別れの言葉大特集!心に残る、かっこいい、感動する別れの言葉10選

恋人とどうやって別れようかとお困りの人はいませんか? できることなら円満にお別れしたいですよね。今回は「心に残る」「かっこいい」「感動する」別れの言葉を調査してきたので、ご紹介します!

1:恋人との別れの言葉…覚えてますか?

みなさんは恋人との別れの言葉を覚えていますか? 筆者は覚えています。特にフラれた時の言葉は、当時の思いと一緒になって残っています。だから、その時の別れの言葉を思い出すと、海に向かって叫びたくなります。

あと、夜、布団の中でふと思い出すと、自分の台詞の未熟さに恥ずかしくなって、よく「ひゃーひゃー」言いながら悶絶していました。今では宴会の時の笑い話にできるくらいには消化しています。

みなさんにも、そんな、「ちょっと恥ずかしい青春の思い出」はないでしょうか?

 

2:彼女から言われた「心に残る」別れの言葉5選

筆者の別れ話など誰も興味ないでしょうから、街で“別れ”に関する話を聞いてきました。まずは男性が彼女から言われた“心に残る”別れの言葉をご紹介します。

(1)「今まで本当にありがとう」

「これは、僕が20歳くらいの時に付き合っていた彼女の話なんですけど。色々とうまくいかなくなって、ギクシャクしてきちゃって、それで彼女に別れを切り出したんですよ、“ごめん、別れよう”って。

そしたら彼女、奥歯を噛みしめながらぽろぽろと泣き出したんです。でも、泣き続けてると、僕に気を遣わせると思ったんでしょうね。最後は胸を張って“今まで本当にありがとう”って言われました。僕も、“幸せにできなくてごめん”って、言いました」(Eくん/25歳)

(2)「バカじゃないの?」

「30歳の時に結婚を考えてた彼女がいたんだけど、その人の別れのひと言は未だに心に残ってるね。30歳っていう節目もあって、独立を考えてたんだよ、俺。それを彼女に話したら“バカじゃないの? いい年して何子どもみたいな夢見てんの?”って言われて、思いっきりフラれたんだ。

でも、その時ちょっと浮かれてたところがあったから、“独立は思ってるよりも厳しい道だぞ”って気を引き締めることができた。あの時フラれたから今がある!」(Aくん/36歳)

(3)「この意気地なし!」

「昔、海外に大学留学を決めたときの話なんですけど。俺は最初、海外への留学の方を諦めてたんですよ、結婚を考えていた彼女がいたから。4年間は長いですしね。でも、突然彼女からフラれたんですよ、“別れよう。この意気地なし!”っていわれて。

“こうでもしないと決心がつかないんだろ? このバカ! 4年間も私は待ってないぞ。その代わり、今よりも魅力的になって、もう1回口説きにこい”って言われました。4年後、口説きに行きましたよ、全力で」(Tくん/28歳)

(4)「振り向くな、後ろには夢がない」

「記憶に残ってる台詞が1個だけあります。俺は当時、俳優になるっていう夢を追いかけてて、彼女はそれを応援してくれてたんです。けど、色々あってうまくいかなくなっちゃって。別れを切り出したのは俺から。でも、3年も付き合ってたから情もあったし、思い出もたくさんあったしで、別れ話をしながら号泣ですよ。1か月くらい切り出せなかったですしね。

そしたら、泣いてる俺の顔を見て彼女、“振り向くな。後ろには夢がないんだぞ”って笑ったんです。恋愛以外でもうまくいってなかったから、ハッとしちゃいましたね」(Uくん/29歳)

(5)「いつか笑ってまた会えたらええな」

「中学生のころに付き合ってた子が関西から引っ越してきた転校生で。その子とは1年くらい付き合ってたかな。でも、中3の夏に、彼女がまた関西に戻ることが決まっちゃって……。最後にデートへ行きましたね、水族館。“どこへ引っ越すの?”とか、そんな話はできませんでした。彼女がいなくなるってことにただビクビクと怯えてた記憶しかありません。

明るくて涙なんか見せない人だったんですけど、青い水槽をバックに振り返った彼女は泣いてました。“いつか笑ってまた会えたらええな”って、それが最後の台詞でしたね」(Kくん/24歳)

 

3:「かっこいい男」と感じた別れる時の言葉5選

今度は女性が“かっこいい”と思った男性の別れの言葉を紹介します。

(1)「幸せにできなくてごめん」

「かっこいいというか、ちょっと胸にきた言葉がありますね。元カレとは大学を卒業して3年くらい同棲してたんですよ。で、最後の1年はマンネリ気味になってきて、私がちょっと浮気をしちゃったんです。それを彼はわかっていたみたいで、ある日彼の荷物が部屋からなくなっていて、置き手紙がテーブルにありました。“今までありがとう。幸せにできなくてごめん”って」(Hさん/27歳)

(2)「もう1度見つけてみせる」

「元彼の台詞はよかったですね。インド旅行してた時に知り合ったんですけど、帰ってきたら大学構内でばったり会って、そこから交際がスタートしたんですよ。これは“運命かも”なんて思って。だけど、色々とうまくいかなくなって、結局大学卒業と同時に“きっと運命なんかじゃなかった”って言って別れを切り出したんです。

そしたら、彼が目の前で私の連絡先を消し始めて、“分かった。じゃあ運命だって信じてもらえるように、もう1度●●(私の名前)を見つけてみせる”って言ったんです。運命を引き寄せるって、こういうことなんだって思いましたね」(Sさん/25歳)

(3)「10年後、東京タワーで待ってる」

「中学生の時に付き合ってた彼がいたんですけど。高校に進学するのと同じタイミングで彼が引っ越すことになって、しかも卒業式が終わったらすぐ……。だから、卒業式はふたりで記念写真を撮りました。その時に、彼が“10年後の今日、この時間に東京タワーで待ってる”って言ったんです。あれはかっこよかったですね。しかも約束の日が来年なんですよ」(Tさん/24歳)

(4)「別れを切り出す方も辛いやろ」

「大学生のころから付き合ってたんですけど、社会人になったら全然うまくいかなくなっちゃったんですよね。それで“別れよう”って言ったんです。ずっと言うタイミングを伺ってて、それで彼とのデートの最後に……。絶対に泣かないって決めてたんですけどね、ダメですね。

そしたら彼が優しく微笑んで“別れを切り出す方も辛いやろ。悪もんにさせてすまんな”って。だから、最後は笑って別れることができました」(Mさん/23歳)

(5)「今はお互いに真逆に進もう」

「20歳のときに付き合った元カレの台詞が記憶に残ってますね。彼とはアルバイト先で知り合ったんですけど、私は音楽がやりたくて、彼はお笑いやりたいっていう夢があって。やりたいことを追いかけてる人間にしかわからないことってあるんですよ。私たち、ほんと、いい関係だったんです。

でも、そのうち、傷をなめ合うだけの関係になってきちゃって。それがいやで“別々の道に進もう”って言って別れを切り出したんです。そしたら彼が“じゃあ今は、お互いゴール地点まで真逆に進もう。そしたら現地でまた会える”って。号泣しちゃいましたね」(Nさん/28歳)

 

4:別れの言葉の名言5選

心に残った別れの台詞やかっこいいと思った別れの言葉を紹介しました。もちろん、綺麗な別れもあれば辛く苦しい別れもあるでしょう。しかし、そこから立ち直らなければ、新しい恋愛はできません。そこで、失恋の名言として有名なものの中から、筆者お気に入りのものをご紹介します。

(1)愛することを教えてくれたあなた…

「愛することを教えてくれたあなた。今度は忘れることを教えてください。」(アイリス・マードック)

英国の哲学者であり、詩人・小説家として生きた彼女。彼女の人生は、映画化もされました。彼女の言うように、愛することよりも忘れることの方が難しいのかもしれません。出典は明らかではありませんが、彼女の言葉として有名な言葉です。

(2)失恋に涙は必要ない

「あなたを捨てた男のためなんかに泣いては駄目。次の男があなたの笑顔に恋するかもしれないでしょ。」(メイ・ウエスト)

失恋に泣くよりも、次の恋愛に向けて笑顔を作った方が、きっと早く幸せになれるはずです。

彼女は1930年代に活躍したN.Y.出身の映画女優さん。自身が出演した作品の多くの脚本にも携わっていました。この言葉が映画の中のセリフなのか、ご本人のインタビューから出た言葉なのかは調べられませんでしたが、当時アメリカを生きた強い女性からの失恋のエールとして、今も心にグッとくるものがありますよ。

(3)深く傷つくことのできる人は…

「深く愛することのできる者のみが、また大きな苦痛をも味わうことができるのだ。」(レフ・トルストイ)

『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『イワンの馬鹿』など多くの代表作をもつロシアの文豪、トルストイ。人生後期は、“トルストイ運動”として、民衆によりそい、思想家、説教者としても活動していた彼が綴る言葉には説得力があります。深く傷つくこのできる人は、それだけ誰かを愛せたというわけです。

(4)失恋とは…?

「その失恋があなたにとって幸運ではないと、どうして言えますか(ジョセフ・マーフィー)

今や誰もが普通に使っている「ポジティブシンキング」という考えを提唱した著述家のジョセフ・マーフィは、数々の楽天的発想の言葉を残しています。

あのとき失恋したから、今の結婚相手に出会えたということもあるでしょう。失恋は今は辛いかもしれませんが、未来の幸せと繋がっているのかもしれませんよ。

(5)人生は生きるに値する

「どんな悲しみに出会っても、それでも人生は生きるに値する」(村山由佳)

直木賞作家である村山由佳さんの小説、『天使の梯子(はしご)』から。好きな人との別れがどんなに辛くとも、新しい出会いの喜びには叶わないということでしょう。悲しみは人生の本質ではない、と。

 

5:英語表現もあり!かっこいい別れの言葉5選

ここまで男女間での別れ、つまり恋愛の終わりについて紹介してきました。しかし、別れと言っても色々なシチュエーションがありますよね。たとえば、友人との別れだったり、恩師に送る言葉だったり。

英語表現なども交えて、今度はそんな言葉を紹介します。

(1)I’ll miss you.

デートの別れ際などで恋人へ向けて贈ると効果的な言葉に「I’ll miss you」があります。“さみしくなる”という意味で、“すぐにあなたのことが恋しくなる”というニュアンスを伝えることができます。

(2)「あなたのおかげで今の自分がある」

友人や恩師、または恋人の別れ際などに使えるフレーズに「あなたのおかげで今の自分がある」があります。別々の道を歩もうという2人が“今までありがとう”という気持ちを伝えるには効果的な台詞ではないでしょうか。

「今の自分はあなたのおかげ」だと言われたら誰だって嬉しいはず。特に恩師との別れ際の言葉としてオススメ。

(3)Best of luck

相手を暖かく送り出すときの表現として「Best of luck」があります。“幸運を祈る!”という意味に「Good luck!」というフレーズがありますよね。その意味をもう少し強めた感じ。友人との別れ際や、何かにチャレンジしようとしている人への別れの言葉として使ってみてはいかがでしょうか。

(4)約束の誓い

漫画や小説などでは、別れる人との最後のシーンに再会を約束し合う場面が多く描かれていますよね。また、スポーツをしているのなら、「決勝の舞台で会おう」といった台詞は、何度も聞いたことがあるのではないでしょうか?

夢や目標を約束し合う言葉は、切磋琢磨し合っていた親友との別れ際にピッタリでしょう。

(5)Thank you for everything.

別れ際に使われる定番の英語のフレーズとして「Thank you for everything」があります。これは“すべてのことに感謝しています”という意味で、いい関係が築けたことや別れの名残惜しさなどを表現できます。恋人との関係を解消するようなシチュエーションから相手に感謝の意を伝えるような場面まで、幅広く応用できます。

 

6:友達から恩師から!感動した別れの言葉3

5では、別れ際に送るかっこいい言葉を紹介しました。でも、人の心を動かすのは、かっこいい表現ばかりではありませんよね。街で、「あなたが感動した別れの言葉」を聞いてきました。

(1)「短いのでよく聞いてください」

「中学の時の話なんですけど、美術の先生の描いた絵が、どこかのコンクールで大きな賞を取ったらしいんですよ。詳しい話は知らないんですけど、絵で食べていけるようになったのかな? で、学校をやめることになったんです。その時の朝礼での挨拶は印象に残ってますね。

“短いのでよく聞いてください”って言った後に全校生徒を見回して、“さようなら”。それだけだったんですよ。たったひと言だったんですけど、先生の万感の思いが詰まっているように感じて、胸にきましたね」(Gくん/27歳)

(2)「あとは任せたぞ」

「高校の時、野球で同じポジションを争っていた奴がいたんすよ。結局レギュラー争いで負けて、俺はベンチ。だけど、そいつの母ちゃんが倒れたとかで部活をやめることになって……。まだ小学生の弟とか妹の面倒をそいつがみなくちゃならなかったんですって。

俺も悔しかったっすよ。あんなに必死に練習して辛い思いして、ようやく甲子園に行けるかもってなったのに……。でも、部室でひとり、荷物の整理をしているそいつが、奥歯噛みしめて涙ガマンしながら俺に言ったんです。“あとは任せたぞ”って。ヤバかったですね」(Nくん/23歳)

(3)卒業アルバムに…

「小中学生のころの私は、同級生とうまくやれなくて孤立してたんです。だから卒業アルバムはほぼ真っ白。でも、たったひとつ、メッセージが書かれてあるんです。“人を信じよ。しかし、その百倍、自らを信じよ(手塚治虫)”って。それは、誰とでも仲のいい、クラスの人気者だった男子が“書かせてよ”って言ってきて、書いてくれたんです。私が変わるきっかけになった言葉ですね」(Aさん/19歳)

 

7:円満解決!? 恋人と別れる時のLINE、メールの言葉3選

「恋人と直接会って別れを告げるのは勇気がいる」という人もいることでしょう。そんな人にぴったりの、LINEやメールでの別れ方を街で聞いてきました。

(1)「性格が合わないから別れよう」

「LINEとかって、一方通行になりやすい伝え方じゃないですか。だから、せめて別れる理由とかは聞きたいですよね。“性格が合わないから別れよう”とか“あなたのココが無理”とか。単に“別れよう”でブロックとか、最悪です」(Mくん/26歳)

(2)「今までありがとう」

「ケンカ別れって最悪じゃないですか。だから、円満に別れたいですね。 “今までありがとう”とかは、ありきたりだけど、結局それがいちばんいいかな。ネガティブな雰囲気にならないし」(Iくん/24歳)

(3)「くたばれ」

「僕は未練の残るような別れ方はされたくないな。すっごい辛いから。だから、こっちがキライになるような別れ方がいいね。“あんたの●●がキライ”とかね。いっそのこと“くたばれ”とかでもいいよ」(Sくん/21歳)

 

8:別れる時は正面から?

彼と別れるときに、どんな言葉を使えばいいか参考になりましたか?

実際のところ、正しい別れ方なんて存在しないのかもしれません。あるのは、“相手が納得しやすい別れ方”のみでしょう。

できれば円満に別れたいですよね。遠回しに別れを切り出すよりも、真正面から切り出した方が、案外、円満に別れられるかもしれませんよ。