付き合う前なのに毎日LINEは重い?正しいLINE頻度を分析

付き合う前のLINEの頻度って悩みますよね。もちろん好きな人には毎日LINEしたい!……だけど、それって重い!? そこで今回は、付き合う前の正しいLINE頻度を分析してみました。

1:毎日LINEしているのに脈ナシって…

「毎日LINEしてるのに、一向に発展しそうにない……これって脈ナシ!?」

そんな声をたまに聞きます。

「毎日LINEをする」というのは、付き合う前の男女が通る王道のコースではありますが、完全に脈ありかというと……!? 実はそうでもないんです。

 

2:付き合う前のLINE・メール、どのくらいの頻度がいい?3つ

では、片思い中のLINEの頻度はどのくらいがベストなのでしょうか?

そう考えたとき、恋愛テクで学んだ通りに「週に2回!」「毎日!」と一概に決めつけるのはNGです。なぜなら、LINEは人によって受け止め方に個人差があるから! そのため、LINEでの会話の盛り上がりや、彼のLINEの返信タイミングなどによって判断する必要があるからです。

例えば、LINEを完全に「連絡ツール」として捉えている彼に毎日LINEを送っても、「用もないのに……」と、めんどくさがられてしまいますよね。

一方で、数分で返信が来る彼には、こまめに返信してしまっても問題ないと言えるでしょう。

付き合う前の段階で、相手にLINEを送る頻度を考えるときには、まずは、あなたと彼との今までのLINEのやりとりを振り返ってみてください。

もちろん、仲を深めるためには毎日のようにLINEのやりとりがあるのが近道ではあります。

ですが、彼からの返信回数、返信速度が速くなる時間帯やその内容を考慮して、自分自身で適切なLINE頻度を見極める必要があります。

それでは、その参考になるために、ここからは実際に、交際に発展したカップルのLINE頻度を参考にご紹介していきましょう。

(1)毎日

お互いほぼ両思いで、もうすぐ付き合うかもしれないな……♡というサインは「毎日LINEが続く」ということ。

どちらかが「寝ちゃった~」で、次の日に自然と続いていくLINEは、脈あり度が高めです! た・だ・し! 前述したように毎日LINEしたからといって、必ずしも「脈あり」とは限りません。

いつも話題の提供がこちらからだったり、LINEは来るけれど一向にデートの誘いも来なかったり、具体的にこちらから誘ってもさらっとあしらわれてしまったり……というときは、毎日LINEしていても脈ナシである可能性が大いにあります。

(2)3日に1回

気になる彼とのLINE、「本当は毎日したいけれど……!」そんな気持ちを抑えつつ、お互いストレスなくやりとりできるLINEの頻度は、3日に1回程度くらいがちょうどいいと考える男性も多いです。

特に忙しく働く社会人同士であれば、このくらいの頻度に心地よさを感るようえす。ただし、毎回会話が途切れてしまうするので、お互い、次のLINEの話題に困ることの多いLINE頻度です。

(3)週に1回

すでにLINEのやりとりの中でデートが決まっている場合などは、このように週1回のLINE、という過程を経てカップルになったという人も。

「週末ご飯行かない?」と誘われたり、こちらから誘ってデートする段取りが決まれば、その日までは特にLINEをすることなく日が経って、前日あたりに「ここどうかな?」というレストランの提案が来る、という程度。そして次のLINEは、デート後のお礼。

そこに「また来週あたり会おうね」という文言が入れば、もうふたりがカップルになるのも間近!なサイン♡ LINEがデートのための連絡ツールとなっている場合は、高確率でカップルが成立します。

 

3:前のめりはNG!付き合う前だからこそ気をつけるコト

付き合う前のLINEで重要なのは、前述したように頻度だけではありません。実は付き合う前に送ったLINEで、嫌われてしまうことだってあるんです。

それがこんなLINE。

あなたは付き合う前の相手に、こんなLINEを送っていませんか?

いくら毎日LINEをしていたとしても、彼にとってあなたはまだ友達。彼女ではない、ということを肝に銘じましょう。

好きな相手なので、盛れた自分の写真を送りたくなる気持ちもわかります。しかし、やめておいたほうが無難でしょう。「週末何してた?」「私は〇〇してたよ」といった日記的なLINEは、男性からすると返信に困ってしまいます。

どうしても彼にそれを知ってほしかったら、その気持ちをインスタのストーリーにでもぶつけてみてはいかがでしょう。

 

4:返信が来なくても慌てないで!付き合ってないがゆえの男ゴコロ

女性もそうですが、男性は付き合っていない間のLINEで、無意識のうちに駆け引きしてしまうことがあります。ずっと既読がつかなかったり、返信が来ないという場合、恋の駆け引きをしている場合も。

返信頻度が遅いにしろ、「相手から返信が来る時点で、完全に脈ナシ!ということはない」と思いましょう。

また、女性は「いつだって好きな人とは繋がっていたい……」と思い、仕事中でもLINEを送りたいと思ってしまいます。女性にとって、LINEは意識と直結したコミュニケーションツールなのです。

一方男性は、女性ほどマルチタスク能力に長けてないですし、無駄なLINEのやりとりを嫌う人も多いです。つまり、男性にとってLINEは、便利な連絡ツールのひとつなのです。

そう考えれば、相手の男性から返信が来なくても慌てないでいられますよね。「忙しいのかな」とポジティブに捉えましょう。付き合う前の催促LINEは、絶対NGですよ!

 

5:話題がない!付き合う前のLINE・メールにピッタリの話題5つ

付き合う前LINEを長く続けていると、次第に話題がなくなってしまうことも、恋愛においては「あるある」ですよね。

そんなときにサクッと使えるLINEの会話ネタをご紹介!

(1)なんて呼ばれてるの~?

まずはココから! 親近感を持ってもらうために、「あだ名」を決めましょう。こんなやりとりって、なんだか新しい恋が始まるみたいでワクワクしますね♡

(2)この前言ってたオススメなんだっけ?

このLINEは必ず返信がもらえるうえに「おいしかった!」なんて感想を送って、さらに会話を弾ませることができます。

事前に彼と話す機会の中で、「何かオススメ教えて!」というような、後々のLINEに繋がりそうな会話を仕込むことができればさらにベストです。

しっかりと気になる彼と話した内容は覚えておいて、「今度行ってみます!」なんてジャブを打ってみましょう。

(3)お休みはいつなの~?

探り探りの会話の中で、彼のライフスタイルを知るためには、「休みはいつか」「どうやって過ごしているのか」、という話題は、LINEが続きやすいうえに、相手の情報を取りやすいのです。

さらにお互い休日がマッチすれば、そのままデートへ……という流れも作りやすい!

(4)好きな芸能人は?

この質問は彼の「好きなタイプ」をさりげなく探れる王道の方法です。

好きな女性芸能人をサラッと聞いて、彼が清純派好きか、セクシー好きかギャル好きか……あなたなりに見極めて。

ただし照れ屋系の男子だと「特にいないな……」などとカッコつけてしまう可能性もあります。その場合は、「昔誰のファンだった?」みたいな懐かし話にスライドさせれば、同じようなリターンが望めるでしょう。

(5)〇〇君って●●(芸能人)に似てるよね……

これは、できればイケメン芸能人を挙げたいところですが……!

こんなLINEが来たら、相手だって放置せずに、すぐにでも気軽に返信したいと思いますよね。

もちろん、ちょっとくらいの社交辞令を入れてもOKですよ!

この会話から上記の芸能人の話にシフトしたりして、会話に膨らみをもたせられます。

ちなみにこの例文LINEの中にある”ww”は、親近感を持たせるために有効ですが、使いすぎるとドン引きしちゃうという人もいるので、ほどほどに。

 

6:まとめ

いかがでしたか?

今や恋愛に欠かせないツールとなったLINEのやりとりは、今後ちゃんと付き合えるかどうかを大きく左右します!

上記を参考に彼とあなたのベストなLINE頻度を見つけてくださいね!