29歳彼氏なしの焦りあるある!30歳独身彼氏なしにはなりたくなーい!

29歳……それは30代を目前にした20代ラストの歳。それなのに独身で彼氏もナシ! まだ見ぬ将来に対する不安や、周囲とくらべて焦る気持ちはわかるけど、その焦りがさらに結婚を遠のかしているかもしれませんよ。そこで今回は、29歳彼氏なしの女性が抱きがちな感情のあるあると「素敵な人を30代までにゲットしたい!」という人に向け、その方法について考えてみました。

1:30歳独身彼氏なしになりたくないから焦る!

20代はなんだかんだいってチヤホヤされる時期。異性からのアプロ―チだって少なくないでしょう。彼氏がいなくたって、本気になればできるはず! もちろん個体差はありますが。

しかし、30歳をすぎるとそうもいかない……。この年齢になると、女性は本気で結婚を考え出します。それは男性も同じこと。中途半端なお付き合いは時間の無駄と考え始める傾向があります。

また20代のときと比べて、出会い自体がなくなっていることを嘆く人も多いのではないでしょうか。なかなか彼氏ができずに焦りだす女性も多いでしょう。

そんな30代独身彼氏なしにはなりたくないですよね? そうならないためにも、20代から手を打っておく必要がありそうです。

 

2:29歳彼氏なし女性の焦りあるある5つ

30歳を目前とした“彼氏なし女性”の焦りは、周囲で見ている側としても、痛々しく感じてしまうことも……。しかしそのぶん切実ということ。まずは、そんな29歳の「あるある」をご紹介していきましょう。

(1)アプリに頼る

ふと自分の周りを見渡せば結婚ラッシュ。相手を探すしろ、「遊べるならラストチャンス」と考えるにしろ、とにかくラスト20代を謳歌するためには、まずは出会いを求め出します。

とはいえ、「まだ結婚相談所は早いかな……」と考えて登録するのがマッチングアプリ。

婚活度の高いものから恋愛寄りのものまで、複数のマッチングアプリを入れて駆使している女性もいます。

(2)過剰な女子力アピール

30代を目前にして「独身彼氏なし」はなんとしても避けたい! だからこそ、自分の女子力をここぞとばかりにアピールする女性が増加すると感じるのは筆者だけでしょうか?

突然、SNSにお弁当や手作りごはん、休日にはお菓子などまでアップするようにして、女子力アピール度が急上昇。もちろん、ハッシュタグは「#おうちごはん」です。

幸せな結婚に向かってスムーズに移行し、未来の旦那さんの胃袋を制するために、今日も彼女たちは頑張ります。

(3)結婚前提のお付き合いしかしない

20代ラストとなれば、お付き合いするのなら、結婚前提となるような男性が理想。ですが、しょっぱなから“結婚”という文字をちらつかせたお付き合いは、男性にとってはやや重いと感じるもの。

最初から結婚と名言しなくとも、付き合っていくうちに結婚したいと思うかもしれないのに、あまりにも最初から結婚に縛られてしまい、恋愛のハードルをますます上げてしまうのもあるあるです。

(4)複数の男性と関係を持つ

彼氏が欲しいけど、いろいろな人と付き合っている時間がない!という焦りから、ひとりの男性に絞らず、複数の男性をつなぎ止めてしまったり、結果として何股状態になってしまったり……。

しかし、そのような女性を見ているとどこか切ない! 端から見たら最後の20代に遊びまくっているのと変わりません!

確かになかなか決め手にかけて、選びづらいかもしれません。ですが、そんなことをしていたら本当に好きな人や、好きになってくれる人には出会えないのでは?と筆者は思ってしまいます。

(5)排卵日を計算

30代を目前にしたとき、切羽詰まった女性が考えることのひとつとして、「デキ婚」があります。

「なんとしても29歳のうちに結婚したい!」という難度の高い目標をクリアするために、結婚できないのであれば作ってしえばいい!となるのでしょう。

ゲスい考えではありますが、そんな強い信念が、排卵日を調べたりする習慣につながる女性も存在するようです。

 

3:29歳女性が付き合うためにやるアクション3つ

「結婚したい!」と思う女性が、29歳という年齢を踏まえた上で、ちゃんとした男性と付き合うためにはどうしたらいいのでしょう? 3つの提案をします。

(1)鉄のパンツを履く

大人の恋愛とは、体の関係と切っても切り離せません。でも、ちゃんとした人とお付き合いをしたいのであれば、簡単に体を許すべきではないと思います。

簡単に誰かと寝てしまうと、そうでなくても相手には“軽い女”と思われてしまいます。そうなると付き合うには少し手間がかかるでしょう。体の関係だけがズルズルと続いてしまう、という最悪のケースが待っています。

勢いでセックスをしてから、正式にお付き合い……なんていうのは、夢物語に近いと筆者は思います。一見遠回りのように感じますが、鉄のパンツを履きましょう。

(2)経済的に自立する

大人の男性は、自立している女性を求める傾向が強くなります。

20代前半から中盤までという若さがあれば、デートのときも全部男性が出すという見栄も張れますが、将来を指揮した大人同士のデートとなれば話は別。毎回2人分の食事代を支払っていては男性だって大変です。

長いスパンで付き合おうとするなら、金銭面で自立していることをアピールするのが得策。食事はあえて割り勘を提案しましょう。

(3)身近な人に目を向ける

まだ見ぬ結婚相手を探すため、毎週のように合コンをしたり、コリドー街や恵比寿横丁や相席屋などに出没してみたり……。でもそういった行動は、引いて見ると、チャラいスポットへの出没を増やしているだけ。

確かに出会いは増えますが、そのような場所で出会った男性を、本当に信用でききるでしょうか……?

そうした出会いの場に来ている男性の多くは、チャラい人ばかり。

結婚を考えているなら、やっぱり真面目な出会いで出会いたいもの。目線を変えて、身近な人に目を向けてみれば、すでに出会っている、ということもあるかもしれません。

 

4:29歳の婚活事情は?

最近の29歳の婚活事情はいったいどのようなものなのか? 筆者が直接根掘り葉掘り話を聞いてみると、やはり多いのは「マッチングアプリ」での婚活。

ただしアプリでの出会いは、数はたくさんあるようですが、真面目なお付き合いにまで発展しないというのが悩みでもあります。その理由には、“出会いがありすぎる”という原因も考えられると感じました。

たしかに、そもそもの出会いがなければ、その後の関係にも発展しないのですが、人は選択肢が増えるとどうも傲慢になります。いい出会いがあったとしても、「もっといい人がいるのでは?」と男女ともに、なかなか決められなくなっている現状も考えられます。これは、「もう1回やればもっと儲かるかも」とズルズルはまっていくギャンブルと同じ理論。

これはあくまで筆者の個人的意見ですが、ひとつひとつの出会いを大切にしなくなるのが、マッチングアプリの落とし穴。もちろん、マッチングアプリで結婚しているカップルも世の中にはたくさんいます。でも、そういう側面もあることをここでは主張したいです。

便利なサービスではありますが、依存するには慎重になることをおすすめします。

 

5:まとめ

30代を目前にして独身彼氏なし……。少し焦る気持ちもわかりますが、焦りすぎもよくはありません。

「欲しいと思えば思うほど、手に入らない」という法則もあります。目の前の欲しいもの、欲があるときは手に入らないものですが、どうでもよくなったときにふと手に入ったりしたことはありませんか?

だからこそ、あまり婚活にとらわれすぎず、まだ29歳は若いですから、本来の恋愛の楽しさを忘れないようにしたいですよね。楽しく運命の相手を見つけに出かけましょう!