「with」のログイン履歴の非表示の設定を簡単解説!ログイン履歴の効果的な使い方も

みなさんはマッチングアプリ『with(ウィズ)』をご存知ですか? 『with』は安全で優良な出会いを求める女性から人気のマッチングサービス。今回は、アプリ『with』のログイン履歴の表示の設定についてや、ログイン履歴の効果的な使い方を簡単解説しますよ!

『with』を完全解説した記事はコチラ
マッチングアプリ「with(ウィズ)」は出会える?体験してみた!口コミから使い方まで徹底解説

1:マッチングアプリ『with』のログイン方法を簡単解説!

20~30代の若い女性を中心に人気を集めているマッチングサービスの『』。

実はマッチング率を上げるためには、「ログイン」を頻繁にすることが重要になってきます。

まずはアプリ『with』を自分のスマホにダウンロード!

プロフィールや各種設定を終えると、次回以降はアプリを起動することで自動的にログインされるようになります。

ちなみに『with』では、相手の最終ログインが表示されるようになっています。下の画面の年齢の左側にある●印の色にご注目。オンライン中は緑色アイコン、24時間以内は黄色アイコン、そのほかは表示なしとなっています。


2:『with』のログインのメリット・デメリット4つ

(1)ログインをするメリット2つ

』に頻繁にログインすると、多くのメリットがあります。まずはメリットをご紹介!

1.ログインボーナスがもらえる!

withにはログインするとログインボーナスがもらえるシステムがあります。

1日目と2日目に1ポイント、3日目に3ポイント入ります。

1ポイントは「1いいね!」に相当します。

また3日連続ログインで5ポイント(500円相当)が入ります。

ちなみに「(with)ポイント」の料金表はこちら!

ポイントを購入するとなかなか高め。3日連続のログインで500円相当のポイントがもらえるというのは、かなりお得です。

2.「いいね!」がもらいやすくなる

『with』は相手が「オンライン」「24時間以内」「3日以内」「1週間以内」というように、最終のログインがいつだったかが、プロフィールの詳細画面で分かります。

登録してから全くログインしていない人よりも、頻繁にログインしている“婚活・恋活にかける思いが強い人”のほうが、こちらも「いいねを押してみよう!」という気になりますよね。

筆者が実際に使って試してみたところ、オンラインにするだけで「いいね!」が頻繁に届くことが多かったです。

このように、当然のことながらアクティブユーザーのほうが、「いいね!」はもらいやすくなります。

(2)ログインをするデメリット2つ

続いて、ログインのデメリットをご紹介します。

1.ログイン時間がばれる

前述したように最終ログイン時間が表示されるため、メッセージのやりとりがめんどくさくなって無視している相手にもオンライン中なのがばれてしまいます。

そのため、無視していても、オンラインであることを確認して、何度もメッセージを送ってくる人もいます。最悪ブロックすればいいのですが、立て続けのメッセージにうんざりしてしまうことも。

2.「超恋活ガチ!」認定を受けないか心配

ログインによってマッチング率を高めることができますが、なんとなく自分が「超恋活ガチ!」だと思われてしまうのが恥ずかしい、と思う人もいるかもしれません。

一日何回もログインすることで、あなたのことが気になっている男性から「いつもこの人3時間以内にログインしてるな……ガチだな」と思われてしまう、なんていう心配。

あるいは、やり取りしている相手に、「ほかにもやり取りしている人が一杯いるのかな」と思われるのを嫌だと感じるかもしれません。

でも、その心配はご無用です! withのヘルプには下記のような記載がありました。

「最終ログイン時間」の表示は、アプローチに際して「アクティブなお相手かどうか」をお客様に見極めて頂くために設けた機能です。

そのため、2往復以上のやりとりを行ったお相手に関しては、最終ログイン時間を表示しておりません。

このように、一度マッチングしてやりとりを重ねた相手に関しては、ログイン時間が表示されることがないので、「いつもログインしている!」とばれることがないようになっています。これは嬉しい機能ですね。

3:『with』のログイン履歴を非表示にする方法

ログイン回数を増やすと、メリットの方が多いことが分かったと思います。

しかし、前述したようなデメリットもあり、「ログインしていることを相手に知られたくない!」というような場合もありますよね。

そんなとき、『』には「ログイン時間を表示させない」機能があります。但し、これはVIP会員でなければ使用できない機能になっています。

VIP会員になれるのは男性のみ。そのため。女性がログイン時間を非表示にすることができません。

女性でどうしてもログインを知られたくない……というときは「休憩モード」をオンにしましょう。

こうすることで異性にプロフィールが表示されなくなります。すでにマッチングしている相手や、自分に「いいね!」をくれた相手と自分が「いいね!」を送った相手にのみ表示されます。

ちなみに、男性がVIP会員になるためには、最低でも有料会員1,800円/月(※12ヵ月プラン)+VIP2,800円/月(※クレジットカード決済の場合)の合計4,600円/月が必要になります。

他に、VIP会員になると、「いいねが30回から50回に増える」「検索項目数が増える」「メッセージの既読がわかる」「相手に検索されると、上位表示される」などの優遇機能あります。

ただし、「2,800円払ってでもどうしてもログイン履歴を消したい!」等の理由がある人以外は、VIP会員になる必要はそこまでなさそうです。

4:『with』のログイン履歴の効果的な使い方3つ

ではマッチング率を高めるために、ログイン履歴の効果的な使い方を3つご紹介!

(1)ログイン履歴が24時間以内の異性を狙う

「ログイン履歴が24時間以内のユーザー=1日一回はアプリにログインしている」ということになるので、そんな相手から積極的に「いいね!」を送っていきましょう。

(2)オンライン中にメッセージを送る

見事マッチングが成立!したら、その後のやりとりは相手のオンライン時間を狙って一通目を送ってみましょう。

そうすることで、会話が弾みやすくなります。特に人気の相手だとたくさんのメッセージのやり取りをしている可能性があるので、オンラインを狙って一番上にメッセージが表示されるようにするのです。

(3)1週間以上ログインしていない異性に「いいね!」は送らない

そもそも「ログインをしていない=マッチング率が低い」相手です。

わざわざ「いいね」をしても、見てもらえない可能性があります。ログイン履歴をみて1週間以上ログインしていない非アクティブユーザーにアプローチするのは意味がありません。

いくら気になる相手でも、マッチング率を高めるためには、ログイン履歴を確認して、頻繁にログインしているユーザーを狙いましょう!

マッチングアプリ「with(ウィズ)」は出会える?体験してみた!口コミから使い方まで徹底解説

 

5:まとめ

いかがでしたか?

ログイン履歴を活用して一気にマッチング率を上げてみましょうね!

 

※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がDangdep!に還元されることがあります。