主婦の不倫!相手に選ぶ男性のタイプや主婦が不倫に走る原因を大調査

ここ数年、芸能界を騒がせていた不倫。あなたの周りにも、不倫の噂がある女性はいませんか? 今回は、主婦の不倫の実態、選ぶ男性のタイプや不倫の原因について調査しました。

1:まさかそんなに?主婦の不倫の実態

(1)主婦の不倫経験ありは約1割

『Dangdep!』が20代~40代の既婚女性204人に「あなたは、不倫をした経験はありますか?」というアンケート調査を行いました。すると、「ある」と回答した方は20人で全体の約1割でした。

(2)出会う場所は職場が最多

上述のアンケート調査で、今度は「不倫相手と出会った場所・方法」に関する質問を行いました。その結果、不倫したこと「ある」と答えた人の中で、7人(35.0%)が出会った場所を「職場」と回答しました。次いで「飲み屋(ナンパ含む)」で5人(25.0%)。3番目に多かったのが「SNS(出会い系サイト含まず)」でした。

 

2:やっぱりイケメン?主婦が不倫相手に選ぶ男のタイプ5つ

(1)頼りになる人

不倫の出会いの場所としてあげられていた職場の場合、不倫相手のほとんどが上司や自分の教育係の人です。仕事について優しく教えてくれたり、困った時に助けてくれたり、時には悩みや相談にのってくれる「頼りになるタイプの男性」が選ばれます。

頼りがいのある男性は素敵に感じますし、職場では定期的に会いますから、仕事を通じて、その男性の魅力に気付きやすいのです。

(2)可愛い年下

自分の言うことを聞いてくれる可愛いタイプの年下男性も、不倫相手として選ばれやすいです。女性側からアプローチしやすいというメリットもあるよう。また、「自分は若くないから無理だろう」という気持ちが、「実らぬ恋だからこそ追い掛けたい」という心理に変わるという場合も。

年下男性と不倫している女性に多く見られたのが、「自分が既婚者であると伝えていない人が多い」ということでした。年下男性は、既婚女性から見たら、遊び相手にちょうどいいのかもしれません。

(3)夫婦関係が上手くいっていない男性

好きになったから不倫してしまうのではなく、「相手は誰でもいいから不倫がしたい」という女性もいます。旦那さんへの当てつけとして、不倫という形を取りたいのです。その場合、選ばれる男性のタイプは自分と同じように夫婦関係が上手くいっていない男性です。なぜなら利害が一致しているからです。

お互い、夫婦関係への不満という共通の話題があるため、意気投合しやすく、不倫へ発展するスピードが速いというのも、多く見られる特徴です。

(4)バリバリ働くエリートサラリーマン

仕事が忙しく、バリバリ働くタイプのサラリーマンも不倫相手に多いです。彼らは多忙ですが時間の管理が上手く、会う時間を作り出します。

そしてバリバリ働くエリートサラリーマンは収入が高いことが多く、「今の旦那さんと正式に離婚して、不倫相手と再婚した」というケースも少なくありません。

(5)昔の恋人や同級生

同窓会などで再会した元カレや片思いしていた同級生など、過去に一度恋をしたタイプの男性と不倫関係になるケースも、多く見受けられます。昔の恋心が再燃し、長い結婚生活の中で忘れていた感情が目覚めてしまうのですね!

このタイプはズルズルと長引く不倫ではないく、ワンナイトな関係が多く見られます。一時的な過ちとでも言うのでしょうか。

 

3:旦那への反発?主婦が不倫に走る原因5つ

(1)愛が冷めた

旦那のことが好きではなくなった。それどころか嫌いでしかたがないという気持ちが強くなってくると、それを埋めるために不倫に走ってしまいます。「不倫相手と会っている時間が長くなったり愛が深まっていくほど、旦那への復讐心が満たされる」というケースも。

嫌いな旦那が仕事をしている間に、自分は別の男性と時間を過ごしているという感覚が、何とも言えない快感のようです。

(2)セックスレス

「旦那のことは嫌いではないし、むしろ愛されていて幸せだ」という人でも、セックスレスという不満から不倫に走るケースが。

結婚しても子供を産んでも、女性はいつまでも女性なのです。「性欲を満たしてくれる男性を求める」というのはむしろ自然なことなのかもしれません。

男性は年を重ねるにつれて性欲は衰えていきますが、女性は強くなっていくともいわれています。旦那さんが奥さんの性の欲求に無頓着だと、妻が不倫する可能性は高まるといえそうです。

(3)子育てが終わって

筆者の周りにも「子育てを懸命に行い、子供が育って家を出てホッと一息ついたころに不倫が始まってしまった」という主婦がたくさんいます。原因は、単純に「時間が増えた」からです。子育てが終わると、それまで子供のために充てていた時間が、趣味や友人との出会い、働きに行くなど、外へ出る時間に変わります。

外へ出る機会、人と出会う機会が増えると、必然的に不倫をする機会も増えてしまうのです。外にはたくさんの誘惑が存在しますからね。

(4)女性扱いされたい

結婚して旦那から妻として、子供も母親として扱われるようになると、夫から女性として扱われないことに不満をもつ人も。これが原因で、女性扱いしてくれる別の男性に惹かれ不倫に走ってしまう、というケースも少なくありません。

(5)旦那が不倫しているから

明らかに旦那が浮気や不倫をしているとわかるシーンは多々あります。「不倫なんてしないで、離婚すればいいじゃないか」と思う人もいると思いますが、現実はそう単純ではありません。

旦那の浮気や不倫に気づいても、生活していく上で、子供を育てていく上で、結婚生活を続けざるを得ないという場合もあります。そういうとき、自分も不倫に走ることによって夫に対する怒りを鎮めることができるのです。

 

4:そっと覗き見…主婦の不倫体験談4つ

(1)ヨガ教室の生徒

「私は主婦をしながら、個人でヨガ教室の講師もやっています。知人や主婦友達を中心に教えていたのですが、ある日、主婦友達のひとりが、旦那さんを連れて来ました。そして、ご夫婦で何度か通っていただけるようになって、旦那さまとも仲良くさせていただくようになり、家に招かれて食事をするくらいの関係なったんです。

そうこうしているうちに、旦那さんと個別でやり取りをするようになり、お互い心が惹かれていたせいか、こっそり会って関係を持つようになりました。主婦友達には申し訳ない気持ちでいっぱいですけど……」(ヨシノ/31歳)

(2)パート先の独身店長

「家計を助けるためにパートを始めました。で、職場の飲み会に参加した時に酔った店長が“おっぱい触らせて”と言ってきたんです。ビックリしましたし、普通ならセクハラで訴えます。でもその店長が超カッコ良かったのと、自分の性欲を旦那が満たしてくれないタイミングが重なっていたってのもあって、思わず触らせてしまいました。

そのあと、ホテルに行ってしまって……。今も関係が続いています。ただひとつ後悔していることは、家の家事と不倫相手の家事、両方やることになってしまい、しんどくてしかたがないです」(トモコ/33歳)

(3)小学校の先生

「うちの子供がなかなか学校に馴染めないタイプで、先生から報告と相談がありました。私は自分の子供がそんな風になるなんて思ってもいなかったので、正直どう対応すればいいのかわからず戸惑っていました。

そこで先生に相談するために連絡先を交換しました。相談に乗ってもらっているうちに、とても素敵な方だと思い始め、直接会うようになりました。で、子供の相談関係なく会うことが増え始め、結局男女の仲になってしまって……。参観日とか家庭訪問がすごく気まずいです」(サキ/28歳)

(4)マッチングアプリ

「友人にマッチングアプリというものがあると聞きました。で、旦那が仕事で数か月海外へ行っていたとき、興味本位で登録してみたんです。会うつもりはまったくなかったんですけど、色んな男性からメッセージが来てチヤホヤされる感じが嬉しくて。

そんな中で、ひとり、会ってもいいかなって思える男性がいて、軽い気持ちで待ち合わせしてしまいました。真面目に出会いを探している方でとっても優しくて、自分が既婚者だと言い出せず、関係が始まってしまったんです。今、いつ本当の事を言おうか悩んでいます」(ノゾミ/37歳)

 

5:こんな人は要注意?不倫に走る主婦の特徴4つ

(1)旦那の稼ぎが多い

旦那さんの稼ぎが多く、専業主婦でお金と時間を持て余している人は、不倫に走りやすい傾向が。奥さんは時間に余裕があり、一方、旦那さんは忙しいという状況は、不倫主婦の絶好の条件です。

そしてこのケースだと旦那さんにバレにくく、長続きしやすいという特徴も。中には「もう十数年も不倫関係を続けている」という人もいました。

(2)運動が好き

早朝にランニングをしたり、ジム通いや趣味でスポーツをしたりする主婦も、不倫に走りやすいです。こういう主婦も時間とお金に余裕があるからです。

また、体力が有り余っていて、性欲が強いという女性も多いようで……。

(3)タトゥーに興味がある

タトゥーは一種の自傷行為。これに興味がある人は、自分にコンプレックスがあったり、自分のことが好きではない人が一定数います。

こういう人の場合、自分を愛してくれる旦那さんには興味がなくなり、振り向いてくれそうにない男性を追い掛けがちという傾向が。結果、不倫という実らぬ恋に走ってしまうのです。

(4)靴が汚い

身なりをあまり気にしない女性には、男性が取り込みやすいスキがあります。それが現れやすいのが靴です。

そして、こういうタイプの人は、男性から求められると断りづらい、押しに弱いという性格的傾向も。そのため、結婚していても別の男性からのアプローチを断りきれず、そして、ズルズルとその関係が続いてしまうのです……。

 

6:不倫には危険が一杯

不倫をするということには、大きなリスクが伴います。バレると社会的地位を奪われ、生活を奪われる可能性もあるのです。忘れてはいけないことは、あなたの不倫で悲しむ人がいるということ。一時的な感情に流されず、冷静な判断を心掛けましょう。