ヤリモクばっかりって本当?YYC(ワイワイシー)の評判を使ってみて検証!

みなさんは出会い応援サービスの『YYC(ワイワイシー)』をご存知ですか? 今回は、サービス概要から使い方まで徹底的にご紹介。そして20代の『Dangdep!』ライター達が実際に使ってみた感想を、本音で語っちゃいますよ!

1:出会い応援サービス『YYC』ってどんなサービス?

みなさんは出会い応援サービス『』をご存知ですか?

『YYC』は17周年を迎える日本最大級のマッチングサービス。累計会員数1400万人以上のユーザーが登録しているオンラインマッチングサービスです。(2018年5月末時点)

今回は『YYC』について、使い方から実際に使ってみた感想までご紹介します!

(1)こんなサービス!サービス概要

『YYC』は毎日4000人が新しくユーザーに登録しているのだとか。

いろんな条件で絞り込んでも、多くの会員の中から理想の相手を見つけることができます。

『YYC』の大きな特徴は「出会いの幅が広い」「お金をかけずに会うこともできる」「相手の条件を細かく絞ることができる」という3点。

ほとんどのマッチングサービスがお互い「いいね!」をしてからやりとりが許可される方式を取っていますが、『YYC』は気になる相手には自分から積極的にメッセージを送ることができます。

そのため他のマッチングサービスに比べ、カジュアルな出会いを求める幅広い年齢の男女から支持を得ています。

しかしその一方、多くの批判的な評価も……!?

(2)登録してる会員の年齢や傾向

『YYC』には幅広い年齢の男女が登録しています。

累計会員が1400万人以上と多いこともあり、10代から50代までと会員の年齢には開きがあるようです。

筆者が使ってみた感じでは、30代後半~40代後半くらいの男性が多く、中には「既婚者」もちらほら。

もちろん、『YYC』は“幅広い出会い”に特化したサイトなので、既婚者が登録しても何ら問題はありません。必ずしも「恋人募集」が目的ではなく「友人募集」という名目で登録しているユーザーもいるのでしょうが……。口コミを見ると「人妻に出会える!」といった書き込みも多く見つかりました。

恋人との出会いを探したい“恋活サービス”を求める人には、少し微妙かもしれませんね。

(3)運営会社はあのミクシィグループ

運営会社は、あのミクシィグループの会社である株式会社Diverseという会社。婚活サービスの『』を運営している会社でもあります。

『YYC』には、「日記」機能や「つぶやき」機能があったりと、一時期大流行した『mixi』の「出会い特化型」のようなサービスという印象です。

ミクシィグループの充実したセキュリティ管理で、問い合わせや通報に対しては24時間365日対応。常時サポート・パトロール監視業務もしていると、サイトではうたわれています。

また、年齢確認書類の提出(生年月日・証書名称・発行者名のみ写っていればOK)による年齢認証や、個人情報もしっかりと保護されています。

2:会員数と登録してる会員はどんな人?

前述したように、『』は17周年を迎える日本最大級のマッチングサービス。歴史の長さもあり、1400万人以上の累計会員数を誇ります。

ちなみに他のマッチングサービスの公表されている累計会員数を見てみると、『Pairs(ペアーズ)』が700万人を超えています。40代以降の男性の登録者も多い印象。

同じく『』は累計会員数300万人、アプリ名の由来が「お見合い」ですから、真剣な出会いを求めに来ている「婚活ガチ勢」が多いです。

『YYC』の大きな特徴は、幅広い意味での「出会い」を求める男女が集まるサイトであるといえます。

「友達募集」という他のマッチングサービスにはあまりない項目を選択できることも、『YYC』がカジュアルな出会いから恋人探しまで、“幅広い出会い”に対応していることが伺えます。

登録しているユーザーの年齢層は10代から50代。

実際に登録をして使ってみると、特に男性は30代から40代が目立ちますが、女性は比較的20代から30代の若い世代が多いイメージです。

出会いの幅が広いので「カジュアルな出会い」を求める層が多く、「サイトに登録する目的」がはっきりしている婚活ガチ勢や、恋活ガチ勢は『』や『』『』など他のマッチングサービスのほうが、効率良く出会いを求められそうです。

3:業者・サクラ・キャッシュバッカーはいる?

』の口コミを見てみると、「業者・サクラ・キャッシュバッカーがいる」という意見が多く目につきました。

ここでは、業者・サクラ・キャッシュバッカーの違いを説明しながら、実際に3者が存在するのか!?を見ていきましょう。

(1)それぞれの違いを解説!

そもそもみなさんは、業者・サクラ・キャッシュバッカ―の違いをご存知でしょうか?

サクラとは、異性に有料会員登録させるために「アプリ側が用意した架空の女性」のことをいいます。筆者も初めて知ったのですが、アプリを使って外部の有料サイトに誘導し、そこでお金を取ろうとする架空の女性のことはサクラとはいわず、「業者」といいます。

少し前までは運営元がはっきりしない悪質な「出会い系サイト」がたくさんあり、そこにはたくさんのサクラが存在していました。

運営側が用意したサクラは、サイト内で課金を促すようなやりとりを繰り広げていましたが、『YYC』をはじめ、運営会社がしっかりしている近年のマッチングサービスには、サクラは存在しません。

しかし、アプリを利用して外部サイトに誘導する業者は多数存在します。

このサクラと業者は混同して使われることもあり、総称してサクラと呼ばれることもあります。口コミで「サクラがいる」と言われている理由は、ここにあるかと思われます。

(2)ポイントを悪用したキャッシュバッカ-とは

『YYC』の口コミを見ていると、「やりとりの途中で急に連絡が来なくなった」等々、男性からの「キャッシュバッカ―に遭遇した」という書き込みがあります。

一般的にキャッシュバッカーとは、出会い系サイトなどにおける女性限定の機能で「女性が男性とメールのやりとりをするだけで“そのサイト独自のポイントやマイル”が貰えるようなシステム」を利用して、そのポイントやマイルを現金化して稼ぐ女性のことです。

例えば、男性が女性からメールでアプローチされて、課金してやりとりを重ねるうちに何故かぱったりメッセージのやりとりが途絶えてしまうような場合はキャッシュバッカーであることが多いです。

そして、『YYC』には独自のマイルがたまる女性限定のキャッシュバックシステムが存在します。

『YYC』への登録だけでなく、男性からのメールへの返信(3マイル)や掲示板での男性からのコメントへの返信(3マイル)などに対して、女性はマイルが貰えます。このマイルは『YYC』内で使えるポイントだけでなく、マイルが3,000を超えると、楽天スーパーポイントと楽天Edy(3,000マイル=1,800円相当)に交換ができるのです。(1マイル1円ではなく、独自の換金レート)

このために、ちょっとしたお小遣い稼ぎに『YYC』を利用する女性がいるのです。

マッチングサービスは「いかに多くの女性を登録させるか」が勝負ですよね。そのため、多くのマッチングサービスでは女性無料など、女性を優遇したシステムになりがち。

男性の皆さんは、「積極的なメッセージを送ってくるのに、なかなか会えずやりとりが重なる小悪魔女子」には特に注意したほうが良いですよ!

4:出会い応援サービス『YYC』を使ってみた!

それではここから筆者が実際に『』を使ってみます!

ぶっちゃけリアルな体験談をご紹介!

(1)まずは登録!

では、YYCに登録していきます。

他のマッチングアプリと違ってFacebookと連動していないですが、簡単な情報を入力するだけで登録できるようになっています。

だがしかし! ここで筆者は大きな不安を抱きます。

「Facebook認証がない!(友達10人以上という規定)=アカウントがいくつも簡単に作れてしまうのではないか……」ということです。

ニックネームとパスワードの入力だけで会員登録ができてしまうので、「出会い掲示板」のようなイメージを抱きます。

(2)カジュアルな出会いを!「今の気分」を選ぶ

続いて、「今の気分」を選びます。

ここでは、「メル友探し」「遊び仲間探し」「趣味友探し」など全部で9つのカテゴリーが出てきます。

この選択肢からも恋活・婚活アプリよりも、もっとカジュアルな出会いを提供するマッチングサービスであることが分かりますね~!

メル友……なんだか懐かしい響き!

(3)プロフィール設定!

会員登録が終わると早速プロフィール設定にうつります。

ちなみにプライベート写真は、許可した相手にだけ表示されるように設定ができます。

筆者は「友達が欲しいです」とアピール!

プロフィールの設定では、「希望の相手」についてかなり詳しく書くことができます。

年齢や体型はもちろんのこと、ライフスタイルとして職業や趣味・結婚観まで。

フリーワード検索もあるので、自己紹介・相手に望むことを具体的に書けます。

例えば「身長180㎝の大卒中目黒在住で、大阪出身の25歳で、公務員で外車を持っていて、タバコを吸わなくて、ペットを飼っていて、子どもがいずれ欲しいと思っている人」ということまで設定できちゃうんです!

(4)さっそく検索!

早速、詳細検索から、タイプの男性を検索してみましょう!

検索ページに、自分の希望条件を入れると男性が表示されます。

……う~ん、なんだか他のマッチングアプリの登録者よりも、チャラそうな男性が多いイメージを受けます……。

自撮り率の高さにも驚き。

(5)「今何してる?」に書き込むとすぐにメッセージが!

『YYC』には「今なにしてる?」という機能があり、ツイッターのようにリアルタイムの気持ちをつぶやくことができます。

見てみると、深夜3時にもかかわらず、たくさんの人がつぶやいています。

筆者も早速使ってみましたよ!

(6)深夜3時の「ケーキ食べたい」に6人から反応が!

午前3時。お腹がすきました。そのままの気持ちをつぶやきます。

すると……!

なんと6名の男性からメッセージが!

深夜の3時ですよ!? 筆者が入力しているのは居住地などの簡単なプロフィールのみで画像は非公開です。

それでも「リアルタイム」のつぶやきに反応する男性がいることにびっくり!

「うん、今から食べにいこっか♡」「僕は目黒だよ! 今から行く?」……って「深夜3時に開いているケーキ屋なんてあるのかよっ!ファミレス…!?」と思わず突っ込んでしまいました。

完全「ヤリモク」感が半端ないメッセージばかりです。

プロフィールは真面目に設定しているにもかかわらず、あからさまな「ヤリモク男子」に遭遇するのも『YYC』の特徴。これには、げんなりしてしまいました。

(7)とはいえまじめな人もいる

とはいえ、メッセージをくれた男性の中にはしっかりとプロフィールを見た上で「僕も〇〇に住んでいます。プロフィールを見て映画が好きとあったので趣味が合うなと思ってメッセージしました。良かったら宜しくお願いします」といったような誠実そうなメッセージも届きます。

ケーキのつぶやきに関しても「土日にここに行きませんか?」とお店を送ってきてくれる人もいました。

しかし中には「えくぼのかわいい子だったが、北風が吹いて連れて行った」など、ポエム風の意味不明のメッセージを送ってくる50歳も。謎すぎる……。

筆者は画像非公開なので、えくぼがあるかどうかなんて分からないはずです。

このように適当にメッセージを送っている男性も多いようです。

全体的に「暇つぶし」にカジュアルな出会いを求める男女の集まる場所といった印象。真剣な出会いは難しそう……。そんな感想を持ちました。

5:利用料金とサービス機能について

』は女性完全無料。一方の男性は、一部ポイント制になっています。

他の大手マッチングサービスのような「定額制」ではありません。

先にポイントを買って、そのポイントをどんどん使っていくような、いわゆる前払い制のマッチングサービスです。後で請求されることはないので、その点安心して使うことができます。

しかし、ギャンブルと同じように、どんどん課金してしまった……!という人も!?

主な機能は、「プロフィール」「メール」「掲示板」「日記・つぶやき・体験談」等々。

よく使う機能として、プロフィール閲覧がありますが、男性は見るだけで10ポイント消費します。さらにメール送信は1通50ポイント。ちなみに、1ポイントは1.08円(税込)です。

上の様に、「ポイントを消費する機能」と「無料で利用できる機能」があるため、知らず知らずのうちにポイントが尽きてしまったという男性も多いようです。

どんな男性が『YYC』に向いてる?

このことを踏まえると、「やりとりをしてみよう」と思った時に料金が発生するので、「待ち」の姿勢でもモテる「草食系イケメン」なら、『YYC』を利用すれば他のマッチングサービスよりも格安で出会える確率が高まります。

ちなみに、月額制を取っている大手マッチングサービスの1ヶ月のプランの料金を見てみると『ペアーズ』は3,480円、『』は3,980円です。

月額制であれば、登録して1週間で退会してしまっても料金はかかってしまいますが、『YYC』ならクレジットカードであれば1,000ポイント(1,080円)から購入することができるので、早く出会える自信がある人にとってはコスパ抜群!(※アプリ決済利用の場合はより少ない単位での購入可能)

女性からメッセージが来て、メッセージのやりとりを数回重ねてLINEに移行してしまえば、他のマッチングサービスよりもお金をかけずに出会いを楽しむことができるのです。

一方で、やりとりが長々と続いたり、はたまた、キャッシュバッカ―に引っかかったりした場合、ポイント制の『YCC』はお金がかかってしまいます。

また、自分から積極的にアピールしたいと考える男性はどんどん課金していく必要が出てくるので、同様に『YYC』は不向きだといえそうです。

男性限定の「プレミアムオプション」のコスパは?

ちなみに、『YYC』には男性限定で「プレミアムオプション」という、月額5,000円(※クレジットカード決済)で入れるオプションがあります。

プレミアムオプションに入ると、LINEのようにメールの既読・未読が分かるようになったり、女性が受け取っているメールの数(ライバル数)が分かったりと、相手をよりよく知ることができます。

とはいえ、口コミを見てみると、1人の相手の女性のことを知るよりも、5,000円を使ってポイントを購入し、メッセージやたくさんの女性にアプローチをかけたほうが良いとの意見多数!

確かに、既読・未読が分かってそわそわするくらいなら、別の女性にアプローチをかけたほうが効率的です。

6:恋愛のプロが分析!マッチング率を高めるテクニックは?

それではここからは、男性に「出会える」ためのテクニックをご紹介!

男女共に必見です!

(1)プロフィール画像は「攻めたもの」で

』は他のマッチングサービスと違って、プロフィール閲覧にも男性はポイントが必要なので、当然ですが慎重になります。

そのため、パッと見て目につく女性が人気を集めます。

筆者は「非公開」にしていましたが、やはり、タイムラインでコメントを多く獲得している女性を見てみると「攻め」の画像を設定している人が多いです。(悪くいえば、ヤレそう……)

『YYC』でモテたいと思うなら男女問わず、やや「攻め」のプロフィール画像にしたほうが良さそうです。とはいえ、セクシーすぎるものだと完全に「ヤリモク」男子の視線を集めてしまいますので、ご注意を!

(2)タイムラインにつぶやく

前述したように筆者がタイムラインに「ケーキ食べたい」とつぶやくと、それを見た男性ユーザーから「じゃあ食べに行く?」といったようなかなりフランクなメッセージが届きました。このように自分から「発信」することも大事。

男性であれば、タイムラインにつぶやいちゃってる寂しそうな女性に、リアルタイムでメッセージを送ることでメッセージの返信率も上がりそうです。

(3)メッセージの1通目は相手のプロフィールの内容から

男性の皆さんは気になる女性にメッセージを積極的に送っていきたいところ。

ココで気を付けたいのが、相手が「興味のある内容」を1通目に持ってくるということ。

筆者のもとには「今日は空がきれいだね」といった、意味不明なメッセージが届きましたが、当然のごとくガン無視。

それよりも「プロフィール見ました! 僕も〇〇に住んでいます! 職場もそちらですか?」といったような、プロフィールを見てメッセージをしたことが分かる文面を心がけましょう。

YYC(ワイワイシー)のオンライン表示とは?料金・ポイントや退会方法を詳しく解説

 

7:『YYC』の口コミや評判は?

では『』の口コミを見ていきましょう。

実際のユーザーの意見を見てみると「昔の出会い系みたい」「援交のためのサイトみたい」「ヤリモクが多い」等々、ネガティブな意見が目立ちました。

確かに筆者も使ってみて、深夜に「今から会わない?」など、「これ完全にヤリモクだろ……」という男性にたくさん遭遇しました。

そのため、「真剣な出会い」を求めている人には『YYC』は不向きです。

恋活なら『』や『ペアーズ』、婚活なら『』や『』など、目的がはっきりしている人は別のマッチングサービスを利用したほうが良さそうです。

とはいえ、「ちょっと男友達が欲しい」「軽くデートしたい、遊びに行きたい」なんていう女性が『YYC』を利用してみるのもあり。良くも悪くもすぐに出会えてしまうので、カジュアルな出会いを求める男女には向いているといえます。

ただし、相手をきちんと見極めないと危険が伴うこともお忘れなく!

8:Dangdep!ライターが『YYC』を使ってみましたよ!

毒島サチコ(左) 桃倉もも(右)

ではここからは実際Dangdep!ライターの毒島×桃倉が『』を使ってみます!

編集部:『YYC』使ってみてどうだった?

毒島:ん~……批判的な意見目立ちますよね~……。実際、登録している男性も下心が見え見えな人が多い感じがして……。

桃倉:援助交際の温床だったり……!?

毒島:どうなんだろう……昔の「出会い系サイト」のイメージが強いね。いい意味では「カジュアルに出会える」んだけど……。

桃倉:でもミクシィが運営してるんだよね~。運営元はしっかりしてるよね。

毒島:「ミクシィの出会い特化型」みたいな感じかな?

桃倉:サイトに「老舗感」があるよね。歴史も長いし。わざと使いやすい感じにしてるのかな? 男性の年齢層も幅広いしね。

毒島:確かに機能もシンプルで使いやすいよね! とはいえ「暇つぶし」で登録しましたっていう感じの人多くない?

桃倉:分かる! 真剣な出会いを求めるなら他のマッチングサービスに登録したほうが良いかも。

毒島:そうだね。あくまで「友達が欲しい」「暇つぶしにメル友欲しい」みたいな、かなりフランクな出会いを求めている人向きだよね。

桃倉:うんうん! ってか周囲でも「マッチングサービスとかきもくない?」とか言ってる人に限って『YYC』にはまっててうけるんだけど(笑)。

毒島:(笑)。実際使ってみて思ったけど、「暇なんでメールしましょう」みたいなガチで暇つぶしで使ってる人も多いし、使ってるうちにがっつりはまっちゃって時間が経ってた!……みたいな感じ?

桃倉:意味のないチャットみたいなね!(笑) 気づいたら時間たってる!

毒島:『YYC』は本当に「暇つぶしに登録して、あわよくば出会いましょ~」みたいな男女が集まっている感じだね! 婚活している人が登録してもマジで意味なさそう……。

桃倉:うん! マッチングサービスを選ぶときは「簡単に出会える」ことよりも、「目的」に合わせて選んだほうがいいね!

毒島:そうだね。いくら運営がしっかりしていても、アプリから外は自己責任!『YYC』は簡単に出会える分、「自分で身を守る」ことを忘れずに使わなくちゃね!

 

9:まとめ

いかがでしたか?

今回は『』についてご紹介しました。

婚活・恋活を目的にしている人は『YYC』以外のマッチングサービスを利用したほうが良さそうです。

前述しましたが、恋人を探す恋活なら『』や『ペアーズ』『』『』、結婚相手を探す婚活なら『』や『』など、目的がはっきりしている人は別のマッチングサービスを利用したほうが良さそうです。

一方、カジュアルな出会いを求めている人は『YYC』を使ってみてくださいね!

 

※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がDangdep!に還元されることがあります。