ヤリたいことが見つからない…ヤリたいことが見つからないときの仕事の探し方

みなさんにはヤリたいことがありますか? たくさんあるように思えても、いざ実際にヤリたいことをリストアップしてみると意外と少なかったり、ヤリたいことがまったく思いつかないなんて人もいるかもしれませんね。ヤリたいことはリストにして書き留めておくことで、より叶いやすくなります。今回はそんなヤリたいことリストの作り方や、ヤリたいことが見つからないときの仕事の探し方をご紹介します。

1:ヤリたいことありますか?

子どものころはヤリたいことがたくさんあったはずなのに、大人になり、現実的な思考を持って考えてみると、ヤリたいことがわからなくなってしまう……。そんなことってありませんか?

いくらヤリたいと思ったからって、お金と時間ががかかるばかりで何も生み出さないのであれば、やらない方が良いかな……なんて考えてしまうのも、大人になった証拠なのかもしれません。

ただヤリたいからといって、それがヤレることとは限らない。そんな中、本来ヤリたかったはずのものがわからなくなってしまう場合も多いものです。

 

2:ヤリたいことが見つからない…ヤリたい仕事が見つからない20代のための仕事の探し方8つ

(1)好きな仕事をボランティアで体験してみる

「国際的で人のためになる仕事をしたかったけど、具体的にそれが何かよくわからなかった。そういう仕事って、お金にならないことが多いし。だから週末だけボランティアで、自分がおもしろそうだと思った分野の活動を手伝ってみることにした。で、いつの間にか、それが自分の仕事になっていた」 (Mさん・女性)

無給で働くということは経済的な対価を得られないわけですから、その仕事に対する情熱や好奇心が必須となります。

でもだからこそ、本当にその仕事がしたいのだという思いを伝える良い機会にもなるのです。

仕事として考えてしまうとできることが限られてしまう場合でも、興味のある分野にボランティアとして飛び込んでみると、好きなことがやがて仕事に結びつくこともあります。

(2)給与にこだわらずやりたいことを試す

「子どものころから編集の仕事に興味がありました。それで、大学生のころ編集プロダクションでアルバイトに就いて。激務なのにお給料は信じられないくらい安かったけど、とりあえず続けてみたことで、就職活動するときに役立ちました」 (Nさん・30歳女性)

就職活動をしても、いきなりやりたい仕事を得られたり、行きたい企業に入れるとは限りません。また、特に人気のある仕事の場合、新参者がその仕事を願った条件で手にするのは至難の業です。

それならは、アルバイトでもインターンでも、とりあえずその業界に入り込んでしまうというのもひとつの手段です。

(3)欲しいもののためにがむしゃらに働いてみる

「別にやってみたい仕事は何もなかったんだけど、車が欲しかったから、そのお金を稼ぐために、とにかく給料が高い業界で働いた。ほかの奴らよりモチベーションが高かったぶん、つらいことも我慢できて。だから出世もしたし、今ではこれが自分の生きる道だと思ってる」 (Sさん・30代男性)

欲は人をとんでもない場所まで導いてくれます。強力な欲があるなら、それを活かさない手はありません。

ヤリたいことではなくても、欲しいものが手に入るなら頑張れる。そしてほかの人より頑張れる人は、いつかはその分野で報われていくものなのです。

(4)働いている知人の話を片っ端から聞きまくる

「仕事に対する思いを周囲の人とか先輩に聞いてみたら、誰もが100%満足していないのがわかった。好きなことを仕事にしている人すらそうだった。それがわかったら、なんとなく仕事に対して前向きな気持ちになれた」 (Rさん・30代男性)

たとえ好きなことやヤリたいことを仕事にできたとしても、そこにも当然つらいことや乗り越えなければならない壁があるものです。

そして、それは傍から見ているだけではわからないもの。

腹を割って話してくれる人に、仕事についての思いを聞いてみるのは、とても良い刺激になることでしょう。

(5)さまざまなジャンルの本を読む

「スティーブ・ジョブスなど、とにかく成功した人たちの本を読み漁ってみた。本にはきれいなごとばかりじゃなくて、苦労したことや失敗したこともたくさん書いてあって、成功にたどり着くまでの道は決して平坦じゃなく、みんな苦労しているとわかった。回り道もたくさんしている人ばかりだし、自分が進路に悩むのも当然だと思えた。

さらに、人の体験談を読む中で、おもしろそうだなと思える仕事も見つけられた」 (Rさん・30代男性)

伝記や成功者の自叙伝は、自分の生きる道を探るうえで大変役立ちます。

当然、本に書かれているのとまったく同じ道を進むわけではありませんが、自分が共感できる部分とそうでない部分を発見しながら、自分らしさや自分が本当に惹かれる事柄を見つけることができるのです。

(6)縁を大切にして働いてみる

ヤリたい仕事でなかったとしても、自分の能力を評価し、雇ってくれた会社との縁を大切にしてみるのもひとつの方法です。

縁があったからにはそこで学べることや、学ぶべきことがあるはず。そう思って働いてみると意外にもおもしろいと思える部分が見つかるものです。

また、仕事自体はヤリたいことでなかったとしても、そこでの人間関係から学べることもたくさんあるものです。

仕事はその成果だけが大切なのではありません。どのようにその成果を出したのか、どのような人とともにその成果を出したのかも大切な要素なのです。

(7)営業や接客業など人と関わる仕事に就いてみる

営業の仕事は、仕事をしていくうえでのマナーや言葉遣い、人の心理を読み取る力などを培ってくれます。そしてそれらのスキルは、社会人になって早いうちに身に着けておいて損はありません。

ある程度キャリアを積むと、マナーがなっていない人は、それだけで信頼を失いかねません。若いうちだから許されることも多いのです。

営業や接客業に早い段階でついてみることで、社会人として生きていく術を身に着け、磨いていくことができるのです。

 

(8)難しいだろうな!と思う仕事にチャレンジしてみる

無難で簡単な道をついつい選んでしまいがちな私たち。でも、『巨人の星』の星飛雄馬や、芸術家の岡本太郎さんのように、迷ったら厳しい道を行くのもひとつの選択方法です。

難しいことやきつい道を選ぶ人は多くありません。だからこそ、そこにはスペシャルなスキルを身に着けるチャンスが転がっているのです。

誰もできないことができるようになったら、人生勝ち組です。

20代の若いときこそ、誰も選択しない道を選択するリスクをあえて取ることで、誰も到達できない場所に辿り着ける可能性が生まれます。

 

3:ヤリたいことリストを作ろう!ヤリたいことリストの書き方とその効果7

Step1:紙とペン(あるいはアプリやエクセルなど)を用意し、時間をつくる

いちばん簡単な方法は、紙とペンを用意すること。アプリやエクセルなどの表計算ソフトでもOKです。

後々カテゴリーに分けたり並べ替えをしたりするので、手書きよりもアプリやエクセルのほうが管理が楽でしょう。

そして何より大切なのが、しっかりと考え抜くための時間。

忙しい毎日の中だと、計画をしておかなければ、まとまった時間を見つけるのも大変です。ヤリたいことリストを作ろうと決めたら、そのための時間を確保しましょう。

Step2:ヤリたいことを数を気にせず書き連ねる

ヤリたいと思うことをとにかく書き連ねましょう。

ヤリたい事はなんだってかまいません。たとえば

「家の隅々まで雑巾がけする」

「使いやすい掃除機を買う」

「微分積分の勉強をやり直す」

などと、とにかく自由に。そこに、達成するための難易度やコスト、可能か不可能かなども気にせずとにかく書き連ねましょう。

また書くときは、「~したい」ではなく「~する」と書くようにしましょう。たとえば「アメリカで暮らしたい」ではなく「アメリカで暮らす」のようにします。

Step3:Step2で書いたヤリたいことをカテゴリーに分類する

ステップ2でリストアップしたヤリたいことを、カテゴリーに分けて並べ替えます。カテゴリーに分けることで、より頭でヤリたいことを理解し、その方法をクリアにイメージできるようになります。

カテゴリーとしては、たとえば以下のようなものがあります。

仕事系

・出世をする

・部下を持つ

・独立する

健康系

・体重を5キロ減らす

・バストを1カップサイズアップさせる

経済系

・1,000万円貯金する

・仮想通貨に投資をする

プライベート系

・恋人をつくる

・結婚する

・海外で暮らす

このように分けることで、ヤリたいことを、わかりやすく捉えることできます。

Step4 :カテゴリーの中でヤリたいことの優先順位をつけ並べ替える

カテゴリーで分けたヤリたいことに、今度は優先順位を付けます。

優先順位をつけることで、ヤリたいことを実現させるまでの時間を把握することができます。

例えば「恋人を作る」という目標は「結婚をする」という目標よりも前に達成しないといけないので、優先度は高いはずですよね。

ひとつのヤリたいことを達成することで、次のヤリたいの実現にグッと近づく場合もあるのです。

Step5 :ヤリたいことを達成するために必要なステップを付け加える

カテゴライズし、優先度を決めた数々のヤリたいこと。そこにそれぞれ、達成するために必要な事項を具体的に書いていきます。

例として「恋人を作る」の場合で考えてみましょう。

「恋人を作る」に必要なステップ

①友達に恋人が欲しいと伝える

②友達に食事会を設定してもらう

③出会い系アプリに登録する

④出会い系アプリで知り合った女性と食事に行く

⑤好きだと思ったら5回目のデートまでに告白する

このように、具体的なアクションとして理解することが重要なのです。

Step6:リストを毎日見て達成できたものに印をつける

リストを作っただけでは意味がありません。毎日そのリストを見て、達成できたものに印をつけて行きましょう。

最終的にヤリたいと思っている事項だけではなく、そこに行きつくために必要なステップとして追加した事項にも印をつけていきましょう。

そうすることで、あとどのくらいでヤリたいことが達成できそうかを追跡していくことができます。

Step7:リストは書き換えてもOK

一度作ったリストは、必要であればいつでも書き換えてOKです。特にヤリたいことを達成するために追加したステップについては、途中で方向転換する場合もあるでしょう。

自分が本当にヤリたいことを達成するため、最も良い方法を見つけ出し、どんどん書き換えていきましょう。

 

4:ヤリたいことリストが作れるアプリ5つ

(1)Lioli あなたがやりたいことリスト

iPhone, iPadで使えるこのアプリ。Googleマップと連携しており、たとえばヤリたいことに「グアテマラに行く」とした場合、その場所をGoogleマップで設定しておくことも可能です。

デザインもシンプルで大変使いやすいのが特徴です。リストを見直す際にもひと目でヤリたいことを把握することが可能です。

(2)Tasks:タスク管理,シンプル,便利,簡単,やることリスト

リストアップしたものを簡単にカテゴライズすることができるアプリ。日本語と英語に対応しています。またiPhone, iPadでだけではなく、Apple Watchにも対応しています。

シンプルで使いやすいアプリですので、ヤリたいことを思い立った瞬間に書き留めておくことが可能になります。

(3)Evernote

ウェブサイトそのままコピーしてペーストできてしまう、なんとも便利なEvernote。PCや携帯にインストールしておくことで、どこからでも自分が保存した情報にアクセスすることが可能です。

リストアップした事項に詳細を書き加えるという作業も簡単に行えるため、設定した目的を達成するためのマイルストーン(道標)を記録・把握しやすいアプリです。

 

5:ヤリたいことが見つからないときこそやってみるべきこと10

(1)旅をする

インプットがなければアウトプットすることはできません。何かを見つけたいのであれば、まずはたくさんの刺激を受けることが大切です。

刺激を受けるためにもっとも簡単な方法が、旅をすること。

日本はほかの国と比べてるとたいへん安全な国。また、会話の中でのタブーなどの共通認識の多くが共有されています。また一般的に、同等な道徳観念も持ち合わせています。

でも一歩海外に出れば、会話の中で気を付けるべきことや社会的な常識もまったく異なります。筆者は日本から飛行機で4時間余りの香港で暮らしていますが、ここでは「日本での当たり前」が通用しません。

行きたいところに行くだけでもひと苦労、でもそんなちょっとしたことでも達成感を得られるのが、旅の醍醐味とも言えます。

ヤリたいことがないのであれば、とにかく旅に出てみることをおすすめします。きっと予想もしていなかった出来事に遭遇し、生きているということを実感することができるでしょう。

(2)自叙伝やエッセイを読む

人の人生から学べることは計り知れません。他人の人生を垣間見れるのが、自叙伝やエッセイ。どんなに素晴らしい発明をした人も、子どものころは落ちこぼれだったり、たくさんの挫折を味わったりしているものです。

成功者の美しい側面だけ見ていては、自分との違いに愕然とするばかり。でも一歩踏み込んで、その人が辿った道を追ってみることで、自分との共通点を見出したり、取り入れられる部分を発見したりできるものです。

ビジネス成功者の自叙伝はちょっと重いな~という人も、エッセイであれば、気軽に読めます。

また、お笑い芸人さんや女優さんのエッセイにも、自分の生活を活性化させてくれる種がたくさん見つかるものです。

(3)ボランティアをする

アドラーは、人が幸せになるための答えを

「人を幸せにすること」

と言いました。

人のために何かをすることは、それ自体が自分を幸せにしてくれるのです。さらに言えば、自分が勉強をしたり知識を身に着けたりするのも、人を幸せにするためなのだと言っています。

ボランティア活動を通して、自分の能力を活かしながら人を幸せにすることで、それ自体が自分のヤリたいこと、幸せにつながっていくのです。

(4)普段見ないタイプの映画を見る

映画はたった2時間あまりで、自分とは異なる世界を垣間見たり、他人の人生を生きることができるツールです。

ただ見て楽しむのも良いのですが、その中から何かを学び取ることだってできます。

ストーリーを書いた人、それを映画化した人がどのような思いでその仕事を行ったのか……。そんな部分にも思いを巡らせてみることで、自分以外の人が魅力的に感じていることや興味を持っていることを理解できるようになります。

(5)とにかく体を動かしてみる

頭と体は一体です。社会人になると、机に向かっているほうが、体を動かす時間よりもはるかに多い生活になります。そんな私たちにとって、意識的に体を動かすことはとても大切です。

頭ばかり使いすぎていたら、良いアイディアや、ヤリたいことも浮かびません。

体を動かすことで、頭と体のバランスを取りましょう。そうすれば自ずとヤリたいことも見えてくるかもしれません。

(6)山登りをする

純粋に美しいものを見たり、感動したする経験は、脳にとって素晴らしい刺激となりポジティブな作用を生み出します。

特に、圧倒的な自然の中で時間を過ごすことは、とても新鮮な体験となります。ついでに山登りという目標を設定することで、その先にある達成感まで得ることが可能です。

一緒に山登りをしてくれる仲間がひとりでもいるのはとても素晴らしいこと。頂上から朝日を見れば、まったく違う価値観を持って世界を感じられるかもしれません。

 

(7)いつもと違う友達と遊んでみる

いつも同じ人とばかり一緒にいると、同じような考えしか思い浮かばなくなってしまいがちです。

似たもの同士が集まるのがコミュニティ。ときには一歩外に出て、まったく異なる価値観の人々と遊んでみるのも良いでしょう。

そうすることで、それまで大切だと思ってきたことがそれほどではないと思えたり、逆に些細なことだと思って無視していたことが、実はとても大切だったと気づかされるかもしれません。

(8)地元を離れる

居心地の良い場所は離れがたいもの。でもそこに未来を感じられるものがないのであれば、思い切って飛び出してみるのもひとつの選択です。

誰もが自分のことを知っていて、誰もが自分を理解している。そんな環境はたいへん居心地が良い反面、新しい自分に出会うためには足かせとなっている恐れもあるのです。

本当に素晴らしい仲間たちや、大切な地元であれば、帰ってきたときにまた暖かく迎えてくれるはず。

新しい何かを発見したいのなら、自分の環境を根本から見直してみるのも良いでしょう。

(9)他人の「ヤリたいこと」実現に協力する

自分が今ヤリたいと思えることがないのであれば、親や友人がヤリたいと思っていることを実現するための手助けをしてみましょう。

たとえば親が

「温泉に行きたい」

と言うのであれば、お金を出してあげたり、温泉まで一緒に連れて行ってあげたりする。

友達が

「○○企業に就職したい」

と思っているのなら、その企業のリサーチを手伝ってみる。

誰かのヤリたいことに協力する過程で、自分のヤリたいことにも気づける可能性があります。

(10)メディテーションをしてみる

瞑想ってなんだか宗教っぽい!そんなイメージもあるかもしれません。でも、脳を整理してフルに活用させるために大変効果的なのが瞑想(メディテーション)なのです。

ざっくりとした方法としては、目を閉じて座り、頭に浮かんださまざまな事柄を片付けていくだけ。

例えば、頭に

「そういえば、米を買わないといけなかった!」

と浮かんできたとしたらすかさず

「大丈夫、あとからすればいいこと。今は頭を空っぽにする」

と消し去ります。

通常、人は頭をフルに活用し、いろいろなことを同時に考えたり覚えたり思い出したりしています。そのため、頭の中がいっぱいになり、クリエイティブになれないことが多いのです。

いったん頭を空っぽにしてみましょう。そうすることで、本当に大切なモノとそうでないモノが明らかになることでしょう。

 

6:ヤリたいことがあるのは幸せ

ヤリたいことがあるということは、明日を生きる活力になります。

どうしてもこれがしたい!というものがあるのは幸せなこと。人が目標を設定し、そこに着こうとするときのパワーは計り知れません。

でもヤリたいことがないのであれば、それはそれで焦ることはありません。今はきっとその中で試行錯誤するとき。誰にだって訪れる時間です。

仏教の言葉に「諸行無常」というものがあります。物事は常に移り変わるのです。今やりたいことがあるのは幸せ。でも、たとえなくてもそれが一生続くわけではありません。

焦らず、本当にヤリたいことを見つけていきたいものですね。

 

【参考】