不倫のセックス!不倫セックスの魅力と相手が興奮する体位8つ

不倫をする人は、何が魅力的だと思っているのでしょうか? 相手を好きで不倫をしてしまう人もいますが、割り切った関係ってこともあります。その場合、「身体の関係」ということになるはずで、セックスが魅力的でなければ続きませんよね。そこで今回は、不倫のセックスにフォーカスして紹介したいと思います。

1:不倫とセックスの関係は?

(1)結婚相手とセックスレスの割合は54.8%

『Dangdep』では以前、『夫婦生活っていつまで?頻度と年齢を大公開!苦痛な場合の対処法も』という記事で、20代~40代の既婚男女557名に夫婦生活の頻度をアンケート調査しています。その結果、なんと54.8%の人がセックスレスであることが判明しました。

ちなみにセックスレスの定義は日本性科学会が発表した

『特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性交あるいはセクシャル・コンタクトが一ヶ月以上なく、その後も長期にわたることが予想される場合』

としています。

(2)セックスに不満があると不倫したくなる?

筆者の知り合いの既婚者女性に、「旦那さんとのセックスに不満があると不倫したくなるか?」を訊ねてみました。すると、「私はならないかな、別に」という答えが。

別の女性に同じ質問を尋ねてみると、「思うことあるね」とのこと。どうやらパートナーとの性生活の不満が不倫に繋がるのかは、人それぞれのようです。

 

2:もっとお願い!不倫相手が興奮するセックスの体位8つ

不倫経験のある男女に不倫相手が興奮したセックスの体位を教えてもらいました。解説は『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者である箱崎キョウコさんにお願い致しました。

(1)流鏑馬(やぶさめ)

「私の場合は、騎乗位をしながら男性の首に縄をかけるやり方をしてました。普段、奥さんからそんな挑発的な行為をしてもらえないから、すっごい興奮してました」(Yさん/32歳)

箱崎:これは48手にある流鏑馬っていう体位。多分この人の不倫相手の女性はそれを知っていて実践してるんだと思う。女性がたずなを引っ張るようにして腰を動かす体位。ソフトSM好きの人にはピッタリかもね。

(2)寝バック

「俺の場合、寝バックだったかな。相手を犯してる感じがしてすっごい興奮するんだけど、相手も“身動きが取れないような状況がいい”って言ってたよ。髪の毛を掴んであげたりすると、さらに興奮してたね」(Iくん/36歳)

箱崎:これは、女性がうつ伏せに寝て、男性が女性の太ももの上にまたがって挿入する体位。これもソフトSMが好きな人向けの体位かな。

(3)うしろやぐら

「私は立ちバックが多かった。壁に手をついて後ろから男性に入れてもらうの。でも、その前におもちゃとかで色々と挿入される。立っていられなくなる姿を見て、興奮してたみたい」(Sさん/34歳)

箱崎:48手でいうところの「うしろやぐら」。“おもちゃ”って奥さんに引かれちゃうことがあるから不倫相手に、ってことなんだろうね。

(4)首引き恋慕

「48手見てさ、不倫相手の女性と“首引き恋慕”ってやつをよくやってたね。自分たちの身体を縄で離れられなくするって行為が、なんか切なさを誘うんだ」(Dくん/38歳)

箱崎:「首引き恋慕」っていうのは、座った状態でお互いが抱き合うように挿入する体位で、特徴はお互いの首に縄をかけていること。離れられないっていう状況が、決して結ばれない関係の2人を象徴していたんでしょうね。確かに奥さんとでは味わえない切なさかもね。

(5)菊一文字

「“菊一文字”って言えば分かるかな。女性はすごい恥ずかしい体位だと思うんだけど、今の彼の場合、奥さんは絶対そんなことしてくれないみたいだから、好きみたい」(Uさん/32歳)

箱崎:「菊一文字」っていうのは、騎乗位で女性が大きく足を広げる感じ。男性が女性局部の秘芽を刺激するような体位になります。確かにちょっと女性には恥ずかしい体位かもしれない。

(6)立ち松葉

「不倫相手とはどんな体位でも試せるっていうのがいいんだよ。だから、すっごいアクロバティックな体位を試したかな。その中の一番が“立ち松葉”。気持ちいいかって言われるとそうでもないけど、嫁とじゃ絶対にできないからね」(Gさん/29歳)

箱崎:“立ち松葉”っていうのは、女性が仰向けに寝転んで、脚と腰を天井に向けて高くあげるの。男性はその脚を掴んで、さらに持ち上げ、彼女をまたいだ状態で立ったまま挿入する。男性も女性も疲れるから、ダイエットにはいいかもね。

(7)理非知らず

「手足を縛って挿入するんだよ。拘束感があると、相手も興奮して声が大きくなるから、そんなことばっかしてる」(Eくん/34歳)

箱崎:これはきっと48手の「理非知らず」っていう体位のような感じじゃないかな。

(8)ロールスロイス

「深夜番組でAV男優のしみけんが“男性の気持ちのいい体位はロールスロイス”って言ってたのを聞いて、よくやってましたね。ちょっと奥さんとはやりづらい体位なのかもしれないです」(Mさん/31歳)

箱崎:この体位は、まず、女性が脚を閉じて四つ這いになり、その足をまたいで男性が後ろから挿入します。そして、女性の両腕を後ろから引っ張るようにして上半身を起こします。女性の太ももが締まってるため、男性はより快感を得を得られやすいというわけ。

 

3:経験者に聞いた!不倫相手とのセックスは何がいい?8つ

引き続き、箱崎キョウコさんと一緒にお話を伺っていきます。

(1)背徳感

「不倫相手とのエッチって、背徳感がつきまとうんだけど、そこがいい。旦那とのエッチにはないものだから、すっごい興奮するの」(Aさん/33歳)

箱崎:不倫相手とのセックスと結婚相手とのセックスの違いって、相手を裏切っているかどうかって部分じゃないかな。そこに興奮を覚えるって人にとっては、確かに不倫のセックスってやみつきになっちゃうのかもね。

(2)アブノーマル

「嫁とはできないアブノーマルなことを色々と試せることでしょ」(Kくん/37歳)

箱崎:これは、不倫相手をセフレと思っている人特有の考え方かも。とはいっても、お互いに割り切った関係なら、セックスを楽しめばいい。

(3)結ばれない切なさ

「不倫って日陰の恋ですよね。だから、結ばれないことの方が多いって思うんです。こんなに好きなのに彼とは結ばれない。彼のことを思えば、離婚してなんて言えない。だから時にエッチのときはその切なさで涙が出てきます」(Sさん/26歳)

箱崎:悲劇のヒロインを演じたいタイプの女性は、不倫エッチに切なさを感じたいみたいね。確かに不倫って、公にできない恋愛だから、切なさを感じたいならもってこいの恋愛かもね。

(4)後腐れのなさ

「ダブル不倫なんだけど、お互いに割り切った関係だから、後腐れのないのが魅力。身体の関係だけって割り切ってるから、安心してセックスができる」(Mくん/28歳)

箱崎:彼はまだ子供が欲しくないんじゃないかな。だから奥さんとは安心したセックスができないのかも。だから、純粋にエッチだけを楽しめる不倫をしてるのかもね。

(5)セックスへの探求

「やっぱり、不倫相手は変態がいいと思います。向こうから誘ってくるくらいのほうがラクでいいし、こっちも、“相手に嫌われたくないから……”とか思わなくていいから、ガンガンいける。“今度はこんなことしようよ”って言われたりするくらいがちょうどいい。セックス中も色んなことを試したがるのもいいね」(Mくん/27歳)

箱崎:いつも「可愛い私でいたい」っていう女性を、めんどう臭いと思う男性はいるよね。「セックスが好き」って言える関係のほうがよっぽどいいって思う人もいるかもね。

(6)テクのすごさ

「人妻って、テクのすごさが魅力。それだけ経験が豊富ってことなんだけど、本命にするにはそういう相手ってちょっと無理だけど、遊び相手くらいだと、ばっちりなんだよね」(Rくん/25歳)

箱崎:彼の場合、既婚者の女性と付き合っているってパターンね。本命には清楚な人を、遊び相手には床上手な人をってことなんでしょう。

(7)高揚感

「不倫してると、嫁さん以外の女性から愛されているってことに高揚感を感じますね。特に、エッチの最中は男としての魅力みたいなものを肯定されている感じがする。それが魅力ですね」(Uくん/33歳)

箱崎:この人は、男性の価値っていうものを、“多くの女性に愛されること”って考えているんでしょうね。そういう人にとっては、不倫や浮気が承認欲求の行為になり得る。こういう人は、不倫をやめられないかもね。

(8)安らぎ

「私の場合、旦那とうまくいっていないので……。今の彼に安らぎを求めてしまいますね。特にエッチの時は可愛がってもらいたいです。満たされるから、安心して眠ることができます」(Wさん/32歳)

箱崎:彼女のように、結婚相手とうまくいっていない人は、不倫相手に安らぎを求めることもある。エッチにもそうなんでしょう。愛されていることを実感したいんだろうな。

 

4:不倫にも礼儀あり?不倫相手との守るべきマナー4つ

箱崎キョウコさんに解説をお願いしました。

(1)避妊

箱崎:男性にも女性にも言えることだけど、避妊は絶対。これは絶対に守るべき大人のマナーですね。割り切った関係ならなおさらこと。もし彼の子が欲しいと思うのなら、ちゃんと話し合ってから子供を作るべき。

(2)関係のことは絶対に秘密

箱崎:基本的に不倫が結婚相手にバレた場合、慰謝料請求されることが考えられる。だからこそ、軽はずみに不倫はすべきではないともいえる。どうしてもという事情があるのなら、全てのことが片付くまで秘密にすべきね。

(3)密会時間は厳守

箱崎:不倫ということは、少なくともどちらかに帰る家があるということ。その家庭を壊していいわけはない。だから、密会時間は厳守。エッチに夢中になって時間を忘れてしまうこともあるかもしれないけど、帰る時間は守らないとダメ。

(4)家族のことは聞かない

箱崎:相手の家族のことを聞いて相手を困らせるのも考えもの。嫉妬して結婚相手のことを聞きたくなる気持ちもわからなくはないけど……。結婚相手のことを思い出したくない場合もある。そこは配慮してあげたほうがいい。

 

5:こっそり教えて?不倫相手とのセックス体験談4つ

(1)一晩で5回

「彼とは身体の相性が抜群なんです。なので、何度も快感を得られるんです。だから、ついつい彼を求めてしまって、一晩で5回もしたことがあります。彼も私のとエッチは気持ちいいらしくて、嫌がりません。むしろ、毎回2回は必ずしています。彼の甘い雰囲気に引き込まれてしまって、彼を忘れることができないみたいです」(Tさん/35歳)

(2)涙のセックス

「彼のことは凄い好きなの。でも、会える時間には限りがある。わかってはいるんだけど、エッチの最中も時計を気にしちゃう。彼はそんな私の瞼にキスをして目を閉じさせようとしてくるの。それから耳元で“ごめん”って。彼に謝らせている自分が情けないし、彼ともうすぐ別れなくちゃいけないと思うと、切なくなって涙が自然と流れちゃう。

だから、彼に抱かれながら、いつも泣いちゃうの」(Rさん/26歳)

(3)刺激的なプレイ

「今の彼女とは割り切った関係ってこともあって、エッチを楽しんでますよ。この前なんて、ホテルに連れて行かれてブラで腕を縛られたんだ。そんなこと嫁はしてこないから、すっごい刺激的で興奮した。目隠しされて焦らされて……。彼女とのエッチはいつもサイコーです!」(Oくん/34歳)

(4)最低な男

「お酒飲んだ勢いで、ある男性とホテルに行っちゃったんだ。その男、一夜限りの関係だからって、ゴムなしでしようとしてきたんだよ。最低だよね。“子供ができたら旦那の子ってことにすればいいじゃん”だって。その一言で酔いも冷めた。怒ってすぐにホテルから出て行ったよ。マジでありえない体験だったね」(Mさん/31歳)

 

6:不倫には大きなリスクと代償がつきもの

不倫には大きなリスクがつきまといます。離婚や慰謝料請求など、社会的な制裁を受けることも考えられます。くれぐれも健全な関係を心がけましょう。

 

【取材協力】

箱崎キョウコ・・・某国立大学文学部卒業。在学中からスナック、キャバクラなどでホステスとして勤務し、卒業後もOLをしながら夜の仕事にはげむ。2011年ライターに転身。現在はスナックのチーママでもある。女性の赤裸々なインタビューを得意とし、恋愛コラムニストとして活躍中。