婚活アプリ無料で使えるのは?マッチングアプリの攻略法

最近、マッチングアプリを使った出会いも当たり前になってきましたね。「使ってみたいけれど、たくさん種類があって迷うし、自分にあったアプリがわからない……」という人は必見! 今回は、無料で使える婚活アプリとその攻略法を紹介します。

1:マッチングアプリとは?婚活アプリ・恋活アプリの違いは?

みなさんは「マッチングアプリ」を使ったことがありますか?

マッチングアプリを使ったことがない人からすれば、「Facebookなどの広告で見たことがあるけれど、イマイチどんなものかわからない……」「出会い系サイトとは違うの?」「安全なの?」「出会えるの?」とさまざまな疑問が浮かびますよね。

マッチングアプリとは、インターネット上で異性や友達と出会えるアプリです。

男女の出会いが主流ですが、最近ではビジネスパートナーを探したり、同性の友達を探したりするようなマッチングアプリもあります。

そう聞くと「結局のところ、言い換えているだけで、本当は出会い系じゃないの? 怪しくない?」と思ってしまいますよね。

確かに、出会い系サイトとマッチングアプリのシステムはほぼ一緒です。

ただし! 従来の出会い系サイトとマッチングアプリの決定的な違いがあります。

それは「安全性」の高さ。

近年のマッチングアプリの多くは大手企業の運営のもと、「真面目な出会い」を提供しているのが特徴です。そのために、身分証明書による年齢認証が必要だったり、Facebookアカウントが必要だったりと、ユーザーが安心して利用できる仕組みができています。

一方、従来の出会い系サイトは、運営元はわからず年齢確認もワンクリックで、どうしても「怪しい出会い」というイメージがありますよね。

明確な分類基準はないものの、従来の出会い系とは異なり、信頼のおける大手企業管理の下、「真面目な出会い」を提供するのがマッチングアプリだといえます。

マッチングアプリは大きく分けて「婚活アプリ」と「恋活アプリ」があります。その違いを見ていきましょう。

(1)婚活アプリとは?

婚活アプリとはその名の通り、「結婚を前提とした男女のためのマッチングアプリ」です。

真剣な出会いを求めている人が多く、女性も有料であるアプリが多いです。

プロフィール欄に、結婚観や離婚歴などを細かく記入するようになっているものが多く、真剣に結婚相手を探している人向けです。

年齢層もアラサーからアラフィフまで幅広い男女が登録しています。

(2)恋活アプリとは?

恋活アプリとは、大学生から30代後半くらいまでの登録者が多い、「恋人探しをしている男女のためのマッチングアプリ」です。

「いい人に出会えたらいいな」といったカジュアルな気持ちで登録している人が多く、「真剣に結婚相手を探している」という人には向かない、といった雰囲気も。

(3)マッチングアプリとは?

前述したように、マッチングアプリとは「恋活アプリ」「婚活アプリ」を含めた主に男女の出会いを提供してくれるアプリです。

「合コンより効率よく出会いたい」「結婚条件に合う人に出会いたい!」という人におすすめです。また、婚活パーティーよりもコスパがよく、出会いの数も多いのが特徴です。

「●歳までに結婚したい!」という明確な目標があるものの、出会いが少ないという男女は、マッチングアプリの中でも婚活アプリに分類されるものに登録することで、素敵な出会いが見つかるかも!?

 

2:女性が無料で使える婚活アプリ4つ

ではまず、女性が無料で使える婚活アプリを具体的にご紹介します!

(1)『Omiai』

「ハイスぺすぎなくてもいいから、まともな男性に出会いたい!」という人におすすめなのが『』。結婚を前提としたマッチングサービスです。

結婚前提のマッチングアプリは女性も有料のものが多いですが、『Omiai』は女性無料!

年齢層も比較的若く、「恋活から婚活へそろそろシフトしようかな」というような女性におすすめです。


 

(2)『Pairs(ペアーズ)』

数あるマッチングアプリの中でもダントツで会員数が多く、婚活から恋活まで対応、幅広い年齢層のユーザーが登録している『』も女性は無料。

Facebookと連動し、「出会い系」ではなく「マッチング」という安全で安心なイメージを世間に示しました。

「とりあえずどんな人が登録しているか見てみたい……」という、マッチングアプリ初心者の女性にもおすすめ!

 

(3)『with』

筆者が使ってみた中で、20代に最もおすすめしたいのが、この『』。

『with』は、メンタリストDaiGo監修の性格診断テストや、プロフィール設定時に選ぶ自分の趣味や価値観を相手に伝える「好み」カードなど「内面」を重視したマッチングが期待できます。

「性格重視」のマッチングなら『with』がおすすめです。

婚活真剣度はそこまで高くないアプリではあるものの、ほかの婚活真剣度の高いマッチングアプリと併用することで、真剣婚活にも『with』の性格診断の結果を応用しながら婚活を行えます。

 

 

(4)Yahoo!パートナー

以前は男女ともに有料の婚活サイトでしたが、リニューアル後、女性は完全無料に!

女性が無料になったことで、会員数も増え、そのうえいゆきYahoo!という抜群の知名度の高さで、30代以上の男女が多いのが特徴です。

また、再婚したいと考える40代・50代にもおすすめです。

 

3:Facebookなしで使える婚活アプリ3つ

マッチングアプリは「10人以上友達のいるFacebook連携」で登録するものが多いですが、

Facebookの代わりに電話番号で登録するなど、連携しなくても登録できる婚活アプリもあります。Facebook連動なしでも使える婚活アプリを見ていきましょう。

(1)『Pairs(ペアーズ)』

実は2017年より、『』もFacebook登録不要で電話番号登録できるようになりました。

電話番号で登録する場合は、パソコンからでなく、スマホから公式ページにアクセスする必要があるので注意しましょう。

 

(2)『youbride(ユーブライド)』


『』はFacebookから登録する方法と、「メールアドレス」で登録する方法があります。

 

(3)『Match.com(マッチ・ドットコム)』

マッチドットコムに登録するためには、メールアドレスが必要になります。

「え、メールアドレスだけだと不安……」という人もいるかもしれませんが、『マッチ・ドットコム』では、身分証明書による本人確認はもちろん、任意で、収入証明、勤務先証明、卒業証明なども提出できる仕組みがあるので、相手の情報には信頼がもてます。

 

4:マッチングアプリのメッセージを長く続けるコツ3つ

続いて、マッチング後のメッセージを長く続けるコツをご紹介!

(1)マッチングしたらすぐにメッセージを

人気の集まる人であれば、マッチングしてもその後のメッセージのやりとりが発生しない、ということがあります。そのためマッチング後、気になる相手にはすぐにメッセージを送るようにしましょう。

(2)疑問符で終わるように心がける

やりとりを続けるためには、相手が返信しやすい内容を送ることがマスト。

「よろしくお願いします!」と自己完結するようなメッセージではなく、相手のプロフィールを見て、趣味や居住地から共通点を探し、相手に質問を投げかけて返答を促すような文章を心がけましょう。

(3)LINEはすぐに聞かない

筆者がさまざまなマッチングアプリを試しているとどのアプリにも、すぐにLINEを聞いてくる人がいました。そうなると当たり前ですが、男女ともに普通は警戒心を持ちますよね。

「マッチング→メッセージ→LINE交換→デート」が大まかな出会いまでの流れですが、LINEを聞くタイミングは最も重要です。

マッチング後のやりとりの序盤に聞いてしまうと、相手が警戒してやりとりが途切れてしまうこともあるので重々ご注意を!

 

5:マッチングアプリの写真のポイント3つ

続いてマッチング率を高める写真のポイントを押さえましょう。

(1)メイン画像は「うつむき加減の雰囲気美人風」

さまざまな画像を使ってマッチングアプリを試した筆者のプロフィール写真の中で、最も反応がよかったのは、意外にも「うつむき加減の雰囲気美人風」の1枚。

顔はよく見えないけれど、女性らしさが伝わるファッションで男性の想像を掻き立てるような画像なら、マッチング率アップ!

(2)セクシー系や自撮りは婚活NG

ちなみに婚活度が低いアプリほど、男女共に「自撮り」「水着のセクシー系」に設定している人も多めですが……そういった人を、恋人にしたいと思いますか? ましてや結婚したいと思いますか? おそらく「ヤリモク遭遇率」が上がってしまうでしょう。

(3)加工アプリはほどほどに

『SNOW』などの加工アプリなどで、目を大きくしたり、肌を補正しすぎたりは避けるべき。アプリで婚活をしてて、写真を見る目が肥えている男性には「盛ってるな……」というのが一目瞭然。

加工しちゃダメとはいいませんが、あくまで自然体で笑顔の写真を他撮りしてもらいましょう。

 

6:マッチングアプリのプロフィールの注意点3つ

続いてマッチングアプリでのプロフィールの注意点をご紹介。

(1)プロフィールの空白は極力少なく

マッチング率を高めるためには空白は少なく! プロフィールを充実させることでマッチング率が高まるうえ、アプリから「ポイント」がもらえるなどの特典もあります。

空白が多いと「業者」だと思われたり、出会いに対する真剣度が感じられなかったりするため、マッチング率が下がってしまいます。

(2)目的を明確に

『Pairs』のように恋活~婚活まで幅広い目的を持ったユーザーが登録しているマッチングアプリでは「登録した目的」を明記することが大事です。

「結婚前提の相手を探しています」「まずはメッセージから」など、自分がどんな相手を求めているかを書くことも忘れずに。

(3)定型文そのままはNG

『』などでは、おすすめの自己紹介文を自動的に作ってくれますが、まったくそのままはNG。(1)と同様に真剣度が低いと感じられてしまうので、プラスアルファで絵文字などを加えて個性が出るようにしましょう。

 

7:マッチングアプリで出会ってデートするときの心構え3つ

続いてマッチングアプリで出会った相手と初めてデートするときの注意点についてご紹介します。

(1)待ち合わせやデートは人の多い場所で

初めて会う相手との待ち合わせやデートは人の多い場所で。「王道の集合スポット」→「王道のデートスポット」で初回デートをするのがおすすめです。

初回から、マイナーな駅前に集合だったり、「俺の友達とテニスしようよ!」と誘ってきたりする場合は、「ヤリモク」や「ネットワークビジネス」である可能性があります。

(2)夜の遅い時間帯は避ける

当たり前ですが、厳重に管理されているマッチングアプリにも「ヤリモク」は存在します。

そのため、相手が夜遅い時間帯に会うことを提案してきたら、その時点でその人と会うのはやめましょう。「仕事が遅くって」ともっともらしい理由をつけて誘ってきたとしても、21時以降の集合は危険信号。ほぼ100%の確率で「ヤリモク」です。

(3)個人情報を明かさない

マッチングアプリで出会った相手に対して、個人情報をすぐに明かさないことも、とても大事です。

「職場の出会い」「友達の紹介」と違って、共通の知り合いがいないのが、マッチングアプリでの出会いの最大のデメリットです。

相手の情報がわかるのがマッチングアプリのプロフィール情報だけなので、相手がどんな人であるか、わかりません。個人情報の管理は徹底して行いましょう。

 

8:マッチングアプリで結婚はできる?口コミ・体験談3つ

続いてマッチングアプリで結婚はできる? 口コミと筆者の体験談をご紹介。

(1)婚活女子は「恋活アプリ」には登録するな!

「とりあえずいろいろなアプリに登録してみよう……」と、「恋活」を謳っているサービスに婚活女子が登録するのは時間の無駄!

これは筆者が実際にさまざまなマッチングアプリを使用してみて、最も強く感じたことです。

婚活目的なら、多少お金をかけてでも、婚活真剣度の高いアプリに登録しましょう。

恋活アプリで「結婚相手」ははっきり言って見つかりません! それに恋活アプリであればあるほど、ルックス重視のマッチングになるので、将来の伴侶を探すには危険すぎます。

(2)「結婚前提の彼氏が欲しい」とプロフに書けば真面目な出会いが舞い込む!

マッチングアプリといえば、やはりいまだに「ヤリモク」の温床であるというイメージがありますが……。

「結婚前提の彼氏を求めています」というプロフィールにしておけば、「ヤリモク」回避につながるといった口コミがありました。これは真似したいテクニックですね。

「婚活真剣度の高いアプリに登録」→「プロフィール欄で具体的にいつまでに結婚したいかを明記」という段階を踏めば、自分に合った人との出会いがありそうです。

(3)婚活アプリで「結婚前提」の彼女と出会えた!

婚活アプリに登録する男性と女性なら、女性のほうが本気度が高い会員が多いでしょう。

なぜなら男性は「真剣に婚活がしたい」という層に交じって、少なからず「ヤリモク」も存在するからです。

そのため、男性からすると、女性からのアプローチで「マッチング→デート」という段階を踏めば、真剣交際に発展する可能性が高いですよね。

 

9:まとめ

いかがでしたか?

マッチングアプリを選ぶうえで最も重要なのは「自分のニーズにあったサービスを選ぶこと」です。

女性は登録無料のアプリが多いので、一旦いくつかのアプリに登録し、併用して使ってみて、自分に合ったアプリで恋活・婚活を始めることをおすすめします。

ぜひ上記を参考に自分に合ったマッチングアプリを見つけてくださいね。
 
※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がDangdep!に還元されることがあります。