待ってると女性は婚期が遅れがちになりやすい気がする」Mさん/32歳

大木:女性の場合は、出産や子育てがあるから結婚するなら若い方がいいって考えている人は多いだろうね。出産のリスクを考えてもやっぱりそうなんだよね。

月島:確かに、自分の周りの男子で25歳に結婚を考えている(考えていた)って奴はほとんどいなかった。

 

3:同い年の結婚のメリット5

筆者の周りにいる同い年でご結婚をなさっている夫婦と、年の差婚をなさっている夫婦の意見を比較して長所と思われるポイントをまとめてみました。

(1)老後問題の心配がない

同い年婚
「同い年ってことで老後の不安とかは今のところ感じたことはないですね」Nさん/29歳

年の差婚
「私が28歳、旦那41歳のときに結婚したんですよ。だから、相手の親がもう70近いし、足腰が悪いから介護の問題が出てきました。もちろんわかって結婚しているので覚悟はしています」Iさん/31歳

年齢による将来の心配がないのがメリットとのこと。

(2)金銭感覚が近い

同い年婚
「同い年で学歴もそれほど変わらないので収入の面も似たり寄ったり。だから、金銭感覚が一緒っていうのはありがたい」Wくん/34歳

年の差婚
「私は社会人に出て2年で結婚しちゃったんですよ。当然、大きな買い物とかしたことないんですけど、向こうは独身貴族を満喫していたので、お金の使い方が豪快だったりするんですよ。だから、“なんでそんなもの買ってくるの?”っていう買い物とか多くて困ってます」Gさん/25歳

夫婦そろって同じような収入のために金銭感覚が似ているみたい。年の差婚と比べて収入に格差はあるものの、ケンカの原因が減るというメリットに。

(3)家事育児に協力的

同い年婚
「友達のような夫婦なんで、育児や家事に協力的で助かってます」Aさん/28歳

年の差婚
「主人がすでに会社で管理職的な立場にいるので、仕事が忙しそうで家事や育児を手伝えるような余裕がありませんね。残業代もでないですし、なんのための仕事なんだろう?っておもっちゃいます」Eさん/32歳

同い年であれば家事や育児の手伝いを頼みやすいことがメリットのひとつとして挙がっていました。年上の男性は仕事が忙しく家事を手伝える余裕がないということもある様子。

(4)記念日を大切にしてくれる

同い年婚
「包容力とか人生経験の豊富さはないけど、記念日とかのイベントごとは大切にしてくれてるかな」Sさん/27歳

年の差婚
「10歳も年上なんで旦那は本当に大人。悪く言えば遊び心がない。だから、記念日とかも素っ気なかったり、仕事が忙しいので忘れられちゃったりしますね」Dさん/30歳

記念日を同じ感覚で楽しめるというのは同い年婚のメリットのようですね。

(5)相手に過剰な期待をしない

同い年婚
「自分だったらできないだろうなって思うようなことは相手にも求めない。同い年だから、能力もそれほど変わらないって思うんで」Yさん/25歳

年の差婚
「主人はいい歳なんですけど、その割には収入が少ない。結婚するまで知らなかったんですよ。もっともらっていると思っていました。期待していた分、落胆も大きいです」Uさん/27歳

「年上の男性だから」という理由で収入面や包容力に過剰な期待を寄せてしまうという方もいました。パートナーが同い年であれば自分以上の能力を求めずにいられることもある様子。

 

4:同い年と結婚して後悔したこと3

3でお話を伺った人たちに、今度は同い年の人と結婚して後悔したことを訊ねてみました。

(1)自分の比較してしまう

「同い年だから、どうしても自分と比較しちゃうんですよ。例えば、私たちって旦那の方が収入が低い。仕事が大変で余裕がなくなると、ついそのことを責めたくなる気持ちが出てきちゃうんですよ。

“私はこんなに一生懸命働いているのに、なんで旦那はもっと頑張ってくれないの?”って。家事もそう。トイレットペーパーを変えてくれないこととかあると、“なんでこんなこともできないの?”とか、“どうして私が今忙しいことを理解しようとしてくれないの?”って」Nさん/29歳

同い年ということは、社会人になっている時期も同じである可能性が高いでしょう。仕事に打ち込みたいと思う時期やキャリアアップの時期が同じだったりして、気持ちに余裕がない時期が被ってしまう恐れは確かにありますね。

(2)経済力が低い

「年の差婚と比べて、やっぱり収入面での低さが上げられるんじゃないかな。年上の人と結婚した人が知り合いにいるけど、“裕福そうでいいな”って思うよ。先日、子どもが生まれたんだけど、これからどんどんお金がかかっていくのに旦那の収入でやっていけるのか不安になっちゃったもん」Sさん/27歳

年上の男性であればそれだけキャリアアップを行っている可能性はあるでしょう。同い年の男性と比較すると収入面での差が目立つのかもしれません。しかし、これは旦那さんの頑張り次第で克服できそうです。

(3)主導権争いが起こる

「立場が対等なんで時々主導権争いが起こる。ここだけは譲れないっていう部分が被ると折れることができない。夫婦って毎日顔を合わせている訳だから、それって本当にしんどいです。早く謝ってよって思うけど、たぶん向こうも同じこと思ってる。

付き合ってるときって時間が経てば自然と解決してたけど、夫婦となると話し合わなくちゃいけないことも出てくるからもう大変」Yさん/25歳

価値観の似ている同い年夫婦。譲れない部分も似ていると主導権争いに発展してしまうケースもあるようです。

 

5:同い年婚は離婚率が低い?

株式会社オールアバウトと株式会社シーマが20代~40代の既婚女性のうち配偶者が同い年の方(同い年婚)と、配偶者が10歳以上年上の方(年の差婚)各440名を対象に、それぞれの“夫婦関係”に関する意識調査を共同で実施していました。

別居・離婚をしたいと思ったことがあるかについての質問に「はい」と答えた割合は同い年婚で45.6%、年の差婚で50.8%と年の差婚の方が高いことが分かりました。

同い年婚の方が夫婦円満である可能性が高いと言えるかもしれませんね。

 

【参考】