「with」で全然マッチングしない!オンライン表示の活用法やプロフィール等の改善点8つ

みなさんはマッチングアプリの『with(ウィズ)』をご存知ですか? 『with』は安全で優良な出会いを求める女性から人気のマッチングアプリなんです! 今回は、『with』のオンライン表示の使い方について、マッチングアプリでマッチングしないときの対処法を交えながらご紹介します!

『with』を完全解説した記事はコチラ
マッチングアプリ「with(ウィズ)」は出会える?体験してみた!口コミから使い方まで徹底解説

1:『with』と言えば……マッチングアプリ!

 

』といえば、今話題のマッチングアプリ! 特に10代~30代若い女性に人気を集めています。

特徴は「Facebookを使った婚活・恋活アプリである」ということと「メンタリストDaiGoの性格診断コンテンツが充実している」ということ。

上場企業である株式会社イグニスが運営しており、安全安心な出会いを提供しています。

また、DaiGoの性格診断イベントや、価値観の合う人と出会いやすい「好みカード」機能など、女性に嬉しいサービスが盛りだくさん!

心理学や統計学の手法を応用することで、今までにないマッチング率の高さを生み出しているそうです。

恋愛をするうえで、最も大事なのは「相手を知る前にまずは自分自身のことをしっかりと知ること」ですよね。

『with』は自分の性格や恋愛傾向をしっかりと分析してくれるので、新たな自分を知ることができるかも!?と話題なんです。

2:マッチングアプリ『with』でマッチングしないときの対処法5つ

そんなエンタメ性たっぷりで「内面重視」の出会いが期待できる『』ですが、「なかなかマッチング出来ない!」とお悩みの人もいるでしょう。

「登録したけれどマッチングまでたどり着かない……」そんなときの対処法をご紹介します!

(1)プロフ写真を変更する

『with』において最もマッチング率を高めるために重要なのは「プロフ写真」。

筆者が使ってみた感じと口コミを見てみると、『with』は他のマッチングアプリに比べて、若い男女が多い分、美男美女率も高め。

そうなると、プロフィール写真が重要になってきます。

いくら性格でマッチングされるとはいえ、プロフィール写真の印象が悪かったら、相手に「いいね!」したくなくなりますよね。

あなたの写真は暗い印象の写真ではありませんか? ペットなどの写真にしていませんか? もしくは「加工しすぎ」ていませんか?

『with』が“モテるプロフィールのサンプル”を参考に、「雰囲気美人風」もしくは「盛れている一枚」を選びましょう。「盛れている一枚」といわれると難しいですが、「モテるLINEアイコン」を参考にしてみると分かりやすいかもしれません。

ややうつむき加減の下記のようなLINEアイコンの女子ってモテますよね! 「モテそうなLINEアイコン」を意識してみるといいでしょう。

(2)ログイン回数を増やす

どのマッチングアプリも共通してログイン回数が多い方が、相手から「いいね!」がもらいやすくなります。

リアルタイムでマッチングできた方が、その後のメッセージのやりとりもスムーズになるので当たり前です。

ログインするだけで「いいね!」が増えていくはずですので、こまめにログインすることを心がけましょう。

(3)写真はパターン別に用意する

『with」では「メイン写真」のほかにも「サブ写真」を登録することができます。

できるだけあなたの趣味がわかるものと、スタイル等が分かるものを設定しましょう。

メイン画像では「とっておきの一枚」を、サブ画像では「あなたの人となりがわかるような写真」を設定するのがポイントです。

(4)「超性格分析」を使う

withに登録したら、まずは「超性格分析」をやってみましょう! まだ受けていないという人は、受けるだけでも一気にマッチング率がアップするはずです。

筆者が実際にやってみたのがコチラ。

DaiGoの性格診断心理テストの結果によって、心理学的に相性のいい相手や共通点の多い相手を検索することができるようになります。また、同時に相手からも検索されるようになるんです。

筆者は「知らない自分」を知って「そうなんだ~」と新しい発見がありましたよ。

(5)プロフィール文面を変更する

「写真はいい感じだと思うんだけど、でもマッチング率が悪い!」というときはプロフィールの文面をチェックしてみましょう!

記入漏れや誤字、日本語がおかしいところなどがありませんか? また、相手が「会いたい!」と思ってくれるような情報は充実していますか? あなたの人となりがイメージできる文章になっていますか?

withには「サクラ」は存在しませんが、「業者」は存在します。業者とは、アプリを使って外部の有料サイトに誘導し、そこでお金を取ろうとする架空の人物のこと。

業者の特徴として「日本語がおかしい」「プロフィールが空欄もしくは適当」ということが挙げられます。

あなたのプロフィールの文面に、業者と間違えられそうな点がないか、今一度チェックしましょう!

『with』では、自己紹介は簡単に「選択制」で定型文を使うことができます。

SNSやマッチングサイトで最もめんどくさい作業がプロフィール作成ですが、選択肢の中から自分に合ったものを選ぶことができるので、プロフィール作成で悩むことなく、さくっと設定できちゃいます!

マッチング率を高めるためには定型文を参考にしつつ、自分なりのアレンジを加えてみましょう。

3:マッチング率を上げる!『with』のオンライン表示の効果的な使い方は?3つ

マッチング率を上げるためには、相手の「オンライン表示」をチェックすることが大事になってきます。

』では、相手の最終ログインが表示されるようになっています。下の画面の年齢の左側にある●印の色にご注目。「オンライン中」は緑色アイコン、「24時間以内」は黄色アイコン、そのほかは表示なしとなっています。

このオンライン表示をチェックするとマッチング率が上がります。オンライン表示の効果的な使い方を見ていきましょう。

(1)「いいね!」はオンラインの人に残す

『with』では上述の「オンライン表示」に加えて、「オンライン」「24時間以内」「3日以内」「1週間以内」「1ヶ月より前」というように、最終のログインがいつだったかの詳細が、相手のプロフィール詳細画面で分かります。

筆者が実際に使って試してみたところ、自身のステータスを「オンライン」にするだけで「いいね!」が頻繁に届くことが多かったです。

当然のことながらアクティブユーザーのほうが「いいね!」はもらいやすくなります。

「オンライン」の人に「いいね!」を送る・もらう→マッチング

という流れがスムーズな流れ。オンラインの人を中心に「いいね!」してみましょう。

(2)「オンライン」時にメッセージを送る

見事マッチングが成立!

その後のやりとりは、相手のオンライン時間を狙って一通目を送ってみましょう。

そうすることで、会話が弾みやすくなります。

特に人気の相手だと、たくさんのメッセージのやり取りをしている可能性があるので、オンラインを狙って一番上にメッセージが表示されるようにすることは返信率を上げるためにも重要になってきます。

(3)最終ログインから1か月以上経過している人に「いいね!」しない

「そもそもログインをしていない=マッチング率が低い相手」です。

わざわざ「いいね!」をしても見てもらえない可能性があります。

相手のログイン履歴をみて1か月以上ログインしていない非アクティブユーザーにアプローチするのは意味があまりありません。

いくら気になる相手でも、マッチング率を高めるためには、ログイン履歴を確認して、頻繁にログインしている、もしくはリアルタイムで「オンライン」のユーザーを狙いましょう!

マッチングアプリ「with(ウィズ)」は出会える?体験してみた!口コミから使い方まで徹底解説

 

4:少しの工夫でマッチング率UP!

いかがでしたか?

今回は『』のオンライン表示の使い方から、マッチングアプリでマッチングしないときの対処法をご紹介しました。

上記のような少しの工夫で、一気にマッチング率がアップします。

ぜひ、『with』で安心安全な出会いを楽しんでくださいね♡

 

※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がDangdep!に還元されることがあります。