仕事のやる気がでない原因5つ!やる気がなくなった時の対処法とは…

どんなに好きな仕事でも、どうしてもやる気が出ない日だってあるものです。寝不足だったり、体調が悪い日なんて、なおさらですよね。こんな時、どのように乗り越えたらいいのでしょうか? 今回は、仕事のやる気が出ない原因と、やる気がなくなった時の対処法をご紹介します。

1:仕事やる気が出ない日どうしてる?

「会社に行きたくなーい!」「今日は仕事したくなーい!」という日もあるものです。

「朝から気分がすぐれず、全然仕事に行きたくない日もある。そんな時は朝からコンビニでスイーツやお菓子を好きなだけ買い込んで会社に行く。スタバでコーヒーも買う」(管理職Sさん40代)

「アフター7に行けるよう、スパを当日予約。これだけで1日頑張れる」(秘書Yさん30代)

筆者の周囲でリサーチしてみると、「自分へのご褒美を用意して、その日を乗り切る」という意見が多くみられました。

 

2:仕事のやる気が出ない原因5つ

(1)仕事に楽しさが見いだせていない

「新卒で入社した今の会社。会社名で選んでしまったけど、仕事が全く楽しくない。長く働いても、スキルが身につく気がしないし」(一般事務Hさん 20代)

新卒で就職する際、とりあえず安定した優良企業に就職したいと考える人は多いものです。

でも本当は、「どの会社か」よりも「何ができるか」の方がはるかに大切。

身につけた技術を持って、転職することだって可能。自分が望む技術や知識を身につけられる会社かどうかで仕事選びをしたいものです。

(2)正しく評価されていないと感じる

株式会社オピニオンが、派遣で働いたことがある人を対象に行った調査によれば、やる気が起きるものの第1位は給与評価、2位が達成感、3位が自分の成長であることがわかりました。

給与による評価はとても大切です。給与に納得できているかいないかは、やる気に直結しますよね。

(3)人間関係がうまくいっていない

アパレル求人サイト「girlswoman(ガールズウーマン)」が113人の女性を対象に行った調査では、「楽しく働くのに大切だと思うことは何ですか?」という問いに対する答えの1位は「働く仲間」でした。

人間関係がうまくいっていないと、仕事のやる気もなくなりますし、会社に行くことそのものがイヤになってしまう場合も……。

(4)本当は別にやりたい仕事がある

「どうしても働きたい会社があったんだけど面接で落とされ、仕方なく今の会社に。今の会社が好きなわけではないし、モヤモヤしたまま過ごしてしまっている」(研究員Mさん 30代)

誰もが望む仕事に就けるわけではありません。むしろ思い描いた仕事と違う事をしている人の方が多いものです。そして、それが理由で仕事のやる気がでない……という人も多いようです。

(5)出世の見込みがない

「中途で入った今の会社。一般職で入ったのですが、いくら仕事ができても、出世の見込みはなし。外資系なのに、本社に出張できるのは総合職だけなんです。頑張ったら雇用体系を見直すシステムを作って欲しい……」(外資系船会社Yさん 30代)

頑張ったぶん、責任ある仕事を任せられたり報酬があがれば、仕事へのモチベーションもアップします。しかし、そうでない場合、仕事のやる気をどこで生み出せばいいのか……と思ってしまいます。

 

3:仕事やる気なし…やる気を出す方法5つ

(1)やる気の出る言葉や本を読む

「仏教の教えは、今目の前にある事を一生懸命心を込めて行うというのが基本。仕事にやる気を感じられない時は、色んなお坊さんが書いた仏教の本を読んで、初心を取り戻すようにしてる」(フリーランスYさん 30代)

自分ではどうにもならないネガティブな感情を抱えてしまった時は、ポジティブになれる本や偉人の残した言葉を読むのも手。

違った視点を取り入れることで、気持ちが楽になることがあります。

(2)彼氏のことを思い出す

「毎朝会社に行きたくないと思うけれど、彼氏にだらしないと思われたくないから、頑張ろう!と心を入れ替える」(医療関係Sさん 20代)

「大好きな人のことを思うだけで心が晴れやかになって、仕事にもやる気が出る」という意見。しんどい時に心の支えになる彼氏の存在って羨ましいですね!

(3)新しい仕事靴を買う

「毎日お客さん回りで靴がすぐにダメになってしまう。契約は取れないし足はむくむしで“最悪ーー”ってときには、歩きやすくてかわいい仕事靴を買う。そうするとそれを履く嬉しさで、気持ちが紛れる」(営業職Mさん 30代)

筆者もかつて営業職に就いていたのでよくわかるのですが、コンクリートの上を1日中歩きまわっていると、ものすごく速いペースで靴のかかとやソールが劣化するんですよね。

ヒールのゴムが取れて、金具が出てしまった無様な靴は、気持ちまでさもしくしてしまいます。見ているだけで気分が上がる靴を新調して、仕事のやる気も引き上げていきましょう!

(4)次の旅行の行き先を決める

「旅行の予定を立てると、その日までのカウントダウンで生き延びられる」(営業職Yさん 40代)

旅行に行くにはお金が必要。ということで、仕事をするモチベーションにもつながります。旅先で思い切りエンジョイするために!と、それまでの仕事も頑張れそうです。

(5)なりたい自分を想像する

「変化のない毎日の中で、つい目の前のことばかりに気を取られてしまうけど、自分のなりたい像を思い描くことで、そこに向かって進んでいける」(外資金融Mさん 30代)

その日、1日1日を大切にすることは良い事です。しかし、時には長い目で俯瞰してみることで、日々の小さな悩みから解き放たれることがあります。

将来なりたい自分を想像してみるのは、その最善の方法。「こうありたい」という自分の姿を目指していけば、おのずと仕事のやる気につながりそう!

 

4:40代女性の仕事のやる気が出ない原因と対処法

(1)昇給が見込めない

「派遣で昇給が見込めない。契約更新も6か月に1回だし、常に不安定感が付きまとってやる気が出ない」(保険関連Sさん 30代)

いくら頑張っても昇給が見込めないのでは、やる気もそがれてしまいます。また、派遣や契約社員である場合は安定性にも不安を抱き続ける事となり、これもモチベーション低下につながります。

(2)子供の都合で思うように仕事ができない

「子供が急に風邪をひいたりして仕事を休まなければならなかったり、残業や接待ができなかったり。仕事という面において、子供がいることでのハンディキャップを感じる」(外資金融Yさん 40代)

日本では、共働きでも、子供のお迎えに行くのはたいがい「お母さん」の役目。そのため、「したいように仕事ができなくなってしまった」という40代女性も多いのです。

せっかく働くからには、会社にきちんと評価されたいし、求められている仕事も完璧にこなしたい!でも子育てもちゃんとしたい……と言うと、欲張り扱いされてしまうのが現状です。

(3)プライベートに満足できていない

「結婚したいのになかなか相手が見つからない。プライベートが落ち着かないから、心が仕事に向かない。本当はもっと頑張りたいけど、プライベートの方が大切なので、どうしてそちらに気を取られてしまう」(一般事務Sさん 40代)

プライベートと仕事は大変密接に関わりあっています。仕事が充実している人はプライベートにおいても魅力的に見えますし、プライベートに満足している人は仕事も頑張れる、という側面もありそう。

(4)上司と合わない

「正直、どうでもいいことで私だけ怒られる。ひどい時は個室に呼び出されて数時間も意味のわからないことでお説教。なぜ自分だけ?と思うし、八つ当たりされてるとしか思えない。年食ってるから辞めて欲しいのかな?」(営業職Mさん 40代)

キャリアを積んだ40代女性。上司からも、ある程度きんとした態度で接して欲しいですよね。

でも、中には明らかなパワハラを平然とやってのける輩もいます。そんな時は、その輩より更に上のポジションの人と仲良くなることで、一気に沈静化する可能性が高いのでお試しあれ。

 

5:仕事のやる気と恋愛のモチベーションの関係は?

プライベートがうまくいっていると、仕事に対しても前向きになれるものです。

新しく恋人ができたり、好きな人と良い感じになっているときは、気持ちが前向きになり、それが仕事にも活かされるのです。

一方で、プライベートがうまくいっていないと、仕事にも影響が生まれます。

筆者の元上司の女性は、優秀だったにも関わらず、一時期絶不調で、ボーナス前に行われる査定でひどい評価を付けられました。あとから知ったことですが、絶不調の時期は、彼女の夫が彼女の後輩と浮気しているのが発覚した時期だったんです。

プライベートが落ち着かないと仕事にも身が入らない、という実例といえましょう。

 

6:まとめ

仕事にやる気が出ない日は、誰にだってありまます。それなら上手に乗り越えるしかありませんよね。

やる気をなくす原因や対処法がわかれば、憂鬱な朝も怖くありません! ぜひ試してみて下さいね。

 

【参考】