セックスレスの期間が続くと別れも…セックスレスの原因や解消法

セックスレスは、多くのカップルや夫婦の悩みとして定着した感があります。愛情や尊敬心はあるけど、セックスはしたくない。あるいは相手に拒まれる。そんな状況が長く続けば、お互いにとってストレスとなり、大きな亀裂を生み出しそうです。そこで今回は、セックスレスの原因をリサーチ。なりたいイメージや好感をもたれる印象をプロデュースするイメージコンサルタントの見地から、セックスレスの解消法をご紹介します。

1:「セックスレス」の期間はいつから?定義はあるの?

(1)セックスレス認定される期間とセックスレスになりやすいタイミング

離婚・慰謝料 あんしん相談所によると、「セックスレス」が離婚の条件としたときの期間は、

特別な事情もなく、性交渉が1ヶ月以上行われないる状態を指します。

夫婦間において、セックスレスという問題は、離婚の原因となってもおかしなことではありません。元来、夫婦の性交渉とは婚姻関係の基本ともいえる行為と考えられてきたため、セックスレスが離婚の原因となる可能性は十分にあります。

(引用元:「離婚・慰謝料 あんしん相談所」)

とあります。また、セックスレスになりやすいタイミングを周囲にリサーチしてみると、ケンカ後や出産後が多く上げられました。また、いびきの問題や、就寝時間の違いにより、「夫婦の寝室を別にしてからセックスレスになった」という人も。

また、株式会社オレンジページの調査によると、40代女性の約半数が、現在の自分の状況を「セックスレス」と回答しています。年齢によるタイミングというのもあるのかもしれません。

(2)セックスレスからカップルが別れるまでの期間はどのくらい?

セックスに関する捉え方は夫婦によって様々です。セックスレスになったからといって、即離婚につながるわけではありません。

株式会社キャリア・マムが20代から60代の主婦を対象に行った調査では、セックスレスになっている主婦の4人にひとりは、「日頃からセックスレスでこれからもそのままでいい」と回答しています。つまり、「別れたいとまでは思っていない」ということ。

一方で、浜松町第一クリニックが夫や彼氏がEDになった経験のある女性500人を対象に行った調査によれば、回答者の4分の1がセックスレスを「ネガティブ」にとらえており、相手の浮気を疑ったり、自信を喪失したりして「離婚まで考えた」という意見も見られました。しかし、実際に離婚するというのはレアケースのよう。

セックスレスで浮気や不倫を疑い、それが発覚したことで離婚となるケースや、セックスレスによって、お互いの気持ちのすれ違いや言い争いが生じて別れるというケースはあるものの、セックスレスそのものが、別れや離婚となるとは言い切れなさそうです。

 

2:セックスレスの原因は男性だけじゃない!妻側の原因ベスト5

(1)夫の体にセクシーさを感じない

視覚的な情報は、言葉や声のトーンなどよりも強烈に印象に残り、第一印象を形成します。これは「メラビアンの法則」と呼ばれ、アメリカの心理学者であるメラビアンが研究結果を元に提唱しました。

この法則はイメージコンサルティングの世界でも活用されており、視覚的な情報の大切さを説いています。

セックスは本能的な行為。その分、直感や肌感覚がモノを言う世界です。

以前は引き締まっていたお腹がぽっこり飛び出していたり、腰周りに肉の浮き輪ができていたりして、夫の体にセックスアピールを感じられなくなったことが、セックスレスの原因になる場合もあるのです。

(2)夫の匂いが好きではなくなった

妊娠をすると、匂いに大変敏感になります。

それまで大好きだったはずの匂いが大嫌いになったり、食べ物の匂いにより吐き気を感じたりと、自分ではコントロールできない変化が起こります。

「子供の頃から馴染みまくっているはずの白米の匂いが全くダメになった。同時に旦那の匂いも臭く感じるようになった」(大学教授アシスタントJさん 30代)

そして妊娠中の変化は、妊娠後も、もとに戻らないことも少なくありません。

「以前は大好きだったはずの夫の匂いが、どういうわけか好きではなくなった」なんてケースもあるのです。

(3)本性を知って魅力を感じなくなった

「とても尊敬できると思っていた夫。結婚してしばらくすると転職を繰り返すようになって……。仕事がない間、家でゴロゴロしたりしている姿を見て、異性としての魅力を全く感じなくなった」(公共機関勤務Mさん 40代)

ともに暮らし始めれば、カッコ良くない夫の姿だって見る羽目になります。そしてそれらは、夫に対する性欲を失わせる要因にもなってしまうのです。

(4)自分の体型が変わりすぎて見せたくない

「授乳後、胸だけではなく乳首も信じられないほど垂れ、お腹の皮は伸びたまま。お尻だけ無駄に巨大化し、自分の体を鏡で見るだけでしんどい。こんなの夫に見せられない」(フリーランスMさん 30代)

出産や授乳を経た女性の体は、大きく変化します。「旦那への関心を失ったわけではないけれど、自分の体を見せるのが恥ずかしいのでセックスをしたくない」ということも、当然セックスレスの要因に。

育児や家事で忙しいと、なかなか思うようにエクササイズを行えないというのも辛いところです。

(5)セックス自体に興味がなくなった

「妊娠中からセックスに興味がなくなった。出産後は元に戻るかなと思ったけど、産後1年経った今でも全くしたくない」(元ITコンサルHさん 30代)

ホルモンバランスの変化や、妊娠・出産という命をかけた一大イベントを経た女性が一時的に性欲を失うというのは珍しい話ではありません。

しかし、多くの女性にインタビューしてみると、「年月を重ねていくうちに、だんだん性欲が戻ってきた」という人のほうが圧倒的です。なので、セックスという行為自体に興味がなくなったとしても、彼とのスキンシップは可能な範囲で取り続けるのがいいでしょう。セックスレスを防ぐ大切な布石になります。

 

3:セックスレス解消のきっかけと妻ができるアプローチ5つ

(1)ヘアスタイルをガラッと変える

自分に女性としての魅力がなくなったことがセックスレスの要因と思うのであれば、自分に似合う素敵な髪型にチェンジしてみましょう。

意外と自分に似合う髪型を知らない女性も多いもの。パーソナルカラー診断や骨格診断などを受けて、本当に似合うヘアスタイルを見つけることをお勧めします。

自分に似合うスタイルを取り入れることで、無理なく若さや美しさを発揮することが可能になります。

髪の色を少し変えるだけで、見違えるほど垢抜けることもあるのです。

(2)ふたりでお出かけする

相手とのラブラブ関係が希薄になってきたせいでセックスレスが始まったと感じるなら、ふたりでお出かけを。日常がセックスの邪魔をしていることもあります。それならば「普段の生活」から抜け出し、ふたりでいつもと違うことをしてみましょう。

美味しいランチを食べたり、映画を見たりするものいいですし、女性側が相手の男性がしたいことに付き合ってあげるのも効果的です。男性は自分の得意分野でより輝くもの。相手の新たな魅力を発見できるかもしれません。

(3)夫へのダメだしやネガティブ発言を廃止

人間は、自分を「カッコいい!」とか「美人ですね!」と言ってくれる相手に対し、好ましいという感情を抱きます。

一方でダメ出しばかりして、ネガティブなことばかり言ってくる人には惹かれません。でも結婚したとたん、いつの間にか、毎日が批判のオンパレードになってしまうことも……。

そんな状況とセックスは、相性がよくありません。

セックスレスを解消したいのであれば、旦那さんの彼女候補だった頃を思い出し、彼が喜ぶ言葉をかけるようにしてみましょう。

(4)嫉妬心を抱く

嫉妬させるもの効果的。ですが、その作戦に失敗すると、大変面倒なことになります。なので、自ら夫に嫉妬心を抱くよう努力してみることをお勧めします。

例えば、同じ会社の若い女性について聞いてみたり、彼の好きなタイプの芸能人について掘り下げてみたり……。

嫉妬心はドキドキを呼び覚ましてくれる貴重なきっかけになります。「彼を失うかもしれない!」という危機感が芽生えれば、相手に対して自然と魅力を振りまけるようになるものです。

(5)夫へのプレゼントを用意

何か理由を見つけて夫にプレゼントしてみましょう。お付き合いした記念や結婚記念、なんでもOKです。

「妻から大切にされている」

と感じることで、夫の凝り固まった心が緩み、優しさが生まれます。お互いに対する思いやりを表現することが、セックスレス解消への第一歩となるでしょう。

 

4:セックスレス解消後にも問題が?解消後にありがちなトラブル3つ

(1)せっかくレスを解消したものの体が激変していてがっかり

「セックスレスって、解消したからいいってものではないのです。長くレスだった分、私の体型が変わっていて、夫ががっかりしているのを感じました」(元銀行員Yさん40代)

長い間セックスレスだったカップルが再度セックスをする場合、想像以上に勇気がいるものです。特に気になるのが、時間の経過とともに衰えた体。

ふたりとも年をとっているのでお互い様なのですが、相手がかっかりする姿を見るのは辛いものです。

(2)夫の機能が弱まっている

「以前は毎日でもしたがっていた彼。私が原因でセックスレスになり、かなり時間が経ってから解消しようとふたりで努力し始めたら、夫の機能が弱まっていた」(事務職Mさん50代)

男性サイドの機能低下は女性にとって理解しにくく、時に

「自分に魅力がないからなのでは?」

と自信を喪失してしまう要因にもなりがちです。

でも、年齢とともに体の機能が落ちて行くのは一般的なことです。理解を示してあげることで、症状が改善する場合もあると言われています。

(3)濡れにくく痛い

男性側に機能低下が起こるのと同様に、女性にも、濡れにくくなったりそのせいで痛みを感じたりするといった老化現象が起こります。体の変化に伴って、セックスが不快なものとなるのです。

少し厄介な問題ですが、せっかくセックスレスを乗り越えたカップル。お互いを思いやりながら、ローションを使うなど、試行錯誤の中で乗り越えていきたいところですね!

 

5:セックスもセックスレスも夫婦が通る道

「セックスをしまくっていた」という時期がある一方で、セックスレスに陥る時期もある。どちらも多くのカップルが通る道です。

でも、想像もつかないようなピンチや「病めるとき」を乗り越えてこそ夫婦。

綺麗ごとだけでは片付かない。そんな時間をともに過ごすからこそ、夫婦の絆は強く何物にも代えがたいものとなるのです。

セックスレスになったからといって諦めずに、どこまでもふたりでいる意味を模索していきたいものですね。

 

【参考】