日本人は誤解してる?実は「ナンパ大国」ロシアの恋愛事情【前編】

ロシアといえば、地理的にはアメリカやイギリスなんかよりよほど近いのに、なんだか随分遠くに感じてしまいますよね。 あなたはロシア人男性といえば誰を思い浮かべますか? プーチン首相やメドヴェージェフ大統領といった政治家? 格…

ロシアといえば、地理的にはアメリカやイギリスなんかよりよほど近いのに、なんだか随分遠くに感じてしまいますよね。

あなたはロシア人男性といえば誰を思い浮かべますか?

プーチン首相やメドヴェージェフ大統領といった政治家? 格闘家のヒョードルやフィギュアスケートのプルシェンコのようなスポーツ選手?

人によってはドストエフスキーやトルストイによる文学作品の登場人物を思い浮かべるかもしれません。

いずれにせよ、なんとなくミステリアスなイメージがありますよね。彼の地の男性の生態や恋愛事情はどうなっているのか、ロシア国営ラジオ局『ロシアの声』でアナウンサーとして活躍されている田中千晶さんにお話をうかがってみました。

【前編】では、まずはロシア人男性の意外な生態に迫ります。

 

■ロシア人男性ってクールなの?

筆者の勝手な思い込みかもしれませんが、ロシアの男性といえば“寒い気候にじっと耐えている=クール”というイメージがあります。

そこで、安直ながら「ロシア人男性はクールですか?」という質問を田中さんにぶつけてみたところ、意外な反応が返ってきました。

「全くそんなことはありません! もしもそうだったら、ロシア人の彼氏が欲しいです!

ノリが良い大阪人の男性を思い浮かべてくれるとイメージにぴったりです。常に下らない冗談ばかり言っている人々です。友達としては最高ですが、恋人にはあまりしたくないです」

ロシア人男性が大阪人のノリですと?

ロシア人男性といえば、常に苦虫をかみつぶしたような顔をしているか、よほど愉快なことがあっても、「フッ」と口元にニヒルな笑みを浮かべるだけという勝手な思い込みがあったのですが、大変失礼いたしました。

ちなみに、田中さんによれば、“ロシア人男性=ポーカーフェイス”というイメージがあるのは、ソビエト時代には仕事中にニコニコしてはいけないという教育が一般的になされていたためだそうです。

ところが、素の部分でのロシア人は非常に感情が豊か。キレやすい一方で涙もろいところもあるのだとか。

たとえばプーチン首相のようなクールな男性でも、私生活ではオヤジギャグを飛ばしているんじゃないかと想像してみると、なんだかすごく親近感がわいてきますよね。

 

■ロシア人男性は酒豪なの?

ロシアといえばウォッカです。またまた安直な疑問ですが、やはりロシア人男性はよくお酒を飲むのでしょうか?

「はい。すごくよく飲みます。基本酔っぱらいの国です」

おぉ! しめしめ、これはイメージ通り。“酔っぱらいの国”だなんて、のんべえの理想郷じゃないですか。

「でも、自宅では奥さんが怖くて飲ませてもらえないので、外で飲んでいます」

またまたロシア人男性の意外な一面が明らかに。なんと彼らは自宅で酒も飲めないほどの恐妻家なのですね! まぁ、言われてみれば、ロシア人の女性って怒らせると怖いかも……。

なお、外飲み派が多いという事情もあって、ロシアの街では酔っ払い同士の喧嘩が絶えないのだとか。本当に感情豊かで愉快な人たちですね。

一方、「私、お酒を飲む人はちょっと苦手……」という女性でも大丈夫。

田中さんの見た感じでは、最近はお酒をあまり飲まない若い男性が増えているそうです。若い男性のお酒離れというのは、日露共通の傾向でなかなか興味深いですね。

 

まずは、ロシア人男性の意外な生態をお届けしましたがいかがでしたか? 次回は気になる彼らの恋愛事情に迫ってみます!

 【参考】

※ 田中千晶・・・ロシア国営ラジオ局にてアナウンサーとして活躍中。月曜日の「科学と技術の時間」を担当。