旦那が不倫!夫の浮気の兆候チェックと許すor許さない問題

旦那の浮気や不倫が発覚! そのときなあたは、夫を許すことができますか……? 今回は、恋愛心理カウンセラーの筆者が、夫の浮気の兆候チェック、そして許すべきかそうでないかについて、詳しく解説します。

1:旦那の不倫・浮気を知らないふりをする妻の心理は?

旦那の浮気に感づく女性はたくさんいます。そして、感づいたとき、すぐに旦那を責める妻もいる一方、知らないふりをする妻が一定数います。

旦那の浮気に、知らないふりをする妻の心理は、どのようなものでしょうか?

旦那の浮気を知らないふりでやり過ごす妻には、2タイプいます。

ひとつは、「責めたら夫が逆切れして、かえって浮気相手のもとに走ってしまいそうだから……」という、自信や勇気がないタイプ。今の家庭を壊したくないという、環境の変化を苦手とする心理からくる行動でもあります。

そして、「もう1つは、うるさく言わないでおけば、そのうち戻ってくるだろう」という、楽観的タイプ。実際に、その通りになることもありますが、保証はできないのが玉に瑕です。

また、楽観的なタイプも、心の底のさらに底では、やはり今の夫との関係に余計な波風は立てたくないと思っている部分があります。

そして、ごく一部ですが、夫に対する愛情は冷め切っていて、浮気しようがどうしようが関係ない、家庭にお金だけ運んでくれればいいわ……という人もいるでしょう。

 

2:旦那の浮気チェック!夫が浮気中に見せる兆候やチェック方法3つ

(1)休日出勤が増える

結婚当初から、そのような働き方であった場合はいかんともしがたいですが、

「この前までそんなことなかったのに、最近休日出勤が急に増えた!」

という場合は警戒が必要です。

家族には仕事だと言いつつ、女性とデートしていたりする可能性が高いです。

「急にやたらと残業が増える」というのも、よくある話です。

(2)スマホの使い方が変わる

いちばん多いのは、スマホを放置しなくなる、子供にも触らせなくなった、といった変化です。

それまでは、リビングなどで充電していたのに、急にそれをやめる、家でスマホを見なくなるということもあります。

急にトップページへのポップアップ表示機能を止めるというのもよくある現象です。

浮気をすると、ほぼ100%と言っていいほどスマホの使い方は変わります。

家族であっても、盗み見はプライバシーの侵害など、いろいろ問題がありますが、「最近怪しい……」のチェックポイントとして、スマホの使い方の変化には目を光らせておきたいところです。

(3)車の中をチェックしましょう

「自分は運転しないし、車は夫の空間のようになっているから、あまりチェックしない」という妻も多いのですが、車の掃除は夫任せにしないことです。

特に自家用車で通勤している場合は要注意です。

シートの下やダッシュボードの中から、意外な落とし物・忘れ物が見つかる場合もありますよ……!

 

3:旦那の浮気相手が妊娠!? 「旦那の浮気相手」と妻のエピソード3つ

(1)オンナが近所に引っ越してきた!?

40歳、兼業主婦の女性から、筆者にいただいた相談で、こんな件がありました。

「夫が職場の女と不倫関係になり、なんと、職場が近いということを理由に近所に引っ越してきてしまいました。

子供が2人おり、夫との離婚は考えていないのですが、夫は不倫相手の家と我が家を往復しているのが現実で、毎日どうしたらいいものかと涙が出ます。

先日、相手の女と話をしましたが、なんと開き直っていて、“こちらはうまくいっているのだから、そっちが離婚すればいい”と言われてしまいました。

独身時代に夫が作った借金を、私も一所懸命に働いてふたりで返してきたこともあって、離婚はしたくないのです。現在は膠着状態が続いています」

このようなケースでは、妻がうっかり不倫相手の女性の口車に乗せられて、「うまくいっているふたりに口出しをする自分がいけないのかもしれない」などと思ってしまい、身を引いてしまうこともあります。

不倫相手の女が、気の強い人だったら、妻がさんざん泣かされることになりかねません。

このケースでは、毎日泣いているお母さんを見て、お子さんが情緒不安定になっている様子もありましたので、慰謝料の請求やご両親への相談など、毅然とした対応をおすすめしました。

不倫問題で、妻と不倫相手とが直接やり合うような段階になれば、子供は当然状況に気付いています。

当事者同士よりも、子供の感情やケアを優先すべき時もあるのです。

(2)不倫相手から容姿をバカにされた……!

こちらもまた、アリエナイ!不倫のお話をひとつ。

28歳、会社員の女性の体験談です。

「夫が不倫をしていて、女と私が夫を交えて話をすることになりました。ここまではよくある話なのかもしれませんが……

夫の不倫相手は22歳の女性でした。女の私から見ても美人で、モデルのような容姿です。

一方私は、どこの誰から見たってお世辞にも美人の部類ではなく、まったくの普通顔か、それより下……。

でも、不倫解決の話し合いの席で、よりによって相手の女がその容姿をバカにしたんです。

『○○さん(夫)だって、家に帰って君みたいな美人がいてくれたら気持ちが安らぐって言ってくれた』

などと言われて……。それまで、容姿に対するプライドなんてそれほどなかったけど、それでも深く傷つきました」

若い女の言動にドン引きした夫は、妻との修復を願って土下座しているようですが、妻としては夫を完全に信頼できなくなってしまい、現在離婚を検討しているそうです。

(3)夫の不倫相手が妊娠!

最後は、37歳女性の方。

「夫の不倫相手から、“妊娠したので産みたい”と連絡がありました。

我が家にも子供がおり、相手の女性は認知はしなくていいと言っていますが、私が猛反対したことで、その場は修羅場に!

向こうの言い分は、“認知もしなくていいし金もいらないのになぜいけないんだ!”ということですが、私はよその女が夫の子供を産むと考えただけで嫌なんです。

一体、相手の女はどうしたら諦めるでしょうか……」

これは実に難しい問題です。相手の女に感情的に断固拒否で迫っても、向こうも意地になるので、なかなか諦めさせることはできません。

実際、「結婚はしなくてもいいから子供が欲しい」という働く女性も増えています。シングルマザーへの公的支援も手厚いものがありますので、相手も強気になっているのでしょう。

あるいは、認知もお金もいらないと言って子供を産んだあとになって、「やっぱり認知してもらいたい」と手のひらを返すこともあります。そういった点でも注意が必要ですね。

いずれにしても相手の女性が産むと言うものを、妻の権限でやめさせることはできません。自主的に諦めさせたり、産んだあとになってこちらに影響が出ないよう手を尽くすべきです。

こうしたケースでは、弁護士など法律面の専門機関に相談するべきですね。

 

4:夫の浮気が発覚した…でも旦那を許すと決めた妻の心理3つ

(1)とりあえず子供が大事

子供がいるので子供のために許す、という妻が多いでしょう。

妻との関係は壊れていても、子供との関係が良好な男性は数多くいます。

しかし、子供が成長したあとになって、夫婦の関係は子供に大きく影響が出るもの。なので、許すと決めたのなら悶々としている姿を子供には見せられません。

(2)自分にも非があった

「不倫される原因が自分にもあった」と思う妻もいるようです。

しかし、関係を修復すると決めたあとでも悶々としてしまい、夫の言動が気に入らないけれど責めることもできない……と悩む妻も多いのが現実です。

(3)働いてくれればいい

「許す、っていうか、もう、お金持ってきてくれればそれでいいや……」と諦めたケースです。

確かに、不倫前後の夫の言動によっては、妻が一種の諦めを抱いてしまうことはあります。しかし、妻の冷めた態度が次の不倫を招いたり、また熟年離婚につながることも。

それでも致し方ないと思う人もいるかもしれませんが……、心の準備が必要でしょう。

 

5:夫の浮気が本気だった場合……対処法3つ

(1)慰謝料をもらって婚姻関係を続ける

夫の浮気が本気だった!ということもあります。そんなときは夫が離婚を提示してくるかもしれません。

この場合、離婚するかどうかを決められるのは妻なので、婚姻関係は続けようと思ったら続けられるのです。

ただし、夫や浮気相手に慰謝料を請求しておくことはおすすめです。妻として、自分の立場が上であることが示せますし、相手の女が反省して夫と別れる可能性がゼロではありません。

もしくは、別れないのなら慰謝料を請求するが、別れるなら慰謝料を免除する……という条件を相手の女に提示するケースもあります。

(2)これから妻としてすることを逐一夫に示す

あくまでも、夫が相手の女と一緒になるつもりなら、妻として黙っておく法はありません。

夫の上司、両親、親戚、友達などにこのことを話し、相談に乗ってもらい、それらの人たちの出方を見てから結論を出す、と、これからの予定を示してみましょう。

不倫が職場にバレたり、自分の親や親戚にバレると困ると思っている人が大半ですから、そういうことはしないで欲しいと、態度を一変させるかも。

(3)慰謝料をもらって離婚する

何も、夫と修復したり、一生添い遂げるだけが人生ではありません。

離婚するなら、財産分与のほかに、夫と浮気相手の両方から慰謝料をもらうことだってできるのです。

子供がいるなら、当然、養育費というものもあります。

 

6:旦那の「浮気観察日記」に学ぶ! 妻の立場を弱めない浮気への対処法3つ

ネットにはたくさんの妻が、旦那の不倫や浮気の観察日記をブログで公開しています。この章では、それらを読んで、筆者が共感した対処法を紹介します。

(1)感づいたことを感づかれない

まずは、「私は浮気に感づいた」ということを、「旦那に感づかれないようにする」ことが第1です。

早い段階で「知ってるのよ」とほのめかしたり、あからさまに問い詰めたりすると、旦那の警戒心を強めてしまい、決定的な証拠を掴むのが難しくなることがよくあります。

あくまでも最初は、「知ったということを知られない」ように。

(2)浮気のパターンを把握する

浮気には、「何曜日に会ってる」「何時間くらい会ってる」「どこへ行ってる」というある程度のパターン、サイクルがあります。

こうしたパターンを把握していると、相手も推測できるし、浮気調査を探偵社に依頼したときに、調査が簡単になるからと値引きしてもらえる可能性もあるのだとか!

(3)証拠類は写真や紙で保管

旦那の浮気の証拠類は、見える形で保管しておくことで、最終的に役立つことが多いのです。

特に、レシートなどの物的証拠は、発見したらスマホで写真に撮る、コピーするなどして、手元に置きましょう。

ごみ箱に捨ててあったものなら、ゴミ。元の持ち主が所有権を放棄しているとなりますので、そのままゲットしても良いかもしれません。しかし、夫の財布の中で発見したものなら、取り出してしまうと夫にバレてしまうかも。

「感づいていることを感づかせない」ためにも、モノはそのままにしておいて、写真やコピーで保管するのが賢い方法です。

 

7:妻が有利……不倫相手に負けないで!

不倫している夫は、バレたりするとたいてい、不倫相手の肩を持つもの。ですが、不倫に関しては、あくまでも婚姻関係のある妻が有利。

不倫相手となる女性には気が強い人も多いけれど、冷静に対処すれば、たいてい妻が勝てるものです。

あわてず、不必要に騒がずに、自分がどうしたいのか、どうするのが最善かを考えてみましょうね。