笑い方で性格がわかる!? 笑い方の種類と可愛い笑い方の練習方法

笑顔って本当に魅力的。顔立ちやスタイルが良い人より、いつも心からの笑顔で過ごしている人には、誰もが近づきたくなってしまうものです。そして大切なのは、魅力的な笑顔は自分次第で身につけられるということ。今回は笑い方の種類や笑顔の練習方法を、イメージコンサルタントの筆者がご紹介します。

1:出っ歯でも笑い方次第で可愛くなる!?

出っ歯であっても口角をキュッと上げて優しい目で微笑めば、可愛い笑顔の出来上がり!

歯を隠そうとして口元を歪ませたり、笑顔になれなかったりする方が残念。

また、歯並びが気になる人は、ていねいなブラッシングを心掛け、いつでも歯を清潔にしておくこと。自分の笑顔に自信をもてるようになりますよ。

口元にコンプレックスがあるのであれば、目元に視線が集まるようにするのも手。インパクトのあるアイメイクで、印象のコントロールをしてみてください。

 

2:笑い方の種類・表現色々5つ

(1)ニコッと微笑む

誰かに微笑まれると、たとえ知らない人であっても、親近感をもち、嬉しい気持ちになるものです。そして、そんな風に誰かに幸せを与えられる女性って、とても魅力的。

筆者知人に、いつでも柔らかな笑みをたたえている女性がいます。彼女は1週間に1~2回は、知らない人から道を聞かれるそう。自分ではいつも不思議がっています。

それはきっと、彼女の柔らかい表情が、道に迷った人々に聖母マリアのような印象を与えるからだろうと、筆者はいつも思っています。

怖い表情の人には、誰も道なんて聞きたくないですものね。

(2)ハハハハハと大笑い

「面白い!」と思った感情をストレートに表現する大笑い。しかし、これ、誰もができること、ではありません。感情を押し殺してしまったり、コントロールしすぎてしまい、「大笑いできない」という人は意外と多いのです。

ポジティブな感情をそのまま表現できる人は、好感を持たれやすい半面、「アグレッシブすぎて怖い……」との印象を与えてしまう場合もあります。

(3)手をたたいたりお腹を抱えて笑う

手をたたいたりして大げさに笑う人は、人を楽しませたりパフォーマンスをしたりするのが得意な人が多いです。

自分の感情をよりわかり易く表現し、また自分もその感情をより楽しむべく膨らませることができる人は、ガサツなように見えて、意外にも人の心に敏感で、繊細だったりもします。

(4)意味ありげに視線を交わしながら口元だけニッ

相手の目を見つめるのは、自信が必要な行為です。

「嫌がれるかも……」と思っていると、目を見つめることなどできません。

意味ありげに人の視線に自分の視線をぶつけ、更にはニッと笑ってくるような人は、自信家である可能性が高いです。

ヨーロッパ圏の男性は、さらに、ウィンクをしてくることもあり……。慣れない日本人女性はうっとりしてしまうこともあるようです。

(5)ジャンプしながら笑う

ここまで大げさに笑える人は、「子供のような心をもっている」と言えましょう。いくら嬉しかったりしても、ジャンプまでしたら周囲に引かれるかもしれない……なんて発想はなし。とにかく感情を思い切り表現せずにはいられないのがこのタイプです。

こういう人を彼氏にすると、「もう、全然女心をわかってない!」なんて思うことも多くなりそう。しかし、面倒見の良い女性には、可愛らしく映るかもしれません。

 

3:笑い方でわかる性格5つ

(1)口元を隠して笑う

「日本の女性はどうして口を隠して笑うの?」

と、かつてヨーロッパ圏の男性に聞かれたことがあります。彼に言わせれば、「せっかくの笑顔がもったいない」とのこと。

口元を隠して笑う仕草は、日本では奥ゆかしく見えたり清楚なイメージを持たれます。一方で、ちょっと自信がなさそうに見えるのも事実です。

そして実際に「隠す」という行為には、自信のなさが表れるもの。素敵な笑顔は、できれば隠さず、自信を持って見せたいものですね。

(2)周囲を気にせずどこでも大声で笑う

所かまわず、どこでも大声で笑う人がいます。これには「楽しいんだからいいじゃん」いう、自己中心的な考えが見え隠れします。

10代などの若者であれば、許せる行為ですが、大人の行動としては、ちょっと残念。どんなに楽しくても、時と場所はわきまえたいものです。

(3)人と話すときに必ず柔らかい笑顔になる

繰り返しになりますが、笑顔になるには自信が必要です。本人に自覚があるかどうかは別として、いつも笑顔でいる人には、「自分は受け入れてもらえる」という自信が備わっているものです。

人と話すときに、必ず柔らかい笑顔を浮かべられる人は、基本的に人を信頼し、人からも受け入れられると認識している人だといえます。

(4)笑っていても目が笑ってない

一見笑っているようなのに、よく見ると目が笑っていなくてギョッとさせられる……そんな人もいますよね。目が笑っていないのは、心の底から笑っていないから。どこか懐疑心があったり信用していなかったりすると、このような表情になります。

人に心を許すのがあまり得意でない人にありがちな笑い方です。

(5)笑いながら周囲を気にする

「一瞬楽しそうに笑うんだけど、なぜか周囲をキョロキョロ見回す……」そんな人は、注目されたい願望が強い傾向が。

大声で笑うと楽しそうですし目立ちます。そんな自分を誰が見ているか、ついチェックしてしまう……というのは、自意識が高い証拠と言えそうです。

 

4:男子から可愛いと思われる笑い方3つ

(1)笑うと目尻が下がる

「笑うと目尻がぐっと下がる子がとにかく可愛い!」(プログラマーSさん 30代)

笑顔になると目尻が下がる女性は、女性から見ても幼く見え、愛らしいですよね。

また、笑顔のときに目尻が下がると、スキがあるようにも見えます。そのため、男性は、とっつきやすくも感じるようです。

(2)心から楽しそうに笑う

「一緒にお笑いを見ていた時、びっくりするほど彼女が楽しそうに笑うのに気が付いた。それまで知らなかった一面だったから、同じことを二人で楽しめて嬉しかった」(インストラクターYさん 30代)

心からの笑いが出せるのは、気が許せる相手とだから。一緒にいて本当に楽しそうに笑う女性を見て、嫌な気がする男性はいません。

「あなたと一緒にいると楽しくてしょうがない!」そんな気持ちがこぼれ出ているような笑いは、男性にとっても見ていて嬉しいものです。

(3)警戒心のない笑顔

「名前を呼ぶと、警戒心ゼロの笑顔でこっちを見てくる彼女。美人ってわけじゃないけど、とにかく可愛い以外の何物でもない」(営業職Sさん 30代)

警戒心が無い笑顔は、人をトロケさせます。それは乳児や子供が親に向ける笑顔と同じ。有無を言わさず、とにかく可愛いものなのです。

大人になり、ましてや他人に向かってそんな笑顔を見せるのは、簡単ではありません。しかし、お付き合いをしている大好きな彼になら、見せられるかもしれませんね。

 

5:可愛い笑い方をしたい!練習方法3つ

(1)マネしたい「お手本の笑顔」を見ながら鏡で練習

ただ素敵な笑顔を身につけろと言われても、難しいものです。そこで手っ取り早いのが、「自分が大好きな笑顔を見つけてマネする」こと。

芸能人でもお友達でも、素敵な笑顔の画像などを見つけたら、スマホなどに保存。朝、顔を洗うときなどのちょっとした時間を利用して、鏡の前で、その画像を見ながら、同じ表情になるように、顔のパーツを動かしてみましょう。

また、微笑むときには、その画像を思い浮かべて、その表情になるようにしてみてください。初めは全然違っていても、イメージを心に抱いて微笑んでいると、だんだんその表情に近づいていきます。

自分の雰囲気や顔立ちに似ている人の笑顔から選ぶと、よりマネしやすいので、おすすめです。

(2)穏やかな気持ちの時に笑顔を作ってから鏡を見る

素敵な笑顔は、概して気負っておらず、柔らかい印象をたたえています。

リラックスしているときに、楽しいことを思い浮かべ、笑顔をつくってみましょう。そしてその顔のまま、鏡を見てみてください。
その顔を、脳裏にしっかりと刻みます。そして、笑顔を作りたいシーンでは、その笑顔を思い出し、表情をつくってみてください。素敵な笑顔になること請け合いです。

(3)笑顔に必要な顔の筋力を鍛える

口元は笑っているのに目が笑っていない、声は笑っているのに口がこわばっている……。これらは顔の筋肉が、笑顔用に鍛えられていないからかもしれません。

ナチュラルな笑顔を身につけるには、笑顔に必要な筋肉を鍛えることも大切です。

そして、笑顔に必要な筋力を養うには、以下のような目と口元のトレーニングが有効。

(1)目をギューッと閉じたまま10秒キープ、その後、思い切りパッと目を開く。これを3回繰り返す。

(2)目を思い切り開き、上瞼はそのままの位置でキープし、下瞼を上瞼に近づける。一番近づいたところで10秒キープ。これを3回繰り返す。

(3)口を閉じたまま口角を両サイドに広げ、少し上に持ち上げる。この状態で下あごを開く意識で、口を開けたり閉じたりする。これを10回繰り返す。

(4)口を思い切り両サイドに引きながら、大きく「いー」と言った後、口を思い切りすぼめて「うー」と言う。これを10回繰り返す。

上記の4つのトレーニングを、毎日行ってください。歯磨き前や後など、する時間を決めておくと、忘れにくく続けやすいでしょう。(1)と(2)の目のトレーニングは、目の下のクマ対策にも効果てき面。疲れ顔の解消にも役立ちますよ。

 

6:笑顔は自分まで幸せにしてくれる

笑顔は、向けられた人を幸せにするだけではなく、笑顔になっている自分自身も、その笑顔によって、さらに幸せになれるもの。

心がけ次第で回数を増やすことができますし、自分ではぎこちないと思っていた笑顔も他人から見ると「あの笑顔とろける~!」なんて思われていることだってあるものです。

笑顔のパワーは絶大。自分を幸せにするためにも、たくさん笑顔になってくださいね。