サブカル女子ってどんな女子?サブカル女子が好きな服装と特徴20つ

サブカル女子って、案外モテます。他人に流されることなく自分をしっかりと持った女性は、性別問わず惹かれるもの。今回は、そんなサブカル女子のファッションや、特徴などを見ていきましょう。後半にはサブカル女子診断もアリ!

1:サブカル女子かわいい~!

サブカル女子にどのようなイメージを持っていますか?

下北沢という街や、古着ファッション、音楽などのカルチャー、ローカルっぽさなどなど……。キラキラしたモテ女子というよりは「自分の好きなものが好き!」と他人に影響を受けることなく自分を持っている女の子のイメージがあります。

そんなサブカル女子はかわいいのでしょうか!? 彼女たちの生態を探りながら、その魅力に迫りましょう。

(1)サブカル女子ってどんな女子?

サブカル女子の“サブカル”は、いったいどんな意味なのか? この言葉の語源となっている「サブカルチャー」という言葉を辞書で引くと“独自の信条を持つ人々の独特の文化”とあります。

つまりサブカル女子とは、その言葉どおり、時代の流行に流されることなく独自の感性を大切にする女子のことです。

彼女たちの雰囲気は独特です。そしてパッと見の服装からすでに、その空気を読み取れます。

そんな彼女たちですが、案外、男性からの人気が高いのです。サブカル女子から読み取るモテテクなんかも学んでいけたらいいですね。

(2)『サブカル女子』の歌詞はどんな歌詞?

人気バンド・キュウソネコカミが歌う『サブカル女子』という曲をご存じですか。この曲の歌詞が面白い! サブカル女子そのものをおもしろおかしく、ときにはディスって書いているのが、印象的!

サブカル女子本人たちには言えないけれど、誰もが心の中で思っていること。サブカル女子のリアルが多く書かれたこの歌詞は、サブカル女子を知るための基本となるでしょう。

 

2:サブカル女子に人気のファッションアイテム10

個性豊かなサブカル女子。そんな彼女たちが好むファッションアイテムはどのようなものなのでしょう?

(1)ロング丈のスカート

 

View this post on Instagram

 


サブカル女子は肌の露出を好みません。しかしなぜかあまりパンツを履かない傾向にあります。

そんな彼女たちのマストファッションアイテムが、ロング丈スカート。

基本、アキレスくらいまでの長い丈のスカートを常時着用。肌の露出は少ないけれど女性らしさを忘れないのが彼女たちです。

(2)アジアンテイストの小物

サブカル女子は、アジア系の小物が大好き。アクセサリーや、財布やポーチ小物など常にどこかにひとつ取り入れているはず。

ときに少し変わった小物でひと目を惹くこともできるのが彼女たち。流行りに流されない独特な感性とセンスは異性だけでなく同性も虜にします。

(3)丸眼鏡

 

View this post on Instagram

 


サブカル女子といえば丸眼鏡。丸眼鏡ひとつで独特の雰囲気と、どこかアーティストっぽい空気をまとうことができます。特にベレー帽と一緒に身につける子が多い印象です。

ちなみにオシャレでつけている場合が多いので、度が入っていない伊達眼鏡であることがほとんど。

(4)ぺたんこ靴

 

View this post on Instagram

 


サブカル女子は、ヒールをあまり履きません。スニーカーやブーツのように、ヒールのない歩きやすい靴を好みます。

背の小さな女性を好む男性は、特にこのようなサブカルファッションを好むでしょう。

(5)キャラT

 

View this post on Instagram

 


謎のキャラクターが描かれたTシャツを着ているサブカル女子も少なくありません。

誰が見てもわかるような王道のキャラクターではなく、知る人ぞ知るキャラモノのTシャツ。こういうところに、サブカル女子の個性を感じます。

(6)ヘッドホン

サブカル女子は音楽が好きな人が多いのが特徴。あえてイヤホンではなくヘッドホンを使い、首にかけておしゃれファッションアイテムとして使用することも。

着用時は小顔効果も期待できますね!

(7)リュック

サブカル女子は大きめのリュックを持っている傾向があります。個性派な彼女たちは、そのリュックにバッジなどを付けてさらに個性を際立たせます。

また、カメラ好きの女性も多いために一眼レフが入るもの……と考えて、大きめのリュックに辿りつくことが多いのです。

(8)カラーレギンス

サブカル女子は露出を控えます。そのため、仮に短いパンツやスカートを履くことがあればレギンスなどで素肌を隠します。

定番の黒はもちろんですが、とにかく人とは違うファッションをしたい彼女たちは少し変わった色のカラーレギンスを履くこともしばしば。

(9)大きめのアクセサリー

 

View this post on Instagram

 


サブカル女子は大きめのピアスやブレスレットなど、少し個性の強いアクセサリーを好む傾向にあります。

いったいどこから探し出したの!?というような個性的なものから、この世にひとつしかない手作りアクセも多いですね。

(10)ベレー帽にニット帽

 

View this post on Instagram

 


ベレー帽やニット帽をかぶっている率も高め。最近はモテ女子もよくかぶるようなったキャップなどは、あまり好みません。

先ほども少し触れましたが、もはやベレー帽、またはニット帽+丸眼鏡がサブカル女子の正装とも言えます。

 

3:サブカル女子診断!サブカル女子の特徴10個

あなたはサブカル女子? ここからはサブカル女子の特徴をあげていきます。

5つ以上当てはまればあなたは立派なサブカル女子!

(1)メジャーじゃないバンドが好き

サブカル女子は音楽が大好き。それは王道なものではなく、小さなライブハウスでライブをしているようなバンドであることが多いです。

とにかく自分(とその周辺)だけによさがわかるものが好きなサブカル女子は、自分の好みに合うバンドを探しに日々小さなライブハウスに出没。

週1でライブハウスに通うタイプは、もう立派なサブカル女子と言えるでしょう。

(2)アジア旅行が趣味

サブカル女子はインドやベトナムにタイなど、ヨーロッパやアメリカよりもアジア圏の国が好き。

頻繁に旅行に行っては現地の空気と触れ合い、より一層完成度を高めるサブカル女子もいます。

ローカル好きなところもありますが、意外にグローバルなところもあるようです。

(3)髪色が奇抜

 

View this post on Instagram

 


サブカル女子は人と同じものを嫌う傾向にあります。また男性ウケを考えておらず、自分がいいと思ったものを大事にします。

それは髪色に現れることもしばしば。みんながしないような緑や赤、黄色など少し奇抜な色にして誰よりも個性を強調しがち。

(4)芸術家気質

 

View this post on Instagram

 


サブカル女子は芸術家気質が強いです。その表現方法はイラストや文章、写真などジャンルを問いませんが、とにかく自分の持つ世界観を表現するのが好きなのです。

(5)古着好き

古着のいいところは1点ものが多いこと。人とかぶることは、ほとんどないでしょう。

他人とは違うものでありたいサブカル女子は、そのような思いが洋服選びにも表れ、結果として古着を好む傾向にあります。

なので古着屋が多く集まる下北沢や高円寺、吉祥寺などに出没します。この辺りにはライブハウスも多いので、よく出没するというのはサブカル女子の特徴でもあります。

(6)単館系映画好き

サブカル女子は大きな映画館で全国的に公開されているような話題の映画ではなく、ひっそりと小さな映画館で上映されているような単館系映画好きが多いです。

単館系映画は大きな映画館で上映されているような映画と違って、多くの人に刺さるような話ではありません。

刺さる人には刺さる、という世界観に惹かれるのです。

(7)メイクが薄い

 

View this post on Instagram

 


サブカル女子は自分が大好きな人が多いです。そしてその意識の現れとして、自分の素の姿が好きであまり着飾ろうとはしません。

だからこそ、メイクは基本薄めです。元の顔を変えるような濃いメイクはほとんどしません。自分をしっかりと持ち、それを生かしたメイクをしようとします。

(8)ヴィレヴァンによく行く

サブカル女子の原点とも言えるお店。個性豊かな物がそろうヴィレッジヴァンガードは、サブカル女子の聖地中の聖地です。

このお店が好きでよく足を運ぶという女子は、立派なサブカル女子です。

(9)NOハイブランド

サブカル女子は、エルメスやヴィトン、グッチなどといったようなハイブランドをあまり持ちません。

ハイブランドよりも古着屋で見つけた1点ものの小物が大好き。しかし、古着屋などによく置いてあるヴィンテージのハイブランドは別扱い。これらは「見つけたきた自分」フィルターを通すので、好きな傾向にあります。

(10)アニメ好き

サブカル女子はアニメ好きであることも多いです。アニメの主題歌からそのアーティストを好きになることも多いです。

アニメグッズもファッションアイテムとしてしまうところもあります。

 

4:まとめ

流行に流されることなく、独自の個性を大事にしている。だからなのか、彼女たちは男性にも人気があります。

ときに彼女たちの雰囲気は独特すぎて近寄りがたいものではあるかもしれませんが、とっても素敵な女性が多いことは忘れてはいけません。いいな、と思ったところは積極的に真似していきたいですね。