結婚相談所「ツヴァイ」で成婚できる?口コミまとめと料金を徹底比較

「そろそろ本気で婚活しないと!」と思ったら、すぐに思いつくのは婚活アプリや結婚相談所ではないでしょうか? 特に『ZWEI(ツヴァイ)』は街のいたるところで広告をみるので、「結婚相談所といえば“ツヴァイ”!」と思っている人も多いかもしれません。今回はそんな『ツヴァイ』について、サービス内容からユーザの評判まで徹底的に解説しちゃいます!

1:『ZWEI(ツヴァイ)』とは?

株式会社ツヴァイはイオングループの結婚相談所で、全国に53店舗のネットワークを持っています。メディアにも多くの広告が出ているので、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

株式会社ツヴァイの創立は昭和59年(1984年)11月で、東証二部の上場企業であり、30年以上の歴史を持っているので安心・安全なサービスだと感じられるでしょう。

また会員数も29,000人以上と結婚相談所の中でもトップクラスです。

結婚相談所は、間に人が入ってお互いの仲を取り持ってくれる「仲介型」と、会員同士のデータからマッチした人を自動的に紹介してくれる「データマッチング型」の2つに分かれます。

』はマリッジコンサルタントが相談には乗ってくれますが、基本的には「データマッチング型」の結婚相談所になります。

ですから、自分から積極的に動いていける人にはおすすめのサービスといえます。詳しく『ツヴァイ』の会員情報やサービス内容についてみていきましょう。


 

2:ログイン方法・マイページの機能を紹介!

』で入会手続きを済ませると、マイページへログインできるようになります。ツヴァイの公式サイトにアクセスし、右上の赤丸で囲ってある「会員専用ページ」というところをクリックしてください。少しボタンが小さくて分かりづらいかもしれません。

すると、マイページにログインする方法が出てきます。ここでメールアドレスとパスワードを入力すると自分専用のページに入ることができます。

もしマイページにログインできない場合には、登録したメールアドレスが間違っているか、パスワードが間違っている可能性があります。メールアドレスを確認したり、パスワードの再発行を試みましょう。


 

3:『ツヴァイ』の良い口コミ・悪い口コミ

では、まずは『』の口コミでの評価を紹介しましょう。2ch(※現在は「5ch」)やブログその他でのネット上の評判、筆者周辺のサービス利用者に聞いた“ユーザの声”を拾ってみました。(※ネット上のものは、一部内容の要約や複数コメントのまとめをしています)

(1)良い口コミ・評判

まずは『ツヴァイ』の良い口コミ・評価からみていきましょう。

「あれこれ口を出されるのは苦手なので、自分のペースで婚活できたのは良かったです」(女性)

結婚相談所にはそれぞれ特色があります。結婚相談所を使ってパートナーと巡り会えたと言っている人の共通点として、「結婚相談所のサービスと自分の求めるものがマッチしていた」ということがあります。

『ツヴァイ』の場合は、データマッチング型の結婚相談所なので、「自分のペースで婚活をしたい」「他人からあまり口出しされたくない」という人には合っているようです。

「紹介方法が複数あり、自分から動けばお金はかかりますが、パーティーなどにも参加できるので短期間に多くの人と出会うことができました。まだ運命の人とは出会えていませんが、気長に頑張ろうと思います」(男性)

『ツヴァイ』には様々な出会いの手段が用意されています。

月に2回、お互いに希望する相手の条件がマッチする人に紹介書が送られてくるのに加えて、価値観の合う人を自分で探して申し込んだり、各店舗に設置してある「PRボード」に手書きのメッセージを残して相手にアピールしたり。また、『ツヴァイ』が開催している婚活パーティーに参加したりすることができます。

「退会するときに引き留められるかもってドキドキしながら行ったんですけど、アッサリ退会できました。こういうところって一度入るとなかなか退会させてもらえないってイメージがあったので、安心しました」(女性)

結婚相談所って入るときには強引に勧誘されそうだし、入ったらなかなか退会させてもらえなさそう……というイメージがありませんか? 「“ツヴァイ”はそういった強引な勧誘や退会時の引き留めなどが少ない」という口コミも多く見られました。

「婚活セミナーが役立ちました。自分は今までほとんど恋愛経験とかがないので、こういうセミナーで女性たちとの話し方や振る舞い方などを具体的に習えるのは、為になりました」(男性)

『ツヴァイ』は婚活パーティーと同じように、様々な婚活セミナーも開催しています。たとえば入会すれば無料で参加できる「出会い準備講座」などがあります。ここでしっかり婚活の心構えや男女の違いなどを学んでおいて良かった、という声も多かったです。

「休会システムがあるので、真剣に付き合いたい人と出会ってすぐ休会して、その後、半年で結婚することになって退会しました」(女性)

『ツヴァイ』には活動を休止できる制度があります。真剣に交際したい相手が見つかった場合や、仕事が忙しくて婚活している暇がない時期などには、この休会制度を使って一旦紹介をストップしてもらうと良いでしょう。

また口コミでは、婚活にちょっと疲れた場合などに、この休会制度を使って、パーティーだけの婚活に切り替えたという人もいました。

(2)悪い口コミ・評判

では続いて『ツヴァイ』の悪い口コミや評価について紹介します。

「コンタクトを希望しても全然マッチングしなかったので、最初はなかなか会えなくて焦りました。写真を変えたりプロフィールを変えたりしたら会えるようになりましたけど、会えないのに月会費がかかるのがちょっと精神的に辛かったです」(男性)

『ツヴァイ』の口コミを見ていて一番目に留まったのが、「会いたいと希望したのに全然マッチングできなかった」という声でした。

これはどこの結婚相談所でも同じですが、自分が会いたいと希望しても、相手がOKしてくれないと相手に会うことはできません。

マッチングしない理由がわからない場合には、マリッジコンサルタントに相談をして、希望する相手の選択肢を広げてみたり、写真を変えてみるなど何かアクションを起こしてみるのが良さそうです。

また紹介書ではマッチングしなかったけれど、パーティーで素敵な人を見つけて、後からその人を紹介してもらい結婚相手を見つけたという人もいましたので、幅広い活動をしてみるのが重要そうです。

「入会前はアドバイザー(マリッジコンサルタント)の人がすごく親身になってくれるって印象だったんですけど、入会後は“自分でやってください”って感じが強くて放置でしたね。それでも自分から動いて出会っている人はいるので、私が期待しすぎたのかもしれませんけど」(女性)

『ツヴァイ』では入会してから手取り足取り、相手との仲を取り持ってくれるという感じではなく、「入会後は紹介をするので、あとは積極的に頑張ってください」というスタンスです。

ですので、自分から行動を起こさないとなかなか結果に結びつかないこともあるようです。ただし、このスタイルが合っているという人もいます。

入会後も結婚相談所側から紹介やファーストデートのセッティングなどをしてもらいたいというのなら、「仲介型」の結婚相談所のほうが合っているかもしれません。

「田舎だと人数がやはり少ないので、紹介の人数が半年経ったら半分以下に減ってしまいました。東京とか大阪ならもっと人がいるから大丈夫なのかもしれないですが」(男性)

『ツヴァイ』の支店は全国に53店舗ありますが、やはり東京や大阪などの大都市に比べると、地方の会員数は少ないようです。口コミなどを見ていると、同じ県ではなく近隣の県の人を紹介されることもあるようです。

「30代の半ばで入会したんですが、紹介される男性がみんな5歳から10歳年上ばかりで……。できれば同じ年くらいの人が良いんですけど、ツヴァイは平均年齢が男女とも高めなので仕方ないのかも」(女性)

『ツヴァイ』の特徴として、男女ともに年齢層が若干高めです。ですので、とにかく若い人と結婚したい! という希望の場合はあまり自分のニーズと合っていない可能性があります。入会前にしっかりと合った人がいるのかを確認してみると良いでしょう。


 

4:『ツヴァイ』の会員はどんな人?

では『』の会員にはどんな人がいるのでしょうか? 他の結婚相談所と比較しながら会員情報を見ていきましょう。

まずは会員数です。会員数は29,236名と、『楽天オーネット』や『IBJメンバーズ』と比べると少ないですが、大事なのはしっかり出会えて結婚できるのかどうかということですよね。

会員数だけで決めるのではなく、自分が求めている相手への条件などから自分に合っている結婚相談所を選ぶことが大切です。

続いてメインの年齢層を見てみます。『ツヴァイ』の男性会員は30代が29.4%、40代が41.5%、50代が20.3%と他の結婚相談所よりは年齢層が高めなのが特徴です。女性会員は20代が12.6%、30代が46.5%、40代が30.7%なので、こちらも他の結婚相談所よりは若干年齢層が高め。

ただし、30代で婚活を始めて年上の男性を狙うという女性の場合には、『ツヴァイ』はニーズと合っているといえるでしょう。アラフォー婚活にもおすすめできます!

学歴に関しては、『IBJメンバーズ』と比べると大卒以上の割合は減りますが、それでも男性の67.4%、女性の57.0%が大卒以上なので、悪くはないと言えるでしょう。

そして婚活の時には目をそらしてはいられない年収に関してですが、男性のボリュームゾーンが500万~699万円で40.4%、女性が300万~499万円で47.5%と、その他の結婚相談所と比べて比較的高めです。

より年収は高めの人が多いのが特徴的です。これは年齢層が少し高めなことも影響しているでしょう。

『ツヴァイ』の会員の職業については男女ともに会社員が一番多く、男性76.5%、女性60.2%でした。その次に男性で多いのが公務員で10.8%、女性は医療関係が18.1%です。

婚活をして結婚相手を見つけるのなら、相手には安定した職業を求める人が多いと思います。会員男性に会社員や公務員が多いというのは、安心して婚活を進められる条件にもなりそうです。


 

5:『ツヴァイ』のサービス概要

実際に『』に入会するとどんなサービスを受けることができるのでしょうか? サービスの概要をお伝えします。

(1)『ツヴァイ』の提供する「出会い」のパターン

結婚相談所に入会するのは、もちろん運命の相手と出会いたいからですよね。『ツヴァイ』はその出会いのパターンが多いのが特徴です。

『ツヴァイ』の口コミを見ていて、実際に出会った人が多いと思われるのが「条件マッチング」。「条件マッチング」とは、自分と相手の希望条件や相談所に入ってすぐに行われる相性適合性診断から、双方の条件にマッチした相手のプロフィール(紹介書)が『ツヴァイ』から届くというもの。

自分のところに紹介書が来た場合は、相手にも同時にあなたの紹介書が届いているというシステムなのが特徴です。

ここで「相手に会ってみたいな」と思ったら、コンタクトを申し込み、双方がOKすればお互いのフルネームと連絡先が開示され、最初のデートへと繋がります。

これ以外にも、自分のライフスタイルや価値観などを詳しく診断できる32の設問からなる「愛・コンパス」を使って、価値観が合う相手を見つける「価値観マッチング」という方法や、顔写真から好みの相手を探すことができる「インプレッションマッチング」という方法もあります。

またパーティーやセミナーなどで出会った会員に改めて会いたい場合は、マリッジコンサルタントに引き合わせをお願いすることもできます。

その他、自分の入った店舗に手書きのメッセージを書いて張り出せる「PRボード」といった他の結婚相談所にはないサービスがあるのも魅力です。

(2)『ツヴァイ』のコースは?(パーソナルサポートプラン/パーソナルサポートプランアクティブ)

『ツヴァイ』には、大きく2つのコースがあります。

『ツヴァイ』で最もベーシックなプランで、マリッジコンサルタントが初回のお見合いセッティングをしてくれるのが「パーソナルサポートプラン」。

※ツヴァイ公式HPより抜粋

「パーソナルサポートプラン」の料金は、入会初期費用が145,000円(税抜)と、月会費9,500~13,800円(税抜)で成婚料はかかりません。

もう一つ、マッチングした後のデートのセッティングなどは自分で行う必要のあるのが「パーソナルサポートプラン アクティブ」です。

ちなみに、このコースを選んだ場合は、セミナーなどで「いいな」と思う人を見つけてお見合いをセッティングしてもらいたいというときに、マリッジコンサルタントにお願いすることができなくなります。

※ツヴァイ公式HPより抜粋

「パーソナルサポートプラン アクティブ」だと、初期費用が40,000円安く、105,000円(税抜)と月会費9,500~13,800円(税抜)で成婚料はかかりません。

これ以外にも、地方の店舗やサテライト店舗のみで入れるのが、「エリア限定パーソナルサポートプラン」です。

「エリア限定パーソナルサポートプラン」は、初期費用80,000円(税抜)と月会費9,900円(税抜)で成婚料はかかりません。

「パーソナルサポートプラン」と「パーソナルサポートプラン アクティブ」の月会費に幅があるのは、年間紹介人数によって費用が変わってくるからです。たとえば一番安い9,500円(税抜)だと、年間12名以上の紹介となり、13,800円(税抜)だと年間72名以上の紹介となります。

口コミなどを見ていると、72名コースを選んでいる人が圧倒的に多い印象です。72名と聞くと多いような感覚があるかもしれませんが、月ごとにしてみると6名。毎月2回の紹介なので、1回で出会えるのは3名です。

「結婚相談所を通した婚活は、短期間で決めてしまったほうが勝ち!」といっている人も多く、最初から多くの人と出会って少しでも可能性を増やすほうが、月会費を抑えるよりも結果的には費用がかからないのでしょう。

(3)店舗数一覧

『ツヴァイ』は全国に支店があることも魅力の一つですが、実際にはどこに店舗があるのでしょうか?

北海道・東北地方には、サテライト旭川、札幌、盛岡、サテライト青森、サテライト秋田、仙台、山形、郡山の8店舗。

関東地方には、日比谷本店、八重洲、赤坂見附、池袋、新宿、立川、町田、横浜、藤沢、千葉、船橋、柏、さいたま、レイクタウン、水戸、高崎、宇都宮の17店舗。

中部地方には静岡、浜松、岡崎、名古屋、岐阜、四日市の6店舗。

北陸・甲信越地方には、長野、松本、甲府、新潟、富山、金沢、サテライト長岡の7店舗。

近畿地方には、大阪、難波、京都、草津、奈良、和歌山、神戸、姫路の8店舗。

中国・四国地方には、岡山、サテライト米子、広島、サテライト周南、高松、松山の6店舗。

九州・沖縄地方には福岡、北九州、長崎、大分、熊本、サテライト宮崎、鹿児島、那覇の8店舗があります。

全国でサテライトも含めると60店舗。これは大手結婚相談所の中で一番多い数です。支社数が多いことで有名な『楽天オーネット』でもサテライトを含めた店舗数は57店舗。

地方の支店では「会員数が少ない」という問題は発生してしまいますが、それでも近くに支店があれば十分婚活はできます。

(4)成婚退会者者数

『ツヴァイ』の成婚数はどのくらいなのでしょうか? 『ツヴァイ』で2017年度に交際・婚約・結婚(会員同士・会員外を含む)を理由に退会届を提出した人数は5,259人で、365日で割ると一日平均14人が成婚退会していることになります。

『ツヴァイの』公式サイトによると、活動開始から成婚退会までの期間で一番多いのが4か月とのこと。

一日に14人と聞くと、「自分も入会すれば早い段階で相性のいい人と出会えて成婚できるのでは?」と希望が湧いてきませんか?

先ほどもお伝えした通り、婚活は短期決戦で挑まないと精神的にも肉体的にも辛くなってしまいます。気になったらすぐに入会して早めに退会できるように積極的に出会いの機会を増やすことが重要ですよね。


 

6:『ツヴァイ』の特徴・強み4つ

』のサービスを紹介したところで、続いては『ツヴァイ』が他の結婚相談所と違う点や強みを紹介したいと思います。

(1)出会い方が豊富

先述の通り、『ツヴァイ』ではマリッジコンサルタントによる紹介以外にも、設問に答えることで価値観診断をして、価値観が似ている人を探すことができる「価値観マッチング」や、顔写真から好みのタイプを探すことができる「インプレッションマッチング」があるとお伝えしました。

その他にも、『ツヴァイ』では、大小さまざまなパーティーイベントを年間1,700回以上開催しています。普通の婚活パーティーとはちょっと違ったボーリングパーティーやクルージングパーティー、クッキンググルメ&パーティーなど、参加するだけで楽しそうなパーティーがたくさんあります。

もちろん会員になると会員ページから24時間いつでも気になる相手を探したりコンタクトの申し込みをすることも可能です。

またネット上で自分の趣味や夢、自己PRなどを掲載できる「出会いの広場」というサービスもあり、「これを活用して男性からのコンタクトがすごく増えた」という声もありました。

ただし、ツヴァイは結婚相談所の中でも「データマッチング型」のサービスです。「仲介型」の結婚相談所に比べると、自分で積極的に動かないと成果が得られないことが多いことも理解しておきましょう。

(2)20代だと費用が安い

『ツヴァイ』では20代で入会すると、入会初期費用が最大65%オフになるという「20代割」というものがあります。20代のうちになんとしても婚活を始めたい!と思うなら『ツヴァイ』がおススメ。

たとえば20代で『ツヴァイ』のパーソナルサポートプランに入会すると、なんと初期費用が145,000円(税抜)から50,000円(税抜)まで割引されるのです。

結婚相談所は初期費用や成婚料に結構お金がかかってしまうのですが、『ツヴァイ』は成婚料もなし。だとすれば初期費用が抑えられるのは嬉しいですよね。

(3)4か月で成婚が一番多い!

『ツヴァイ』の強みは成婚の早さにもあります。その理由は『ツヴァイ』の紹介書システムにあります。『ツヴァイ』ではマリッジコンサルタントがお互いに相性が良いと思った双方に、同時に紹介書を送ります。なので、紹介書が送られてきた相手との相性はかなり良い可能性が高いのです。

他の出会い方だと、自分が相性が良いと思っていても一方通行の気持ちの場合も多く、実際に出会いまで行ける可能性が下がってしまうようです。

結婚できる相手は当然ながら一人しかいません。いくら自分の好みの相手と会っていても、相手の条件にあなたが合っていなければいつまで経っても結婚はできないですよね。

だからこそ、双方に同時に紹介書が送られるシステムだと相性バッチリの相手と出会える可能性が高く、成婚までの期間が短くなるのです。

(4)法人会員制度

『ツヴァイ』には法人会員制度というものがあります。もしあなたが勤めている会社や利用している福利厚生サービスが対象法人だったら、優待価格で『ツヴァイ』の婚活サービスを使うことができます。

しかもその対象法人は20,000以上。口コミでも、「会社の福利厚生にあったからなんとなく使ってみたら結婚相手と出会えた」という声もありました。

実は『ツヴァイ』に入会している人の25%が法人契約の対象者だそうなんです。もちろん秘密は厳守してもらえますし、会社にばれることもないので、ぜひ一度あなたの会社が対象ではないか調べてみてはいかがでしょうか?

 

7:『ツヴァイ』の料金は?本当に比べて安い?

実際に『』に入会して成婚するまでにはどんなお金がかかるのでしょうか? 『楽天オーネット』『パートナーエージェント』『IBJメンバーズ』と比べてみていきましょう。

※2018年8月現在(公表されている数字を基に作成しました)

『ツヴァイ』の一番スタンダードなプランで、多くの人が選んでいるのが「パーソナルサポートプラン」です。このプランの場合かかる費用は、登録料30,000円(税込32,400円)と初期費用115,000円(税込124,200円)に月会費9,500円(税込10,260円)~です。

月会費が「9,500円~」となっている理由は年間の紹介人数によって月会費が変わってくるからです。9,500円の場合は年間12名以上、9,900円だと24名以上、12,600円だと36名以上、13,000円だと48名以上、13,400円だと60名以上、13,800円だと72名以上となります。(全て税抜きで表記)

引き合わせによる出会いのサービスがなしで良ければ、「パーソナルサポートプラン アクティブ」を選ぶと良いでしょう。その場合は、初期費用が40,000円(税込43,200円)安くなります。月会費は同じです。

他の結婚相談所と比べてみると、登録料はどこも同じですが、初期費用は『楽天オーネット』や『パートナーエージェント』と比べると若干高めです。

ただし、『パートナーエージェント』は成婚料がかかるので、成婚退会する場合を考えたら『ツヴァイ』のほうが費用は安く抑えられます。

また、月会費は紹介人数最大の年間72名以上にしても13,800円(税込14,904円)なので、どこよりも安いことになります。

この4つの結婚相談所で仮に1年間活動して成婚退会した場合の費用も計算してみたので、参考にしてみてください。もちろんこれより早く成婚退会すればそこからの月会費はかかりません。


 

8:入会から成婚までの流れ

結婚相談所ってどんな風に入って、どんな活動をして相手を見つけ、成婚まで至るのでしょうか? 『』の場合の入会から成婚までの流れを紹介します。

(1)無料コンサルティング予約

『ツヴァイ』の広告などを見て、「良さそうだけど自分に本当に合っているのかな?」とか「『ツヴァイ』って本当に結婚できるの?」などと思ったら、一度全国各地で開かれている無料の説明会や、無料コンサルティングに参加してみましょう。

参加するためには予約が必要です。口コミなどを見ていると、自分の住んでいる場所か会社の近くの店舗を選ぶほうがその後の婚活がしやすくなるようです。

(2)無料コンサルティング

予約で日程が決まったら、無料コンサルティングを受けてみましょう。ここではマリッジコンサルタントが『ツヴァイ』に入会した後のシステムのお話や、疑問などに答えてくれます。

また、趣味や考え方、相手への希望などを伝えて、どのくらい自分の条件に合った人がいるのかをマッチングしてみてもらうこともできます。相性・適合性診断などを行うことで、自分でも気づいていなかった自分の恋愛傾向が見えてくるかもしれません。

(3)入会手続き

話を聞いて納得ができたら、いよいよ入会手続きです。『ツヴァイ』に入会するための資格は、20歳以上の独身であることです。マリッジコンサルタントと相談して、あなたに合ったコースを選択しましょう。

入会手続き時には、独身証明書・収入証明書・卒業証明書・写真が必要です。ただし、写真については、入会の際にプロのカメラマンが撮ってくれるそうなので、なければその場で撮ってもらうことも可能です。

(4)出会いの準備・ファーストステップガイダンス・写真撮影

入会が決まって必要な書類を提出しお金の支払いが終わったら、実際に婚活するために必要な用意を始めます。『ツヴァイ』では出会いの準備で「ファーストステップガイダンス」という、『ツヴァイ』のWebページの使い方などについて、実際の紹介書を使って案内をしてくれます。

また、「婚活が初めて」という人の多くが不安に思うデートでの振る舞いや会話、服装についてなどを学べる無料の「出会い準備講座」というものも開催されています。

自己PR文章を書くのも婚活の大きなポイント。ここでもマリッジコンサルタントの客観的アドバイスを聞きながら、自分の魅力を相手に伝えられるような文章を作ってもらいましょう。

(5)マッチング

もろもろの準備が終わったら、実際のマッチングが始まります。『ツヴァイ』ではマリッジコンサルタントから月に2回紹介書が送られてきます。

それ以外にも、自分で価値観の合う人を探せる「価値観マッチング」や、顔写真から会いたい人を見つけてコンタクトを申し込む「インプレッションマッチング」など、入会してからできることはたくさんあります。

(6)出会い

紹介書やコンタクトでお互いにOKが出たら、実際に会うことになります。『ツヴァイ』の場合は、お互いOKと返事をした時点で、相手のフルネームと連絡先を伝えてもらえるシステムになっています。

その後は2人で連絡を取り合って、実際に会う場所を決め、ファーストコンタクトとなります。

ただし、連絡先を交換するのが怖いけれど会ってみたい人がいるという場合には、「出会いのセッティングサービス」というものを申し込むことができます(有料)。この場合はマリッジコンサルタントがお見合いのセッティングをしてくれるので、当日まで相手との連絡を取ることなしに出会えます。

(7)各種パーティー・セミナー

ツヴァイでは年間1,700回以上のパーティーやイベントが開かれています。別途お金はかかってしまいますが、紹介書だけの人数では物足りないという場合には、パーティーなどに参加してみても良いでしょう。パーティーでは複数の異性といっぺんに会えるのが魅力です。

成婚エピソードなどにも「パーティーで出会って意気投合した」という人が結構いました。

婚活をしていてうまくいかないと悩んだらセミナーに参加してみてもいいかもしれません。セミナーで隣に座った男性が運命の人の可能性だってありますよ。

(8)お付き合い

初めての出会いでも良い印象を持ったなら、その後も定期的にデートを重ねていきましょう。基本的に、複数の相手と並行してお付き合いをしている状態になることは問題ないようです。

『ツヴァイ』の場合は、「出会ってからのことは自由にしていいですよ」というスタンスのようなので、特に問題がなければ2人の間ですべて決めてしまっていいようです。

1人の人と真剣に付き合っているけれど、まだ結婚まではわからないという場合は、一旦休会をして、その間にその人との関係を深くしていくことも可能です。休会は前月の20日までに申し込まないといけないことに注意しましょう。

(9)成婚退会

お互いに相手と結婚をしようと思えたら、成婚退会ということになります。『ツヴァイ』では成婚料はかからないので、手続きだけをしに店舗に行けばOKです。


 

9:『ツヴァイ』を使って婚活を成功させるポイント3つ

』では出会いのためのシステムが豊富に用意されています。ですが、やはり婚活では成功する人と失敗する人がいますよね。その違いはなんなのでしょうか?

特に『ツヴァイ』を使って婚活を成功させるための決め手はどこにあるのでしょうか?

(1)絶対にNGでなければ会ってみる

『ツヴァイ』では月に2回マリッジコンサルタントから紹介書が届きます。この時に紹介書を見た時点で、絶対にNGというポイントがないならば一度は会ってみることをおすすめします。

『ツヴァイ』で婚活を成功させた人たちの声では、紹介書ではピンとこなかったけれど、会ってみたら相性がバッチリだったというものが多いです。

紹介書が送られてきてもあなたからシャットダウンしていたら、絶対に会うことはできません。婚活はもちろん結婚する相手1人を見つけるためにするわけですが、確率論であることも確かです。だとしたら、なるべく多くの人と出会ってみる経験というのも大事でしょう。

(2)短期決戦のために積極的に行動する

「『ツヴァイ』が合わなかった」と言っている人の多くは、「入会した後に放っておかれた」と言っています。そのことからもわかるように『ツヴァイ』は自分から積極的に動ける人が成功します。

待っているだけではなく、自分から少しでも良いなと思う人がいたらコンタクトの申し込みをしてみる……という行動が成功のカギになります。

また、相手から何かコンタクトが来た場合や、紹介書が届いた場合にはなるべく早く返事をするほうが印象が良くなるようです。

(3)疑問があったら聞く

せっかく結婚相談所の会員になったのに、データのマッチングだけしか使わないのは損です。特に恋愛経験があまりなく、恋愛に自信が持てないのなら、積極的に疑問に思ったことはマリッジコンサルタントに聞いてみましょう。

『ツヴァイ』では、入会してからずっと同じ人がサポートしてくれるわけではないようですが、いつでも質問には答えてくれます。1人で悩んでいる時間はもったいないので、とにかく疑問点や不安点は解消できるように動いてみましょう。


 

10:『ツヴァイ』に向いている人・向いていない人

最後に『』に向いている人と向いていない人を紹介します。

(1)向いている人はこんな人

まず『ツヴァイ』に向いている人からです。向いているのはこんな人。

短期で結婚したい人
自分から自主的に動ける人
ある程度は婚活に時間を割ける人

『ツヴァイ』では、「4か月で成婚退会する人が一番多い」というデータもあるように、本気で結婚したい人が短期間で成果を出せる場所です。逆に長く会員をやり続けてもいいことはあまりないでしょう。なので「短期で絶対に結婚相手を見つけてやるぞ!」という気合いを持った人のほうが向いているでしょう。

『ツヴァイ』は入会してからは自分でどれだけ動けるかがかなり重要になってきます。受け身な態度ではなく、自分からどんどん自主的に動けるならば『ツヴァイ』のサービスをフルに活用できますよ。

また、『ツヴァイ』では、マッチングした後のデートのセッティングなどは自分でやらなければいけないことが多いです。ということは、デート場所を決めたりする連絡が最低限は取れるくらい婚活に時間が割けることが必要条件になります。逆に仕事が忙しすぎて相手を自分で探す時間もないという人には向かないかもしれません。

(2)向いていない人はこんな人

では向いていない人はどんな人でしょうか?

恋愛経験が少ない人
お見合いのようにお膳立てしてもらいたい人

『ツヴァイ』にはマリッジコンサルタントはいますが、入会してから成婚まで二人三脚で歩んでいくというタイプのサービスではありません。もちろん疑問点や不安な点などはサポートしてもらえますが、恋愛経験が少なくて、何から何までわからないという人にはもっと一つ一つを教えてもらえる「仲介型」の結婚相談所のほうが向いているでしょう。

結婚相談所というと昔ながらのお見合いを想像するかもしれませんが、『ツヴァイ』はそれとはかなり違っています。もしお見合いのようにお膳立てをしてもらいたいのなら、残念ながら『ツヴァイ』は向いていないです。

 

11:まとめ

』は会員数がかなり多く、イオングループの運営している安心・安全な結婚相談所サービスです。結婚相談所の中でも費用は安めなので、少しでも費用を安く抑えながらサービスを受けたいと思ったら合っているかもしれません。

一度無料コンサルティングを受けてみてはいかがでしょうか?

 

※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がDangdep!に還元されることがあります。