男の自分磨き!自分磨きが成功してる男の外見と失敗してる男の外見16

恋人には、よりかっこよくなって欲しい!と思う女性は多いのではないでしょうか? しかし彼氏に自分磨きを勧めてみたら、変な方向に突っ走られて「そんな風に変わって欲しくなかった!」なんてことになったら、どうしますか? そこで今回のテーマは、“自分磨きをする男”について。失敗&成功エピソードなども紹介します。

1:自分磨きしている男ってどう思いますか?

(1)「自分磨き」が透けて見える男はダサい?

タイプの違う筆者の友人2人(女性)に聞いてみました。すると、Aさん(22歳)は「ダサい」と即答。Bさん(27歳)は「努力することはいいことだと思う」と答えました。しかし、後者のセリフには“言外の意味”があると感じるのは筆者だけですかね?

「努力することはいいこと(でも私は好きじゃない)」

これが本心かもしれませんね。

(2)「男磨き」の本を彼が読んでたらどうですか?

上述のお2人にさらに質問を重ねてみました。

「男磨きの本を読んでたらどうする?」

Aさん:え? 男なんだから周りなんか気にせず、自分がなりたいものになれよ!って思う。男磨きの本を読む男はなんかちがくない?

――でもそれでめちゃめちゃかっこよくなったら?

Aさん:それならアリ。

――ありなんかい。

Bさん:本を読もうが読むまいが、結果的にそれで男らしくなったり、素敵な人になるのであればいいと思いますけどね。

本を読むという過程はダサいけど、結果的に素敵な男になるなら我慢するって意味のような気がします。

そう思うのは筆者だけでしょうか?

しかしここは結果が全てであると受け取りましょう。

 

2:自分磨きが成功していると思う男の外見8つ

では実際、男磨きが成功している人の外見とはいったいどういうものなのでしょうか? 渋谷にいる女性たちに話を聞いてみました。自分磨きを怠らない非モテライターの塚田牧夫さん、元No.1キャバ嬢で恋愛ライターのナナミ・ブルボンヌさんと一緒に見ていきましょう。

(1)清潔感がある

「服装とか髪型とか、基本的に清潔感がないとダメ。汚らしい人は、他がどんなに優れてても無理だから、まずはそこをちゃんとして欲しい。逆にそこができている人は男磨きが成功してると思う」(Wさん/25歳)

塚田:基本的にそうだよね。女性が1番に求めるものって清潔感だよね。逆にそこができていればスタートラインに立てている気がする。でも、清潔感って漠然としていて、わかんない人もいるよね。清潔と清潔感ってなにが違うの?っていうね。

ナナミ:ちゃんと髭が剃られているかとか、爪が切られているかとか、歯が汚くないかとかそういう基本的なことだと思う。その基本ができていない人もいるんだな。

(2)髪型がいまどき

「髪型はいまどきであって欲しいですね。そういう人は魅力的ですね。未だに襟足とか伸ばしている人とかみると、ちょっと違うなって思います。それって20年前くらいに流行った髪型だよ?みたいな。美容院行って“流行の髪型にしてください”って言えばいいだけだから簡単だと思うんですけどね」(Nさん/30歳)

塚田:昔流行ったね、襟足の長い髪型。今は逆に刈り上げツーブロックだけど。

ナナミ:髪の毛に関しては美容院に行けばすぐに自分磨きができるから、確かに簡単。それができていない人って1,000円カットってこと? もう少しお金かけてもいいね。自分に投資した方がいい。

(3)肌が綺麗

「肌が綺麗な男性ってそれだけでちょっと違うよね。たぶん、日頃からスキンケアとかしてるんだろうけどね。そういう姿を想像すると、“ちょっとないな”って思うけど、でもそれを感じさせない努力をして欲しいし、してくれるなら全然アリ」(Tさん/24歳)

塚田:注文が多いな。でも、それだけに本音だってこともわかる。

ナナミ:スキンケアをしてそれを感じさせない、そこまでが男磨きってことね。確かにそれは成功してると言っていいと思う。

(4)整えられた髭

「私は髭の生えている男性が好きなんですけど、そんな私でも無精髭はないって思っちゃう。やっぱり綺麗に整えられた髭がいいですね。それができている人は、わかってるなって思う」(Yさん/27歳)

塚田:たまにいますもんね、「あれ? 遭難してた?」って人。でも、髭って毎日剃るから面倒臭いんですよね。人に会わない日は「まぁいっか」ってなる気持ちはわかる。

ナナミ:女性と会うときは整えてきてよってこと。それするだけで全然印象が違うんだから。逆にそのちょっとした努力で男磨きが成功したって言われるんだよ? 髭を生やすだけでイメチェンにもなるしさ。容易い努力じゃない?

(5)流行の服装

「ファッションは結構自分磨きが表れるよね~。私も女磨きってことで服は意識してるんだけど、お金がかかるし、センスが問われるから難しいんだ。体型の問題もあったりするし、ブランドごとにシルエットが全然違うし、素材感でも印象が変わってくるし、高い服ばっかりだと逆に嫌みな感じが出ちゃったりするしね。だから、そこが成功の分かれ目な気がする」(Iさん/29歳)

塚田:これは言ってることすごいわかる。洋服って難しいんだよね。20代と30代でも違うしさ。

ナナミ:流行は意識してほしい。でも、やり過ぎはNGだったりするんだよね。そこはもうセンスとしかいいようがない。ファッション雑誌見て勉強して努力して欲しいかな。でも、そこをクリアしていると、もうほとんど成功してるって言っていいんじゃない?

(6)眉毛が整っている

「男子って眉毛をイジると、すぐわかったりするよね。今までほったらかしだったのに急に整えられてるとか。そういうのって大抵彼女ができたりしたときなんだけどさ。でも彼女がイジってるだけあって、女性好みのイケメンになってたりするんだよね。こんなことなら私が告っとけば良かったって思う」(Yさん/20歳)

塚田:彼女に眉毛イジられて、周りに恋人ができたことがバレるってあるあるかもね。

ナナミ:眉毛も流行とかあるからね。男性にとってみたら細かいところかもしれないけど、そこまで気を遣ってるってことは磨いてる証拠かも。眉毛のキリッとした男は確かにかっこいいね。

(7)歯が白い

「毎日の歯磨きは必須。それは自分磨き以前の問題でしょ。だけど、白さって分からないくらいしか変わらないでしょ? てことで、知り合いの男性がホワイトニングして歯を白くしてた。男前になったのよ。歯が白いと笑顔が素敵ね。驚いちゃった。まぶしさが違うのよ。“芸能人は歯が命”ってホントだね。まあ、誰も芸能人じゃないんだけどさ」(Oさん/34歳)

塚田:ホワイトニングはレベル高いな。実際に磨いてるから、自分磨きに変わりないんだけどさ。

ナナミ:確かに歯が白い男性の笑顔は魅力的だね。これは成功例だと言っていいと思う。だけど、これいくらかかったんだろうね。

(8)細マッチョ

「細マッチョでしょ! 血管の浮き出た腕とか超かっこいいじゃん。長袖の服とか着てたらスタイルいいなって感じなんだけど、ハグした時に分かるんだよね~。特に夏だとTシャツが多くなるから目につくし、Tシャツ1枚で様になるからね。男の自分磨きってこれじゃない?」(Mさん/21歳)

塚田:普通の人が筋肉つけるのって結構大変なんだけどね。それこそ毎日の努力。成功例っちゃ成功例だけど、難しいな~。

ナナミ:だから、成功例って言われるんじゃない? あれ? もしかして今までの女性の意見、参考にしてた? 男磨きしようとしてた?

 

3:自分磨きが失敗していると思う男の外見8つ

(1)太っている

「私もぽっちゃりだからあんまり言いたくないんだけど、太ってる人が自分磨きして小綺麗になって流行の服着ても、まず1番に改善すべきはそこじゃなくない?って思っちゃう。だって体型も自分磨きの1つの要素でしょ?」(Dさん/28歳)

塚田:まあ、確かにそうですね。体型も自分磨きの要素の1つです。

ナナミ:だから、筋トレして細マッチョを目指しましょう!ってことだね。でも、そんな簡単に体型って変わらないから、まずはすぐに変えられるところから手を加えるっていうのはいいと思うけどな。まあ、体型を変える努力をしてなかったら、失敗ってことになっちゃうのかもしれないけど。

(2)つま先の長い革靴

「スーツとかでもそうなんですけど、つま先の長い革靴はちょっと好きになれない。もしかしたらいいところのブランドで高いのかもしれないけど、あのデザインそのものがダメですね。“なんであれにしたのかなあ”ってすごい残念。他がいけてるからこそ、ダメなとこが逆に目立っちゃってる。そういう人がいたんですよね」(Aさん/23歳)

塚田:女性からの評判は良くないですよね、つま先の長い革靴って。

ナナミ:女性ウケしないおしゃれってことなんだろうな。確かに私もあの靴は好きじゃない。

(3)爪が磨かれている

「男の人で爪がテカテカに光ってる人っていません? おしゃれのつもりなのか、爪を保護しているのかはちょっとわかんないですけど、それって女子の自分磨きじゃない?ってすごく思う」(Dさん/26歳)

ナナミ:男性がすべき自分磨きと女性がすべき自分磨きの違い、ってことなんだろうな。

塚田:俺も1人だけ見たことがありますね、爪を磨いている人。その人はおしゃれのつもりでしてるって言ってました。とはいっても、男磨きって女性に好かれたいがためにするものだと思うんですよね。だから、そこは女性の目から見てどう映るかを意識した方がいいってことですね。

(4)髭が永久脱毛

「髭を永久脱毛してる人がいたんですよね。肌がすごい綺麗な人でイケメンなんですけど、エステ通って髭を永久脱毛したって話を聞いてからちょっと印象が変わっちゃいましたね。恋人にはしたくないかも……」(Hさん/26歳)

塚田:上述しましたけど、髭を伸ばすのがNGって会社にいると、毎朝髭を剃るのが面倒なんですよね。だから、生えないようにしたいって人の気持ちも、わからなくはないです。

ナナミ:でも、もしそれが男磨きの1つとしてやっているとしたら、女性の評判はあんまり良くないってことだよね。そこまではしない方がいいってことは言えると思う。

(5)他はすごいのに靴がボロボロ

「イメチェンするとして、まず最初にお金をかけるところはどこかっていったら服とか髪の毛とかになるのかもしれない。靴はわりと最後の方って人は多いんじゃないかな。でも、そこもしっかりと気にかけておいて欲しいかな。他はバッチリなのに靴がボロボロだと中途半端な感じがする」(Eさん/25歳)

塚田:“おしゃれは足下から”というけど、実際、お金をかけるところって洋服になっちゃうかも。特にジーンズとかそっち。パンツにはお金かけたいって人は多いと思う。

ナナミ:その予算を靴にも残しておいた方がいいかもね。足下でその人の経済力をはかる人もいるし、実際あたってたりするんだよね。

(6)髪型が奇抜

「個性派のファッションって理解できないことが多いかな~。特に髪型ね。モヒカンまでは行かなくても、髪の毛の色が原色とかさ~。たぶん、すごいおしゃれで芸術的なんだとは思う。でも、恋人に求めているセンスって、そういうのとはちょっと違う気がするんだよね~。特に私の場合は違うかな~。あそこまで感性を磨かれちゃうとむしろ敬遠しちゃう」(Gさん/28歳)

塚田:万人ウケを目指すなら王道ってことだよね。

ナナミ:好きな人がいてその人が個性派を求めているならアリなのかもね。でも、普通の女子はついていけないって人が多いだろうね。

(7)常にキメキメ

「イメチェンして常にキメキメのファッションをするようになった人がいて、正直隙がなくて無理! 磨き方、間違えてない?ってすっごい思う! 誰か教えてあげて!」(Yさん/23歳)

塚田:極端な話、いつもバシッと高そうなスーツを着てくる人ってことだよね。

ナナミ:磨き過ぎるのも、周りついて行けなくなっちゃうことがあるよね。ファッションセンスがあり過ぎる男性を恋人にすると、「自分も頑張らなくちゃ」と思う女性は多いと思うしね。

(8)マッチョになりすぎ

「知り合いの人が筋トレを始めていい感じに細マッチョに仕上がってたんですよ。でも、そこじゃ止まらずどんどん大きくなっていってゴリゴリの体型になっちゃったんです。細マッチョの頃はすごい人気だったのに、逆に女子ウケ悪くなっちゃいましたよね」(Bさん/21歳)

塚田:男からしたら「かっこいい!」ってなりそうですけどね。

ナナミ:筋肉質な体型の人が好きって女子もいるけどね。でも、なんでもやり過ぎは理解を超えちゃうよね。

 

4:趣味が「自分磨き」の男ってどう?

いかがでしたか? 男性の自分磨きの成功例と失敗例を紹介しました。ところで、筆者の友人に“趣味が自分磨き”という男性がいます。誰とは言いません。それが趣味って女性から見てどうなんでしょう。アリ? それともナシ? 目的を持ってするべきって声が聞こえてきそうですね。

塚田さん! ナシだそうですよ!