無口な人が好き…な理由4つと男子の本音!無口な人が向いている仕事も

唐突な質問ですが、無口な人は好きですか? 今回は「無口な人」を大特集します。無口な人が向いている仕事と無口な女性への男子の本音もお届けしちゃいますよ〜。

1:無口な人って仕事でも恋でも困ることが多い?

いわゆる“無口な人”と呼ばれる人たちは、仕事でも恋でも困ることが少なくないと言います。

“無口”は、長所にもなれば、短所にもなります。

しかし仕事や恋は、円滑かつ明確なコミュニケーションが図れてこそ、まとまりやすいもの。周囲に「この人とは、ちゃんと意思疎通が図れないなぁ」と思われれば、それが原因で困った事態が起きやすいのは確かです。

 

2:「無口な人が好き」という男女の理由4つ

ところで「無口な人が好き」と好みのタイプに挙げる男女も少なくないです。

ここでは、そんな男女に聞いてみた、「無口な人が好きな理由」を4つご紹介します。

(1)うるさくない

無口な人は、文字どおり基本的にどんなシーンでも“無口”です。

おしゃべりな人と異なり、一緒に居る人にとっては「うるさくなくていい」と高評価にも繋がりやすい面があります。

(2)細かい文句を言わない

無口な人の中には、怒ると厄介なタイプも少なくないものの、基本的には多少腹が立ったくらいではギャーギャー言いません。

なので、パートナーとしては一緒に居やすいケースも少なくないです。

(3)誠実な感じがする

余計なことを言わない無口なタイプに、誠実そうなイメージを抱く人も多い!

実際に誠実な性格かどうかはともかくとして、言わなくていいことを余計に発することもないので、浅はかなイメージがもたれにくいのでしょうか。誠実なタイプが好きな人にとって、無口な人は好みのタイプに近い印象を受けやすいです。

(4)思慮深い感じがする

無口な人は思ったことをスグに口に出すことがないため、周囲からすると「あの人って、思慮深い感じ」とポジティブなイメージを抱かれやすい傾向にもあります。

軽薄なタイプを嫌う人々にとって、無口な人はそれだけで理想のタイプにも見えやすいです。

 

3:無口な女性に対する男性の本音3つ

続いては、無口な女性に対する男性の本音を、肯定派と否定派それぞれから3つご紹介します。

(1)否定派「何を考えているのかわからないから、苦手です」

「無口な女性は、何を考えているのかわからないから、ぶっちゃけ苦手です。

友達としてなら付き合えるけど、恋人とか妻にするのは無理。

一緒にいると、こっちばかりが気を遣ってしまって、疲れそうな気がします」(32歳/企画)

(2)肯定派「奥ゆかしい感じがしていいですね」

「キャーキャーと話すタイプのキャピッている女が嫌いです。なので、無口な女の子と居ると、自分は落ち着きます。

僕自身、仕事で話さなくてはならないので、私生活では静かに過ごしたいんで、無口な子が彼女だと助かります」(27歳/営業)

(3)肯定派「うるさいよりマシですね」

「無口な子って、物静かな感じがしちゃうけど、うるさい子よりははるかにいいと思います。

ちょっとしたことでも大騒ぎする女子とは、一緒に居ても疲れますから。

特別に無口な子がタイプというわけではないんですが、うるさいよりマシって感じですね」(20歳/学生)

 

4:無口な人が向いていそうな仕事3つ

ところで無口な人は、仕事場でもできるだけ話したくない!

筆者が独自にセレクトした、そんな人に向いてそうな職業を3つお届けします。

(1)フリーランスのSE

フリーランスのSEは、ひとりで集中して作業しなければなりません。

技術や知識を習得するまでに時間も努力も必要ではあるものの、「ひとりで静かに仕事したい」人には、いい環境かもしれません。

(2)書店員

本屋さんは、基本的には静かな時間が流れている場所です。

書店内で大声でおしゃべりする必要もありませんし、黙々と仕事をするのに適していると言えましょう。

接客業なので人と話す仕事ではありますが、他の職種に比べて静かに過ごせる仕事であるのは間違いないです。

また図書館の職員も同様の理由で、無口な人にとってはいい職場なのでは?と思います。

(3)工場のライン作業(レーン作業)員

工場内でベルトコンベア上に流れてくる作業をする仕事は、無口な人にぴったりな仕事です。

黙々と目の前の作業を進めていくのが仕事ですから、だれかとおしゃべりする必要もなければ、お客様の対応をする必要もありません。無口な個性を存分に活かしながら静かに仕事に没頭できます。

 

5:「無口」を長所にしていこう!

冒頭でも申し上げましたが、「無口」は長所にもなれば、短所にもなります。

しかしどちらかと言えば、短所より長所になりうることのほうが多い気質! アピール次第で長所として活かせます。

静かなパートナーを好む人からすれば理想のタイプにもなるし、物静かに仕事を進めてほしい企業にとっては「真面目な人」という高評価にも繋がりやすいです。

「私(僕)って、無口すぎるかな……」とモヤモヤしていた人も、心配は無用! これからは、“無口”を長所として積極的に活かしてみてください。