婚活中のデートの疑問全部答えます!告白までの回数やデートの頻度は…

色々な駆け引きや判断力が求められる「婚活中のデート」の疑問に、市議会議員として魑魅魍魎(ちみもうりょう)な世界に生きてきた筆者が全部答えます! 告白までの回数やデートの頻度は、どのくらいが理想だと思いますか? 経験者の生声を交えつつ、詳細に見ていきましょう。

1:婚活中のデートって普通のデートと何が違う?

婚活中のデートは「普通のデートとは、一味違う!」と思っている人は多いはず。

デートにかける意気込みも違えば、狙っている展開も異なるというわけで、「婚活デート」となると、並々ならぬ気合いがみなぎる人は少なくありません。

多くの人は「失敗したくない!」と思っているのも、特徴的です。

 

2:婚活デート1回目の理想は?

まずは、1回目の婚活デートでの理想を3つお届けします。

(1)将来の話が多少は出る

最終ゴールを“結婚”に設定している人が多いため、1回目のデートから“将来”、つまり“結婚”の話題が出るのを理想とする人は少なくありません。相手から「もしも、自分たちが結婚したら~」など、結婚の話題が出ると「この相手とデートを続けてもいいかも!」と、次のデートに繋げようとする気持ちが生まれます。

(2)相手の“人となり”が、ある程度わかる

普通のデートでは、単にふたりで会って楽しい時間を過ごして……だけでも大満足。でも、婚活デートとなると、1回目のデートである程度は、相手の“人となり”を知りたいと思う気持ちも強くなります。

そのため、「自分の結婚相手としてふさわしいのか?」を、的確にジャッジできることをデートの理想とする人は少なくないというわけです。

(3)相手のスペックを把握できる

婚活デートは普通のデートではなく、結婚相手としてふさわしいのかを見極めるためのデート。なので「相手のスペックを詳細に把握できる」ことを理想とする人も多いです。

スペックを知った結果、「思ったタイプじゃなかった」とわかれば、納得して別の人に意識を向けられるというわけ!

 

3:婚活デート2回目の理想は?

続いては、「2回目の婚活デート」における理想を3つご紹介します。

(1)1回目よりも具体的に“将来”の話が出る

2回目のデートでは、1回目より具体的な“結婚”の話が出るのを、婚活デートの理想とする人は少なくありません。

「この人は、自分と結婚する気が多少なりともあるのだろうか?」は、2回目のデートが勝負。

1回目のデートで出ていた話が一般論に終始していた場合、2回目の言動によって今後のおつきあいが決まると言っても過言ではありません。

(2)少々のスキンシップがある

婚活デートは、短期決戦を理想とする人も多いです。

1回目のデートはプラトニックに終わったとしても、2回目のデートでは「手を繋ぐくらいは、済ませたい」と考えている人も少なくないはずです。

あまり性急に関係を進めるのは避けたいですが、だからと言ってプラトニックな関係をいつまでも続けたいわけではない……。そんなジレンマによって、手を繋いだり腕を組んだりといった、「ライトなスキンシップは2回目で済ませておく」のを理想とするわけです。

(3)家族の話が出る

結婚はふたりだけの話ではありません。親などの家族も関わってきます。

なので、2回目のデートを終えるまでに、多少なりとも相手の家族の話を聞いておきたいと思っている人も少なくありません。

どんなにふたりの気持ちが盛り上がっても、親御さんのせいで結婚に至らないパターンだってなきにしもあらず。そのため、早い段階で家族の話を聞いておきたいというわけですね。

 

4:婚活デート3回目の理想は?

では「3回目の婚活デート」の理想って?

(1)さらに具体的に“結婚”の話が出る

短期決戦を目標に掲げている人ほど、3回目のデートではある程度「将来の話を固めたい!」と思っています。

なので、2回目までのデートで出ていた将来の話より具体的な形で、「これから自分たちはどうするか?」「結婚するとしたら、いつ頃を考えているのか?」などが会話にでてくることを理想とする人は多いです。

(2)関係を進められる

前回のデートまでは、まだややプラトニックな関係だったとしても、3回目のデートでは「キスあるいは心を許せばエッチまで進みたい」と考える人が増えてきます。

どんなに「結婚相手として良さげ」だったとしても、肉体的な相性がサイアクだと「結婚はナイ」となるケースだってあります。そのため、3回目のデートで“そっち”の相性をチェックできるのが理想というわけですね。

(3)相手の価値観がある程度は理解できる

結婚相手となる人とは、“価値観が一致しているのか”も大事な要素ひとつ。

そのため、3回目のデートで相手の価値観をある程度把握できることを「理想」とする人も少なくありません。

お金の使い方や、好んでいる生活スタイルなど、いざ「人生を共にする」と決めた時に一緒に歩んでいける人なのかを把握したいというわけです。

 

5:婚活デート4回目の理想は?

続いては、4回目!

「4回目のデート」となると、かなり“こなれた関係”を理想としている傾向にあります。

(1)将来にまつわる“大枠”が決まる

ここまでのデートで話してきた“将来”や“結婚”について、より具体的な内容が決まるのを理想とする人も少なくない頃合いです。

「いつ結婚する」「結婚したらどこに暮らす」「子供の数は」など、結婚にまつわるアレコレの大枠が決まる状態になるのを理想とする人も増えます。

(2)親への紹介話が浮上する

結婚の時期がある程度決まった段階で「親に紹介するのはいつ頃」あるいは「とりあえず、親にも会ってみて」など、4回目のデートあたりで「お互いの親への紹介話が浮上するのが理想」とする人も増えてきます。

(3)居心地のいいデートが楽しめる

仮に週に1回ペースでデートを重ねてきたとなると、ここまでで1か月、隔週デートだったとすれば2か月を要していることになります。相手のことをある程度知った上で、「ふたりでいると居心地がいい」のを理想とする人も増えます。

婚活デートの4回目となれば、「このまま順調にいけばゴールイン!」が視野に入ってくる時期。4回目のデートでは「一緒にいて楽しい」「一緒に過ごしていてラク」などの感情が芽生えるのを理想とする人が多いです。

 

6:婚活デート付き合うまでの理想の回数は?

婚活デートをするにあたって、出会ってから付き合うまでの理想のデート回数について、婚活に成功した方々の生の声を見ていきましょう。

(1)「1回」(31歳女性/派遣)

「夫とは、出会ったその日に付き合うことを決めました。

出会ったのは婚活マッチングアプリです。

会った瞬間にお互いが“この人いいかも”って思えたので、自然な流れで付き合うことに。

婚活を早く成功させたいなら、あれこれ考えずに、出会ったその日に付き合うくらいの勢いも大事だと思います」サヤカ(仮名)

(2)「3回」(34歳女性/専門職)

「相手がどんな人だかわからないうちは、付き合わないようにしていました。

今の夫とは合コンで出会いましたが、3回目のデートで彼から告白があり、正式にお付き合いすることに。

出会いがマッチングサービスや婚活パーティだったらもっと早いほうがいいと思いますが、合コンや紹介など、間に知人が介入している出会いの場合には、万が一ダメだった時のことも考えて、3回目くらいにしたほうがトラブルになりにくいと思います」アケミ(仮名)

(3)「1.5回」(29歳女性/保険)

「夫とは、1.5回目のデートで付き合い始めました。

最初のデートのあと、しばらく会えない日が続いたので、毎日のLINE以外にテレビ電話で通話をしたんです。

そのときに私から、“結婚前提で付き合いたい”って告りました。

結婚したくて仕方なかったので、早めに彼の意思を確認できてよかったです。

付き合うまでのデート回数をどれだけ増やしても、ダメだったときには単なる時間のムダにしかならないと思います」ミカ(仮名)

 

7:婚活デート告白はいつする?

では、婚活デートの告白って、いつするのがいいの?

ここでも、成功者たちの生の声をお届けします。

(1)「お酒が入っていないとき」(30歳女性/IT)

「婚活デートのゴールは結婚ですから、お酒の勢いで告白なんてことになれば、どこまで本気なのかわからないじゃないですか。

なので、お酒が入っていないシラフ状態での告白がマストだと思います。

夫からは、出会って2回目のデートでシラフで告白されたので、安心して付き合えました」マイ(仮名)

(2)「早い段階」(34歳女性/地方公務員)

「婚活デートの告白は、早ければ早いほどいいと思います。

告白がなければ、そのままデートを重ねている先に結婚があるのか、不安になりますから。

私は今の夫に、2回目のデートで気持ちを打ち明けました。

相手に結婚の意思があるのかも含め、早めに確認するに越したことはありません」

(3)「“付き合いたい”と思ったとき」(33歳女性/金融)

「いくら婚活デートと言えど、“結婚したい” や“付き合いたい”の気持ちがないのに告白するのは、かえって相手に失礼だと思います。

なので、機が熟したときの告白がベスト。夫からは、出会ってすぐに“付き合おう”って言われました。付き合いたいという感情が芽生えたときが、ベストタイミングだと思います。

そして、そのタイミングが早ければ早いほど理想的ですよね」ユイ(仮名)

 

8:婚活デートの理想の頻度は?

では、婚活デートの理想の頻度ってどのくらい?

(1)週イチ

まずは週に1回、定期的に会えるのを婚活デートの理想とする人は少なくありません。

「短期決戦!」で挑んでいる人ほど、「短期間に会う回数を増やし、相手をジャッジしたい」というのも、婚活デートだからこそ生まれる心理です。

(2)週2

週イチ以上で会えそうな環境にある場合、週2回のデートを理想とする人も多いです。ウィークディに1回、週末に1回で、1週間に計2回のデートを重ねると、1か月もすれば8回も会えることに。ダラダラとデートをするよりも、相手の“人となり”が早期にジャッジしやすいというメリットがあります。

(3)月イチ

多忙な社会人同士だったり、生活スタイルが合いにくいふたりだったりする場合、デートのペースは下がります。

それでも、月イチは会っていないと、その後の展開も見込みにくくなります。 なので、どんなに忙しくても月イチは会えるのが、婚活デートでは理想です。

 

9:婚活デートは勝負のデート!

「結婚する!」を掲げてデートに励んでいる婚活デートでは、常に気が抜けません。

「結婚できるのか?」「結婚したいのか?」をテーマに、終始頭には「結婚相手として、どうなのか」が浮かぶことになります。

そのため、精神的には疲れがち。ですが、ここで頑張った努力が「結婚」という形で実を結ぶから、みなさん気合いを入れて臨んでいるようです。