後悔先に立たず!恋愛における後悔エピソードと断ち切るための方法5つ

みなさんは「あのとき、こうしておけばよかった……」と後で後悔した恋愛をしたことがありますか? 今回は後悔先に立たず! 恋愛における後悔エピソードと断ち切るための方法をご紹介します。

1:恋愛に後悔はつきものです

「告白したかったけれど、片思いのまま気持ちを伝えられずに卒業した」

「喧嘩別れしたことを、あとから後悔した」

「振ってしまったあとに、彼の優しさに気づいた」

などなど、片思いでも両思いでも、ほとんどの恋愛に後悔はつきものですよね。

(1)別れるんじゃなかった……と思うとき

「ああ、別れるんじゃなかった……!」と思うのはどんなときでしょうか?

女性であれば「別れたあとに、彼の優しさに気づいた」「別れてから、彼が仕事で成功した」など、彼の性格の良さや能力の高さに気づいたときに後悔することが多い傾向にあります。

一方、男性であれば「振った彼女がきれいになった」「彼女がいなくなっていかに甘えていたことに気づいた」など、男性同様性格の良さを思い直すこともありますが、外見的な変化などに別れたあとに気づき、後悔するケースが多いです。

また後悔するタイミングですが、男女共通して「SNSで元恋人の現在の様子を知った」など、ネット上で別れた恋人の存在に触れたときに、後悔の念が強くなることがありますよね。

(2)恋愛における後悔を歌った歌といえば

恋愛に後悔はつきもの。恋愛における後悔を歌った曲は数えればキリがないほど、たくさんあります。

その中でも代表的で世代問わず人気なのが、HYの『366日』。

サビでは、恋愛の後悔をストレートに表現されていて泣ける、と共感する人が後を絶ちません。

またこれも懐かしの名曲ですが、サスケの『青いベンチ』では、好きな人に思いを伝えられなかった後悔を歌っています。

 

2:男を振って後悔……泣ける恋愛後悔エピソード

では、ここからは男を振って後悔……。恋愛での後悔エピソードをご紹介します。

(1)別れたあとに彼が売れた

「売れない役者だった彼を支えきれず、別れました。

正直、彼も25歳を超えていたのにいつまでも夢を見ている感じで、売れる可能性なんてゼロだと思って、「就職しないなら別れる!」と啖呵を切ったら、彼は“まだ役者をやりたい”と言って……。

彼は役者としてはまったく大成しませんでしたが、3年後にFacebookで彼が飲食店をオープンさせていたことを知りました。どうやら人気店になったらしく、そこにはキラキラ輝いている彼の姿が。……別れたことを後悔しました」(Yさん・29歳)

「付き合っていたときよりも、彼が魅力的になっていた」というケースも後悔に繋がります。将来性を見極める…というのはとても難しいですね。

(2)ずっと好きでいてくれるとどこかで思っていた…

「別れたあとも“ずっと好き”だと言ってくれた元カレ。私に他に好きな人ができてしまい、それが原因で別れましたが、後にその人が浮気性でDV持ちだということがわかり……。そのとき、まったく連絡を取っていなかった元カレを頼ったのですが、“弱っているときだけ頼ってくるのはやめて”と突き放されました。

あれだけ私のことを好きでいてくれた彼なら、また私を受け入れてくれると、どこかで思っていました」(Sさん・26歳)

このパターンで後悔するケースは男女共に多いのではないでしょうか?

新作のバッグが出ると、どうしても目移りしてしまうけれど、買ったあとに、思っていたより使いにくくて、結局前のバッグに戻した……。そんな経験をしたことがある人も多いと思います。物であれば捨てずに残しておけばまた使えますが、恋人はそうはいきません。

都合よく「また戻れるでしょ」と思っていたら、それは大きな後悔に繋がります。

(3)優しさにあとから気づいた

「とにかく優しすぎて、それが物足りなくて彼と別れました。“思い通りになる恋愛じゃなくて、振り回されたい”とか“まだ落ち着きたくない”とか思って、彼と別れたあとは、派手な人とお付き合いをしたのですが……。今の年齢になって彼こそが、結婚向きの男性だったんだって思います。

恋愛を楽しんでいるけれど、恋愛と結婚は別なのだと気づいて、彼とは恋愛じゃなくて、結婚したかったなって思いました」(Hさん・28歳)

結婚と恋愛は違うとはよく言いますよね。別れたあとに彼の優しさに気づいたケースです。

 

3:失恋を後悔しても遅い!早く断ち切るための方法5つ

別れたら後悔しても遅いことが多いです。続いては、失恋を後悔……早く断ち切るための方法をご紹介。

(1)思い出の品を整理する

まずはこれ。スマホの中の写真や、彼とのラブラブなLINEのやりとりは引きずる原因になります。すぐに「整理」しましょう。

(2)SNSから離れる

別れたあとは、元恋人のSNSを見ないことも大事。気になってしまうものですが、気になるからこそ見てはだめです。ストーリーなどを見てしまうと、「誰と過ごしてるのかな……!?」と気になってしまって、気持ちが沈んでしまいます。

(3)出会いの場に行く

いっそのこと、出会いの場に思い切って出かけてみましょう。

男友達などに付き合ってもらってもいいですが、傷心中にかけられる下心を含んだ偽りの優しい言葉には注意!

(4)趣味を作る

趣味を作って自分の暇な時間を作らないことも重要です。

恋人と過ごしていた時間を、自分のスキルアップなどに有効に使いましょう。

(5)自分磨きをする

別れたら「可愛くなって別れたことを後悔させてやる!」というモチベーションが生まれるので、自分磨きを頑張れるチャンス! 悔しさをバネに、今以上に美しく!を目指してみましょう。

 

4:まとめ

恋愛には後悔がつきもの。

「あのとき素直に●●しておけば良かった……」というのは大きな後悔に変わります。あとで後悔する恋愛に足りていないのは「素直さ」であることが多いです。

誰だって好きな人の前ではいつも素直でいたいはず。だけど、好きだからこそ素直になれないということも多いですよね。

もし、恋愛で後悔をしても次の恋愛に生かせるように、そして「後悔したことを後悔しない」ように、上記の方法を忘れず、ネクストステージに進みましょう。