夫婦の寝室が別だと離婚率が上がる?夫婦別室の夫婦に聞いたその理由

あなたの家は、夫婦一緒の寝室ですか? それとも別ですか? また、もし結婚したら同じ部屋で寝たいと思いますか? 一般的には夫婦の寝室が別だと仲が悪いようなイメージですが、必ずしもそうとは限らないようです。別室で寝ている夫婦にその理由を聞きました。

1:夫婦の寝室が別だと離婚率は高まる?

一般的には夫婦の寝室が別だと、夜の営みが減ってしまったり、コミュニケーション不足に陥ったりするため、離婚率が高まると言われていますが、実際はどうなのでしょうか?

筆者の周りの既婚男女に話を聞いたところ、寝室が一緒でも別でもあまり関係ないと思っている人が多い様子でした。

「夫婦の寝室が別=離婚率」が高いという公式が当てはまるというよりは、夫婦の寝室がなぜ別なのか?を考えてみた方がいいのかもしれません。

 

2:夫婦別室の夫婦に聞いた!間取りは?ズバリ夫婦仲が悪いの?

では具体的に夫婦別室だという男女は、どんな間取りで、なぜ別室で寝ているのでしょうか? 女性たちに話を聞いてみました。

(1)生活時間帯が違う

「結婚した当初は、夫婦一緒に同じ部屋で寝ていたんです。でも夫が夜勤とかもある仕事なので、夜中に起きだしたり、逆に朝方早く帰ってきたりして、そのたびに目が覚めちゃってて。最初はそれでも夫の時間になるべく合わせるようにしてたんですけど、やっぱりそれじゃあ自分の仕事にも支障が出るってことで。

話し合いの結果、夫婦別室にして、お互いに睡眠の質を保とうということに。間取りは3LDKに住んでいて、夫と私がひと部屋ずつとリビングって感じですね。2人とも起きて家にいるときは、たいていリビングで2人でいますし、仲はいい方だと思います」(Yさん/33歳)

(2)いびきがうるさすぎて

「夫のいびきがうるさくて眠れないので、結婚当初から別の部屋で寝ることにしています。夫自身も自分のいびきがひどいことは気にしていたから、“悪いんだけど寝室は別でいいかな? そうじゃないと眠れないでしょ?”って言ってくれたんです。

もちろんエッチなどをするときもあるので、そのときは夫のベッドでって感じですね。そのまま2人で一緒に寝ちゃうこともあるけど、普段は別々の部屋って感じです」(Tさん/30歳)

(3)寝るときはひとりになりたい

「私も旦那も、ひとりの時間が全くないのは耐えられないタイプなんですよ。普段は寂しがり屋なので、旦那に結構甘えてるんですけどね。でも生理前とか急にイライラしちゃったときには、自分の部屋に引きこもって八つ当たりしないようにしてますね。

だから2人で新居に引っ越すって決まったときには、絶対に2人とも自分の部屋は必要ってことで、ちょっと家賃は高めになりましたけど4LDKの間取りで決めました。2人とも本をすごくたくさん読むので、ひと部屋は書庫になっています。それとお互いの部屋とリビングですね」(Fさん/28歳)

こうやって話を聞いてみると、意外と仲が悪いわけでもないけど夫婦の寝室が別という人も多いようですね。もちろん結婚20年を迎えて、もう一緒に寝たくないという夫婦もいましたが、別室に寝ているからといって、離婚の危機と決めつけるのは早いような気がしてきます。

 

3:夫婦の寝室やベッドを分けるメリット・デメリット

では夫婦の寝室やベッドを分けるメリットやデメリットはどんなところにあるのでしょうか? 筆者の周りの既婚男女に聞いた意見をまとめてみました。

(1)メリット

1.お互いひとりの時間を持てる

人にはそれぞれパーソナルスペースというものがあり、いくら大好きな相手でもあまり長時間一緒にいすぎるとストレスを感じてしまうことも多いもの。寝るときくらいは、離れている方が落ち着くという声が多かったです。

2.喧嘩したときに楽

夫婦なら喧嘩は当たり前。ですが寝るときも一緒となると、喧嘩の後の睡眠の質が落ちてしまいそうですよね。もしかしたら同じベッドでは寝たくなくて、どちらかが出て行ってしまうかもしれません。最初から別の部屋にいれば、そんなこともなく自然と頭を冷やせます。

3.好きなインテリアを飾れる

2人で選んだインテリアに囲まれるのもいいですが、趣味が相手と100%合うという人の方が少ないよう。自分だけの部屋には、自分のお気に入りのインテリアを飾れるからいいという声も。男性でフィギュアを集めるのが好きな人がいたのですが、この方の寝室はフィギュアでいっぱいなんだとか。

(2)デメリット

1.エッチの回数が減る

やはりベッドを別々の部屋に置いてから、エッチの回数が格段に減ったという声も多かったです。同じベッドに入っていれば、そっと相手の体を触るところからなんとなくエッチを始められますが、別々の部屋では、そんなに自然にはいきません。結果言い出せなくて悶々としちゃうなんてことも。

2.時間が合わないと、ひと言もしゃべらない日も

生活時間帯が合わない場合は、お互いにひと言もしゃべらずに1日を終えてしまう夫婦もいるといいます。そうなると、もう夫婦で一緒に暮らしているのかどうかが不安になることもあるんだとか。寝るときだけでも、一緒な方が安心感はあるかもしれませんね。

3.浮気が気になる

女性の中には、寝ている間こそ相手の浮気を見抜くチャンスだと考えている人もいるようです。そういう女性にとって、別々の部屋で寝ることは夫の浮気のリスクを増やしてしまう行為だと言います。確かに同じ部屋にいれば、夫もそうそう浮気相手と連絡を取れないですもんね。

 

4:意味のある夫婦別室はキケンじゃない?

話を聞いてみると、しっかりと話し合った結果、お互いのことを考えて寝室を別にしている夫婦は仲が良く、離婚の心配もなさそうでした。

結婚を考える男性が現れたときには、新居の間取りとともに寝室をどうするのか?も話し合ってみる方がいいかもしれませんね!