彼氏がキャバクラ行っていた…許せる?許せない?行ったときの神対応は

彼氏がキャバクラに行っていたことが判明……! そんなとき、あなたは彼のことを許せますか? 今回は彼氏のキャバクラ通いについての女性が思うリアルすぎる感情と、判明したときにパニックに陥らないように、ベストな対応法についてご紹介していきます。

1:彼氏がキャバクラに行ったらしい……

彼がキャバクラに行った……。

ふとしたきっかけで名刺が目に入ったり、謎の女性とのLINE履歴があったり、男友達がポロッとこぼしたりなどで、そんな知りたくもない事実が突きつけられることもありますよね。

それは仕事の関係で? それとも男友達と盛り上がって……? もしかして、自分の意志で……!?

どんな理由にしろ、彼女からしたらいい気分はしないもの。

2:彼のキャバクラ許せる?許せない?そのボーダーライン5

ひょんなことから彼がキャバクラに行っていたことがわかったとき、どこまでなら許せますか? そのボーダーラインについて、女性の考えを聞いてみました。

(1)仕事の付き合いなら許せる

よくあるケースに「キャバクラに興味はないけれど、仕事の誘いは断れない」というのがあります。

「仕事なら、しょうがないか……」と彼氏がキャバクラに行くことを目をつぶる女性は多いです。

(2)事前に報告をくれていたら許せる

「友達がどうしても行きたいお店があるっていっていて…」「クライアントとの会食の後、キャバクラに流れるかも……」など、事前に彼女に「キャバクラに行くことになりそう」という報告をくれるならOKという女子も多いです。

報告してくれるということ=やましいことはない、という宣言として受け止めているのでしょう。

(3)LINE交換は許せない

一方、「キャバクラに行くのはいいけれど、キャバ嬢とLINEを交換するのは許せない!」というのが、多くの女性から聞かれた本音。LINEを交換すれば、確実にキャバ嬢からの営業LINEが届きますからね。

そこからまた通われたら……と思うとつらすぎる!

(4)LINEのやりとりをしていたら許せない

「LINEの交換はその場の雰囲気で仕方なくしてしまっていたとしても、偶然見えたLINE画面上で、やりとりを確認して逆上した!」という女性もいます。

「おはよう」などといった、彼女とするような会話をキャバ嬢と楽しむ男性もいます。キャバ嬢からすれば「営業」でも、そのカップル感を楽しむ男性も一定数います。これは、彼女としては許せないラインです。

(5)何度も通っていたら許せない

そして、一度なら目をつぶって許せても、二度目があるなら、それは許せない!となりますよね。指名して行くという行為だって、それだけお金もかかるし、その分、気持ちも入っているはずです。

キャバクラは疑似恋愛をする場所だとわかってはいても、「お金と時間をかけて女性に会うために通う」ということは、彼女からすれば許しがたい行為です。

 

3:彼がキャバクラに行ったときの神対応4

では、彼がキャバクラに行くことを事前に聞いていたり、後から気付いてしまった……そんなとき、彼女としてはどのような対応をすればいいのでしょうか? ご紹介します。

(1)快く送り出す

まずは、「キャバクラに行くことになった」と彼がちゃんと報告してくれた場合。

「大変だね、終わったら連絡ちょうだいね」と、軽くクギを刺しつつ、基本的には快く送り出してあげましょう。

わざわざ報告をくれるということは、あなたに心配をかけさせたくない証拠でもあります。

「行かないで」とか「なんで行くの?」とは言わず、「いってらっしゃい」と送り出す姿勢を見せて、余裕のある彼女でいましょう。

(2)仕事の付き合いなら労わる

上記の(1)のケースにも大いにあると思いますが、付き合いでどうしても……という場合は、特に営業マンなどには避けて通れないケース。なので、報告を受けたり、気付いたりした段階で「お疲れさま」と労ってあげましょう。

もちろん、仕事の範疇を超えて、心の底からキャバクラを楽しんできた可能性だってあります。

それでも「あなたはきっと付き合いで行きたくもないキャバクラに行って……本当にお疲れさま」と彼女に言われたら、楽しんだことに罪悪感を感じるに違いありません。

(3)夜食を作って帰りを待つ

最強の神対応は、夜食を作って帰りを待つ、ということ。

お酒を飲んだあと、温かいお茶と、ちょっとした軽食を作って彼女が家で待ってくれていると思ったら、「早く帰りたい!」いや、「早く帰らなきゃ」と思ってもらえるでしょう。

キラキラした場所は華やかですが、長くいると疲れてしまいます。キャバクラにはない「帰る場所」を作って、彼を待ちましょう。

(4)「本当は嫌だけど仕方がない」と伝える

自分の彼氏がキャバクラに行ったなら、たとえ仕事の付き合いだろうと、「イヤ!」に決まっていますよね。それが全女性の本音だと思います。

それなら可愛く「イヤだけどしょうがない」という気持ちを伝えましょう。

「仕事の付き合いだったらしょうがないよね。本当はイヤだけど、我慢する!」と可愛く嫉妬しちゃいましょう♡

 

4:彼のキャバクラ通いをやめさせるには?

もし、頻繁なキャバクラ通いを彼がしている……! それが判明した場合はどうしたらいいでしょうか……。

彼女としては止めさせたい決まっていますよね。

キャバクラに頻繁に彼が通っているとしたら「止めてくれないと別れる!」くらいの態度でいるべきだと筆者は思います。

だって考えてみてください。

いくら疑似恋愛とはいえ、多くのお金と時間をかけてあなた以外の別の女性に会いに行っているのです。

どんな男性だって、何度も同じキャバ嬢に会うためにお店に通う時点で「ただ可愛い子と飲みたい」だけではない「あわよくば」を含んだ下心が少なからずあるはず。

また決まった子がいなくても、つい勢いでキャバクラに何度も行ってしまう男は、とにかく女性と話して、イチャイチャしたいだけのスケベな性根を持っているに違いありません。

そんな相手と、今後も付き合っていきたいと思いますか?

だからここは「止めないと別れる!」くらいに強気に出ましょう。それでもやめられないようであれば、きっぱりとその男性とはお別れするべきです。そしてもし、あなたの説得に応じて、一時的にキャバクラ通いを止めることができたとしても、いつかまた通う可能性があるということをお忘れなく。

 

5:まとめ

キャバクラは疑似恋愛をする場所です。

男性はいくつになっても若くてきれいな女性が好きですよね。日常のストレスも、お金を払ってキャバクラに行けば、発散することができるのかも……。

そう思うと「たまには……」と目をつぶることも必要かもしれません。

キャバクラにいても、「あー彼女に会いたいな」と思ってもらえるような存在を目指して、日々努力しましょう。