シェラックネイルの基本!メリットとデメリット、おすすめデザイン5選

シェラックネイルってご存じですか? 早くて安いと人気のシェラックネイル、気にはなっているけれど、まだ試したことがない……という方も多いのではないでしょうか? 今回はメリットとデメリットをはじめ、おすすめデザインなど、シェラックネイルについて、まとめました。

1:シェラックネイルとは?

そもそもシェラックネイルとは、どんなものなのでしょうか? ネイルスクールでも有名なヒューマンアカデミーのWEBサイトには、このような説明が掲載されていました。

シェラックネイルとは、ジェルネイルとマニキュアの良い所を集めて作られたもの。形もマニキュアのようにフタに刷毛が付いた瓶に入っていて、ジェルのようにぽってりと、粘着力が高い訳ではないので塗りやすく、厚みが出にくいので自然なつけ心地になります。

UVライトで硬化できるので、保ちも良くマニキュアのように乾燥させる時間を待つ必要もありません。セルフネイルでも扱いやすく、爪への負担も少ないことも人気が出て来ている理由の1つです。

(出典:ヒューマンアカデミー/ヒューマンアカデミー株式会社)

ジェルネイルとマニキュアの良いとこどりなんて素敵ですね! 簡単に取り入れることができるので、あまりネイルに時間やお金をかけていられないという大人の女性には、ピッタリと言えます。

 

2:持ちがいい?シェラックネイルのメリットとデメリット5つ

持ちが良いと言われるシェラックネイル。そのあたりも含め、シェラックネイルのメリットとデメリットをご紹介します!

(1)メリット:爪へのダメージが少ない

ジェルネイルだと、どうしてもオフの際に爪を削ることになるので、ダメージが大きくなってしまいます。

しかし、シェラックネイルはその欠点がありません。薬品でオフすることができるため、オフする際に爪が薄くなってしまったり、割れやすくなったりすることを避けることができます。

(2)メリット:ツヤ感が美しい

マニキュアよりもツヤツヤで美しい見た目に仕上げることができるのもメリットのひとつです。はついつい触りたくなってしまうようなつるっとした質感は、指先まで行き届いた印象を与えてくれます。

(3)メリット:簡単

ジェルネイルよりも簡単に施術することができます。

ネイルは定期的にメンテナンスを行わなければいけないからこそ、少しでも簡単だとありがたいもの。セルフネイルを行っている女性にとって、簡単に美しいネイルができるのは大きなメリットと言えそうです!

(4)デメリット:できないアートがある

細かすぎるアートや、ストーン盛り盛りのデコアートなどは、シェラックネイルでは難しいです。

このように、特性上、どうしてもできないアートがあるため、使えるデザインが絞られてしまうというのはデメリットですね。

(5)デメリット:サロンが少ない

ジェルネイルに比べて、施術してくれるネイルサロンが、現時点で少ないというデメリットがあります。すぐに行きたい、近くにサロンを探したい、なんていうときにも、なかなか適したサロンが見つからないということはよくあります。

また、行きつけのサロンでシェラックネイルを取り扱っていない場合、新たなサロンを探さなければいけない、という手間も。

 

3:通販で買える?シェラックネイルに必要なもの5つ

シェラックネイルに必要なものは、通販でもそろえることができます。

(1)ベースコート

まずはベースコートを最初に塗るのはネイルの基本ですよね。マニキュアのような容器に入っており、ハケで塗ることができます。

(2)カラーコート

次にカラーコートも必要です。

慣れないうちは爪全体にワンカラーで塗って練習していきましょう。好みの色を買っておくと、何度も使えて経済的!

(3)専用ランプ

ベースコートを塗り、カラーコートで色付けしたあとに、専用ランプで硬化させていきます。

そのため、専用ランプが必要となります。しっかりと定着させましょう。

(4)ストーンやラメ

さらにストーンやラメなどを活用すると、より素敵なデザインも可能です。好みのものを調達しましょう。

(5)溶剤

シェラックネイルのオフには、専用の溶剤を使用します。溶剤をつけてラップなどを巻き、5分ほど放置するだけなので、とても簡単です!

ジェルネイルのようにネイルを爪ごと削る作業がないので、セルフでもオフしやすいのはありがたいですね。

 

4:オフまで簡単!シェラックネイルをセルフでする方法や注意点5つ

上で述べたように、シェラックネイルはオフまで簡単なのも嬉しいポイント!

爪を傷つけることなく、ネイルをオフできます。ここからは、セルフネイルのオフの方法や注意点をご紹介します。

(1)オイルで根元を保護

ネイルをオフする前に、爪の根元や周辺をオイルで保護しておくのが重要。

オフする前に塗り込んでおき、ダメージから皮膚を保護しましょう。ちょっとした気遣いが、美しい手を作っていきます。

(2)溶剤に浸け置く

溶剤をネイル部分につけて、ラップなどをまき5分間程度置きます。それだけでネイルが浮いて剥がれ落ちてきますので、あとはきれいに取り除くだけ!

溶剤によって、浸すタイプや、吹き付けるタイプなどがあります。それぞれの使用方法をしっかり守りましょう。

特に、使用時間はしっかり守ってください。爪や皮膚にダメージを与える可能性がありますので、要注意です。

(3)マニキュアスティックではがす

溶剤ではがれたり浮いたりしたシェラックネイルを、マニキュアスティックなどでこすり、きれいにはがしていきます。利き手と反対の手で作業するのは、最初は少し難しく感じるかもしれません。

その場合、利き手(爪)のほうを動かし、利き手ではないほうの手はスティックを持っているだけという方法も。ゆっくり練習していきましょう。

(4)使用する道具

使用する溶剤などによって使用方法が異なる場合もあるので、それそれの商品の説明書を注意深く読んでから使用しましょう。

(5)優しく丁寧に

マニキュアスティックでオフする際には、力を入れすぎないように注意してください。優しく丁寧にはがしていきましょう。爪を傷つけないように!

 

5:シェラックネイルのおすすめデザイン5つ

シェラックネイルのおすすめデザインを5つご紹介します!

(1)ワイヤーネイル

 

View this post on Instagram

 

シェラックネイルにワイヤーをプラス!

自分の好きな形にワイヤーを自由にアレンジできるのも楽しいですよね。枝に見立てて植物のようにデザインしたり、顔を作ってみたり。かわいさ抜群です。

(2)べっ甲

 

View this post on Instagram

 

秋にぴったりのべっ甲ネイル。

すべての爪に入れず、数本のみべっ甲にしたり、ワンポイントとして使うのも◎。

縁取りように囲みこむようなデザインもかわいい! アイディア次第で様々なアレンジが楽しめそうです。

(3)シースルー

 

View this post on Instagram

 

透け感が美しいシースルーネイル。

黒など、きつくなってしまいがちな色も、シースルーにすることで取り入れやすく、挑戦しやすいですよ!

派手になりそうで使えなかった……なんて色も、これなら試せそうですよね。

(4)グラデーション

 

View this post on Instagram

 

ネイルの定番のグラデーションは、シェラックネイルでもOK!

シンプルなグラデーションは、オフィスでも楽しめますよね。写真のように茶色でグラデーションすれば、秋冬にぴったりの大人っぽい雰囲気に。

(5)オーロラ

 

View this post on Instagram

 

シンプルな下地のカラーと、キラキラしたデザインがマッチ! 華やかで美しいです。パーティーやイベントなどへ参加するときなどには、こんなネイルで華やかさをプラスしてみませんか?

 

6:シェラックネイルができる東京の人気サロン3つ

シェラックネイルを、サロンでやりたい方に東京で人気のサロンをご紹介します!

(1)180°One Eighty Degrees. Nail&Eyelash.

シェラック全色を取りそろえているという、恵比寿のネイルサロンです。

オフィスで使えるシンプルで上品なデザインから、ゴージャスな爪先を演出できるデザインまで、デザインもさまざま。爪を傷つけないシェラックを、ハイセンスに楽しみましょう。

ニューヨークのサロンを意識したというラグジュアリーな店内も素敵です!

(2)Comet NAIL DESIGN 表参道店

シェラックネイルをお手軽なお値段で試せるのも嬉しいお店。

大人っぽく、おしゃれで素敵なデザインがそろっています!

表参道という立地と、22時までという営業時間の長さも嬉しい。働く女性におすすめのネイルサロンです。

(3)Elana Jade

麻布十番の「Elana Jade」は、落ち着いた雰囲気が素敵なオーガニックネイルサロン。

爪への優しい施術は、さすがプロのクオリティ。まつエクとの同時施術もできますよ!

 

7:まとめ

素早く施術できて爪への負担も少ないシェラックネイル、いいところだらけですよね!

セルフで挑戦するもよし、サロンでお試しするのもよし。美しい爪先は、見ているだけでもテンションが上がったり、自分の自信へつながったりと素敵なメリットがあります。

爪を削るのが嫌で、今までジェルネイルをしていなかったという人であっても、シェラックネイルなら爪への負担を少なく楽しめますので、ぜひ挑戦してみてくださいね。