結婚式のお呼ばれに黒ドレスはOK?年代別お呼ばれスタイルと色選びのポイント

結婚式のお呼ばれに、“黒ドレス”はOKだと思いますか? 今回は、ゲストの装いを大特集♡ 年代別お呼ばれスタイルと色選びのポイントについて調べてみました!

1:結婚式のお呼ばれに黒ドレスはあり?

結婚式にお呼ばれし、“ゲスト”として出席するシーンでは、ドレス選びに悩んでしまう人も多いはず!

「白」は花嫁さんの色だから「タブー」であることはわかっていても、それ以外で自分が着て行くのにふさわしいドレスってどんな色なのか? 地味に悩んじゃいますよね……。

(1)結婚式のドレスに赤は大丈夫?

赤のドレスは、着るだけでパッと華やかになります。そして赤でも「鮮やかな赤」は、会場でもパッと目を引きますし、写真映えもする色です。

しかし、他のゲストと比べたときに「派手すぎる?」という疑問も。でも結論から言ってしまえば、結婚式のドレスに赤を選んでも問題は生じにくいでしょう。

ただし、花嫁さんがお色直しで赤いドレスを選んでいる場合にはかぶってしまう可能性があるので注意が必要。事前に、花嫁さんが披露宴で着るドレスの色をチェックしておく方が確実です。

(2)結婚式で黒ワンピースにストールを羽織るのはOK?

黒いワンピースにストールを羽織るスタイルは、日本における結婚式ゲストの“ど定番”なスタイルと言えます。

こちらはマナー的には問題ないものの、みんなが同じようなスタイルになってしまうことも多く、華やかさや個性に欠ける面も否めません。

ですので、せっかくの“ハレの日”に華を添えたい場合には「黒ワンピース×ストール」以外のスタイルを意識した方が、おしゃれな印象に仕上がりやすいです。

 

2:ワンピースがおすすめ?年代別結婚式お呼ばれスタイル【20代編】3つ

というわけで、ここからは年代別に、おすすめのお呼ばれスタイルをご紹介していきます。

まずは、20代編から。

(1)華やか色のワンピース

ワンピースは結婚式お呼ばれスタイルの定番♡

20代らしく色鮮やかで女子っぽさのあるワンピースは、式や披露宴に華を添えられるので、ゲストの装いとして喜ばれます。

(2)振袖

独身女性の正装とされる“振袖”も、20代ゲストにおすすめのスタイル。

成人式で着た振袖をしまいっぱなしにしているのは、もったいない!

ただし、花嫁さんがお色直しで振袖(通常は「大振袖」)を着る場合には、色がかぶるとマナー違反にもなるので要注意です。必ず事前に確認を。

(3) 華やかパンツスーツ

ワンピースなどの甘めなスタイルが苦手な女子は、華やか系のパンツスーツもイチオシスタイルに。

小物やアクセサリー、色で華やかさを出して、ハレの日らしさを意識してみてください。

 

3:ドレスの色は?ブランドは?年代別結婚式お呼ばれスタイル【30代編】3つ

続いては、同様に30代編を見ていきましょう。

(1)ビジューが付いている華やかワンピース

大人っぽくシックな色合いにまとめると、地味になってしまいがち。なので、ビジューで華やかさを出したワンピースなど、ワンピースのディテールにこだわったスタイルが30代にはおすすめ。

色やデザインだけで遊びすぎてしまうと、やや幼い印象になるので、上質な素材や装飾のものを選ぶと大人の装いになりやすい!

(2)訪問着

30代になったら「振袖を着てはいけない」わけではないものの「“振袖”だとやや幼いかも?」や「私は既婚者だから、振袖ってわけにはいかない」などの声も一般的。

そんなときには、訪問着での参列がベター。ハレの日っぽいデザインの上質な訪問着をセレクトすれば、大人の魅力溢れるゲストの装いに。

(3) ツーピース

ワンピースだと仕上げが「甘すぎる」ように感じる人も多いのが、30代。そんなときは、ツーピースを選ぶと、甘さを控えめにしつつ“ちゃんとしている服装”にも見えやすい!

グレーやネイビーなどの地味色より、ダスティピンクやスモーキーグリーンなど、色味があるもの。かつ、くすみ系の大人っぽい色合いを選んでみてください。写真映えもバッチリですよ!

 

4:親族の場合のドレスは?年代別結婚式お呼ばれスタイル【40代編】3つ

続いては、40代編! 親族として出席する人も多い40代となると、正統派な装いが鉄板でもあります。

(1)シックなワンピース

40代になると、華美なものよりもやや控えめな方が、周囲から浮きにくくなります。ゲストとして参加する場面でも、デザインではトレンドを押さえつつも、上質でシックなワンピースをエレガントに着こなすとおしゃれに!

(2)訪問着

30代でもおすすめしましたが、着物で参列するなら、訪問着よりも最適な装いは、なかなかありません!

親族として参列する場では、礼装である黒留袖を着たくなる人もいるかもしれませんが、基本的に留袖は新郎新婦の母親が着るものとされています。親族としてなら訪問着で十分な実態も。

親族ではなく一般のゲストとして参列する場でも、訪問着は無難かつ重宝する装いです。

(3) スーツ

真っ黒なスーツは地味すぎますが、スモーキーなパステルカラーやラメ感のある素材でつくられているスーツなど、どこかに“ハレの日らしさ”があるスーツスタイルも鉄板です。

40代にふさわしい、知的かつ上品なゲストスタイルが完成しやすいです。

 

5:黒レースで落ち着きを?年代別結婚式お呼ばれスタイル【50代編】3つ

続いては、50代編です。

落ち着きを求められる年代だけに、キャピキャピした装いよりも、上品な装いがベスト!

(1)黒レースのワンピース

そもそも50代ともなると、落ち着いたスタイルの方が、しっくりくる女性も多いです。

ただし“全身真っ黒”だとせっかくのお祝いの場にしては、地味すぎる印象になりやすいでしょう。レース素材が入っているものなど、ワンピースのデザインで華やかさを意識すると、失敗が少なくなります。

露出のしすぎは下品な印象になるため、肩の一部や腕の一部など、どこかのパーツにさりげなくレースが入っているようなデザインが無難です。

(2)訪問着

50代でも訪問着はおすすめです。

少々派手めな色でも洋装より悪目立ちしにくいですし、上質な着物をイヤミなくさらりと着こなせるのは、50代の特権でもあります。

カジュアルな着物にしてしまうと、安っぽい雰囲気にもなりやすいため、質感にはこだわりたいところですね。

(3) 華やかスーツ

ピンクやイエローなどの生地にラメ感が入っているスーツは、50代の結婚式ゲストルックとして定番です。

年齢を重ねているからこそ、いい意味で貫禄が出やすく、色のあるスーツを上品に着こなせる人も増えます。小物も“ハレの日”を意識すれば、ゴージャスな印象に!

 

6:安い!20代女子が通販で結婚式のドレスを買うなら?3つ

さて、実際に「ゲストとして参列するドレスを買おう」と思ったとき、慣れない女子ほど「どこで何を買えば?」と思うはず。

また、限られた予算でドレスを新調したい場合は、とにかコスパ重視という人も少なくないのではないでしょうか?

そこで、通販で結婚式参列用のドレスが買えるお店を、3つご紹介します。

(1)『FOREVER21(フォーエバー21)』

安カワのドレスを探すなら『FOREVER21』のオンラインショッピングサイトが便利。

インポートブランドらしく、遊びのある華やかなデザインのドレスがたくさん揃っています。トレンドを意識したコスパのいいドレスを手に入れるなら、1回は覗いてみて損はない!

(2)『ZOZOTOWN(ゾゾタウン)』

予算に合わせていろんなブランドのドレスがチェックできる『ZOZOTOWN』は、通販でドレスを新調したいときに便利なサイト。

色やシルエットでも絞れるので「あんなドレスが欲しいな~」と、ある程度テイストが定まっているときにも探しやすいです。

(3)『RyuRyu(リュリュ)』

ベルーナが運営する『RyuRyu』は、コスパがいいゲストドレスが豊富に揃っているサイトのひとつ。

トレンドを押さえつつ、日本の伝統に反しない定番デザインも多いから、結婚式に参列し慣れていない人でも安心!

サイズ展開が豊富なため、痩せ子やぽちゃ子でも自分に合ったサイズのドレスが探しやすいのもポイントです。

 

7:友達の結婚式ドレス姿はいつまでも写真に残ります…

友人や同僚などの結婚式にゲストとして参加すれば、たくさんの写真が残ります。

つまり、適当なドレスやマナー違反な服装で出席してしまえば、いつまでもその姿が写真に残ってしまう事態に……。ですので、ゲストとして参列する場面でも「何を着て行くか?」って、かなり大事!

マナーを踏まえた素敵なルックを選んで、一生写真が残っても安心な服装を心がけてみてください。