姑と舅の意味の違いは?いいことだってある「姑や舅と一緒に暮らす意味」7つ

「義父母と同居してください」なんて言ったら離婚の原因になってしまったりと、悪いことばかり連想しがちな義理の親との同居。でも中には「姑はいいけど舅は絶対に嫌!」など、舅と姑の間にも違いがあるようです。かつては当たり前だった親との同居に、もはや利点はゼロなのでしょうか!? そこで今回は、舅と姑の違いや、姑と一緒に暮らす意味についてご紹介します。

1:姑の意味は?舅とは?

舅の意味を調べてみると、

夫または妻の父。しゅうとおや。

(出典:小学館デジタル大辞泉)

姑の意味は

夫または妻の母。

(出典:小学館デジタル大辞泉)

とあります。舅と姑を合わせて舅姑(きゅうこ)という呼び方もあります。

姑や小姑からの嫌がらせやいじめが話題にあがりがちですが、実はかなり強者な舅も数多く存在します。

友人Kちゃんがヨーロッパの国に嫁いだ際、舅から

「アジア人は嫌いだ」

とはっきり言われたそう。

上の例は、国際結婚のケースですが、若い女性が来たからといって喜んでくれる舅ばかりではないようです。

 

2:母の味を覚えられる?姑と一緒に暮らす意味とは?7つ

(1)おふくろの味を教えてもらえる

「特別なものを作ってくれるより、懐かしい感じがする料理を作ってもらえると最高に嬉しい」(金融Mさん30代)

毎日食べるご飯が美味しくて癒されるものだったら誰だって嬉しいですよね。お母さんが子供の頃から作ってくれていた味を再現されたら、もうたまりません。

そんなおふくろの味を学ぶなら、やっぱり彼のお母さんからが一番。

同居をしながら一緒にお料理をしたら、お義母さんともとっても仲良くなれそうです。

(2)子供が出来た時に助けてもらえる

「義母の助けがなければ、共働きの私たちの育児は成り立たない」(アート関連Kさん30代)

子持ちの共働き夫婦にとって、家族の助けは何にも代え難いもの。残業や子供が風邪でお休みしなければならない時も、義父母が同居していれば安心して仕事に取り組めます。

子供を預けるのに時間的なリミットがないことと子供を家に置いておけるということは、とてつもなく大きなメリットです。

(3)家の建て替えなど金銭的に協力してもらえる

「義父の遺産プラス年金でかなり裕福な義母。家の建て替えや子供の教育費に惜しみなくお金を支払ってくれるから助かる」(公務員Mさん30代)

確かに家の建て替えやリフォームにはお金が掛かります。夫婦二人で支払うより、義父母の助けが借りられるならそれに越したことはありません。

また目の前で成長を見守れる孫は特別可愛いらしく、教育費も惜しみなく提供してくれるありがたいご両親もいるようです。

(4)目上の人を敬う心を養える

「人として大変尊敬できる義父母。とっても腰が低くて誰にでも優しい。そんな義父母を見ていると、世の中のお年寄りにも優しくしようという気持ちが芽生える」(翻訳Fさん30代)

義父母と暮らすことで年配者への尊敬心が養われます。また、純粋に尊敬できる部分を持った義父母からは学ぶことがいっぱい。自分が年を取っていくこともポジティブに捉えられるようになりそうです。

子供がおじいちゃん、おばあちゃんからも教育を受けられるのも大きなメリット。年配者ならではの、親世代では持ち合わせていない考え方を子供に教えてくれそうです。

(5)家事を分担できる

「食事を作るのも自分だけでやるよりは誰かとやったり、疲れた時はお互い様で休めたりと家のことを分担できるのはありがたい」(主婦Cさん30代)

育児や雑務に追われ、家事が思うようにはかどらない日もあるものです。そんな時、家事を分担できる人が家の中にいるのはとてもありがたいものです。

自分が風邪をひいて何もできないなんて日にも、お義母さんに助けてもらうことができそうですね。

(6)夫と喧嘩した時に助けてもらえる

「わからず屋の夫。喧嘩すると話が全く通じなくなるんだけど、同居の母が『あんた、何が言いたいの? 本当にいつも論点がずれてる」とバシっと言ってくれる。さすが元教師」(ジュエリー関連Kさん30代)

喧嘩した夫をたしなめてくれるなんて理想の義母! お義母さんから怒られると、案外黙ってしまう男性も多いものです。

喧嘩をすると手がつけられない、なんて男性と結婚をしたら、義母の力をあてにしてみるのもアリです。

(7)家が賑やかになる

「たくさん人がいて家が賑やか。夜ご飯のたびに特別感を感じて今のところ楽しい」(事務職Hさん30代)

単純に人数が多い分家が賑やかになります。人が多いことで時にイラッとすることもあるかもしれませんが、賑やかな家に帰ってくるとホッとするなんてこともあるものです。

 

3:悪い点を出来るだけ排除してハッピーな同居を

義父母との同居には、メリットもデメリットも存在します。メリットは存分すぎるほど享受し、デメリットは可能な限り排除するようにしましょう。

近すぎる距離感が嫌なら二世帯住宅を立てる。また、金銭的な問題は同居前からきちんと話し合っておくなど、なし崩し的に同居を始めないことがハッピーな同居の秘訣です。

きちんと準備をして、義父母にとってもストレスの少ない、幸せな同居の形を見つけ出してくださいね。