合コンへのスマートな誘い方は?合コン後のファーストデートへの誘い方も

合コンは、気軽に楽しめる出会いの場。メンバーを仲がいい友達にできるのもメリットですよね。友達と一緒なら、何か困ったことがあったり協力したかったりする場面で、女子同士助け合えるから心強いです。そこで今回は、女子が合コンをセッティングするときの上手な誘い方と、合コン後にデートへの誘う方法をご紹介します。

1:女性から合コンに誘うのはどう?

男性と女性、どちらが合コンに誘うかなんて、どうでもいいこと。だって、そこに運命の恋あるかどうかは、誰にも予期できないのですから。なので、逆に期待を込めすぎるのも危険行為と言えます。

合コンに誘う理由は「友達が合コンをやりたいと言ったから」「最近彼氏と別れたばかりだから」など理由はさまざま。「合コンに誘うなんて、下心があると思われちゃうかな?」などと深読みせず、楽しい会にしてみんなハッピーになろう!っていう気軽な気持ちで積極的に誘っても、まったく問題ないのです。

 

2:絶対失敗しない!合コンへのうまい誘い方5つ

(1)「楽しいことしたくない?」

繰り返しの日常に、ちょっとしたスパイスを……。そんな感覚で合コンに誘うのは、変に重たくもないし、相手のことも気遣いながらの誘いなので◎です。

中には、合コンをしている女子たちのことを「出会いを求めてガツガツしている集団」というイメージをもっている男性もいるかもしれません。なので、そこはやんわりと、「楽しい飲み会しようよ!」くらいの感覚で誘ってみましょう。そうすれば、男性も気軽に来たいと思うはずです。

(2)「みんなでおいしいもの食べようよ〜」

20代でも30代でも、グルメな人はたくさんいます。なかなか予約がとれないお店での合コンは、合コンというよりも、むしろグルメ会。おいしいものを食べるのが好き、新しいお店に行ってみたいと思っている人にとっては、とってもナチュラルな話です。

おいしい料理が目の前に並べば、話題も尽きないので、初顔合わせ同士の合コンでも安心。食を通じて友人知人になれる合コンも悪くないですね!

(3)「友達が合コンしたいみたいなの」

女子同士の会話で、「最近、出会いないね〜」「彼氏欲しいな〜」なんて言葉が出たらチャンス! 少しおせっかいですが、ここは存分にその言葉を利用して、合コンを開いちゃいましょう!

「友達のため」というのを口実にすれば、たとえ相手に断られても、そこまでの敗北感もありません。それに、結局は人数さえ集まれば、誰が合コンをしたかったかなんて、問われることはないでしょう。

(4)「可愛い子紹介したいから、合コンしよ〜」

一方的に、イケメンやハイスペックの紹介を求めるのではなく、こちらからの紹介を口実にするのも一種の作戦です。そして、事前に写メを送るのもありですね。

そうすれば、相手側も、そのレベルにあった男性陣を用意してくれるはずです。あまりのレベル違いを連れてくるということは、まずないでしょう。最初から強気のメンツをそろえてセッティングするのも楽しいですよ。

(5)「ホームパーティーしない?」

入居者用のパーティールームがあるマンションに住んでいる友達がいたり、本人自体がタワーマンションのペントハウスなどに住んでいて、パーティーを開けるような空間を所有している場合は、合コンは「ホームパーティー」という言葉で変換されます。

ホームパーティー系合コンは、それぞれがワインやつまみを持ち寄ったり、ケータリングしたりして、お店よりもイベント感があって楽しいもの。最近では、ホームパーティーができる部屋を時間貸ししているレンタルスペースもあります。

 

3:合コン後のデートへの誘い方3つ

(1)「また、ご飯行ける日あるかな?」

気軽に会いたいと思える人こそ、この先もずっと一緒にいたいと思う人になる可能性が高いです。あまり重く考えず、はじめはフラットに、友達感覚で誘うのがもっとも安全。デート感を出さないことで、男性もお店を探して予約して……などの手間を考えずに済みます。

なので、ここは変に気取らず、“普通にご飯行く”くらいのノリで誘うのがいいでしょう。そうすれば、「ごめん、無理」なんてシャットアウトする男性はいないはずです。

(2)「今度は、ふたりで会いたいな!」

(1)とはうって変わって、どストレートな誘い方になります。「ふたりで」という言葉に、「もっとあなたのことを知り合いたい」という意味がこもっていますよね。

「今度は、ふたりで会いたいな!」なんてセリフを、自分もいい感じだなと思っていた女性から言われたら、男性はキュンキュンです。男性が言うと、下心ありそうと思われがちなセリフですが、女性からであれば、可愛らしく聞こえるものです。かしこまらずに、小悪魔ちっくに言えれば最強です。

(3)「またゆっくり話せる機会が欲しい」

食事やデートという指定を与えずに、あいまいに「話せる機会が欲しい」と言えば、プランは相手が提案してくれるでしょう。

なので、相手の今後の行動を見てみたいときや、相手の気持ちが気になる方にはおすすめです。このセリフによって、相手がどう行動してくれるかで、こちらへの気持ちがわかりますから。ちょっとしたきっかけづくりをするといった感覚です。あとは、相手の反応を待つのみ!

 

4:どうしたらいい?合コンに誘う友達がいないとき

身の回りに気軽に誘えるような友達がいないときは、SNSで呼びかけるのもいいし、行きつけのレストランやバーの店主に頼むという手もあります。友達はみんな結婚していたり、彼氏がいて行けない……なんてときは、友達の友達を連れていくなんてこともありますよね。

合コンは、無理やりではなく、行きたい人・行ける人が行くというのが、いちばんのトラブル回避の策ですね。

 

5:まとめ

マッチングアプリや結婚相談所など、あらゆる出会いの場が流行しています。そういった中で、合コンは、“気軽だけど、現実味のある出会いの場”だと言えるでしょう。

せっかく行くのであれば、深く考えすぎず、みんなが楽しめるのがいいですよね。そのほうが、自然と出会いも広がるものです。