セカンド童貞とは?セカンド童貞の特徴とうまくお付き合いする方法5選

最近、耳にする機会が増えてきた「セカンド童貞」という言葉。恋愛にがっつかない男性が増えてきた昨今、気付かないだけであなたの身の周りにも必ずセカンド童貞は存在します。もしかしたら、あなたが思いを寄せる男性もセカンド童貞かもしれません。この記事では、セカンド童貞の実態と彼らとの付き合い方についてお教えします。

1:セカンド童貞とは?

セカンド童貞とは、女性経験があり、既に童貞を捨てているものの、しばらくセックスをしていない男性を指します。「しばらく」というところに具体的な期間は定められておらず曖昧です。その期間は、各々の価値観に委ねられます。

第三者から恋愛の遍歴を聞かれて、セックスをしていない期間が長いためセカンド童貞だと認定されることもありますし、自虐的に自ら名乗ることもあります。

また、セックスをしていない期間の長さではなく、童貞だったときのメンタリティを保っているため、セカンド童貞だと名乗る人もいます。

 

2:セカンド童貞の特徴6つ

セカンド童貞の人たちを取材して、肌で感じて分かったことやその人たちの特徴を分析してみました。

(1)美人にビビる

セカンド童貞は自分に自信がない人が多かった印象を受けました。女性経験はあるものの、圧倒的に経験値が少ないため、自分とは釣り合わないような高嶺の花的な美人にビビります。

遠ざけて接しないようにしたり、まるで興味ないかのようにそっけなく振る舞ったりします。

「こんな美人を満足させるエスコートができるわけがない」というネガティブ発言をしている人もいましたね。もしセックスをすることになった場合、“自分のテクニックのなさがバレたらどうしよう”というふうに考えてしまうようです。

(2)行動範囲が狭い

『セカンド童貞は自信がない』ということは上述しました。そして、自信のなさは女性との新しい出会いを恐れることに繋がるようです。

普通の人は「新しい出会い」とは「チャンス」なのですが、彼らにとっては自分を否定されるかもしれない「ピンチ」のよう。

そうなると、人一倍「彼女が欲しい」「セックスがしたい」という欲求を抱えているにも関わらず、出会いを避け、行動範囲が職場(学校)と家の往復のみといった感じで狭くなっていってしまいます。

出会いに積極的ではなくなってしまうと、女性だけでなく友人との交流が徐々に減少。プライベートで他人とコミュニケーションを取るツールがネットに限定されていく人もいるみたい。

(3)優しいけど恥ずかしがり屋

セカンド童貞は基本的に女性に優しい人が多かったですね。「好かれたい」「嫌われたくない」という思いが強いことに、その理由がありそう。そして、あわよくばセックスのチャンスを期待しています。

しかし、恥ずかしがり屋なため、体の距離も踏み込む心の距離も、やや遠目に設定しています。自分が好意を寄せることが相手にとって迷惑になってしまうのではないか?という気持ちが、その距離感をうんでいるように感じられました。

なので、たとえ冗談でも「かわいいね」とか「好きだよ」という言葉は聞かれませんでした。

(4)トーク内容が薄い

童貞ではないので女性の体の柔らかさ、温かさ、セックスの気持ち良さは知っています。

ですが、男同士で女性あるある、セックスあるあるを言い合うようなトークになった際に、圧倒的にトーク内容が薄いことに気がつきました。また、あたかも経験豊富なように振る舞っていて、「うんうん」と頷きますが、具体的なことは言わず聞き手に回る人も多い印象。

周りが笑っていて、自分はその経験がなくても、まるで知っているかのように合わせて笑います。それでいて童貞に対しては態度がデカく、上から目線で物を言っている人もいましたね。

(5)理想が高い

理想が高いため、なかなか彼女ができずセカンド童貞になっている男性も存在します。

彼らは決して積極的ではないので、時間をかけて少しずつ女性と親密になろうとし、長い人で数年思いを寄せ続ける人もいました。

しかし、自分には不釣り合いの女性ですし、告白も突然なので成功率が圧倒的に低い様子。フラれたらすぐに別の女性に切り替えるわけではなく、しばらく失恋を引きずっていました。

そして、やっと立ち直ってから新しい女性を見つけ、また長い時間をかけてアプローチするという非常に効率の悪い恋愛をしている人も見かけました。

(6)変人

このタイプのセカンド童貞は、外見が良くて、才能や特技を持っている人が多く、好意を寄せる女性も少なくない様子。

しかし、女性がいざ近づいてみると、発想や発言が変わっていて会話を合わせるのが難しかったり、素敵な人だけど恋愛対象としては違うかなと思わせてしまいます。

女性から「やっぱりないわ」という印象を持たれ、いい感じになりそうな女性にアプローチすると「そういうつもりじゃなかった」という風な断られ方をするという特徴も見受けられました。

 

3:僕たちが「セカンド童貞になった」理由5つ

ここからは、セカンド童貞になってしまった男性たちの実際のコメントを紹介していきます。彼らはなぜセカンド童貞になったのでしょうか?

(1)恋愛のトラウマ

「大学生になったときに、初めて彼女ができまた。お互い入学当初は友達もおらず、一緒に行動する時間が長くて、次第に惹かれ合い付き合うことになりました。

しかし、2年生に進学する頃にはお互い友人も増え、勉強とバイト、友人との付き合いが忙しくなり、徐々に会う機会が減っていきました。

“もう1ヵ月弱くらい連絡していないな”というときに、街で偶然彼女を見つけたのですが、知らない男とホテルに入って行く所を目撃してしまいました。会う時間は少なくなっていましたけど、僕は彼女が好きだったのでショックが大きかったです。

でも、そのことについて彼女に問いただすこともせず黙っていました。すると、さらに連絡を取る機会は少なくなり、いつの間にか自然消滅してしまったんです。それ以来、女性に対して疑心暗鬼になってしまって、恋愛することを避けています」(コウスケ/25歳)

(2)就職

「自分で言うのもなんですが、学生の頃は結構モテました。大学4年間で3人と付き合いました。どの女の子とも1年くらい付き合いましたね。3人目の女の子と別れたタイミングで卒業して、とある人材派遣会社に社員として就職したんですけど、まあ仕事が忙しい。

残業当たり前、休日返上で働かされていて、更に一定の成績を残し続けなければいけないので手が抜けません。早朝、深夜を問わず派遣会社に登録しているバイトからのメールや電話に対応し、上司からの理不尽な指示に応え、クライアントからの無理難題に四苦八苦し、正直、恋愛なんてしている余裕は全くありません。

疲れ果てて帰って来て、休む間もなく出勤するような生活です。なのでもう5年は恋人がいません。気付いたらセカンド童貞になってました」(ユウスケ/27歳)

(3)趣味にハマって

「僕は地下アイドルが好きで、時間を作ってはライブや撮影会へ行って推しのアイドルを応援しています。アイドルにハマる前は彼女がいたんですけど、ハマってからはアイドルの応援に人生を捧げているので、彼女を作ることができません。

ライブ代やグッズ代を稼ぐためだけにバイトをしていると言っても過言ではないです。あと、こんな趣味なので女性に引かれることが多いですし、彼女ができてイベントに行けないくらいなら彼女なんて必要ないかなと思っています」(テルタカ/30歳)

(4)妻がセックスレス

「私は結婚してもう3年が経ちます。子供も授かって人並みに幸せな生活は送れているのかなと思っていますが、妻は元々セックスが好きではありませんでした。

子作りのために我慢してセックスをしていましたが、出産後は私が求めても一切させてくれません。

かと言って浮気をしようとは思わないですが、約2年ほどセックスをしていません。なので、既婚者ですがセカンド童貞というものになってしまいました」(コウタロウ/31歳)

(5)面倒くさい

「7年間付き合っていた女性と別れました。色々と話し合いましたが、別々の道に進んだ方がお互いのためになりそうだと、2人とも納得した結論でした。

別れてからしばらく時間が経って、何人か気になる女性はいました。でもなかなか付き合おうという所まで気持ちが向かいませんでした。

なぜなら、一度長く付き合った女性がいるので、また1から関係を築いていくのが面倒くさくて仕方がないんです。それに時間を費やして恋人同士になっても、また別れてしまうと全て無駄になります。

それに、そんな想像をすると億劫で仕方がありません。なので気付いたらセカンド童貞になってました」(マナブ/33歳)

 

4:セカンド童貞とうまくお付き合いする方法5つ

セカンド童貞とうまく付き合ったことのある女性に街で色々と話を聞き、その要素や特徴、テクニックといったものをまとめてみました。

(1)リードする

前述しましたが、セカンド童貞は女性に興味はあるものの、自信がなかったりトラウマを抱えているため、決して積極的ではありません。なので女性側からアプローチし、リードしてあげるようにするといいみたい。

押しに弱いので意外とすんなりことが進みます。また、女性側が主導権を握るので、うまくやれば自分好みの色に染めることができるかもしれません。経験が少ないので、女性の教育次第では良い男になる可能性が大いにあります。

(2)ライフスタイルを理解する

セカンド童貞になっている人は、独特なライフスタイルを送っている人も多いようです。恋愛に時間を割いて来なかった分、趣味や仕事に時間を費やしている傾向が強い印象です。なのでまずは彼らのライフスタイルを理解し、それを尊重してあげるといい関係を築けるようです。

その次に、徐々に女性に時間を使うようにシフトしてもらうとすれ違いが少ないみたい。ライフスタイルを変えるということは時間がかかりますから、焦りは禁物です。元々女性のことは好きなので、自然とシフトしていくはずです。

(3)共感する

女性に対する警戒心が強いのも特徴なので、彼らと付き合っていくには共感することが必要とのこと。具体的に言うと、自分もしばらく彼氏がいない、いわゆる「セカンド処女」を装うということです。

セカンド童貞の男性は、女性も自分と同じような境遇であると知ると安心感が生まれ、良き理解者として女性を受け入れやすくなります。経験値に差があるという劣等感も生まれにくいようす。

(4)求めすぎない

セカンド童貞は1人で過ごす時間が長かった分、女心をほとんど理解していないことも多いようです。まずそれが当たり前だと思いましょう。なので、気が利かなかったり、もっとこうして欲しいという注文があったとしても強く求めすぎないことが重要なのだとか。

女性に対する苦手意識を助長してしまったり、自己否定を促してしまいますので、心が離れてしまいがちに。徐々に女性に慣らしていくことが大切です。

(5)あまのじゃくだが気にしない

女性に対して劣等感がある分、素直でないことも……。女性に好意があったとしても、ないフリをすることがあります。デートに誘っても、本当は行きたいのにワザと忙しいフリをして断ってみたり、女性からするとあまのじゃくで非常に面倒くさいですね。

しかし、そこを煙たがらず、セカンド童貞はそういうものだと認識するといいようです。

「じゃあまた誘うね」とライトに対応し、少し間隔を空けて誘うという方法も。見極めが難しいかもしれませんが、深く考えないということが大事とのこと。

 

5:男性を選ぶなら実はセカンド童貞がおすすめ

女性は誰しも素敵な男性と付き合いたいはずです。しかし、残念なことに素敵な男性は素敵な女性と付き合います。

あなたが素敵な男性と付き合う方法は2つしかありません。あなたが素敵な女性になるか、セカンド童貞を素敵な男性に育てるかです。