「女性の脈ありっぽい会話」が脈ありじゃないって…なんで男子はわからないの?

ネットには「女の子にこんな会話をされたら脈あり⁉︎」なんて情報が溢れていますが、女性からすると「それ脈ありじゃない!」ってこと、ありませんか? 「誰にでもいい顔したい」というのも女心のひとつなのでは。そんな「脈ありっぽいけど、脈なしの会話」と「本気の脈ありな会話」について、女性の本音を聞いてみました。

1:「本当に好きな人」に見せる顔はひとつだけ♡

(1)よほどムカつく相手じゃないかぎり、いい顔するし

本当に好きな人の前では、多少の差こそあれ、誰もが特別な顔を見せてしまうのではないでしょうか? とはいえ、相手によって態度を変え過ぎると嫌われ者になってしまうと、女はよくわかっています。

だからこそ、別に恋愛対象でない相手の前でだって、その相手がよほどムカつく相手でないかぎり、いい顔をしてしまうのも女というものですよね。

(2)「かわいい」と思われて、悪いことはひとつもないし

男の人の中には、「女性は好きな相手から“かわいい”と思われたいのであって、関係ない相手からはどう思われても平気なんじゃないか……」と考えている人もいるようです。

でも実際はどんな男性からでも「かわいいな」と思われて悪いことなんてひとつもない! なので、基本的にはどんな相手の前でも“かわいい自分”を演じてしまうことでしょう。

そんな女心がわからずに、「脈ありなのかも!?」と勝手にドキドキされてしまっても困りますよね。

 

2:女に聞いた!「脈あり」ではない脈ありっぽい会話

そんな「脈ありじゃないけど、いい顔したいだけ」というときの「脈ありっぽい」会話について女性たちに聞いてみました。

(1)自分のペットの話

「動物とか子供とかかわいがっている女性って、男性から魅力があるように見えるのかなって思うので、特に会話が見つからないときにはペットの話とかよくしますね。

大体みんなイヌ派かネコ派かでわかれたりするし、ペットのかわいい写真とか見せて話せば、場の雰囲気も壊れませんし。ちょうどいいつなぎの会話になるんですよ」(Iさん/29歳)

(2)元カレとのデートの話

「脈なしの男性ですよね。だったら元カレとのデートの話とか、元カレの愚痴とか結構話しちゃうかも。これって相手に対して恋愛感情がないからこそ、すんなり話せる話題ですよね。

そこで男の人の意見をいろいろ聞いて、今後の恋愛の参考にしたりとかします。やっぱり男心って男の人しかわからない独特なものもあるから、勉強になりますよ」(Fさん/27歳)

(3)今週末したいこと

「仲のいい友達関係なら、“今週末は○○するんだー”とかって話を結構しますね。

ただこの話をして前に勘違いされたみたいで、“え? いいなぁ? 一緒に行きたいなぁ”って言われたことがあったんですよね。だから、恋愛対象じゃないよってハッキリ言っている相手の前以外では話さないようになりました」(Sさん/30歳)

(4)買いたい家電

「男性相手に適当な話題を振るなら、家電のこととかかな。私自身はそんなに家電詳しくないけど、男性って大体機械類に強い人が多いから、別にこっちが求めてなくても“掃除機なら○○がおすすめだよ”とか教えてくれるので。

それはそれで参考になるし、男の人も自分の得意分野に話を振られた方が気分がいいでしょ?」(Kさん/29歳)

(5)仕事の話

「仕事の話でしょうか。とりあえず男性と話していて、恋愛要素が入りにくいものを話題を選んでます。

ただ、そういう話をしているのに、“今度ゆっくり相談にのろうか?”とか、微妙にデートっぽい話を持ち掛けてこられたりもするので誤解されてるんでしょうか? 私的には本当に困ったら本命の男性を頼りますけど……」(Bさん/25歳)

(6)ナンパされた男の話

「この前、職場の同僚の男性と2人きりで作業する時間ができちゃって、何も話さないでいるのも気まずかったので、ちょっと前に駅前でナンパされた話をしたんです。その男の人がどんな風にナンパしてきたのかとか、私がどうやって断ったのかとか、そのときの気分とか。

そしたら同僚の男性から“え? それって俺に誘って欲しいってこと?”ってふざけ半分に言ってきて……。どうしたらそんな思考になるんだ!?って驚いちゃいました」(Nさん/26歳)

女性のみなさん、いかがでしたでしょうか?

「あぁ、そういう話題を振ってなんとか場を持たせるよね」と納得の回答ばかりだったのではないでしょうか? でも、このような「脈ありでない相手にする脈ありっぽい話」って男の人にとってはわかりにくいのでしょうか?

何人か、変な意味に取られていましたが、勘違いされないように気をつけないといけませんね。

 

3:女に聞いた!本当の本気で「脈あり」のときにしちゃう会話

続いては、「本気で脈あり」の男性相手にしてしまう会話について聞いてみました。

(1)相手の趣味の話

「やっぱり、1番は相手の趣味の話を振りますね。だって好きになりそうな相手だと、まずは相手のことを知りたいって思うじゃないですか。

そこから自分とどんなところが合いそうか?とか、デートに誘うならどんな場所が良いか?とか判断できるので。リサーチのために趣味から聞くのが常とう手段ですね」(Iさん/29歳)

(2)週末が暇な話

「私はいろいろ話を聞きつつ、会話の中に“実は週末暇してる”みたいな話題をそっと入れ込みますね。

相手も自分に少しでも興味を持ってくれていれば、“じゃあどっか行く?”みたいな流れになることも多いので。あとは週末が暇ってことで、“彼氏は今いないよ”っていうアピールにもなっていると思っています」(Gさん/28歳)

(3)行きたいお店の話

「脈あり男性を相手にしているときには、あまり強引にならない程度に“○○って新しいお店できたの知ってます? 私行ってみたいんですよね”みたいな会話をしちゃうことが多いですね。

それで“じゃあ今度一緒に行く?”ってなったら1番いいんですけど、さすがにすぐにそうなることは少なくて。それでも何度かお店を変えてトライしていると、誘ってくれる可能性が高いです」(Fさん/27歳)

(4)今まで観た中で1番良かった映画の話

「私は映画好きってこともあって、相手がどんな思考をしているのか知るために今まで観た中で1番好きだった映画の話題を振っちゃいますね。思い返してみても、告白した男性には全員その話をしています(笑)。

なんででしょうね? 自分の好みを知ってもらいたいっていうのもあるんだろうし、相手が同じものを観てくれたら、嬉しいって思うからでしょうか」(Mさん/34歳)

(5)元カノの話

「本気になった相手だと、怖いけど元カノの話を振ってみます。

元カノのことがわかれば恋愛傾向とか、何が許せないことなのかとかわかるじゃないですか? だから地雷を踏まないように注意したくて。まぁ今カノがいるかわからない場合には、先にいる前提で“彼女さんとはどういうところに行くの?”とかカマかけてみることもありますけど」(Sさん/30歳)

(6)モテるかどうか

「ズバリ、モテるかどうか聞いちゃいますね。競争率が高い場合は、意気地なしなんで諦めちゃうこともあるので(苦笑)。でも本当に本気の場合は粘りますけどね。

“全然モテないよぉ”とか言う人に限って、メッチャモテてたりすることもあるから、本人の話はあてにならないっていうのもわかってます。それでも聞いちゃうんです」(Kさん/29歳)

(7)相手の家族構成

「本命相手なら、相手のことを知るために家族構成を聞ききます。妹とかお姉さんがいるのかとか、実家にはよく帰るのかとか。家族って重要で、家族との関係って恋愛相手との関係に如実に表れると思うんですよ。

たとえば妹が欲しかったっていう男性は大体年下好きだったりとか(笑)」(Bさん/25歳)

(8)長期休暇は何をするのか

「あ、今狙っている人がいるんですけど、その人には長期休暇は何をしているか、この前聞いてみました。相手に恋人が今いるのかわからなくて。長期休暇に特に予定がないって答えだったので、たぶん彼女はいないんだろうなって判断しました。

これで“温泉旅行に行くよ”とか言われたらショックだったでしょうね。我ながら、玉砕する可能性のある会話を振っちゃったなぁって、あとで思いました」(Nさん/26歳)

今回聞いた話を分析してみると、本気で脈がある場合は、相手のことを知りたいという欲求のためか、「相手の好きなもの」や「過去のこと」を聞きたくなってしまう心理が働くようですね。

まずは相手の情報をたくさん集めて、そこからどう攻め落としていくのかを考えるというのが、やり手な女性の考え方なのかもしれません。

 

4:男心を惑わせないように……

女性側は、男性と話すときに、空気を読んで相手との良好な関係を築くための話題を振りますよね。ですが、脈なし相手に振っている話題にも関わらず、「脈ありかも」と勘違いしてしまう男性も多数いるようですね。

かと言って、告白されたわけでもないのに、「あなたとは恋愛関係にはならないから」というのも自意識過剰と思われかねないですし、難しいですね……。

ただ、相手をその気にさせてしまわないように、あまりにも相手に合わせた話はしない方がいいのかもしれません。