ハグしたい!付き合ってないけど相手に引かれずハグする方法3つ

好きな人をハグ(抱擁)したい、好きな人にハグされたいと思うことありますよね。ですが、どうして人はハグを求めているのでしょうか。また、意中の相手と自然とハグできる方法ってないんでしょうか。今回は、ハグの秘密に迫ります。

1:ハグしたい…って思うのは変ですか?

ハグしたいとか、ハグされたいと思うのは、決して変なことでも、悪いことではありません。

教育学や心理学に、ジョン・ボウルビィ(John Bowlby)が提唱した「愛着理論(attachment theory)」という考え方があります。人は、乳幼児期に親密な養育者との間でアタッチメントを形成し、安心感や信頼感の源泉とします。そして、このアタッチメントは、ハグなどといったスキンシップによって形成されます。

つまり、誰かに触れたいとか、触れられたいと考えることは、安心感や信頼感を得たいという気持ちに基づいた、自然な行動なんです。そして、これは乳幼児だけではなく、成人した大人にも当てはまります。

なので、恋人にハグされてほっとした気持ちになったりするのは、自然なことなのです。

 

2:心理学者が教える!女性を「ハグしたい」と思う男性の心理

「ハグされたい」と思うのは、安心感や信頼感を得たいという気持ちに基づいているわけですが、反対に「ハグしたい」というのは、どういう心理に基づいているのでしょうか?

(1)甘えたいから

大人になると、何かしら不安を抱えていたり、仕事や勉強のストレスを感じたりしていて、それから逃れたい、癒しを得たいという衝動から、思わず女子を抱きしめる(=甘える)という行動に出ることがあります。これは、抱きしめるだけではなく、誰かに抱きしめられたいという欲求にも共通していえます。

(2)独占欲から

自分にとって大切なもの、自分にとって価値があるもの、自分にとってかけがえのないものは、失いたくありませんよね。ましてや、誰かに盗られたくありません。そんな、「離したくない!」という気持ちが、ハグしたいと思わせるわけです。

(3)養護欲求から

一般的に、男子は女子に比べ、支配欲求と養護欲求が強いといわれています。支配欲求というのは、言い換えれば、「相手を自分の思い通りにしたい」という欲求のこと。これは、独占欲にも通じる欲求です。

養護欲求というのは、守ってあげたいという欲求のこと。現代では、男女にいろいろな意味で差がなくなりつつあり、女子の方が男子よりも強い場合があります。

けれども、体格や体力的な部分など、生物学や動物学的には、やはり男子の方が女子よりも強い生き物。男子には、「妊娠・出産と繁殖という大事な役割を担う女子を男子が守らないといけない」という本能が備わっています。

(4)好きだから

好意があるから、近くにいたい、抱きしめたいというのは、女子だって同じ気持ちですよね。「抱きしめる」というのは、愛着行動のひとつ。そして、言葉を使わずに、相手に自分の好意を伝える最適なコミュニケーション手段です。

 

3:ハグしたいけど付き合ってない…まだ付き合ってない相手にハグする方法

付き合っている相手に対しては、ハグをしても自然な愛情表現として受け止められます。しかし、好きだけどまだ付き合っていないとなると、なかなかハグするのはハードルが高いですよね。

一体どうしたら、付き合っていない相手とハグできるのでしょうか? ここでは、男性だけでなく、ハグをしたい女性も含めて考えてみましょう。

(1)意識しすぎず挨拶で

ハグしていいのかな?とか、ハグしたらどう思われるかな?なんて考えながらハグすると、ぎこちないハグになって、変な感じになってしまいます。あくまで、意識しすぎないことが大事です。そして、会ったときの挨拶のつもりで、さらりとハグしてみましょう。

同じように、別れ際に挨拶代わりにハグをするというのも、ぜんぜんアリだと思います。

(2)ハグしても不思議じゃないシチュエーションで

最近、ニュースでスペインから有名なサッカー選手が日本のJリーグに移籍するということが話題になっていますね。「ハグしても不思議じゃないシチュエーション」という意味では、“一緒にサッカーを見に行く”なんて、ピッタリです。

ゴールが決まった瞬間に盛り上がって、思わずハグしちゃっても誰も怪しまれませんよね。ただし、この場合、彼(彼女)と同じチームを応援することが前提ですが。

(3)ロマンティックなシチュエーションで

いっそのこと、そのハグに意味を持たせるというのもアリかもしれません。というのも、相手のことが好きだからハグしたいと思うわけですよね。今はまだ付き合っていないけど、できたら付き合いたいと思っているなら、思わせぶりなハグをしても良いかもしれません。

たとえば、夜景のキレイな場所に出かけて、気持ちが高ぶって思わずハグしちゃったというのもいいと思います。ロマンティックな夜景がキレイな場所に、一緒に出かけられるくらいの間柄なら、きっと相手も好意をもっているはず。なので、ハグしても拒絶されることはないでしょう。

 

4:まとめ

いかがでしょうか? ハグをしたい、ハグをされたいというのは、自然な感情です。それを素直に示すことができたら、相手に引かれることなく、むしろふたりの仲は進展するはずですよ。

思い切って、ハグしちゃってみてくださいね。