不倫の綺麗な別れ方3つ!愛してるからこそ別れるべき?別れ方メールも

ドロドロになり、終わりたくても終われないのが不倫……そんなイメージがありますよね。不倫の綺麗な別れ方なんて、あるのでしょうか? それを知るべく、筆者が独自に不倫経験のある男女にインタビューを重ねました! 愛してるからこそ別れるという決断をした人の気持ち、そして、綺麗な別れ方をするためのメールなど、不倫や浮気という許されない恋に真正面から向き合った体験談が勢揃い。

1:不倫・浮気相手と別れる時とは?

どうしても抑えきれない気持ちだからこそ、不倫や浮気で始まった恋愛関係。別れる時って、どんな場合なのでしょうか?

海外転勤のように、距離的に会うのが難しくなれば、不倫や浮気は続きません。例えば、単身赴任中は不倫三昧でも、家族と同居し始めると不倫する時間や自由がなくなってしまった……という男性も多いです。

また相手が気持ちを改めて、「本命を大事にしよう」と覚悟を決めた場合もあります。許されない恋に労力を費やすより、最愛のパートナーを大切にしようと目が覚めてしまえば、不倫や浮気は、たちまち泡のようにはじけてしまうのです。

 

2:愛してるからこそ別れる?不倫を綺麗に終わらせたエピソード5つ

不倫の終わりは様々。大事にしてもらっていたからこそ、綺麗に不倫を終えることができた!という方もいれば、自然消滅になった方も。みんなのリアルな不倫の終わりエピソードを覗き見ッ!

(1)彼ができた、結婚する…が理由で綺麗に別れた

「彼女の本当の幸せは、俺と一緒にいることではない……」とわかったうえで不倫している男性がいるようです。交際女性に彼ができたとか、結婚するという話を聞いて不倫を終えるという、ある意味「ハッピーエンド」は珍しくないんだとか!

1.若さには勝てない!と納得して別れてくれた

「自分に彼氏ができたので、別れることにしました。不倫相手は10歳上で、新しい彼は同い年だったので、素直に話しました。

若さには勝てないと思っていたようで、すんなり受け入れてくれました。不倫相手も、いつかそういう日が来ると予想していたようです」(30代女性・会社員)

2.結婚をしたいと伝えると別れてくれた

「私がそろそろ結婚を真剣に考えたいと思い、ハッキリと相手に伝え綺麗にさよならをしました。

さよならはしましたが、お友達としてのお付き合いはまだ続いています。私から別れを告げたので、未練は全くと言っていいほどありませんでした。 しかし、別れて1週間ほどたつと彼の方からまたお付き合いをしたいと切り出されました」(30代女性・主婦)

(2)職場不倫だったが、退職がキッカケで別れた!

不倫関係に陥りやすいのが職場。仕事ができる上司や、仕事の話がわかる同僚、部下ってなんだかんだで関係が深まるものです。そんな職場不倫も、退職していしまえば一気に熱が冷めてしまう様子!

「私は以前勤めていた会社の上司と不倫関係になりました。休日やプライベートで会うということはほとんどなく、勤務時間と勤務時間外に少し会うという程度でした。

私が退職することになり、退職してからは、なかなか連絡してくれなくなり、それからだんだんと気持ちの整理がつき始めたころに、『都合のい女はやめます』と別れを告げました」(20代女性・無職)

(3)不倫する時間がなく、自然消滅…

不倫には、普通の恋愛と同じく時間も労力も費やします。不倫相手に充てる時間が作れなくなり、自然消滅するというパターンもあるようです。

1.ダブル不倫で連絡をとる時間がなく、終わりに

「相手も私も家庭持ちのW不倫でした。私は、旦那の浮気の証拠をつかみたくて、出会い系に登録しました……が、そこで現不倫相手の彼に出会い、恋に落ちてしまいました。

不倫3年目になったころ、時間的に無理があり、メールのやり取りがだんだんとなくなりました。そして自然消滅しました」(50代女性・主婦)

2.仕事が多忙になり、疎遠になって自然消滅…

「彼氏と恋人関係ではなくなり、そのまま友達となり、相手が結婚してからも体の関係が続いていたことで不倫関係になってしまいました。

お互いの仕事が忙しくなり、連絡する頻度が極端に減り、会う頻度も少なくなりました。お互いに都合が合わなくなってから、疎遠になり自然消滅のようになりました」(20代女性・接客業)

お互いに寂しさや虚しさを埋めるためだけに会って慰め合う不倫。結局のところ、ヒマな時間に関係を持つだけで、自分の人生の全てをかけて「この人と生きていくんだ……」というような激しい愛情はどちらも抱いていなかったということ。

愛があるからこそ綺麗に終わる不倫と、愛も執着もなくスムーズに終わる不倫があるということがわかるエピソードでした。

 

3:浮気の終わらせ方は?綺麗な別れ方メール3つ

浮気を始めるのは、ほんの些細な下心から。でも、終わるにはなにか理由が必要です。みなさんは浮気を終わらせるために、どんなメールやLINEを送っているのでしょうか?

(1)「会う時間が作れない」

先程も消滅した理由にありましたが、やはり時間がなければ関係を維持していくことが難しいものです。お互いに最優先すべき相手がいるならなおさらです。

「相手は既婚者で私は付き合っている男性がいましたのでお互い都合が合うときにホテルや私の自宅で会っていました。

いつまでも続けられないという気持ちでいたころ、私の父が入院したので『会える時間が作れない』とメールして綺麗に別れました」(30代女性・主婦)

会う時間も、LINEする時間すらも作れない……といえば、「これ以上楽しいコトは、できなさそうだな」と関係を終えることに。

(2)「もう素敵だと思えない」

恋に必要なのはトキメキ♡ 燃えるような恋も、熱が冷めればただの燃えカス……。相手のことを素敵だと思えなくなった時点で、不倫や浮気はおしまいです。

「不思議なもので、自分の元から離れるとわかると、彼は何度もしつこく連絡してきました。最後だと言うので会ってみると『離婚するかもしれない』と打ち明けられました……。本当かどうかわかりませんが。私のためではなく、元々夫婦関係が冷めきっていたのが理由だと話していましたが、その往生際の悪さも含め『もう素敵だと思えない』とメールで伝え別れました」(20代女性・求職中)

言われた相手はショックでしょう。しかし、諦めざるを得ない、ストレートな表現ですね。

(3)「子どもが可哀想だよ」

奥さんに対しては、様々な不満があるものの、子どもには罪はなく、子どもに対して罪悪感を覚えている既婚男性も少なくありません。そこを狙っての発言がこちらッ!

「最初に別れを告げたときはスッキリ別れられたのですが、でも1週間ほどたつと、“やはりお付き合いをしたい”と言われました。

“お子さんが母親と違う女の人と仲良くしているのを見たときにショックを受けるのは可哀想だよ……”とメールを送ってからは、なにも連絡が来なくなりました」(20代女性・自営業)

浮気相手に子どもの心情を指摘され、ハッと我に返る男性もいるようですね。

 

4:浮気相手が別れてくれない時の対処法3つ

もしも、浮気相手が恋人関係を解消してくれなかったら、どうしますか? 別れてくれないと次に進めない!ということを踏まえ、キッパリ別れに導く対処法を3つ紹介します。

(1)「結婚する」と伝える

浮気相手のことは好きだけど、どうしても別れなければならなくなった場合……最大の武器はズバリ「結婚」というワードを出すこと!

「浮気は3年くらい。でも、本命と結婚することになり、親などに挨拶に行くことに。浮気相手との関係を本当に終わらせる覚悟でいました。

別れようといっても『大丈夫、2番目でもいいから』と散々言われましたが、結婚すると伝えると意外にアッサリでした」(30代女性・会社員)

結婚という2文字がどれほど重いものなのか……ということがわかる体験談ですね。

(2)他に気になる人が…「飽きた」と伝える

不倫や浮気といえば燃え上がる恋! しかし、その熱も冷めてしまえば「なに夢中になってたんだろ」とビックリするくらいつまらないものに。

「別れてくれない場合は、冷めたって伝えます。他に気になる人ができたし飽きたと伝えると、結構男性ってショック受けますよ」(20代女性・公務員)

浮気という恋の終止符は、熱が冷めただけで打てる!と覚えておきたいところですね。飽きられるって、男性にとってはダメージの大きい言葉のようです。

(3)本命のことを考えて「辛くなった」と伝える

自分だけが浮気している場合でも、W浮気になっている場合でも使えるのが「本命に申し訳ない」という罪悪感に襲われてしまっている……という伝え方です。

「浮気って、結局本命のことを裏切りながらの交際。そのうしろめたさって、やっている本人しかわからないこと。本命に申し訳なくて、もうツライと伝えたら、長年浮気相手だった子は『そっか……』と納得して別れてくれました」(30代男性・会社員)

本命の影は、感じたくないものです。一瞬でも自分のモノになった感覚が得られるからこそ、燃えるのが浮気。本命を気遣い、浮気を楽しめなくなった時点でこの恋は終わり……ということですね。

 

5:浮気相手との別れが辛い…未練を断ち切る方法3つ

浮気や不倫といっても、やはり関係の終わりは辛いものです。不倫や浮気経験女性は、どうやってその喪失感を乗り越え、未練を断ち切っているのでしょうか?

(1)ひとりでカフェ巡り!充実した時間で未練を断ち切った

カフェでひとりで優雅なひと時を過ごしてみては?

「パートが休みの日でも家族には休みだと言わず、ひとりで美味しいカフェを巡るようにしました。家族に内緒で美味しいものを飲んだり食べたりしていました。充実した時間を過ごすことで精神的に満たされ、心が未練に支配されるようなことはありませんでした」(30代女性・パート)

彼のことも忘れられるような、美味しい食事と美味しいコーヒーで、身も心もリセット!

(2)ストレス発散方法を見つける!熱中できる趣味を

不倫相手との恋愛で、ストレス発散をしていたという女性。他のことでストレス発散をすれば、不倫当時を思い出すこともないようです。

「相手と会うのは、ストレスが溜まった時にストレス解消が目的でした。なので、他にストレスを解消できるような熱中できる趣味を持つことで忘れることができました」(20代女性・会社員)

不倫相手より先に、趣味に出会っていれば良かったのかもしれませんね。これからは、もっと有意義に毎日を過ごせますように!

(3)結局のところ「選んでもらえなかった」と実感&納得!

精神的に真正面から受け止めることができ、未練を抱くこともなくなる方法が「自分は選んでもらえなかったんだ」と実感し、納得することです。

「別れるのが嫌だと言いつつ、結局関係が終わったときには、やっぱり本気ではなかったのかと確信できました。正直、少しショックでしたが、本気になって裏切られる感じで終わらなくて良かったと思います」(30代女性・会社員)

本気で別れたくないなら、離婚して自分と一緒になってくれたはず。そうならなかったということは、所詮「浮気」以上でも以下でもなかった……ということですね。寂しいですし、悔しいですが、納得して未練を断ち切ることができそうです。

 

6:不倫している既婚男性は別れてくれないモノ?

「今、嫁と離婚に向けて話し合っているから……」と既婚男性が言っても、アテにしてはいけない!というイメージ、ありますよね。『Dangdep!』の過去記事「【不倫相談】不倫の恋が終わるのはいつ?不倫の辛さと離婚できない男の特徴」では、そんな男の特徴を紹介しています。

しかし実際に離婚に向けて話し合いを進めてくれる男性だって存在します。

ただ、家庭という大きなものを背負っている以上、そう簡単には実行してくれないということは覚えておきたいところ。なにもかも失っても、不倫相手と一緒になりたい!という覚悟のある男性だけが、別れてくれるのです。

 

7:不倫は終わりを設定する必要がある恋愛なんです

恋愛には、お互いが望めば結婚というゴールがあります。しかし、すでに結婚をしている男性との交際だと、結婚というゴールの前に離婚という高すぎるハードルが……。

結婚適齢期を丸々既婚男性に捧げ、何年も待たされた後に捨てられた!なんて悲劇もちらほらあるのが事実です。手遅れにならないためにも、不倫はリスクが高い恋愛であることを胸に刻んでおくといいでしょう。