不倫やめたい…「潮時かな」と思う瞬間は?好きだから会わないという既婚者の本音も

「不倫やめたい……」と思ったとき。それは、不倫のやめどきです。では、不倫経験者たちが「潮時かな」と思った瞬間はどんなときなのでしょうか? 別れの常套句である「好きだから会わない」という既婚者の本音も交えながら、「不倫のヤメドキ」に迫ります。

1:不倫や浮気をやめたいと思っている女は多い?

不倫や浮気をしている女性でも、理性では「早く、この関係をやめたい」と思っているパターンは多いものです。

肉欲にまみれて、会うと「この人とは、やっぱり離れられない……」となるものの、理性が勝っているときには「ヤバい。そろそろ別れないと、トンデモナイことになりそう……」などと、関係を清算する意思はあるというわけです。

実際に行動に移せるかどうかは別としても、「不倫をやめたい」「浮気をやめたい」と常に考えている人のほうが多いのです。

 

2:浮気やめたい女性が「そろそろ潮時かな」と思う瞬間7つ

ところで、自分が浮気をしている女性たちには、「そろそろ潮時かな」と別れを考え始める瞬間に、一定のパターンがあります。

ここでは、匿名を条件に「浮気をやめるべきだと思った」と悟った瞬間を、7名の女性に語っていただきます。

(1)「相手に子供ができたとき」(34歳女性)

A:W不倫中で、割り切った関係を続けています。私が以前「関係を清算しよう」と真剣に思ったのは、相手の奥さんが妊娠したときでした。

子供が生まれるのに、夫が不倫している場合じゃないだろうって思って。

ーーで、その彼とは別れたんですか?

A:いいえ。今でも続いています。

別れ話はしましたが、離れるとやっぱりお互いに会いたくなっちゃって……ダメでした。

(2)「相手が“結婚したい”と言い出した」(32歳女性)

B:独身の男性と浮気していたんですけど、つい先日別れました。

ーーあなたから、別れを告げたんですか?

B:そうです。彼は35歳だったんですが「君と結婚したいから、早く離婚してくれ」って言われて、それは無理だと思ったから別れました。

(3)「マンネリを感じると別れます」(37歳女性)

C:ウチは夫婦仲が最悪なので、私は常に浮気しているような状態です。

ーー「常に」ってことは、別れドキも何度となく経験済み?

C:そうですね。私が浮気相手と別れるときは、マンネリを感じたときです。エッチもそうですけど、デートでも「つまんないかも」って思ったら、さっさと次の男を探します。だって、浮気ですから。

(4)「夫にバレそうになったときです」(41歳女性)

D:私が浮気相手と会うのをやめるのは、夫にバレそうになったときですね。

ーーこれまでに何度もそういうことが?

D:ありました。やっぱり、ひとりの相手と関係が長くなってくると、夫もなんとなく違和感があるみたいで。

なので「今、夫は疑ってきてるな」と感じるタイミングで、浮気相手に別れを告げます。

(5)「どうでもよくなったとき」(38歳女性)

E:恋愛感情って、波があるじゃないですか。

ーーそれと浮気相手との別れも、関係あります?

E:あります。それまでどんなに気持ちが盛り上がっていても、ふとしたときにその男のことを「どうでもいい」と思う瞬間がくるんです、私。

それが、私なりの潮時。

気持ちが冷めているから、淡々と「別れよう」って言えます。

(6)「夫が優しくなったときです」(44歳女性)

F:普段は冷たい夫が私に優しくなると、罪悪感が出てきて“浮気相手と別れよう”って思いますね。

ーー失礼ながら、これまでもそんな感じで別れを?

F:はい。これまでふたりの浮気相手と別れましたが、いずれも夫への罪悪感が強くなったタイミングでした。

(7)「レスになったとき」(34歳女性)

G:付き合いが長くなってくると、浮気相手ともレスになります。

ーーレスは近年、男女間における深刻な課題ですからね。浮気相手とはどのくらいでレスになります?

G:だいたい1~2年ですかね。エッチのために付き合っているのにレスになっちゃったら、付き合っている意味がないんで。さっさと別れるようにしてます。

 

3:本音はどこに?「好きだから会わない」という既婚者の心理7つ

続いては、既婚者が不倫を清算する際の常套句「好きだから会わない」の真意に迫っていきます。

このセリフを使って浮気を精算した経験をもつ人7名に、完全匿名を条件に当時の心境を語っていただきました!

(1)「相手を傷つけないため」(43歳男性)

H:このセリフを使うのは、相手を傷つけないために決まってるじゃないすか。

ーー実際、「好きだから合わない」って言ったほうが、別れを納得してもらえることが多いですか?

H:うーん、相手にもよりますよね。でも、このセリフを言うと言わないでは、相手の女の子の受け取り方が変わってくるのは確かです。

(2)「相手を追い詰めたくないから」(39歳男性)

I:不倫だからこっちから「別れよう」って言うと、追い詰められてしまう女の子も多いんですよ。

ーー“追い詰められる”とは?

I:「別れ話が出てくるってことは、自分が悪いんじゃないか」とか「浮気相手としても選ばれない私は、ダメな女なんじゃないか」とかね。

なので、「君は悪くないよ」を伝えるために「好きだけど別れる」を口にします。

(3)「綺麗に別れたいから」(45歳男性)

J:不倫を清算するときには、とにかく綺麗に別れたいんで、このセリフは便利です。

ーー狙い通りの別れに導くセリフということ?

J:そうです。「好きだけど」って付いているから、女の子の感情が爆発しにくいんです。

言うときには、ツラそうな顔で伝えるのが、成功のポイントですね。

(4)「礼儀でしょ」(50歳男性)

K:このセリフは、礼儀だよね。

ーー別れの定型文みたいな?

K:そうそう。だって「嫌いになったから、別れよう」とは、相手が不倫相手でも言えないでしょ。

でも、別れるってことは、冷めたってことだからね。方便だね。

(5)「別れ話で揉めたくないから、つい言ってしまう」(44歳男性)

L:言われてみれば、僕もこのセリフをいつも使ってます。

ーーどんな心境で言ってます?

L:特に理由はないけれど口にしているって感じですね。多分ですが「不倫の別れ話で揉めたくない」って思うからでしょうね。

(6)「相手のことを思ってこそです」(48歳男性)

M:キザかもしれないけれど、僕がこれを言うときは、相手を思ってこそです。

ーー浮気相手の将来を案じて、とかでしょうか。

M:そうです、僕は結婚しているから、その子と一緒になれるわけでもない。

妻とは離婚する気もないから、相手の人生を僕が邪魔しているなって感じたら、そっと身を引きます。

そういうときに、自然とこの言葉が出ていますね。

(7)「本当にそうだから」(39歳男性)

N:これ、1回だけ言ったことがあります。浮気相手だったけど、大好きな相手でした。

ーー「好きだけど会わない」を伝えたとき、相手はどんな反応を?

N:感謝していましたね。「あなたからそうでも言ってくれないと、ズルズル続いてしまうだろうから」って。

あの日の別れ話は、もう何年も経っている今でも、僕には甘酸っぱい思い出になっています。

 

4:浮気相手との関係をやめたい…綺麗な別れ方5つ

ここでは「浮気相手との関係をやめたい!」ときに使える、綺麗な別れ方を5つお届けします。

(1)とにかく会わない

「別れる」と決めたなら、ズルズルと会い続けてはダメ。

なので、会う理由が「別れ話をするため」であったとしても、なるべく電話やLINEで済ませるようにして、直接は会わないという心がけも大事です。

(2)嫌われるように仕向けておく

スッパリ別れる特効薬は、相手に自分を嫌いになってもらうこと。

なので、意識的に嫌われるような行動を増やし、嫌われキャラに徹するようにする。そうすると、すんなり別れやすくなります。

(3)相手に言わせる

(2)とも関係してきますが、自分から「別れよう」と言うのではなく、相手から「別れたい」と言わせるのも、綺麗に別れる方法のひとつ。

別れ話をしやすい環境を作り出し「自分たちって、そろそろ……」と切り出したくなる環境を作り上げてしまうのです。

(4)別れの意思を伝えるときには冷酷になる

浮気相手といえども、1度は深い関係になった仲。

それだけに、別れを決めても、つい優しさを見せてしまう人もいます。しかし、冷酷になったほうが、すんなり別れられるのは間違いありません。

(5)最後まで相手への思いやりを忘れない

とは言っても、ひたすら冷酷・冷淡な言動に終始してしまうと、恨みを買うことも。

「もう続けない」という強い意志は冷酷に伝えつつも、相手への思いやりを最後まで忘れないことも、“別れ”を納得してもらって綺麗に別れるためには必要不可欠です。

 

5:「もう会うのやめよう…」と言ってくる相手の理由3つ

ところで、相手から「もう会うのやめよう……」と言われたら、その理由が気になる人も多いはず。

そこで、このセリフが使われる背景でありがちな事情を3つお届けします。

(1)妊娠

「妻が妊娠した」あるいは「自分が夫との子を身ごもった」など、不倫においては、“妊娠”が関係して「もう会うのやめよう」を口にするパターンがかなり多いです。

これまでと事情が変わるので、不倫関係を清算しようとするわけです。

(2)嫌いになった(そこまで好きじゃなくなった)

「もう嫌いになってしまった」あるいは「そこまで好きじゃなくなった」というときにも、「もう会うのをやめよう」を口にしがちです。

そもそも関係が“不倫”。リスクのある関係とも言えるだけに「好きでもないのに、わざわざリスクをとりたくない」という心理もはたらきます。

(3)家族バレ対策

家族にバレそうになったときに、浮気の事実を消すために「もう会わない」を口にするケースも多いです。

「これ以上会っていると、妻に浮気の証拠を押さえられちゃう!」など、切羽詰まった状況になっているからこその「会わない」ということも。

 

6:浮気は早くやめるに越したことはない

今さらここで言うまでもないお話ですが、浮気や不倫は本来すべきことではありません。

しかし、何らかの事情によって浮気や不倫が始まってしまったとしたら、早い段階で終わりにしたいところ。早ければ早いほど、人生への影響は最小で済みます。

「もうやめたほうがいいのかも」

そんなふうに少しでも感じるならば、その瞬間が間違いなく「ヤメドキ」です!