不倫の神アプリ5選!不倫している人が使ってる「バレ防止アプリ」とは

「いけない」とわかってはいるのに、やめられない人も多い不倫。絶対に奥さんや周囲にはバレたくない!という人が大半でしょう。今回は、こっそり不倫を楽しんでいる人たちが使っているというアプリに迫りました! 「出会いマッチングアプリ」から「バレ防止アプリ」まで、さまざまなアプリがあるようです。あなたの彼、まさか使ってないですよね?

1:出会える?バレない?不倫している人が使っているアプリ5

不倫している人が使っているアプリにはどんなものがあるのでしょうか?

出会いを探すためのマッチング系アプリから、不倫関係を隠すための便利アプリまで様々なものがあるんです……! 今回はその中から5つをピックアップしてご紹介します。

(1)PCMAX (ピーシーマックス)

創設15年以上の健全な運営実績で参加会員数1,000万人以上という出会い系アプリ。

「どんな出会いを求めているか?」をカテゴリー別に検索することもできます。「既婚者OK」という条件で探すと不倫関係を受け入れてくれる相手に出会える可能性が高まるようです。

(2)ハッピーメール

累計登録数1,600万人を超えるという「ハッピーメール」。

プロフィール画像から、好みの相手を探すこともできちゃいます。地方在住の方や、幅広い年齢層の方が使っているので、条件にピッタリの相手が見つかっちゃうんだとか。

不倫相手を探す人はともかく、「遊び」感覚で使う人が多いので「真剣な出会いを!」という人は避けたほうがいいかも。

(3)カカオトーク

不倫相手との連絡にLINEを使うと、怪しまれてスマホをチェックされた際に履歴からバレてしまうかも……!ということで、不倫カップルに人気なのが「カカオトーク」。

いざとなれば、アプリごとサッと削除してしまうことも可能。パートナーから「LINE見せて」と怪しまれたときにも、堂々としていられるというわけですね。

LINEで不倫相手とやり取りすることにリスクを感じて、他のアプリを利用して対策する人もいるようですね。

(4)iSafePlay

画像やビデオを隠せちゃうアプリです。不倫相手との思い出や怪しい写真などは、このアプリで隠すことができちゃいます。

このアプリのすごいところは、ただ隠すだけではなく“フェイクパス”が設定できる点。もしアプリを見つけられてもフェイクパスを入力すれば、ロックしているアイテム以外を公開してくれるんです。

そのためパートナーに怪しまれたときには、フェイクパスを入力し、アプリの中身を見せて「ほら! 怪しいものなんて何もないよ」と涼しい顔で言い訳することも可能。

もちろん本当のパスワードを入力すると、ロックしているアイテムが公開される仕組みになっています!

(5)AppLock(アプリロック)

Android端末のみの対応ですが、その名の通り、自分がスマートフォンにインストールしているアプリにロックをかけることができます。

ロックをかけることでスマホを誰かに貸す際や、勝手に覗き見られたときにも、秘密を守ることができるんですね。

アプリをパッと開かれてしまうのを防止するのには有効ですね。その後、「何でパスワードをかけているの?」と修羅場を迎えてしまいそうですが、その場で証拠を掴まれるより時間稼ぎできる、ということなんでしょうね。

 

2:不倫専門SNSアシュレイ・マディソンとは

不倫専門のSNSまであるのをご存知ですか?

その名はカナダ発の「アシュレイ・マディソン」。世界中のメディアでも話題になった既婚者の出会いのためのSNSです。既婚者ということを包み隠さず、不倫相手を求めることができるのが嬉しいポイント。

これまで顧客情報流出、それにより女性会員大半がサクラだったということが明るみに出てしまった同サービスですが、2016年に経営陣を一新。サービス自体は継続しています。

もし、パートナーのスマホにアシュレイ・マディソンのアプリアイコンがあれば、限りなくクロに近いッ!

 

3:まとめ

不倫相手を身近で見つけると、バレるリスクが高まってしまったり、ややこしい三角関係に陥ってしまったりという例もあります。そこで何のしがらみもない出会い系アプリが便利!ということになるようです。

さらに不倫の証拠を隠すのに便利なアプリにも様々なものがあるようです。日々、最新情報をチェックすると、「こんなアプリが欲しかったんだ……!」と感動するようなものに出会えることも。

今回は不倫以外の目的にも使えそうな便利アプリをご紹介しましたが、もちろん不倫には大きなリスクが付きまとうことはお忘れなく! 自己責任で使ってくださいね。

 

【参考】