浮気をしてしまった…後悔した男女と恋人のその後のエピソード8つ

男性も女性も、ついつい浮気をしてしまうものです。一時的な欲望を満たす事を優先してしまったために、大きな後悔の念に襲われてしまう事もしばしばあります。大切な恋人を裏切った代償は大きいのです。今回は、浮気を後悔した男女のエピソードをご紹介します。

1:浮気してしまった……正直に話すべき?

(1)浮気してしまった……彼氏・彼女に正直に話す人は約2割!

『Dangdep!』で男女476人にアンケートを実施したところ、浮気経験者は109人。その内、それを恋人に正直に話した人は26人いました。数字にすると23.8%。2割強の人が正直に話しているようです。

話した理由については「黙っている罪悪感に耐えきれなくなった」「もうほとんどバレてしまっているからやむを得ず」「相手がどんな対応をするか試したかった」という意見が聞かれました。

(2)許してもらえたと思ったら……

浮気したことを正直に話すことによって、相手に許して貰えるケースは多いようです。しかし、後々ケンカした時に「あの時浮気したよね」と話を蒸し返され、相手に話を有利に進められたりすることも。

また、相手の知らないところで自分の友人に浮気されたことを言いふらし、「同情を買うと同時に、うっぷんを晴らしている」というケースも見られました。表面的には許しているようでも、心の奥底では許し切れていない人も少なくありません。

 

2:彼女に浮気された…浮気を後悔した彼女の理由とその後のエピソード3つ

(1)彼氏の親友

「付き合って半年になる彼女から“実は浮気をしてしまった”と告白されました。彼女は反省していて、2度と同じ過ちを繰り返さないと誓ってくれました。僕は驚きましたしショックだったのですが、正直に話してくれた彼女の気持ちが嬉しくて許しました。

しかし、詳しく聞くと、浮気相手が僕の親友だということがわかりました。彼女はそれを知っていたので、余計に後悔が強かったようです。一方で僕は、1度は許したものの、浮気されたことと親友に裏切られたという二重のショックから人間不信に近い状態になってしまい……。立ち直ることができず、結局別れを決意しました」(ユウジ/25歳)

(2)浮気相手の恋人とのトラブル

「彼女から、“ある人物から嫌がらせを受けている”という相談を受けました。彼女のスマホに非通知で着信があったり、身に覚えのないサイトの会員登録完了メールが届いたり。

僕の手には負えないと判断したので、警察に相談することを提案しました。そしたら、彼女が、嫌がらせしてきている相手は、以前浮気した男性の恋人だと打ち明けてきました。

僕は浮気されたことが許せませんでしたが、その前に嫌がらせから逃れることが先決だと思いました。それで、ふたりで携帯電話会社へ行って、電話番号やメールアドレスの変更の手続きをしました。その後、結局、彼女の浮気は許しましたし、このトラブルを一緒に乗り越えたことで、逆に絆が深まったように感じています」(ノリアキ/27歳)

(3)遠距離で寂しくて

「僕は地方で生活していたのですが、彼女が仕事の都合で東京に転勤し、遠距離恋愛が始まりました。お互い仕事の都合をつけて会いに行ったり来たり。会えない時は、メールや電話でやり取りをするという生活が2年続きました。

しかし、彼女は僕に会えない寂しさに耐えきれなかったようです。転勤先で複数の男性と関係を持ってしまったと告白されました。浮気というか、セフレを何人も作っていたようです。とてもショックでしたが、僕は自分の仕事を辞めて上京し彼女と一緒に住むことを決めました。

しかし、彼女は求められると断れない性格なんです。一緒に住むようになってからも、セフレと会うことがやめられませんでした。やっぱり目の当たりにすると許せなくなって……同棲して数か月で別れることを決めました」(コウ/24歳)

 

3:「本当にごめん……」浮気を後悔した男のエピソード5つ

(1)性欲に負けて

「僕は彼女のことが大好きですし、この気持ちはずっと変わりません。でも、友人の紹介で出会った女の子が物凄くエロい見た目で……。その子が僕にアプローチしてきたんです。最初はもちろん断っていました。彼女を裏切れませんし、別に、その子のことを特別好きでもありませんでしたから。

でも、本当にエロくて……。自分の性欲に負けてしまい、一線を越えてしまいました。1回だけの過ちでしたが、大好きな彼女と時間を過ごしていても、浮気をしてしまったことが頭をよぎり、罪悪感で苦しんでいます。ずっと心の中で、“本当にごめん……”って呟いています」(ヒデユキ/28歳)

(2)会えない理由は自分のためだった

「お互い仕事が忙しかったんですが、何とか時間を作って会うようにしていました。なのに段々と彼女が、“バイトが忙しい”という理由で会う機会を少なくしてきたんです。

僕よりバイトを優先するのが理解できませんでしたし、もしかしたら浮気しているのかも?と思ったり、色んな不安がよぎりました。

そんな不安や寂しさを埋めたかったこともあって、僕はつい元カノと連絡を取り、関係を持ってしまいました。でも、久し振りに彼女に会ったとき、彼女は僕の誕生日プレゼントととして、欲しかったブランドの財布をくれました。一生懸命バイトしてお金を貯めていたみたいで。ごめん……本当にごめん」(ユウ/24歳)

(3)彼女の妊娠が発覚

「彼女のほかに好きな人ができて、浮気をしてしまいました。しばらく彼女と浮気相手と交互に会うような生活が続いたんですが、彼女にバレてしまいました。僕は彼女のほうが好きだったので、許して欲しいとお願いしました。でも許してもらえず別れることになっちゃって。

浮気相手を正式な彼女にして、新しい生活が始まって間もなく、元カノから妊娠していたと連絡がありました。彼女(元浮気相手)には愛想を尽かされ、元カノとはよりを戻せず子供もおろすことになってしまって……。本当にごめん。過去に戻れるならやり直したいくらいに後悔しています」(ナオト/27歳)

(4)彼女のペット

「付き合っていた彼女と上手くいっていなくて、別の女性と浮気してしまいました。そのときは、これを口実に別れようと思っていて、僕としては都合が良かったんです。でも、ひとつだけ気になっていたことがあります。それは、彼女が飼っているチワワがとても僕になついていて、別れるとチワワに会えなくなってしまうことです。

浮気相手との関係も続いていく中で、チワワが体調を崩し、彼女と一緒に看病していたんです。そしたらそのうちに彼女との関係が良好になっていって。浮気したことを後悔しました。どうしよう……本当にごめん、という気持ちでいっぱいです」(カイ/26歳)

(5)立場が大逆転

「自分で言うのもなんですが、僕は結構な亭主関白なタイプで、彼女も従順なタイプでした。周りには“彼女に厳しい”と言われていましたが、僕たちはそれでバランスが取れていました。

しかし、僕の浮気がバレてからは立場が逆転。今は何も言い返せず、彼女の言いなりになっています。本当に後悔しています。ああ……ごめんなさい」(タク/29歳)

 

4:浮気をしても何もメリットがない

浮気をしても、何もメリットはありません。それどころか、今回紹介した人たちのように、後悔や罪悪感に襲われ、ふたりの関係も悪化まっしぐらです。浮気はしてはいけません。万が一、浮気心が芽生えてしまったら、その先に進んでいいのかどうか、きちんと考えてくださいね。