バリキャリの婚活事情は?バリキャリの定義から年収、人気ブログまで

いわゆる「バリキャリ」の婚活事情って、どんなものだと思いますか? 今回は、バリキャリの定義から年収、人気婚活ブログまでを一挙にご紹介! バリキャリ女性たちの赤裸々な婚活実態に迫ります。

1:バリキャリって?その定義は?

「バリキャリ」という言葉も、随分と耳慣れた表現になっている昨今。定義としては、「バリバリと働くキャリアウーマン」という意味で使われています。

対になりやすい言葉としては、ゆるっと働く女性を指す「ゆるキャリ」なんて表現もあります。

 

2:バリキャリの婚活事情!5つ

ところで「あの人、バリキャリ!」というイメージだと、婚活において有利なのでしょうか? それとも不利? まわりから「バリキャリ」だと思われている女性5名に、婚活事情を聞きました。

(1)「明らかに不利だと痛感しています」(35歳女性/専門職)

「私は、同世代の男性に比べて、仕事が忙しい上に収入も上です。

婚活を意識しているけれど、誰かとお付き合いしても、私が仕事に割く時間の多さが理由で、結局ダメになるケースが多いです」

(2)「相手も忙しいと、すれ違いしかない」(37歳女性/医療)

「高収入で多忙なイメージが強い仕事をしているせいか、飲み会などで異性と知り合っても、尊敬はされど、恋愛対象として見てもらえません。

少し前に、好きになった人に気持ちを伝えたら“僕は、自分より稼いでいない子じゃないと、厳しい”ってハッキリ言われました。

バリキャリって婚活では、万人ウケしないから不利だと思います」

(3)「まぁまぁ有利だと思う」(30歳女性/金融)

「結婚後にお互いがバリバリ働くのが理想だと思っている男性と出会えれば、バリキャリは有利だと思います。

今の彼氏とは来年結婚予定ですが、彼に“なんで私を選んでくれたの?”って聞いたら、“バリバリ働く君が好き”って言ってくれました。

男性のタイプにもよるけれど、バリキャリ好きな男性も、いるところにはいます」

(4)「お金目当ての男が多いような気がします」(39歳女性/コンサル)

「私がいるコンサル業界は、世間的に“多忙で稼いでいる”というイメージが強く、私はいわゆるバリキャリだと思われています。

なんとなくですが、これまでに近づいてくる男って、みんな私の“お金狙い”だったように感じています。

なので、婚活事情としては、あまり良くないんじゃないかと考えます」

(5)「キャリア同士ならうまくいくはず」(37歳女性/公務員)

「相手もバリバリと働いているタイプのほうが、うまくいく気がします。

3年付き合った元カレとは、お互いがお互いのキャリアを尊重できたので、居心地が良かったです。

結婚の話も出ましたが、私のキャリア形成を考えたときに、タイミングが合わず断念。でも、タイミングさえ合えば結婚していたと思うから、婚活事情は悪くないのでは?」

 

3:いくらからがバリキャリ?バリキャリの年収って?

ちなみに「バリキャリ」って、年収いくらくらいの人? ここでは、一般的なイメージを3つお届けします。

(1)年収1,000万円以上

「年収1,000万円」は、とにかくいろんな話題でボーダーラインとなりやすい数字です。国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、現在、日本で年収1,000万円以上を稼ぐ労働者は、全体のわずか4.2%。

この数字を見ても、「1,000万円以上稼いでいる女性」は、かなりバリバリ働いているイメージが強く、バリキャリに認定される基準になりやすいと思います。

(2)年収800万円以上

同調査によれば、平成28年度の女性給与所得者の平均年収は280万円。他方、800万円超900万円以下の給与を稼ぐ女性は、わずか0.7%です。

こんな背景を見ても、800万円以上稼いでいれば、「わ。バリキャリ!」というイメージが強くなる傾向もあります。

(3)年収よりも仕事の忙しさで判断される

年収よりも仕事の多忙さ、あるいは仕事に割く時間の多さによって「あの人って、バリキャリ!」と言われるパターンも、かなりあります。

年収の詳細までわからなくとも、イメージによって「バリキャリ」認定されている人も多いと思います。

 

4:条件にマッチするパートナーと出会える!婚活サービス3選

Sponsored

あなたには、結婚相手に求める理想の年収がありますか? 自分の理想とする条件の相手に効率よく出会うなら婚活サービスを使うのがおススメ。

但し、高望み過ぎる年収は男性からの批判を受けるので要注意! まずは、自分に合う結婚・婚活サービスを探してみましょう。

(1)ズバット結婚サービス比較

結婚相談所の資料を最大10社送ってくれる『』は、1分で完了する登録で出てきた結婚相談所の候補から、自分の興味のある相談所の資料だけを送ってもらえます。

結婚相談所の特徴も明示してくれているから、資料請求するときから自分に合いそうな相談所を選べるのがうれしいところ。効率よく婚活を進めたいと思っている人にぴったりと言えそうです。

(2)ブライダルネット

『』は結婚したいと思える人との出会いをサポートしてくれる婚活サイト。結婚するための条件や希望も大事だけど、その前に「結婚を前提とした恋愛をしたい」をかなえてくれる婚活サービスです。

よくある女性無料のマッチングサイトと違い、男女同料金だから、真剣な出会いを求めている人だけが入会しているのがポイントです。

 

(3)婚活・結婚おうえんネット

結婚相談所といっても「たくさんあってどれを選べばいいかわからない!」という人のために、その人に合った結婚相談所の資料を送ってくれるのが『』。

本気の婚活に興味があるけど、いきなり結婚相談所の門戸をたたくのは気が引けるという人は、まずは資料を見比べてみるのがおすすめ。

年齢など自分の属性・状況に応じた結婚相談所の資料だけが届くから、自分に合う婚活サポートをしてくれる相談所が選べます。

 

5:バリキャリが婚活する人気ブログもたくさんある!?

ところでバリキャリな女性が婚活する様子を綴ったブログもたくさんあり「バリキャリ 婚活 ブログ」で検索すると、いろんなブログが出てきます。

人気があるブログとしては、長い婚活の末に結婚に成功した筆者による『年収1000万⤴三高アラサー女・経営コンサルタント☆キララの婚活日誌』や、過去にバリキャリだったものの諦めてしまった『迷走ゴリラの婚活記録~バリキャリ諦めました~』などが有名です。

 

6:バリキャリだって婚活を諦めない!

「バリキャリ」とわかると「じゃあ、結婚なんて興味ないでしょ?」と言われることも多いだけに、「バリキャリ」と「婚活」は遠い関係にあると誤解されがちな面も。

しかし実際のバリキャリ女性には「キャリアも結婚も諦めない!」と、奮起している人も少なくありません。

 

【参考】