誘い方がわからない!? デートに女性から誘うときの断られない誘い方

気になる男性がいたとします。その相手のほうからデートに誘ってくれれば問題なしですが、なかなか誘われない……ってことのほうが多いですよね。そんなときには、女性から誘ってみるのもアリ! とはいえ女性からデートに誘うのって、勇気がいりますよね。今回は、そんなときに役立てたい「断られない方法」のアイデアをご紹介します。気になる相手を誘うとき、参考にしてみてくださいねッ!

1:高校生のデートの誘い方といえば?

女子高生がデートに誘うなら、「一緒に帰ろう」「テスト勉強に付き合って欲しい」などの、相手の普段の生活に沿ったアプローチからはじめるのが賢明です。いきなり「デートしましょう!」となると、お互い緊張してしまいがち。

少しづつふたりで過ごす時間増やして、自然な会話が弾むようになれば、男性から本格的なデートに誘ってくれるかも!

 

2:女性から!デートの誘い方 LINE・メール5選

女性からデートに誘うとき、便利なのがLINEやメールです。男性の方々に、「自分が付き合う前に、女性からもらって嬉しかったお誘いLINEやメールの内容」を聞いてみました。

(1)会いたい

「普段甘えてこない女性から、シンプルに“会いたい”とLINEが来たのはキュンでした!」(27歳/公共団体)

ストレートに「会いたい」と伝えることが、恥ずかしくてなかなかできない女性も多いのではないでしょうか。でも、鈍い男性には、これくらのストレートなひと言が効くんです!

(2)好きなライブ

「俺が大好きなバンドのライブチケットを取ってくれて、一緒に行こうってデートに誘ってくれたのは嬉しかった! そんなの断るわけがないでしょう」(24歳/医療)

好きなバンドを使って接近! ライブチケットを頑張って取ってくれたのも好印象につながる模様。

(3)ていねいなお誘い

「ていねいな敬語でのお誘い文章。本気を感じて嬉しかったな。まるで仕事みたいな固い文章で……本当にデートの誘いかな?って一瞬ためらうほどでした(笑)」(31歳/IT)

ていねいな文章でお誘いすることが、真剣さのアピールに!

(4)おもしろそうなイベント

「おもしろそうなイベントに誘われて、スムーズにデートの流れになったな。デートって、スケジュールや行く場所を男性が一生懸命考えなきゃいけない雰囲気があるじゃん? それを女性のほうで考えてくれると、初めてのデートへのハードルが一気に下がる」(23歳/IT)

相手の興味を把握してデートに誘うと、相手のテンションも高く、楽しいデートに。「男性がデートの計画を立てなきゃいけない」なんていう決まりはないのです!

(5)URLや写真

「お誘いのLINEやメールに、行きたいところのURLや写真を入れてくれると嬉しい。美味しそうな居酒屋だったら行きたいなって思うし、ロマンチックなイベントだったらデートっぽくてドキドキするし。どんなデートになるか、イメージが湧きやすいほうが行きたくなるよね」(29歳/電気)

LINEやメールでは、文章だけではなく写真や行先のURLを上手に利用することも重要!

 

3:彼女の誘い方!断られない方法は?5つ

付き合ったあとも、自分からデートに誘うのはちょっと苦手……という女性も。断られてショックを受けるのはイヤですよね。

この章では、彼氏を誘うときの「断られない方法」をご紹介します!

(1)時期を見計らう

カップルによって、だいたい1週間に1回くらい会う、などの会う頻度がなんとなく決まっていることも多いですよね。

ちょうど、そろそろ会うタイミングかな……という時期を見計らってデートに誘うと、成功率が上がります。

(2)仕事の様子を聞く

仕事が忙しい彼氏の場合、仕事の様子を聞いてみるのもあり。寝る間もないほど忙しい時期は、なかなかデートに時間をさけないですよね。

とくに、仕事の忙しさに波がある男性は、いきなりデートに誘うのではなく、「最近、調子どう?」などと、ワンクッションおくのも有効です。

(3)予定を聞いてみる

カップルだからこそ、「●日って何してる?」という質問も許されます。相手が暇な日を探ってから誘えば、断られる可能性も低くなりますよ!

あまり聞きすぎて「しつこい!」と思われないような配慮もお忘れなく。

(4)デート中に決めちゃう

デートの終わり際などに、「次、●●に行きたいな♡」などと、かわいく誘ってみましょう。直接会っているときなら、スムーズに日程や行く場所を決めやすく、お互いに負担が減りますよ。

この方法なら彼女側からでも誘いやすいッ!

(5)会いたい

付き合っているふたりは、特に用事がなくても「会いたい」という気持ちだけで会うことができる関係性です。あれこれ考えて悩み過ぎずに、かわいくシンプルに「会いたい」と伝えてみてはいかがでしょうか。

彼氏はきっと会ってくれるはず……!

 

4:女友達をデートに誘う……断られないポイント3つ

女同士でデートするってこともありますよね。

最近顔を合わせていない女友達に、「久々に会わない?」って連絡したいけど、断られたらガッカリだから誘うのが難しい。そんな気持ちもあるかもしれません。

そんな女同士のデートで断られないためのポイントを見ていきましょう。

(1)お互いに会いたい時期

女性ふたりでのデートって、「してもしなくてもいい」という感じがありますよね。無理するほどではないけれど、たまにはお互いの現状を把握しておきたいし、おしゃべりがしたい。

そのため、お互いに「会いたいな」という時期を見極めるのが大切。最近よくLINEがくるな、彼氏とケンカして寂しそうだな、なんてときに誘ってみましょう。

反対に、彼氏ができたてでラブラブすぎて時間が惜しい……なんてときは、そっと見守ってあげる優しさも必要ッ!

(2)趣味が一致するデートを

女同士のデートは、ふたりが楽しめる内容が基本! ファッションセンスが合う女友達なら一緒に買い物デート、同じバンドが好きならライブデート、ふたりともスイーツに目がないなら流行りのカフェへ、といった具合に「会えること+α」で楽しいことがあると、相手のテンションも上がりますよ。

(3)時間に余裕を持って誘う

たとえば「今日の夜飲もう!」と誘うと、どうしても断られてしまう可能性は高くなります。「来月あたり、そろそろ会いたいよ~♡ どこか時間ありそう?」というように、相手の時間に配慮した誘い方を心がけましょう。

 

5:ハッキリは言えない…夜の誘い方3つ

女性から彼に「エッチしよう!」なんて、なかなか誘いづらいものですよね。そんなときどのように誘えばいいのでしょうか? アイデアをピックアップ!

(1)帰りたくないアピール

直接、夜のお誘いを口にするのはためらわれるもの。でも、「もう少し一緒にいたいな」、「今日は帰りたくないな……」など、遠まわしなアピールならかわいく誘えるのではないでしょうか。

「もっと一緒にいたい」と伝える時間帯が夜なら、相手の男性が察してくれるはずです。帰りたくないアピールをするときに、ちょっとしたボディータッチも交えると伝わりやすいですよ!

遠まわしアピールが成功すれば、その先は男性が頑張ってくれるはず!

(2)セクシーな服で誘惑

お泊りが確定しているなら、セクシーな洋服でお誘いしちゃうのもあり。言葉にしなくても、セクシーな洋服や部屋着で「甘えたいな」「イチャイチャしたいな」という気持ちは十分伝わるものです。

彼の好みを押さえたセクシーな部屋着を数着準備しておくと、お誘いしたい日に便利です。たまには自分からセクシーな服で誘惑しちゃいましょう。少し甘えるのもお忘れなく。

(3)キス

いい雰囲気になったな……というところで女性からキスをしたり、甘えたり、ボディータッチをしたりと仕掛けてみるのもあり! 普段は男性が頑張ってくれるポイントを、反対に女性から仕掛けるんです。

言葉で言わなくても、きっと伝わりますよ。

 

6:まとめ

こっちから誘うよりも、誘われたほうが嬉しいという感覚もありますが、たまにはこちら側から誘うことで関係が発展することもありますよ!

あなたも断られないように作戦を練って、デートのお誘いにチャレンジしてみませんか?