結婚に焦りを感じるのは25歳?29歳?みんなの結婚焦りエピソード

今回は、男女が結婚に焦りを感じはじめる時期をリサーチ! みんなの「結婚焦りエピソード」も赤裸々公開いたします!

1:結婚に焦りたくないと思っていても……

女性は結婚に焦るタイミングがありますよね?

先日、筆者の大親友が結婚しました。

いつもふたりでたらふく飲んでは、終電間際に猛ダッシュ!

それがとても楽しかったのですが、「結婚したいくらい好きな人ができた!」というタイミングから、彼女は一変!

彼とインスタグラムで繋がった瞬間、今まで自撮りばかりだった投稿が「#おうちごはん」というハッシュタグの登場とともに手料理に。

さらに半年後には「#プレ花嫁」というハッシュタグが加わり、結婚。

私と飲みに行くタイミングも、夜ではなく、休日の昼下がりになりました。

嬉しい反面、寂しい……。

筆者のように、仲のいい友人が結婚して時間が合わなくなる等、あからさまな友人の変化に、「自分も結婚しないとマズイ?」と強い焦りを感じる人が多いのではないでしょうか?

 

2:年齢別! みんなが結婚に焦りを感じるタイミング

それでは、ここからは、みんなが結婚に焦るタイミングについてご紹介!

独身女性の意見を聞きました。

(1)24歳、25歳で初めて結婚に焦りを…

大卒の新卒入社組の第一次転職ラッシュが起こる24歳~25歳。

この時期、学生時代から付き合っていた彼氏と転職・退職を機に結婚!というムーブメントが起こります。「授かり婚」が多いのもこの年齢です。

24歳、25歳くらいで初めて友人の結婚式に参加したという人も、多いのではないでしょうか?

とはいえ、このころは、結婚に焦りを感じる人も少なく、ブーケトスだって、みんなでキャーキャー張り切っちゃうのも、ある種のプレイ。

だけれど、こんな意見も……。

「高校時代から付き合ってゴールインした友人を見て、焦りました。私も当時高校時代から付き合っていた彼がいたので」(26歳/女性)

上記のように、「長年付き合っている彼がいる」という人や「25歳までに結婚したい!」と思っている人などは、このタイミングで、やや焦りを感じるようです。

(2)27歳、28歳、29歳で結婚への焦りがリアルに!

そして、焦りをリアルに感じだすのが27歳~29歳。

「一気に結婚式が増え、祝儀貧乏になった」という人も多いのではないでしょうか?

SNSで頻繁に挙げられる「婚約しました」「プロポーズしました」という投稿は、幸せムードに包まれている一方で、独身女性にとっては焦りを助長させるという副作用があります。

「共通の友人にはLINEがあったのに……。元カレの結婚をSNSで知ったときの悲しさはすごい。元カレの“結婚を告げない気遣い”って、元カノをさらに傷つけると思う」(27歳/女性)

という声もちらほら。SNSで知る結婚報告にダメージを受け、さらに焦りが増幅~。

(3)30歳からは結婚への焦りが深刻化

家族から「結婚はまだ?」と言われだし、友人からも「婚活すれば?」なんてアドバイスを受けるようになるのが30歳以降。

「30歳という節目までに結婚したい」という女性が多く、30歳を過ぎると一気に焦りが深刻化します。

「独女が強制的に出場させられるブーケトスは公開処刑以外のなにものでもない」なんていう意見も。

うっかりブーケをキャッチしてしまうと、司会者から「お名前を!」などと言われることもたびたびで、参列者全員の前で、30歳を過ぎて独身であることと本名を公表させられた挙句、「結婚に対しての意気込み」なんかまで言わされたり、極めつけは、幸せいっぱいの新郎新婦に挟まれて、やや薄ら笑いで撮影。NO------!

そんなブーケトスの一連の流れに対し、「精神的ダメージがすごい」という声も聞こえてきました。

(4)結婚へ焦り……どう対処したら?

上記のような結婚への焦りが生まれたとき、どう対処したらいいのでしょうか?

「35歳までには子供が欲しい。その前に結婚したい」など、様々な要因が重なって焦りを助長させますが、それは意外にも「自分が行動していないから」かもしれません。

結婚を焦るタイミングは、「子供が欲しいから」のほかにも、「友人の結婚」「彼氏と別れた」「親に結婚はまだ?と言われて」などですよね。

そんなとき、彼氏がいればそこまで焦りは少なそうですし、婚活パーティに行く予定があれば、「出会いがあるかもしれないし」と、前向きに考えることができます。

だけれど、毎日会社と家の往復、休日もほぼ寝ている……そんな日々の生活を送っている人ほど、「行動する予定がない」ので焦りを感じるのではないでしょうか。

焦ってから婚活を始めるより、少し余裕をもって、「いい出会いがあればいいな~」という感覚で出会いの場に足を運んでみるのがいいかもしれません。

「自分から行動すること」。意外かもしれませんが、それこそが、焦りを緩和させる、もっとも簡単な方法なんです。

 

3:男性も!結婚に焦りを感じる瞬間3つ

男性も結婚に焦りを感じる瞬間があるようですよ! 周囲の男子にリサーチしてわかったトップ3を紹介します。

(1)仲のいい友人が結婚したとき

女性同様、仲のいい友人の結婚に、独身男性は結婚への焦りを感じるよう。

家庭を優先させるようになった友人を見て、「そろそも俺も落ち着かなくっちゃな」と感じるそうです。

(2)30歳になったとき

男性にとっても、30歳は大きな節目なのだとか。20代は給料が安い、もっと遊びたいなどの理由で結婚を考えなかったのに、30歳になって、急に結婚に焦りを感じだす男性は多いのです。

(3)社内で結婚はまだ?と言われるようになった

「会社の同期が続々と結婚して、上司に〇〇君はまだ?と聞かれるようになったタイミングで彼女との結婚を決意した」という意見も。

結婚している男性は周りからの信用が得やすい、なんていう話も聞きますよね。

 

4:結婚に早い遅いはない

いかがでしたか?

今回はみんなの結婚に焦るタイミングについてご紹介しました。

でも、結婚する年齢に、早い遅いはありません。

焦って結婚して後悔するよりも、自分のしたいタイミングで結婚することが、本来ベストなはずです。

くれぐれも「30歳までは絶対ふたりとも独身ね~!  独身同盟結ぼ~!」なんていう女子会は控えめに!

そう言いだす女性に限って、「マラソン一緒に走ろうね!」レベルで先にゴールインしちゃいますよ! 周りに流されず、自分のタイミングで結婚を決意できるようにしたいですね。