告白メールの内容は?失敗しない告白メールの例文やタイミング

今どき、LINEやメールでの告白も当たり前!? そこで今回は、みんなの告白メールの内容や、失敗しない告白メールの例文、成功するメールでの告白のベストタイミングについてご紹介!

1:メールで告白しても良いものなの?

LINEやメールは私たちの生活に欠かせないコミュニケーションツール。

恋愛の始まりも、LINEやメールのやりとりから生まれることが多いです。

それに今どきは、LINEでの告白もそんなに珍しいことではありません。また、LINEが苦手という人も、メールのやりとりで愛を深めてそのまま告白……!? そんなカジュアルな愛の伝えた方も、最近では定番に!

 

2:成功しやすい告白メールの例文5

では、成功しやすい告白メールの例文はどのようなものでしょうか?

ご紹介します。

(1)メールやLINEでは告白を「匂わせる」程度に!

冒頭から前提を覆してしまいますが、メールやLINEでの告白は「匂わせる程度」に留めておいて、「付き合ってほしい」という本題は、会ってから伝えるほうがスムーズかつ真剣さが伝わります。このようなサンプル文例で、決意を匂わせつつ、まずは会う約束を取り付けて。

(2)どうしても会えない場合は電話を提案

告白したいけど、遠くに住んでいるなどで。どうしても会えない……そんな状況のときは、まずは電話での告白を模索してみましょう。それも難しかったらメール……。

というように、「どうしてもメールじゃないと伝えられない」という場合に、メールの告白を選択するほうがいいでしょう。

(3)メール告白の文面は、短く簡潔に

メールで告白! そうなったら文面は短く簡潔に。だけど思いが伝わる文章を心がけて。

長々とした文章は、顔が見えないぶん、はっきりと真意が伝わらなかったり、誤解を招いてしまったり、「重すぎる……」といった印象をもたれることも。

(4)「なぜメールか」を加える

そして重要なのは「なぜメールで告白したのか」ということをしっかりと明記すること。

上の(3)で紹介した文例のように、メールでの告白にした理由を書きましょう。

相手のことを考えたうえでメールでの告白にした、ということが書いてあれば好印象です。

 

3:タイミングは?告白メールを送るときのポイント

メールでの告白成功率を上げるためには、送るタイミングが最も重要です。普通の会話をしていたのに急に告白……となると、相手も「えっ」と動揺してしまいます。

会話の中で少し「あ、もしかして気があるのかな?」と相手に思わせたタイミングを狙いましょう。

そしてメールでの告白は、必ず何度がデートを重ねてから。もし会えない距離にいる場合も、お互いのことをある程度知ってからにしましょう。

 

4:メールを無視された…告白の行方

LINEであれば既読機能があるので、最悪、読んでくれたかくれていないかは確認することができますが、メールではそれが確認できません。

その分、そわそわしてしまいますよね。

メール告白をスルー……を避けるために、上記の文例のように、「返事は急がないけれど、次に食事に行くまでに」くらいに、やんわりと返事の期限を匂わせるような文面にしてみましょう。

そしてもうひとつ。前提として、そもそもメールで告白している時点で、無視されてしまうリスクがあるということを、充分理解しておかなければいけませんね。

 

5:メールで告白された……返事のコツ

ではメールで告白された……!そんなときはどう返事をするのがベストでしょうか?

ご紹介します。

(1)OKの場合

OKの場合、「告白してくれて嬉しい!」ということを書き、こちらから会える日を提示しましょう。

そこで改めて告白してもらうのがベストです。「嬉しいけどメールじゃ実感がわかないので……面と向かっていってください♡」なんて可愛くお願いしちゃうのもアリです♡

(2)お断りする場合

断る場合はサクッと。

相手も会うことにくらべれば、カジュアルなメールで告白してきているわけですから、どこかに「断られても傷つかない」という予防線を張っているといえます。

「ごめんなさい、お付き合いは考えられなくて……」としっかりと断りましょう。

 

6:やっぱり告白は面と向かって!

いかがでしたか?

今回はメールでの告白を中心にご紹介しました。

メールやLINEは便利なツールではありますが、大切な告白を簡単に済ませてしまおう、という考えは良くありません。

会えるのにわざわざメールを使って告白すれば、「メールで告白とか、中学生かよ(笑)」なんて思われて、真意が伝わらないことを覚悟しなければなりません。

それだけ、告白の成功率も下がるということです。

いくら便利な世の中になったとしても、「告白は面と向かって!」が基本。

LINEやメールは、告白を「匂わせるツール」として使ってくださいね。