彼氏がいたことない女性必見!男性の本音や彼氏ができない原因と作る方法

突然ですか、今、恋していますか? 中には今まで彼氏がいたことのない女性もいることでしょう。どうやって彼氏を作れば良いの?なんて頭を抱えている人もいるかもしれませんね。今回は、恋愛ライターのナナミ・ブルボンヌさんに手伝ってもらいながら、男性の本音や彼ができない原因、作る方法などを紹介します。

1:実は彼氏いたことありません!

筆者の周りでも、「彼氏いない歴=年齢」という女性がいます。1人ではなく、何人かいます。筆者は、ひそかに、「彼氏いない歴=年齢」という女性は増えてきているのではないかと思っています。

というわけで、「彼氏いない歴=年齢」という女性をどう思うのか、男性たちの本音を聞いてみたいと思います。

 

2:「彼氏いない歴=年齢」だと引く?男性の本音5つ

街頭インタビューで、男性に「彼氏いない歴=年齢」という女性をどう思うか、聞いてみました。

(1)過去の恋愛に興味ない

「僕は好きな人や恋人の過去の恋愛には興味ないので、今までの彼氏の数だとか恋愛遍歴、どんな付き合い方をしてきたのかは訊ねませんね。訊ねたいとも思わないです」Kくん/25歳

――相手が何歳であっても気にならない

「何歳でも気にならないですね。むしろ、清楚な人だなって思います。その人が好きなら、年齢はただの数字です」

――もしかしてそれって自分も聞かれたくないってことなんじゃないですか?

「……」

聞かれたくないことは聞かない!

(2)経験値は気になる

「何人と付き合ったことがあるかは、やっぱり気になるね。たとえば、10人以上とかって言われると、“え?”ってなっちゃう。だって、1回1回の恋愛が短いってことでしょ? それって、何かしらの原因があるんじゃないのかって思うからさ」Iくん/28歳

――最長の交際期間はどれくらいですか?

「えっと……、8ヶ月です」

自分も短いかいやないかーい!

(3)1人や2人くらいがベスト

「気になるところではあります。過去にお付き合いした人数が多いと、男性慣れしていると思うので、デートプランとかもありきたりにならないようにひねったりします。逆に少なければ、定番のデートコースを用意したりします。なので、どちらかというと少ない方がありがたいですかね。1人とか2人だったらやりやすいかな」Wくん/31歳

――じゃあ、ゼロだったら?

「ゼロだと、多くの段階を踏まなくてはいけない気がするので、大変そうですよね」

――多くの段階?

「だから、ホテルへの」

それって、早くエッチしたいだけですよね?

(4)多ければ多いほど良い

「多ければ多いほどいいんじゃないかな。俺の場合、絵に描いたような付き合い方ってあんまり求めてないんだよね。男がエスコートしてとか、誕生日はこんなことしてとか、少女漫画のような女子の妄想に付き合うのはちょっとしんどい。性格的にラフな付き合い方が合ってるんだ」Kくん/27歳

――じゃあ、すごい好きな人が「彼氏いない歴=年齢」だったら?

「すごい好きなんすか?」

――普通に好きくらいでもいいですよ。

「アタックします」

な~んだ、好きなら関係ないんじゃん!

(5)むしろいない方がいい

「私の場合、いない方がいいです。いたらいたで変に嫉妬しちゃうから。どんな付き合い方をしてたとかも気になるし、元彼と比べられてないかな?ってことも考えちゃうんです。だから、嘘でもいいから、いないって言って欲しいです」Eさん/34歳

――もしかりにその嘘がばれたらどうします?

「別れます」

極端過ぎませんか?

 

3:30代で「彼氏いない歴=年齢」……その原因と彼氏を作る方法

30代の女性で「彼氏いない歴=年齢」の人に、今まで彼氏ができなかった原因を、自分なりに分析してもらいました。ナナミ・ブルボンヌさんお願いします。

(1)人付き合いが苦手

「人付き合いが苦手で……特に男性とのコミュニケーションが絶望的にダメなんです。多分、相手にもそれが伝わってるんだと思います。男性から見て、話し掛けづらい相手だって思われてるんでしょう。“この女性は自分のことを警戒している”って感じで。だから、出会いがあっても、いつもまったく発展しないんだろうなって感じています」Dさん/32歳

ナナミ:対処法としては、いきなり彼氏を作ろうと思わないこと。男性への苦手意識を克服することが先決なので、まずは男友達のようなラフな相手を作り、自然なコミュニケーションができるようになりましょう。

会社の同僚や学生時代の友人などでもいいのです。まずは苦手意識を克服することです。そうすれば、男性との出会いをものにできるはず。

(2)恋愛経験がないことのコンプレックスを克服したい

「恋愛経験がないことがコンプレックスで、出会いがあっても、“どうせダメ”だと、諦め癖がついてしまっています。告白したことはありますが、うまくいったことはないので、それも劣等感を抱いてしまう原因だと思います。最近では、おしゃれをする気にもならなくなってしまいました」Gさん/31歳

ナナミ:まずは、ひとつでいいから自分が誇れるものを作る努力をしてみてください。それが自分を変えるきっかけになることは十分にあります。前を向ければ、諦めるよりも先にチャレンジできるはず。

月島:劣等感を抱いている女性よりも、前を向いている女性のほうが、男性から見ても魅力的ですもんね。

(3)単純に出会いがない

「恋愛をしようとは思っているのですが、単純に出会いがありません。周りの友人はどんどん結婚していき、合コンをするようなこともなくなってしまいました。“いいな”と思う男性がいても結婚していることがほとんどです。どうすればいいですか?」Mさん/35歳

ナナミ:今は、お一人様限定の街コンなども多く開催されています。立ち飲みバーならひとりでも入りやすいですし、図書館や大手書店などでは、読書会などのイベントも開催されています。

合コンだけにこだわらず、色々なイベントを探して足を運んでみることをオススメします。そして、1回の行動で出会いがあるとは思わないこと。こまめに足を運んでみることが重要です。

 

4:結婚相手以外の男性と無理に交際する必要はない

「異性とたくさん付き合うことのできる女性こそ魅力的な人」と思っている方がいるかもしれません。でも、そんな理由はどこにもありません。

「今まで彼氏がいたことがない」という女性は、恋愛とは、「異性を“選び・選ばれる”作業」ではなく、「未来を“創っていく”作業」だと思ってみてはどうでしょう。

そう考えると、前向きな気持ちになれませんか?