ブロンドヘアはいかが?日本人に似合うブロンドカラーとかわいい髪形8選

憧れの美しいブロンドヘア! 男性の中には「ブロンド美人が大好き♡」なんて人もいますが、ブロンドヘアというと、そもそも髪の色素が濃い日本人には無理……。そう思いがちですが、日本人でも挑戦しやすくて、なじむブロンドカラーがあるんです。そこで今回は、ブロンドヘアにしてみたいという人のために、旬なブロンドカラーと似合うヘアスタイルをご紹介します。

1:ブロンド美人はお好き?

男性のみなさん、ブロンドヘアが似合う女性は好きですか?

好みは別れるところですが、美しいブロンドの髪が風に揺れる……なんて、ついつい見とれてしまいそう! 女子としても、ブロンド美人って「素敵だな~」「私もブロンド美人になってみたいな……」など、憧れる気持ちはありますよね。

(1)ブロンドジョークなんて言葉もあるけれど…

「ブロンドジョーク」とは、シニカルなアメリカンジョークの中でも、ちょっと頭のネジが一本外れたような女性の言動を揶揄した言葉。アホっぽいジョークそのもののことを「ブロンドジョーク」という場合もあるようです。

この語源は諸説あり、ブロンド女性=知的に見えない、という、完全に偏見のような事由からきているという説や、ドイツ語で「間抜け」を意味する「ブロート」が「ブロンド」と発音が似ていることからきている、などの説があります。

いずれにしろ、「金髪の女性はアホっぽい」という思い込みがベースにあるわけですが、実際のところ、その根っから明るくて快活な雰囲気も含め、ブロンド美人が大好きな男性も多いのです。

(2)日本人にも似合うブロンドカラーがある?

ブロンドカラーとひと口にいっても、さまざまな色や濃度があります。以下では、そんなブロンドカラーの種類などをまとめましたので、もし「自分も挑戦してみたい!」と思う人は、似合う髪色を考えながら読んでみてくださいね。

 

2:ブロンドカラーの種類7選

ブロンドカラーにもたくさんの種類があるので、日本人に似合う色だってあります。「ブロンドなんておしゃれすぎて手が出せない……」「日本人顔だから、そんなカラー似合うわけがない……」なんて敬遠する必要はありません。まず、ブロンドカラーの種類を知るところからスタートしてみましょう。

今回は、主要な7つブロンドカラーをピックアップしてご紹介します。

(1)ブロンドアッシュ

ブロンドに初めて挑戦するするなら、アッシュブロンドがおすすめ。独特のくすみ感のあるグレーをアッシュといいますが、そこにブロンドのツヤが加わって、軽やかで透明感のあるニュアンスたっぷりのカラーに。

明るめな印象のブロンドの中ではもっとも落ち着いた雰囲気で、黒髪からのカラーチェンジも、違和感がありません。

(2)ブロンドベージュ

ミルクティーのようなまろやかさがある落ち着いたベージュに、ブロンドのツヤと光沢が加わったのがブロンドベージュ。

色素が薄めに見えるので、肌の白い人によく似合います。10代女子から人気を集めるモデルにも人気のカラーです。

(3)ダークブロンド

ダークブロンドは、落ち着いた茶色をベースに、ハイライト部分が光を受けることによって外国人風のニュアンスが素敵なブロンドカラー。

根本がダークになってもムラっぽくなって決まるので、日本人にも向いているブロンドカラーだといえます。

(4)キャラメルブロンド

キャラメルブロンドは、ブラウンに透け感が足されたような色合いが特徴。

明るめのカラーは秋冬の落ち着いたトーンのファッションにも映え、華やかで若々しい雰囲気づくりにも役立つ髪色ですよ。

(5)プラチナブロンド

プラチナホワイトとブロンドをかけあわせたような、透き通るようなカラーは、私たちがイメージするブロンドカラーにもっとも近いブロンドといえます。

Dangdep!の過去記事「美しすぎる髪色「プラチナブロンド」セレブはこの人!染める際の注意点5つ」でも詳しく紹介されていますが、この色は、もともと北欧の人に多い髪色。

美しい海外セレブにもプラチナブロンドの方はたくさんいますが、でも意外と地毛はこのくらい抜けたブロンドではなく、カラーリングでプラチナブロンドにしている人も多いんです。

(6)ストロベリーブロンド

赤みがかったようなブロンドは、「ストロベリーブロンド」と呼ばれます。キュートでおしゃれな雰囲気で、シエナ・ミラーやケイティ・ペリーなどの海外セレブから火がつき、今、若い女性の間でも人気の高いブロンドカラーです。

赤は髪の痛みが目立たなく色なので、ツヤを帯びたような美しい光沢感が生まれます。名前もかわいいですよね。

(7)ホワイトブロンド

その名の通り、白に近いブロンドカラーです。

ブリーチしたあと、ホワイトアッシュなどでカラーリングすると、ホワイトブロンドが手に入ります。かなり派手で目立つこと間違いナシの、存在感大なカラーです。

国籍不明のミステリアスな雰囲気になるところが最大の魅力。

 

3:ブロンドカラーを生かしたかわいいヘアスタイル8つ

次にブロンドカラーを生かしたかわいいヘアスタイルをご紹介します!

自分に似合うブロンドカラーが見つかったら、次はどんなスタイルにするか、想像してみましょう。

なかなか自分自身では決められない……という場合は、ブロンドカラーとそのヘアスタイルを美容師さんに相談してみましょう。髪質や肌の色に応じて、プロの目線から似合うものを選んでもらえると、その後のメンテナンスもしやすくなりますよ。

(1)ストレートミディアム

カジュアルな印象のストレートミディアムは、ロングにしようとして髪を伸ばし中の人にもおすすめ。

カラーをしていないとどこか手抜きに見えてしまいがちなミディアムヘアですが、ブロンドカラーであればおしゃれ感が出ます。明るめのカラーでバングありだと若く見えすぎてしまう可能性があるので、前髪を作らず左右に流すと、大人っぽい雰囲気に。

(2)ストレートロング

ブロンドカラーの美しさをとにかくアピールしたいなら、ストレートロングもおすすめ。

黒髪だと重たく暗くみえがちなストレートロングも、明るめのブロンドカラーであれば、軽やかな印象になります。

(3)アップスタイル

ブロンドカラーのメリットは、あまり手をかけなくてもサマになるところと、アレンジがすごく映えるというところ。自然と色にムラ感ができるのですが、それがアップヘアや編み込みにしたときに、なんともいえないニュアンスに。

アップスタイルにすれば、どこかオールディーズ風のレトロかわいい雰囲気をつくれます。

(4)ポニーテール

ブロンドカラーは、あまり手をかけなくても、自然なニュアンスがおしゃれさを生んでくれます。だからこそ、キュッとひとつにまとめただけのポニーテールも、断然こなれた印象に。

軽くワックスをつけて、外人風のウエーブを付け加えれば最強です。

(5)外ハネ

ミディアムやロングのブロンドヘアよりも、さらに似合う人が多いのは、肩にかからないくらいのミディアムボブ。アクティブなイメージになり、ガーリー系からモード系まで、幅広いファッションが似合います。

さらにブロンドカラーのヘアに外ハネを加えると、動きが出ることで軽やかさがさらにアップします。

(6)ソバージュ

ブロンドカラーのヘアをふわふわのソバージュにすると、エアリー感が増し、かなり日本人離れした印象に。

太陽の光を受けたときの美しさも、明るめのブロンドカラーならでは。

(7)ショート

今までずっと黒髪だった!なんていう人が、急にブロンドショートにすると、一気に垢抜けちゃいます。

いつもと同じコーデなのに、急におしゃれに見えて、突然モテ期が始まる……なんていうこともあるかもしれません。

(8)ロングパーマ

往年の銀幕女優のようなゴージャス感がたまらないロングパーマ。大きくうねらせることで、セクシー感が出せます。

ロングヘアでブロンドカラーにするなら、ぜひ試してみたいヘアスタイルです。

 

4:まとめ

ブロンドカラーは、普段の髪型やファッションなど、自分のスタイルに飽きてしまった人や、なにかのきっかけに大胆なイメージチェンジをしたい人におすすめです。

かなり明るめの髪色なので、ブリーチしないとイメージ通りの色にするのは難しいでしょう。そのため、美容師さんと相談しつつ、髪質を守りながら、あなたに似合う美しいブロンドヘアを楽しんでください。